人気ブログランキング |

カテゴリ:楽器( 44 )

FERNANDES P-Pの修繕

 昨日の楽器いじり、一番最初に買ったFERNANDES にディマジオのPを追加し、塗装を剥がしてカッタウエイを短くして、と魔改造していたFERNANDES P-Pをリファインしようと、去年の秋からパーツを磨き始めていました。

 そして先日、これでは埒が空かないと、電動ドリルのアタッチメントのパフを購入。 電動化で作業を早めようと,その後の作業を昨日始めたわけです。
e0272042_17211564.jpg
 問題の魔改造FERNANDES P-Pがこれ。そうそう、指板もメイプルネック(指板貼り合わせ)のものから、ローズウッド指板のネックに変更しています。 何せこの距離から見ないと、ハードウエアーがくすみっぱなしで見られたモンでは無い!
e0272042_17224112.jpg
 各パーツにパフかけしようと、部品を外しての作業。 作業中は使用前使用後の区別がつかないほど、見た目の変化は有りませんでしたが、作業後室内で見ると以外に綺麗!

 でもって、問題はそこでは無く、ネックの順反りなのです。
e0272042_17224787.jpg
 判るかな? って、完全に指板が隠れちゃってます。何せ20年手つかずの状態ですから... でこの後、指板下に見えるトラスロッドを3/4回転ほど締め付けました。
e0272042_17225337.jpg
 こうなりました!って判りませんよね。 これは金属パーツを磨き上げ、指板にレモンオイルを塗布して磨き、金属パーツを戻した状態です。
e0272042_17232490.jpg
 これで判りますかね?指板中央が若干凹んでいます。 この後、さらに1/6回転ほど締めて、さらに修正しました。 音程には問題無さそう...

 この辺で眼界なんでしょうか? この後少し放置(養生とも言う)し、の様子見! でも、締め上げた割には、鳴りが押さえられる事は無かったので、不幸中の幸いなのかしら?


by moccinocraft | 2019-04-05 18:00 | 楽器 | Comments(0)

YAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMPの合体から分離・再構築 完成

 以外と長くかかった今回の企画、途中でのんべんだらりとしていて、言わばサボっていただけなので本来なら3日の作業です。
e0272042_17430663.jpg
 残るは、配線だけというところ、気になるエフェクター間のシールドを最新のものに替え、以前から気に入っていて使ってたカナレのシールドは、クリーナー処理しました。
e0272042_17431010.jpg
 先ずはフォーンプラグの磨きだし。 これでも仕上がっています。 最初は色々なクリーナーを試して、結局たどり着いたのは砂消しゴム。 これはお勧めです。

 従前は、全く反射が無い酸化状態のきったないプラグでしたが、、磨くこと20分。 ここまで来ました。しつこく、あと20分も磨けば新品同様になりそうですが、怖いのが、メッキの下まで磨いてしまい、地金が出てしまうこと...

 頃合いが大事と、この辺で手を打ったのです。

 同様に、ケーブル自体は色々と試して(かれこれ40年がかりです。)、こちらも結局たどり着いたのが糊取りクリーナー! 途中砂消しゴムも試してみたところ、こちらはつや消しになってしまい、NG。 

 全部終わるのに1日弱要しました。
e0272042_17431573.jpg
 それで、セッティングし終わり、残すはパラメーターの調整のみ。 左のオレンジ色のエフェクターPMPのHEX。 当時流行ったエフェクターですが、未接続。 調子に乗って、色々くっつけるとノイズを拾いますから、ここは我慢。

 ここから、カットアンドトライの面倒くさい作業が始まります。

 

by moccinocraft | 2019-02-17 18:02 | 楽器 | Comments(0)

YAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMPの合体から分離・再構築 FENDER CHAMPもどきAMP篇③

