<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

シャボン玉製造器

 以前所属していたグループでやっていた通称「竹炭教室」。 今年は諸事情で開催できない旨の通知が来ました。

 グループを離れても「ネタ」は提供していて、去年から色々とネタを漁っており、ようつべの5分間工作というところから美味しいところを引用させていただきましたが...

 竹炭教室以外での開催を模索しているという事で、仮の制作に取りかかりました。
e0272042_17493050.jpg
 画像引用させて頂いております。 これが五分でできるシャボン玉製造器とありますが... 

 主要パーツを拡大すると!
e0272042_17493339.jpg
 ペットボトルキャップを開けると、写真のオレンジの輪っかが残ります。 これを外して、ゼムクリップで引っかけてストローに差し込んで固定。

 それに、プラスチックコップを短冊に切ったモノを貼り、大きめのペットボトルキャップに8本差し込んでグルーガンで固定。

 キャップの真ん中にピンを差し込み、それを消しゴム付きの鉛筆に刺して、鉛筆をセロテープでコップに固定するという、簡単そうでやってみると難易度が高そうと想像できる工作です。
e0272042_17493891.jpg
 で、材料を集めました。

 左から、プラコップ・ストロー・ペットボトルキャップの残った方の輪っか(以下リング)・ゼムクリップ・某スーパーで取り扱っている浄水ボトルの蓋・某飲むヨーグルトのペットボトルキャップ・真鍮釘(12×50)・BQ用魚串です。

 このうち赤星印は不採用となりました。
e0272042_17494114.jpg
 でもって、リングの固定から始めます。 リングにゼムクリップをはめて、クリップを曲げて固定。
e0272042_17494476.jpg
 クリップをストローに差し込みますが、ペットボトルから外れない様に付いてるリブを取った方が良いと考え、全部削りました。
e0272042_17494674.jpg
 仮置きしてみると、ストローを蛇腹の下からカットし、半分にしたのが物理的に変更できない長さで、直径25cm程になります。

 意外にこの作業に手間取って、一部のリングがかなり薄いため、これは使えないな!と言う事に成り...

 作業はそこまでとなりました。
e0272042_17494890.jpg
 出来上がった分だけ仮置き(仮組みではございません!)してみると、何となく2番目の写真に近づいたかな... という感じですよね。

 後二本分ペットボトルを買ってきて飲まないと作業が出来ません。 次のレポートは、飲んだ後に続く...






[PR]
by moccinocraft | 2018-05-31 18:22 | 工作 | Comments(0)

JOYCE TARDES CARIOCAS

  •  本日聴いた女性LATINボーカル、JOYCEの1983年のアルバム「TARDES CARIOCAS」。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
    e0272042_16554321.jpg
  • 2. Tardes Cariocas
  • 3. Duas Ou Tres Coisas
  • 4. Luz Do Chao
  • 5. Curiosa
  • 6. Nuvem
  • 7. Nacional Kid
  • 8. Ela
  • 9. Suor

    で、全てオリジナルですね。 プロデュースもしているので、トータルな音作りが楽しめます。

     JOYCEと言えばスキャット(かな?)。 多くの曲で聴く事ができますが、特に7.の高速スキャットは聴きモノで、大昔のイレブンPMのテーマ曲を早くして(風で)、かつセルフデュエットをしている楽曲。

     久々に、演奏の早さで興奮している自分を発見しました。

    演奏者は

    JOYCE
    トウーチ・モレーノ
    エグベルト・ジスモンチ
    (表示が入り交じってます)

    モレーノは旦那さん。 ジスモンチはブラジルの有名マルチミュージシャンですね。 LATINのこの頃のアルバムって、飛躍的に音質の向上が見られたこともあり、このアルバムも例外ではありません。

     ただ音質が良いだけで無く、音のまろやかさもあり、確かチューブ系のミキシングツールを積極的に取り入れたのも、LATIN系の面々だと記憶しています。

     斬新な音作りと、音の肌触り感を体験して頂きたいアルバムです。

    JOYCE
    TARDES CARIOCAS
    FAROUT RECORDS
    FARO 016
    1983年





  • [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-30 17:38 | LATIN | Comments(0)

    JKのクッションカバー裁縫 完

     先週金曜日のお裁縫。 クッションカバーの制作が終わりました。
    e0272042_17550964.jpg
     左が出来上がりで、右がクッション本体。タオル地がお互い重なるところ2列と、片側ふくろ縫いを完了しましたが、細部を見せる状態で無く...

