<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

明治東京の町づくり

 本日の読書、隔月刊の「時空旅人」Vol.43を購入、つらつらと眺めています。
e0272042_17060699.jpg
 表題部丸囲みの中に表示さrているように、今年は明治維新後150年なんですね! 戦後も70年以上経っているし、時の経つのは早いですねえ...

 その昔、街づくりに関係する仕事をしていたので、こういった内容の書籍には自然と手が出てしまいます。

 東京遷都時、東京に区は15区しか無かったというのは表紙のとおり... ちなみに私が住んでいるところは、昔は品川県だったようで... どおりで、都境まで50mしか離れてないと思った! というのは昔を知らない、ヨタものの言うことですよね。

 遷都前に明治天皇が大阪に行幸し、大久保利通の押す大阪遷都が一時期実質的に行われる方向に傾いたに見えましたが、東京が実際何もしないとすたれてしまう。 大阪は商業の街で反映しているが、それゆえに都市計画を遂行するための余地が無い! 
 
 その点、東京は武家の多くの江戸屋敷が空き家になっていたため、庶民が住んでいるところは両者同じでぎゅうぎゅうであるにもかかわらず、武家屋敷跡が使えるのが理由の大きくなっているところ。

 さらに、東京湾はこれから発展する未来があるので、新港設置には好都合になっています。

 そして、慶応4年7月17日に、突然「天皇東幸}勅書が出され手、天皇が直接赴かれ、それ以後西に戻ることはなかったとのことですが、実際の東京遷都は発せられてないと書いてあります。

 ここまでが枕で、明治東京の15区として各区の特徴・古地図・セピア色の写真、名所旧跡・有名店と紹介してあり、今楽しく見ているところです。

 特にこれは!と言うところがあったら、また報告しましょうね!

[PR]
by moccinocraft | 2018-03-31 17:41 | その他 | Comments(0)

SUSANNAH McCORKLE

 本日聴いた女性JAZZアルバム、SUSANNAH McCORKLE1980年作「OVER THE RAINNBOW THE SONG OF E.Y."YIP" HARBERG」、使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17533043.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉖シリーズは続き番で)、3月16日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム5/13です。

 E.Y."YIP" HARBERGの作品集のアルバムで、収録曲が...

1. OLD DEVIL MOON
2. THE BEGAT
3. IF I ONLY HAD A HEART
4. DING DONG, THE WITCH IS DEAD
5. OVER THE RAINBOW
6. POOR YOU
7. NAPOLEON
8. WHAT IS THERE TO SAY
9. THRILL ME
10. HAPPINESS IS A THIG CALED JOE
11. THE EAGLE AND ME
12. MOANIN' IN THE MORNIN'
13. DOWN WITH LOVE
14. HERE'S TO YOUR ILLUSIONS/IN TIMES LIKE THESE

となります。中ジャケにCOLE PORTERとかJOHNNY MERCERとかの記述があったので、そちらを期待してましたが、いっこうにそのメロディがあらわれず、ですよね。 コンセプト違い!

 ミュージシャンは...

KEITH INGHAM/PIANO
JACK SIX/BASS
RONNIE BEDFORD/DRUMS

です。個人的にはJACK SIXがGERRY MULLIGANのアルバムで聴いたことがアルかもしれない...程度なんですが。

 肝心のSUSANNAH McCORCLEのボーカルは完璧です! でも、イッコ受入れられない点があって、それはビブラートがちりめんな事。 これ以外は良いのですよ! 

 声を伸ばして、さあビブラートという段になっては、頭から声をハズします。 ほんとこのちりめんビブラートだけ無ければ言うこと無いんですけれどね!