 再構築の要、元々はここだけをやる予定だったFENDER CHAMPもどきAMPのホーンジャックの交換をしました。
e0272042_18085273.jpg
 この左側のホーンジャック(メス)の抜き差しがキツいもので、要交換と思ってましたので...
e0272042_18085862.jpg
 早速ジャックを外して、抵抗とリード線を半田鏝で熱して、だましだまし外します。
e0272042_18091643.jpg
 取り付け作業に、この部分の完成写真を撮り忘れたので、パーツ写真でご勘弁を! 極々安い方にしました。 こちらの方が抜き差しスムーズ。
e0272042_18084734.jpg
 そして、最後まで問題の残ったアウトプット、SPへの出力端子です。 最初、どっちがプラスかな?とテスターを当てるも、何処をブリッジしても導通モードのブザーがピーピー鳴ってしまいます。
e0272042_18090332.jpg
 ショートタイプのジャックを使ってますが、作成当時の記憶も無く、線をたどっても??ばかり!
 設計書を見るも、??ばかり.真空管アンプですのでアウトプットトランスを使用してます.ならばと、一枚戻った写真の右手真ん中に貼ってある端子識別表を見ても表示無し。

 結局、ここの交換は諦めて、在来ジャックで我慢することにしました。 ここは、殆ど抜き差ししませんからね。
e0272042_18090825.jpg
 と言うことで、入力ジャックのみの交換となりましたが、忘れてはいけない通電チェック!  最初に真空管を阿須したままチェックしようとし、慌ててストップ! デモ、何とか音も出て煙も出てないし、破裂音もしない!
e0272042_18091372.jpg
 でもって、裏蓋を閉めてボックスにセットしました。 底板にネジ止めしようと思ったのに、コーナーに這わしてあるL字アングル(側板固定用)の取り付けボルトに干渉してしまいました。

 ここの部分は、明日削って収めようと思います。

...続く、か?






by moccinocraft | 2019-02-11 18:34 | 楽器 | Comments(0)

YAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMPの合体から分離・再構築 FENDER CHAMPもどきAMP篇②

 本日のボックスの作業。 上の段に小引き出しならぬ小棚を取り付けました。
e0272042_18240952.jpg
 見にくいですが、右側のメサ・ブギーのプリアンプはそのままで使えるとして、そのACアダプタを左のfender 65reverbエフェクター(暗くて分りにくく申し訳ありません...)の直ぐ後ろに置きたいところ。

 エフェクターの背中にはそのACアダプタのジャックがまっすぐ出ていて、邪魔になります。そのジャック部分をクリアしようと、棚を設けてお神楽にしようとしたわけです!

 更に、下のACコンセントから真っ直ぐ下に出ている延長コードは、メサ~のACアダプタ用なのに微妙に届きません。
e0272042_18242473.jpg
 結局、1mモノをもう一本買ってくることになりました...
e0272042_18243129.jpg
 そして、棚に戻って、材料はこれだけ。 真ん中はすでにある(15年もの)シマコクタンの名刺サイズ板。 両脇は足になる板で、この後着色しました。

 左右の穴径が異なるのは、左側はボックスの壁にネジ止め。 そして右側は、そのネジ止めに使うドライバーが通る穴(12mm)です。
e0272042_18243862.jpg
 で、ドライバー穴側接着の...
 
e0272042_18281587.jpg
 壁側接着です。 この時、前後にずれていたのには気づいていません。
e0272042_18284001.jpg
 棚を右側タイトボンド、左木ねじでねじ込みですが、ここで問題発生! あと2mmで木ねじを締め終わるところ、右のドライバー貫通穴にドライバーの途中部分が一杯一杯になってしまい、締め付けがで来ません。
e0272042_18284456.jpg
 でも、奧に仕舞ってあった道具箱に細身のドライバー発見! 何とか事なきを得ました。

 まだまだ作業は続きますよ~!
 



by moccinocraft | 2019-02-07 19:10 | 楽器 | Comments(0)

YAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMPの合体から分離・再構築 FENDER CHAMPもどきAMP篇