     予想通り、縫った直線がまるで縄跳びの縄状態でがっかり!(いや、やっぱり予想通り!) でも、機能はちゃんと果たしているので、男の裁縫、OKで処理しました。
    e0272042_17551228.jpg
     その前に縫った、既存版と合せてみても仕上がりは分かりませんよね!
    e0272042_17551510.jpg
     こんな使い方もある! にすると、トイストーリーのリトルグリーメンが寝て居るみたい。

     デモ、邪魔なので、この使用例は却下!
    e0272042_17551866.jpg
     大きい方に、最初に買った筒状クッションを入れて見ましたの図。 邪魔です!

     で、車にセットすると...
    e0272042_17552336.jpg
     クッションINクッションはホントに邪魔くさい! さらに、既製品のネッククッションにJEEPタオルカバーとくまモンタオルを組み合わせると、見た目暑苦しいですよね。(光の当り方で、手前のクッションの黄緑色が飛んでます!)44♡ 

     でも、私からは見えないので、良しとします。

     ちなみに、今現在JKは車検中です!



    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-29 18:16 | 乗り物 | Comments(0)

    CӔCILIE NORBY

     本日聴いた女性JAZZボーカル、CӔCILIE NORBYの1995年録音盤。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
    e0272042_17230896.jpg
     このアルバム、アメリカンクール路線その㉙シリーズは続き番で)、5月12日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム2/11です。

     以前のCӔCILIE NORBYだったら、荒涼とした北欧アルバムのテイストがあったと思いますが、今日のアルバムはチョト違う! 多少なりともホットで、歌い方もブラック的な切れの良いスタイル。

     かつ、トーチソングでは、ために溜めた情感たっぷりな歌い方で、別人の印象さえあります。

     収録曲は

    1. WILD IS THE WIND
    2. A BLAND NEW LIFE
    3. GIRL TALK
    4. I'VE BEEN TO TOWN
    5. SUMMERTIME
    6. B THE TIME I GET TO PHOENIX
    7. ALL YOU COULD EVER WANT*
    8. CENTLE IS MYLOVE
    9. A FEATHER IN THE WIND*
    10. NIGHT ROAD
    11. MAN 'S GOT SOUL
    12. SO IT IS*

    で、*印の付いたものは本人の手が入ったものです。

     さすがデンマークもの、大胆な編曲の元CӔCILIE NORBYのボーカルはのびのびと歌い上げているので、他のアルバムと印象が違うのかもしれません。

     ミュージシャンは

    CӔCILIE NORBY/VOCALS
    NIELS LAN DOKY/PIANO
    RANDY BRECKER/TRUMPET
    BILLY HART/DRUMS
    RICK MARGITZA/SOPRANO SAX
    BEN BESIAKOW/PIANO・ORGAN
    LARS JANSSON/PIANO
    LENNART GINMAN/ACOUSTIC BASS
    JAKOB FISHER/GUITAR
    JACOB ANDERSEN/PERCUSSION
    SCOTT ROBINSON/TENOR SAX

    なので、アメリカ・デンマーク混成バンドといったところですよね。

     このアルバムは他のモノと比べて古かったのかな? そのため、どちらかというとアメリカ寄りの内容でした。

    CӔCILIE NORBY
    BLUE NOTE-EMI
    8322222
    1995年






    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-28 19:17 | JAZZ | Comments(0)

    第16回飯能新緑ツーデーマーチ

     昨日、毎年参加している第16回飯能新緑ツーデーマーチに今年も参加。 チョット暑めでも、清々しい飯能市内を歩いてきました。
    e0272042_18191673.jpg
     今回も参加したのは、一番短い5km(実質7.4km)コースで、コースごとに出発式があります。 ネタバレですが、ノリノリの飯能市長の挨拶に、スペシャルゲストの紹介があり、写真に写っているムーミンがそのゲストでした!