SUSANNAH McCORKLE
OVER THE RAINNBOW THE SONG OF E.Y."YIP" HARBERG
THE ALLIANCE JAZZ
TJA-10033
1980年







[PR]
by moccinocraft | 2018-03-30 18:20 | JAZZ | Comments(0)

雲海

 本日の昼食、姪っ子が働くお店で和食を食べてきました。

 その前に時間が少し早かったので、某歌手の曲で有名な桜坂を散策。
e0272042_17215728.jpg
 満開を少し過ぎて、花吹雪が舞ってました。
e0272042_17220169.jpg
 霊南坂教会も桜化粧で華やか!
e0272042_17220450.jpg
 そして今日のメインイベント、ANA INTERCONTINENTAL TOKYOで...
e0272042_17220714.jpg
 和食、雲海に到着。

 この時期は、特別料理を何処でも企画してます。 ここでも、桜まつり特別献立として...
e0272042_17220980.jpg
 松花堂では無く、と言っても「花衣 ~春味 花見弁当~」と副題がついたお食事です。
e0272042_17221481.jpg
 一の段、花見麩団子・山吹海老・蕗の塔かすてら・たらの芽のふりっと・辛子レンコン・蕨手烏賊・鯛の子旨煮・山独活白漬・雪洞和え・竹の子・南瓜・蕗青煮・桜花人参・こごみ・鍵蕨・天豆艶煮・はなびら百合根・魚春(漢字が出ない...)と津合い蟹浅黄焼き・はしかみ
e0272042_17221205.jpg
 二の段、葱トロと沢庵の中卷き・煮穴子と胡瓜の金紙巻き・がり・蛍烏賊ぬた酢味噌・板雲舟・春告魚山椒煮・山の芋
e0272042_17221769.jpg
 造り、旬の物三種盛り・芽物いろいろ・山葵・土佐醤油

 それに、お椀で新若布の赤出汁
e0272042_17221967.jpg
 水菓子が、苺の醍醐・凍り果実・生くりーむと黒蜜掛け・みんとの葉と出てきて、私には丁度良い量。大食らいにはかなり足りないと思います。

 この他、従業員の家族と言うことで、ご丁寧に料理長さんが出てきてわざわざご挨拶いただきました。
e0272042_17222232.jpg
 シメにはコーヒーですよね! 器が取り分け良い! 料理も、旬を味わえる食感を大事にした調理理法で、大変美味しゅうございました! 
e0272042_17222579.jpg
 料理長さん、竹の子ご飯も美味しゅうございましたよ!!(柱巻き写真の方)44一緒に行きたいね  


 










[PR]
by moccinocraft | 2018-03-29 18:03 | 食べ物 | Comments(0)

SOLVEIG SLETTAHJELL

 本日聴いた女性JAZZアルバム、ノルウエーはSOLVEIG SLETTAHJELLの2001年作「SLOW MOION ORCHESTRA」、使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_18152078.jpg
 ちょっと見東南アジア系かな?と思いましたが、中ジャケ見ると北欧人みたいです。 表ジャケは姪っ子に似ているなあ...

 このアルバム、アメリカンクール路線その㉖シリーズは続き番で)、3月16日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム4/13です。

 見た目の印象とは異なり、じっくりしっとりしみじみの私好みなボーカルで、とても気に入りました。

 先ずは、収録曲から...

1. ALL THEWAY
2. 2COMES LOVE
3. BLAME IT ON MY YOUTH
4. MY HEART BELONG TO DADDY
5. WHAT A LITTLE MOONLIGHT CAN DO
6. LITTLE GIRL BLUE
7. I'VE GOT A CRUSH ON YOU
8. I MEMENBER CLIFFORD
9. REACHING FOR THE MOON
10. BEAUTIFUL LOVE
11. WILD IS THE WIND

不思議ですね~、蒼々たる作曲家の曲ですけど、そういう感じが少なく、じっくりと歌い上げています。 ここで、以前SOLVEIG SLETTAHJELLのアルバムを持っていたことが発覚。