 ここ一週間の、FENDER CHAMPもどきAMP篇の方の工作ダイジェスト!
e0272042_17362931.jpg
 板が5枚、その内奧の白い板だけ新調。 外はストック材(使い古し材)です。 コーナー補強材のL型アルミ材も既存のもの。
e0272042_17363452.jpg
 縦横の接合部にアルミ材をカマすのが、先ずの作業で... 縦横の板には木ねじと両面テープで固定します。
e0272042_17363751.jpg
 仮の組み上がりがこれ! 90度の横倒しになってますが、写真では立っている横板3枚はすでにアルミ材固定済み。 今更ですが、真ん中の棚板が少し長めだったので修正しました。
e0272042_17364262.jpg
  でもって、アルミ材以外は、タイトボンドで固定します。
e0272042_17364072.jpg
  貼り付けが終わった棚に機材を組み込んで... 残念なことに、普通の棚にしか見えません!
e0272042_17365173.jpg
 で、Gー10WとJENSENSPBOXのオリーブ色に塗ったら、完熟オリーブになってしまいました。 さすがに、これはイカンと今日ただの緑色(グラスグリーン)を買ってきて、それにエフェクターが落ちない様に滑り止めも付けて...
e0272042_17365473.jpg
 上から塗り重ねて、何とか外のパーツに近い色にしました。 ただ一つ作業が済んでないところ、工作台に接している面は塗れてません... 続く...

by moccinocraft | 2019-02-03 18:01 | 楽器 | Comments(0)

YAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMPの合体から分離・再構築 G-10W篇

 以前分離したYAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMP
e0272042_19103731.jpg
 こちらは、AMPFENDER CHAMPもどきAMPの箱の中身をバラした図。
e0272042_19120599.jpg
 で、Gー10Wの現在はこの形になってます。 これを
e0272042_19121393.jpg
 輪切りにして、背を縮めます。
e0272042_19121571.jpg
 スライス後。 約10cm程カットしました。 側板と底板の境目にノコギリを入れたはずが、底板まで削れています。

 そこで...
e0272042_19121941.jpg
 部分的に当て木をして...
e0272042_19123211.jpg
 強制的に、タイトボンドで圧着しました。
e0272042_19120833.jpg
 かなり可愛らしくなりましたね。

 それと平行して、AMPFENDER CHAMPもどきAMPの箱の方も鋭意制作中。 こちらは、元々のSUN AUDIO SV-2A3用の箱でしたが、この箱を使わずに、在庫端材をつかってます。

 明日は、両方とも塗装にかかる予定!





by moccinocraft | 2019-02-01 19:27 | 楽器 | Comments(0)

MCA P-P BASS

 本日の手持ち楽器(所有)、MCA P-Pを検証。
e0272042_17513157.jpg
 もともとはフェルナンデスのプレシジョンで、確か1949年製作、いや昭和49年のもので舞台は数多く践んでいます。 ただし、演奏者は私ではありません。

 オリジナルはメイプルネック。でも、音に落ち着きが無いと思って、メイプルベースのローズウッド指板にしました。 さらに、重量があるので、カッタアウエイの両方とも先っちょを丸めて、準リランド・スクラー仕様にしてます。

 本家本元スクラーさんは、ジャズベースの上のカッタアウエイを切り落として、エクスプローラーのようにしてますが、これはやり過ぎ!
e0272042_17513532.jpg
 胴体部分は、ワーウイックかアレンビックに似てるかな? PーPのユニットは、後ろディマジオ、前フェルナンデスのオリジナルです。 各出力は、お互いに単独出力をとっていて、ベースアンプを2台繋ぐと、二とおりの音が...

 って、あまり意味の無いことですよね。
e0272042_17513709.jpg
 moccinocraft(MC)&アレンビックかな?でMCAです。 このネックはもしかしたらワーモス? ボディは有るけど、ネックは有ったかな?
e0272042_17514023.jpg
 逆巻では有りません。 なので、MOONと一緒に使うときにはこんがらかってしまう...