     送り出しのファンファーレならぬ楽曲は...
    e0272042_18192085.jpg
     中学の部で一等賞を取った飯能三中(もしかしたら一中?!)。 遠めに聴いても低音部はしっかりしてるし、さすがトロフィー奪取!ですね。
    e0272042_18192360.jpg
     出発して直ぐの処。今年はゆるキャラが2体に増えてました。 この先に国道299号の陸橋がありますが、右に曲ってその陸橋に乗って左方面に歩きます。

     その先、途中某大手新聞社の写真撮りますサービスがあり、一旦通り過ぎた後、集合写真が手に入る、と、戻って撮って頂きました。 連続シャッターで人数分の連写をする、無駄の無い処理に感心しきり。

     その先の、ホームセンターがあるT字路を左折。 西武池袋線の跨線橋を通り過ぎたあたりが、天覧山登り口です。

     去年は、ここがチェックポイントでしたが、今年はここではありません。でもって、左折して少し登ると多峯主山分岐の鞍部に出ます。
    e0272042_18192520.jpg
     ここで小休止。 この先300で天覧山の麓に到達します! 

     さすがに、最近山登りをしていないので、直ぐに息切れとなりましたが、何とか登頂できました。
    e0272042_18193284.jpg
     高低差約80m! 本日の最高峰となります!

     この後天覧山を下山したところが本日のチェックポイント。 能仁寺の信号を渡って、博物館駐車場で本日のお昼。
    e0272042_18193538.jpg
     湯茶や梅干しまでサービスがあります。 ボランティアの中学生も手慣れたもんですね。

     お昼も食べて、後は残り約半分の道のり。 博物館を後にして入間川に向かいます。 石の橋と、簡易吊り橋を渡って、飯能市内に戻ります。
    e0272042_18193834.jpg
     旧図書館(?)から右方面に歩き、自然に飯能商店街に誘導されます。
    e0272042_18194105.jpg
     当然ながら、あっちの店こっちの店に引っ張られ、寄り道ならぬ買い食い!!

     朝来た東飯能駅の東西通路を抜け、飯能市役所を目指します。 入口に何時もの中学生の到着歓迎セレモニーハイタッチコーナーがあって...

     そこで、仕組んでいたサウンドエフェクター(ディズニーシーのファンカストさんが使っているあれ、の簡易版)をタッチの際鳴らしましたが、いかんせんゴールなので、色々な音がけたたましく鳴っていたので、こちらの目論見は見事失敗!

     おとなしく...
    e0272042_18195730.jpg
     完歩賞を頂き、かつマーチ中盤で撮って頂いた写真を受取り、そしておまけに、抽選会で末等のバナナを戴きました。

     思ったより疲れたので、何時もの東飯能駅ビルの7Fの喫茶コーナーでお茶をしてから帰途についたのです。

     予想を遙かに超えた、20000歩越で有意義な一日が終わりました。 来年は、他のマーチにも参加したいですね...






    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-27 19:27 | | Comments(0)

    LEE WILEY WITH BILLY BUTTERFIELD

     本日聴いた女性JAZZボーカル、LEE WILEYの1957年録音「 A TOUCH OF THE BLUES」。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
    e0272042_18081978.jpg
     このアルバム、アメリカンクール路線その㉙シリーズは続き番で)、5月12日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム1/11です。

     生年が1908年なので、49歳の時の録音で熟成された年代の録音です。 ちょいと聴いた感じ、ROSEMARY CLOONEYの晩期を思い起こす声です。

     BLUES TUNEとはいえ、BLUESコードやBLUESスケールが出てくる曲は後半のほうで、タイトルのBLUESよりTOUCHの方が色濃く出ているアルバムかなと思います。

     収録曲は

    1. THE MEMPHIS BLUES
    2. FROM THE LAND OF THE SKY BLUE WATER
    3. THE AGE IN THE HOLE
    4. SOMEDAY YOU'LL BE SORRY
    5. MY MELANCHOLY BABY
    6. A HUNDRED YEARS FROM TODAY
    7. BLUES IN MY HEART
    8. MAYBE YOU'LL BE THERE
    9. BETWEEN THE DEVIL AND THE DEEP BLUE SKY
    10. I DON'T WANT TO WALK WITHOUT YOU
    11. MAKE BELIEVE
    12. A TOUCH OF THE LUES

    で、前半の曲は聞き覚えのない曲。 対して、後半の曲は聴いてみると、あの曲ね!と、うろ覚えながらも記憶の片隅にあります。

     タイトルにもあるように、バックはRCAの楽団をBILLY BUTTERFIELDが指揮しています。 個人的なメンバーはこの時代の常でクレジット無し。 でも、しっかりとしたバッキングをしているあたりは、さすがスタジオミュージシャン。