 でも、前のアルバムはあんまり印象に無かったので、別物感覚に陥っています。

 ここでバンドメンバー紹介。

SOLVEIG SLETTAHJELL/VOCAL
MORTEN QVENILD/PIANO
MATS EILERTSEN/BASS
PER ODDVAR/DRUMS

NILS OLAV JOHANSEN/GUITAR
HENRIK HANNISDAL/VIOLIN
SIDSEL SCHEEN/VIOLIN
MAREK KONSTANTYNOWICZ/VIOLA
MORTEN HANNISDAL/CHELLO
ROLF STEINAR BORCH/BASS CLARINET
LENE LNDQUIST/FLUTE
TONE REICHELT/HORN
CHRISTIAN JAKSJO/TROMBONE
SISSEL WALSTAD/HARP

基本ユニットの伴奏は現代音楽です。ノイズ音楽ありで、ピアノの弦をピックでつま弾いたり、弓で弾いたり、無理矢理ハンマーを打ち付けたりしています。 でも、SOLVEIG SLETTAHJELLのボーカルはじっくりしっとりしみじみで変化しません。

 これは555君に勧めなくてはいけませんね。 今回作はハナマルです。

SOLVEIG SLETTAHJELL
SLOW MOTION ORCHESTRA
CURLING LEGS
CLP CD 69
2001年





[PR]
by moccinocraft | 2018-03-28 19:28 | JAZZ | Comments(0)

球生活の会お買い物ツアー

 昨日の江戸詣で、球生活の会で神保町で山の用品の購入。 上野に移動してお食事をしてきました。 行きの経路。

 東所沢から武蔵野線に乗り、武蔵浦和で乗り換え。
e0272042_17310195.jpg
 埼京線で板橋に向かいます。 板橋って埼京線だと池袋の一つ手前なんですね...
e0272042_17312688.jpg
 板橋で下車した後、駅前を北に歩いて(メンバーから、武蔵野線の新秋津駅から西武線秋津駅への乗り換えより遠いとの指摘あり!)、三田線に乗り替えます。 ここからは乗り換え無しで神保町に到着!

 ここで、某さかいやさんで、メンバーは靴を購入。 その本店相当のエコープラザ館に行き、私のナップザック代わりのパタゴニアのトートザックを購入。 メンバーは小物を買ってました。

 そこから女性用ウエアのラーラさかいやでウエア購入。 私は、ポイントカードを差し出しただけ...

 山用品が揃ったところで、お昼にGO! で...
e0272042_17315206.jpg
 半蔵門線に乗ります。 三越前にて乗り換え、長~い構内をひたすら歩き...
e0272042_17315675.jpg
 銀座線に乗ります。 どっかで見たようなカラーリングで! そして上野下車。 昨日のニュースで出ていた、上野は大変な人だかり、の人混みをかき分け...
e0272042_17320258.jpg
 上野精養軒のカフェラン ランドーレに到着。 約20分待ちました。 手前のお茶屋さんは1時間待ちだとか... 写真は東大方面です。
e0272042_17320646.jpg
 ちょっと振って、精養軒側を望む! 上野はお山なんですね。
e0272042_17320905.jpg
 メンバー思い思いの品を注文。 私はワンパターンのハヤシライス。 前回注文したデザート、白いコーヒーゼリーはメニュー落ちしてました。 春の特別メニューの割り込みで、何処かに飛んでしまったカモ?!
e0272042_17321124.jpg
 代わりに桜のアイスを注文! でも、デザートを頼んだのは私のみ...