 先日のミニコンサートに持っていきましたが、バンドリーダーの、順反りになってるぞ!の一声で楽屋送り。(楽屋なんてモノはありませんが!それに、現場でネックを外さないと反りを直せないのですよ。) 何時もの、MOON P-Jで丸く収まりました。

by moccinocraft | 2018-11-25 18:14 | 楽器 | Comments(0)

超カンタン!! 25分で弾けるボサノバ・ギター

 先日12枚ほどCDを仕入れてきましたが、その際、その前の仕入れの時に眼にとまった「超カンタン!! 25分で弾けるボサノバ・ギター」も購入してきました。
e0272042_17555890.jpg
 実はこの手の本の収集家と言われるほど、教則本をため込んでいますが、いかんせん全然身になっていない! ということもあり、比較的内容について親しめそうな教則本を手に入れました。

 ただ、こういうキャッチコピーの本は、得てして身にならないものが多く(繰り返しますが...)、内容とギャップがあるものが大半を占めています。 

 中身を読み解いて、実際ギターを出してきて出てきたコードを押さえてみると...
e0272042_17560252.jpg
 25分ではとても無理ですね! 何せ押さえるコードが、それで無くともボサノバギターのジャンルではアクロバティックなため、特に初心者ではハードルが高すぎます。

 画像では、Am7辺りから始まってますが、最初のページから見たところ、CM7-Dm7-Em7と続くコードパターンで、すでに指が攣りそうになってきました。
e0272042_17560655.jpg
 練習曲では、定番のイパネマの娘。 今時定番の主旋律(歌詞付き)にギター譜面とタブ譜と、完璧です。 さらに、おまけでポルトガル語で歌おうイパネマのの娘と題して、カタカナ=ポルトガル語も付属しています。

 これで、歌えないわけが無い!! ではなく、ここまでの進み具合を25分でこなせるかとなると、問題がありますよね。

 収録曲は、他にcorcovado・insensatez・samba de uma nota so。 さらに、manha do cannaval・どうぞこのまま・あの日にかえりたい・moolight serenadoと多義に渡って収録中! 最後の3曲は、ボサノバの雰囲気はあるけれど、と{?}マークも多少顔を覗かせていますね。

 25分で仕上げるのだから、多少の犠牲は... で、頑張るしか無い世界です。

 ちなみに...
e0272042_17560947.jpg
 図書購入には、このしおりが付きます。




by moccinocraft | 2018-10-23 18:43 | 楽器 | Comments(0)

ACOUSTIC GUITAR誌

 昨夜見つけた音楽誌、ACOUSTIC GUITARの1997年2月刊NO.50を懐かしくめくっているところです。
e0272042_17205434.jpg
 恐らく、この表紙に誘われて購入したと思います。 5ドルなのでこちらでは700円ぐらいだったか... あちらモノって青の使い方が非常にうまく、この号もGILLのデニムに、車の内張のサシも青。 車のボンネットと車色も青ですよね。

 おまけに、スポット広告(?)も青での念の入れようです! 統一感あふれる雑誌造りとなってます。
e0272042_17234247.jpg
 VINCE GILL特集では無いのですが、メイン記事は彼のミニ特集。 最後のページには、ファンには嬉しい「HIHG LONESOME SOUND」の譜面も掲載されています。 欲を言えば、TELL ME TROUTHが良かったのですけど。

 この楽譜、購入当時練習してみようとコピーをして、そのまま約二十年同誌に挟みっぱなしでした...
e0272042_17234731.jpg
 巻末のページには、以前紹介したハープギターの記事もあり、この頃もう世に出てたんだ~、とまた感心してしまいました。

 ページを遡ると...
e0272042_17235400.jpg
 なにやら、くまモンでは無いなと注目したこの物体。宇宙家族ロビンソンのフライデイーでも無いと、本文を読むと...
 実はこれ、ギターのエージングマシーンなのだそうで、色々な方向から力を加えると同時に、外部から音圧をかける、強制エージングマシンだそうで...