      LEE WILEYのボーカルだけでは一本調子になってしまうところ、色を付け花を添えで楽しめるアルバムに仕立てていますね。

    LEE WILEY WITH BILLY BUTTERFIELD
    AND HIS ORCHESTRA
    A TOUCH OF THE BLUES
    RCA
    BVCJ 38179
    1957年


     


    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-26 19:04 | JAZZ | Comments(0)

    旧古河庭園

     本日の江戸詣で、素生活部山の会で上中里にある「旧古河庭園」に行ってきました。
    e0272042_17564428.jpg
     門で入場券150円を払い、庭園内を散策。 旧古河邸東側からアプローチします。
    e0272042_17564757.jpg
     最初に眼に入るのがブラシの木。ハンカチの木は見た事あるけれど、この木は初めて見ました。 
    e0272042_17570211.jpg
     バラはもう殆ど終わってますので...
    e0272042_17565400.jpg
     その可憐さを引き継いでいるのが躑躅。 漢字で書くとこの庭園の雰囲気に合います。

     10:30よりの館内案内ツアーに申し込んでいるので、少し早めに切り上げて...
    e0272042_17565899.jpg
     ちょっと造作などを見つつ、15分前に集合。 実は、ウチのグループだけ事前予約がしてあったので、一番受付。 一人当り800円の支払いをして、定刻でやく50名の案内ツアーの始まり。

     平日でしたが、時間間際にさささっと定員になってしまい、後から数組到着しましたが、次回の会になってしまいました。

     館内は、下足からスリッパに替えて入ります。 正味一時間のツアーのところ、人数が多いため移動に時間がかかって少し早足ツアーになった事は否めません。

     さらに、館内は撮影禁止デスので余計解説には集中します。 そのため、階段のステップが33cm×17cmだとか。壁紙が各部屋によって異なって、英・独・仏・米のモノを使っている。

     そして、壁紙の下地はふすまの構造を流用して、その下地材もフランスから取り寄せたモノ等、一時間みっちりと解説して頂きました。

     少し賢くなったみたい!
    e0272042_17570793.jpg
     残りの時間は外に出て、庭園巡り。 この南向き位置の写真は有名かと思います。 左一階ドーマー型のお部屋は、確か芥川さんと兼高さんが対談したお部屋でしょうか。
    e0272042_17572299.jpg
     西洋庭園の先には日本式の池もあります。 途中見た亀は、顔が歌舞伎のあの派手な塗り物のよう! 全体の雰囲気が、国分寺の殿ヶ谷戸公園に似ています。
    e0272042_17573162.jpg
     お昼も過ぎた事だし... ということで、近くのお蕎麦屋さん「信濃屋」さんで食事を摂りました。 

     この後、メンバーのお買い物(山に持って行く時計)で場所を上野に移し、ある程度の妥協も在りながら、本人の希望に一番近い国産品を購入!

     満足の後帰途につきました。









    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-25 18:32 | | Comments(0)

    HELEN GRAYCO

     本日聴いた女性JAZZボーカル、HELEN GRAYCOの1956年録音「 AFTER MIDNIGHT」。 使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
    e0272042_17283379.jpg
     このアルバム、アメリカンクール路線その㉘シリーズは続き番で)、4月24日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム1/3です。

     あまり知名度の無いHELEN GRAYCO。知られているところでは、スパイク・ジョーンズの奥さんであり、ジョーンズのアルバムにもボーカルを入れていること。

     残念ながら、チリメンビブラートなので、評価は参考程度に...

     収録曲が...

    1. TAKE ME IN YOUR ARMS
    2. MOOD INDIGO
    3. GLAD TO BE UNHAPPY
    4. EVERY TIME WE SAY GOODBYE
    5. WHILE WE'RE YOUNG
    6. BLACK COFFEE
    7. YOU'RE MY THRILE
    8. GOOD MORNING HEARTACHE
    9. WE'LL BE TOGATHER AGAIN
    10. LAST NIGHT WHEN WE WERE YOUNG
    11. NIDNIGHT SUN
    12. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS

    初めて聴いたのが3.。ROGERSの曲で、解説によると初めて聴くのには荷が重いらしいです。 ポール・デスモンドの演奏でもあるというので、そちらも聴いてみましょう!