 食後の運動にと、上野公園を散策します。
e0272042_17321585.jpg
 秩序を持ってお花見しましょう!のスローガンのとおり、お花見エリアは養生ネットで囲ってありました。 
e0272042_17321890.jpg
 道行く人々はほぼ外国人の方。歩きながらスマホで電話しているのは、アジア系の旅行者です。 月曜日でかなりの人数だったので、これが2020年のオリンピックの時はどうなるのだろう? と心配してしまいました。
e0272042_17322192.jpg
 初めて見た月の輪の松。 見事な円ですが、これは自然に出来たモノでは無いですよね~! 乗鞍のねじねじの木は自然のモノらしいですけど...
e0272042_17322475.jpg
 入口近くにはしだれ桜が咲いてます。 しだれはここだけか?! 
e0272042_17322799.jpg
 そして、家族にお土産と言えば定番どら焼き! うさぎやさんでは前回来たときとオーダーシステムが異なり、受付で注文の品と名前を聞かれます。 殆ど人が居ないような絵ですが、ひと波去った後の光景で、こちらは15分ほど待ったと思います。
  
 お土産を買ったら良い時間で、岩崎弥太朗博物館へ行くには時間が足りない。 結局御徒町方面にすすみ、アメヤ横丁散策をしながら、振り出しの上野駅に到着。

 京浜東北線に(あれ、写真が無い...)44だいじょぶだった? 
e0272042_17323184.jpg
 南浦和乗り換えの、武蔵野線で帰ってきました。

















[PR]
by moccinocraft | 2018-03-27 18:09 | | Comments(0)

REBECCA SAYRE

 本日聴いた女性JAZZアルバム、REBECCA SAYREの2003年作「THIS IS ALWAYS」、使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)を使いました。
e0272042_17571009.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉖シリーズは続き番で)、3月16日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム3/13です。

 久々のスマッシュヒットが出ました。ジャケット写真も雰囲気たっぷり。 顔の骨格も、えら張りの人は声が良いと個人的に思っています。 このREBECCA SAYREはその点ドンピシャで当りですね!

 収録曲が...

1. EVEYTHING I LOVE
2. SWEET SUE, JUST YOU
3. HEY THERE
4. PERDIDO
5. WHAT'S YOUR STORY, MORNING GLOW
6. ALL ABOUT RONNIE
7. JUST IN TIME
8. I GOT A KICK OUT OF YOU
9. THIS IS ALWAYS
10. WHO CARE?
11. OUT OF THIS WORLD
12. IN THE STILL OF THE NIGHT

定番のスタンダードもありますが、聞き覚えのない曲もあって... とはいえ、REBECCA SAYREのしみじみと歌い上げるボーカルにピッタリと合っています。

メインのバックはギターがキーとなっていて、少し引っ込んでピアノが聴こえています。 後でクレジットを見たらなんとBEEGIE ADAIR! バッキングに徹すると地味に聴こえますが、外さない音のシュアーな演奏は健在!!

 で、ここで面子を紹介!

REBECCA SAYRE/VOCALS
PAT BERGESON/GUITAR
TOMMY GIAMPIETRO/DRUMS
JERRY NAVARRO/BASS

BEEGIE ADAIR/PIANO
DENIS SOLEE/TENOR SAXOPHONE
JEFF COFFIN TENOR SAXOPHONE

聴き応えもあるし、ムードたっぷりの蜜のボーカルも心地よいです。

REBECCA SAYRE
THIS IS ALWAYS
BECCA RECORDS
2003年




[PR]
by moccinocraft | 2018-03-26 18:31 | JAZZ | Comments(0)

ルーブル美術館のお土産

 今を去ること14年ぐらい前でしょうか、子供の修学旅行は豪勢なヨーロッパ行きで、英国・仏蘭西・伊太利亜を巡る親も羨む旅行でした。

 絵に描いたような定番旅行のため、英国では大英博物館、仏蘭西はルーブル美術館、そして伊太利亜はピザの有名店を廻って帰ってきました。

 その中のルーブル美術館のお土産がこれ!
e0272042_17441961.jpg
 スマホではございません!  近寄って...
e0272042_17442351.jpg
 リンゴの根付けです。 アップルにアップル! とはいえ、その昔はアンドロイドのスマホどころか、ようやくアンテナが消えた携帯電話にこれですよ! しかも虫食い付き。 アップルの先手を行ってます!!