 アメリカは広い国。 色々なアイデアを持った人たちがいるもんだと、またまた感心しました。

 あと、めくっていくウチに気がついたのが、当然ながら楽器メーカーの広告。 老舗楽器メーカーから新鋭楽器メーカー。 それにイクイップメント関連の広告も色々とあり、すでにセピア色している冊子の紙も、めくって楽しい花いちもんめ! となります。






by moccinocraft | 2018-07-31 17:48 | 楽器 | Comments(0)

アコースティック・ギターブック13

 本日のムック、2001年シンコー・ミュージック発刊のアコースティック・ギター・ブック13を検証(いやパラパラとめくりました。)しました。

e0272042_17382544.jpg
 表紙は、ものものしい中島馨氏作のポラリスギター。 世紀が変わったこの時代では、多くのギター作家を排出し、その中の一人が中島馨氏だったとあり、なかなかお目にかかれないスペシャルな1本です。

 私としては装飾が素晴らしいギターが好き、と言うことは無く普通に弾きやすく、音質も勝っているモノが好みなので、その辺も含めてこの本を買ってきたと思うのですが...
e0272042_17382982.jpg
 本の内容を見ていくと、こちらはイベント紹介のページで、ドック・ワトソンのご子息マールが亡くなったことをきっかけに始められたギグ。

 当然ながら、参加者はカントリー・ブルーグラスの音楽が主体ですが、近年はロックなどを含めてよりポップな音楽も登場しているというお話です。

 ユーチューブで見ると、色々なミュージシャンが出演しているので、話の種に覗いてみては如何でしょう!か?
e0272042_17383343.jpg
 やっと出ました、資料としても有意義なページ。 山村雅彦さんのコレクション紹介のページですが、左上が私のギターと同じモデル。 

 当然ながら、購入の際には参考にさせて頂きました。 でも、私のは現行モデル。世間ではオールドに人気が集中してます。
 でも、私はオールドを買うお金も無いし、作りたてのギターのニスが、まるでメープルシロップのような香りを醸し出して、これを嗅ぐのがたまらないんですよ!
 
 チョットページを戻すと...
e0272042_17383641.jpg
 2001年のシンポジウム&ギターメーカーフェスティバルの模様が紹介されています。

 右上には、すでにこの当時からラングヤンのハープギターを弾くメリアル・アンダーソンの模様が写真に収まってます。 17年前だと、今のウチの娘ぐらいの歳。

 未だに新しいモデルでハープギターのデモをしてます。

 こんな風にページをめくっているので、断捨離がいっこうに進みません!(この本は、勿論捨てませんよ!!)




by moccinocraft | 2018-06-04 18:13 | 楽器 | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

何となく、何処かで見た感..
by moccinocraft at 17:59
これはジャケ買いの対象で..
by gall_gall at 12:16
gall_galさんのコ..
by moccinocraft at 08:10
これいいですね。A SA..
by gall_gall at 19:54
gall_gallさんは..
by moccinocraft at 18:58
LPレコードで持っていま..
by gall_gall at 11:12
おっしゃるとおり! こ..
by moccinocraft at 07:02
アメリカらしいと言うか、..
by moccinocraft at 06:55
おっしゃるとおり、女優が..
by moccinocraft at 06:48
この時代のアメリカらしい..
by gall_gall at 23:56

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

AMANDA GINSBURG
at 2019-04-24 19:03
東京喫茶
at 2019-04-23 19:08
KEISSY COSTA
at 2019-04-22 18:23
阿佐ヶ谷ツアー(素生活部山の会)
at 2019-04-21 19:13
JO STAFFORD TH..
at 2019-04-20 18:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