     当初触れたように、チリメンビブラートが細かくて気がそちらに向いてしまいますが、中には8.などビブラートになる前に声を切っている曲も在りますので、救いの神ありです。

     名前は何処かで聴いた事が有る、と言うレベルですが、それもそのはず出しているアルバム数が少ないとの事。

     大半が、スパイク・ジョーンズの冗談音楽のバンドでのボーカルなので、チョット不幸な歌手人生なのかもしれません。

     なお、オケストレーションはJUDD CONLONによるものです。

    HELEN GRAYCO
    AFTER MIDNIGHT
    BMG
    BVCJ-7362
    (74321-15774-2)
    1956年



     


    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-24 18:08 | JAZZ | Comments(0)

    JKのクッションカバー裁縫

     JKのリアシートには、シートカバーならぬ「JEEP」印タオルをシートにかけて、いつでも洗濯できるようにしています。

     センターにクッションを置いており、こちらにもただのタオルで巻いていますが、これが、人の移動などであっちへ行ったり、めくれたりとタオルを投げ捨てた状態になっているのが日常の事...

     その姿がみすぼらしいので、せめてタオルを筒状にして」クッションから外れないようにしたら!? と去年から思っていて...

     ここで、車検なので「JEEP」印タオルを洗濯。(これは施行済み) そして、クッションとタオルの融合を図るべく、裁縫に至った次第です。

     当初はマジックテープでバリッと剥がせるようにしようと思い、ホームセンター改修に併せての安売りで4枚買ってきました。

     で、今日マジックテープをタオル地に縫い込もうとしたとき、実際のクッションのサイズを見たら枚数が足らないのです。(クッションも2個あるので...)

     そこで4分間思考の結果、マジックテープ不採用とし、全部縫う事にしたのです。(マジックテープのトゲトゲのほうが肌に触るとゾットしますから...)  

    e0272042_18063829.jpg
     で、始めました。 刺繍の枠のように、実際に縫うところはダブルくけ台もどきで左右に引っ張って、その後ろ側に角材を通して持ち上げてわくもどきにしての作業です。 男の裁縫はこんなもんです。

     筒状に縫いますが、クッションのサイズにタオル地を合せますので、折り重なりでサイズ調整。当然、折り重なった分は、タオルの端っこと端っこで二列縫う事になります。
    e0272042_18064863.jpg
     そして、筒状を今度は袋状に縫います.でも、片側だけ。 いざというときには、クッションカバーはクッションから脱皮して元のタオルの役目に邁進し戻りますので...
    e0272042_18065175.jpg
     一応できたので、クッションを入れてみました。 食べ物のお稲荷さんのようですね。
    e0272042_18065315.jpg
     車に置くときの姿図。右側が脱出口です。 小さいクッションはこんな具合!
    e0272042_18065646.jpg
     今度は大きいクッション用。 小さいのは幅50cmほどでしたが、大きい方は68cm! それだけ永遠と縫わないといけないのです!
    e0272042_18065893.jpg
     今ブログを書いている寸前の進捗状況。 一列終り、二列目の残り20cmの処で糸を交換。 それが見事に絡まってしまったので、夕飯前はここまでですね!!

     続く...





    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-23 18:37 | 工作 | Comments(0)

    ASTRUD GILBERTO TALKING VERVE

     本日聴いたLATIN女性ボーカル、ASTRUD GILBERTOの1965~69年録音「 TALKING VERVE」。 使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-91B、SP=PARC AUDIODCU-171W+DCU-T112A)です。
    e0272042_18280489.jpg
     このアルバム、アメリカンクール路線その㉘シリーズは続き番で)、4月24日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム2/3です。

     このアルバムについては、先ず収録曲から...

    1. BIGININGS
    2. ON MY MIND
    3. MARIA QUIET
    4. WAITING OF THE WILLOW
    5. CALL ME
    6. CRICKETS SING FOR ANAMARIA
    7. BIM BOM
    8. DON'T LEAVE ME, BABY
    9. BOSSA NA PRAIA(BEACH SABA)
    10. WINDY
    11. JOLLIDAY
    12. STAY
    13. BERIMBAU
    14. SHE'S A CARIOCA
    15. SO NICE(SUMMER SAMBA)
    16. NAO BATE E COROCAO
    17. DAY BY DAY

    いやあ、ビックリしました。1曲目をかけたら、まるでシカゴ。出だしから殆ど完コピで、ベースの高音を弾いているピックの種類が違うと感じるぐらいで、他は殆ど同じです。

     でも、2曲目からは何時ものASTRUD GILBERTOの世界。 でも、1曲目もボーカルはASTRUD GILBERTOの世界を行く...ですよ!