 ウチの子のセンスが良い!(親バカの手前みそだらけです!)44宅配講座 

 で、問題と言うより、この根付け少しも壊れません、と言いたいところ、実は虫が剥がれてきそうです。

 毎日スマホにくっついて、時には取っ手代わりに引っ張られ、バッグの中で揉まれても、文句の一つも言わず耐えてきたこのリンゴの根付けを、そろそろ労ってやっても良い頃、と思い...

 簡単ですが、ボンドのG17でくっつけることにしました。
e0272042_17442626.jpg
 G17というとオーディオ工作では鉄板ネタで、サランネットの貼り付けなどに使います。 でも、合成ゴム・皮革・金属などに使える、万能接着剤でございますのよ!(言葉使いがおかしくなってきました...) 

 使い方は、綺麗にした接着面の両方にG17を塗布し、5~10分おいて圧着する! で、そのとおりにしました。
e0272042_17442900.jpg
 的が小さいので、結構あっちこっちにはみ出してしまいましたが、バリ分は拭き取り何とかくっつけて、版画のローラーで圧着したのがこの図。

 これで、今世紀中はこのまま使ぅ事が出来ると思います。





[PR]
by moccinocraft | 2018-03-25 18:02 | その他 | Comments(0)

NICKI PARROTT BLACK COFFEE

 本日聴いた女性JAZZアルバム、NICKI PARROTTの2009年作「BLACK COFFEE」、使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_17422540.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉖シリーズは続き番で)、3月16日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム2/13です。

 正確にはオーストラリア人であるため、私個人としてJANET SEIDELと比べてしまうのは致し方ないこと。 でも、傾向が違うので同じ土俵には立たないので一安心。

 先ず収録曲。

1. DARK EYES
2. BLACK COFFEE
3. WHY DON'T YOU DO RIGHT
4. ALRIGHT. OKAY, YOU WIN
5. DON'T SMOKE IN BED
6. FEVER
7. GO SLOW
8. HALLELUJAH, I LOVE HIM SO
9. I'VE GOT MY LOVE TO KEEP ME WARM
10. JUST ONE MORE CHANCE
11. NO MOON AT ALL
12. OUR DAY WILL COME
13. SO IN LOVE
14. WEHRE OR WHEN
15. WHEN I FALL IN LOVE

スタンダード曲が一列に並びました。 でも、1.が始まったときベースのアルコとボーカルのデュエットにはビックリ! 他にも、少し毛色の変わったアレンジが新鮮ですし、多少の違和感もあります。

 特にピアノのコード進行が特異で、例えば、ここで7thを入れるのはお洒落だな、と思っていると... さらに、9thを重ねてくるような、ボーカルが取りにくいでしょ! と突っ込みを入れたくなりますが。

 でも、普段甘々なピアノを聴いている私にとっては、標準のモダンジャズが辛口に聴こえるのかもしれません。

 メンバーは...

NICKI PARROTT/VOCAL・BASS
HARRY ALLEN/TENO SAX
LISA PARRTT/BASS SAX・SOPRANO SAX・BASS CRALINET
JOHN DI MARTINO/PIANO
PAUL MYERS/GUITAR
DION PARSON/DRUMS

録音が微妙に甘く入っているところが気になるところですが、サウンド自体は好ましい立ち位置にあるので問題ありません。

 NICKI PARROTTは映像からみで聴いた方が良いのかもしれませんね。(でも、京都の茄子の様なシェイプのベースはかんべんです!)4428も 

NICKI PARROTT
BLACK COFFEE
VENUS RECORDS
VHCD-1041
2009年





[PR]
by moccinocraft | 2018-03-24 18:19 | JAZZ | Comments(0)

2018年コンクリぬりぬり②

 去年の異常気象が祟ったのか、コンクリートのひび割れが随所に波及しているので、3月中にもかかわらずコンクリぬりぬり②を開始しました。
e0272042_17591103.jpg
 昨日の段階のぬりぬり箇所。 コーンで囲われている部分がそうです。 左手下方のオーバルはコンクリぬりぬり①で終了している箇所。
e0272042_17591884.jpg
 養生として、ケルヒャの高圧洗浄を全面にかけています。
e0272042_17592233.jpg
 反対方向も、当然ながら赤いコーン辺りまでかけて... そして今日は、その赤いコーンの処をはつりつつ、コンクリぬりぬりしました。
e0272042_17592607.jpg
 ビニールの袋と青いバケツの前が、その赤いコーンがあった施工場所。 余ったセメントで緑手袋の先、つちのこのような形の部分も塗りました。

 それでも、余ったので...
e0272042_17592978.jpg
 車庫の前にもおすそ分け。

 この時点で、ケルヒャがこちらの前に移動していたので...
e0272042_17593305.jpg
 裏の車庫の中と前の導入路近辺を吹いて見ました! 心なしかルノーアルピーヌ(ウソ!)も喜んでいます。 






[PR]
by moccinocraft | 2018-03-23 18:19 | 工作 | Comments(0)

ELIANE SALEK

 本日聴いたLATINアルバム、ELIANE SALEKの2016年作「40 ANOS DE PALCO」、使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)を使いました。
e0272042_18264495.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉖シリーズは続き番で)、3月16日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム1/13です。

 声を聴いてると、かなりベテランの部類に入りそう。 でも、このアルバムがデビューアルバムだそうです。 中ジャケをを見ると、某赤江珠緒に似てますね。 声も幾分同女子のやっつけ子守歌の感じに似ています。

 このアルバムに戻って、収録曲!

1. CHORO PRA LYON
2. HOMENAGEM AO MESTRE CARTOLA
3. RECEITA DE SAMBA
4. ODEON
5. JANELAS ABERTAS
6. OUTRA VEZ
7. VALSA TRISTE
8. BAJAO PRO HERMETO
9. O COMPOSITOR
10. CHORO POUR LYON

ショーロ系としては、スタンダードな選曲だと思います。 2.は最後に「星に願いを」がサンドイッチされています。

 ミュージシャンも紹介しておくと...

NELSON SARGENTO/VOZ
ROMERO LUBAMBO/VIOLAO
MARCELO CADI/ACORDEOM
SURURU NA RODA/CORO

ELINE SALEK/VOZ・PIANO・FLAUTA
NICOLAS FRASSIK/VIOLINO
PAULO SANTORO/VIOLONCELO
AICEU REIS//VIOLONCELO
DANIEKA SPIELMAN/SAX SORANO
MARCO DE PINNA/BANDOLIM
ALESSANDRO CARDOZO/CAVAQUIOHO
NILZE CARVALHO/CAVAQUIOHO
JOSUMAR MONTEIRO/VIOLAO・VIOLAO 7 CORDAS
ROGERIO CAETANO/VIOLAO 7 CORDAS
NANDO DUARTE/VIOLAO 7 CORDAS
JEFF GARDNER/PIANO
ZE LUIZ MAJA/CONTRABAIXO
TONY BOTELHO/CONTRABAIXO
FABIANO SALEK/PARCUSSAO

人数の割にこじんまりとした音場で、私が持っているショーロの楽譜のおまけCDに音色が似ているのは笑えるところ...

 声さえ気に入ったなら、十分楽しめるアルバムです!

ELIANE SALEK
40 ANOS DE PALCO
FINA FLOR
FF071
2016年








[PR]
by moccinocraft | 2018-03-22 19:42 | LATIN | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

おひさしぶりです。 J..
by gall_gall at 10:46
なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

旧古河庭園
at 2018-05-25 18:32
HELEN GRAYCO
at 2018-05-24 18:08
JKのクッションカバー裁縫
at 2018-05-23 18:37
ASTRUD GILBERT..
at 2018-05-22 19:11
コナズ珈琲
at 2018-05-21 18:05

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