     ミュージシャンはギル・エバンスのオーケストラとウオルター・ワンダレイートリオ。

     その、シカゴの方は恐らくギル・エバンスのオケが演奏していると思います。 これだけそっくりな演奏も珍しい! でも、シカゴ好きにはたまりませんけどね...


    ASTRUD GILBERTO
    TALKING VERVE
    VERVE
    POCJ-2546
    1965~69年








    [PR]
    by moccinocraft | 2018-05-22 19:11 | LATIN | Comments(0)


    DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


    by DEWI

    プロフィールを見る
    画像一覧

    カテゴリ

    全体
    AUDIO
    楽器

    乗り物
    工作
    食べ物
    その他
    JAZZ
    CLASSIC
    COUNTRY
    LATIN
    ROCK+ETC
    ムービー
    CAMERA
    未分類

    以前の記事

    2018年 11月
    2018年 10月
    2018年 09月
    2018年 08月
    2018年 07月
    2018年 06月
    2018年 05月
    2018年 04月
    2018年 03月
    2018年 02月
    2018年 01月
    2017年 12月
    2017年 11月
    2017年 10月
    2017年 09月
    2017年 08月
    2017年 07月
    2017年 06月
    2017年 05月
    2017年 04月
    2017年 03月
    2017年 02月
    2017年 01月
    2016年 12月
    2016年 11月
    2016年 10月
    2016年 09月
    2016年 08月
    2016年 07月
    2016年 06月
    2016年 05月
    2016年 04月
    2016年 03月
    2016年 02月
    2016年 01月
    2015年 12月
    2015年 11月
    2015年 10月
    2015年 09月
    2015年 08月
    2015年 07月
    2015年 06月
    2015年 05月
    2015年 04月
    2015年 03月
    2015年 02月
    2015年 01月
    2014年 12月
    2014年 11月
    2014年 10月
    2014年 09月
    2014年 08月
    2014年 07月
    2014年 06月
    2014年 05月
    2014年 04月
    2014年 03月
    2014年 02月
    2014年 01月
    2013年 12月
    2013年 11月
    2013年 10月
    2013年 09月
    2013年 08月
    2013年 07月
    2013年 06月
    2013年 05月
    2013年 04月
    2013年 03月
    2013年 02月
    2013年 01月
    2012年 12月
    2012年 11月
    2012年 10月
    2012年 09月
    2012年 08月
    2012年 07月
    2012年 06月
    2012年 05月
    2012年 04月

    フォロー中のブログ

    Avec France ...
    管球オーディオ雑感記。
    scoreのオーディオ&...

    最新のコメント

    おひさしぶりです。 J..
    by gall_gall at 10:46
    なるほど、導入時のバージ..
    by moccinocraft at 06:35
     初期化をしたので、7年..
    by kturabus at 00:12
    7時間かかる?!ウチのは..
    by moccinocraft at 06:43
     DEWIさんのブログ見..
    by kturabus at 01:45
    うらやましい... 2..
    by moccinocraft at 16:40
    お久しぶりです。 この..
    by gall_gall at 10:16
     登山靴は15年でソール..
    by アルキオネ at 01:32
    ウレタンエッジは10年、..
    by moccinocraft at 06:42
     やはり、経年劣化は覚悟..
    by kturabus at 00:00

    メモ帳

    最新のトラックバック

    http://while..
    from http://whileli..
    http://www.v..
    from http://www.val..
    17世紀オランダ絵画の宝..
    from dezire_photo &..
    美は幸福を約束するものに..
    from dezire_photo &..

    ライフログ

    検索

    その他のジャンル

    ブログパーツ

    最新の記事

    オリンピック記念バッジ
    at 2018-11-16 18:16
    10CC GREATEST ..
    at 2018-11-15 18:44
    遊歩道アプトの道 小さな和の会
    at 2018-11-14 19:08
    MARCIA BALL
    at 2018-11-13 19:29
    単管パイプタワー 最終形(か..
    at 2018-11-12 18:06

    外部リンク

    ファン

    記事ランキング

    ブログジャンル

    画像一覧