カテゴリ:山( 152 )

渋沢丘陵(SHC)

 マイクロバスでの山行を諦め、最小人数で望んだ昨日の神奈川県秦野市渋沢丘陵ハイキング。
出発点の震生湖駐車場を9:00に歩き出し、丘陵の畑の間の道を進んでいきます。
e0272042_16145724.jpg
 あらかた農道ですので、うねりはあるものの歩きやすく、20分ほどで渋沢丘陵中央部に着きました。 
 上智大学の植林記念塚を後に更に進むと、通行止めの表示が出てきて、今日の山行はここまでと思った時、その掲示を見ると車は通行できませんの表示。 人は大丈夫だろうと進むと...
e0272042_16150434.jpg
 車、横倒しの状態! 車に人は居ません。当日の朝早くに事故ったのかもしれません。
 この後、栃窪の集落に出て、栃窪会館にトイレがあるとの情報を得ていたので、立ち寄ってみたら鍵がかかっていて、使用不可となっていました。

 その先の曲がり角から、本日の最高峰八国見山を目指します。 本日一番長い上り坂を登って行き、ループになっている砂利道に出ます。 10mほど進むと八国見山(やくにみやま)は左の看板があります。ここから15分ほど進むと...
e0272042_16150899.jpg
 本日の最高峰(309.4m)八国見山に到達!10:26 それ程登ったとは思え無いので、踏破した~!感は有りません。        ここの15分行程は更にループになってますので、くるっと廻って、八国見山15分看板が在るT字路手前15mに出て、T字路を西に向かいます。
 この先も、最初の畑の間の道状態で、非常に歩きやすい! この渋沢丘陵には所々に展望台が在り、最初の駐車場もそうでした。そして前回来たとき一番のビューポイントと思われる展望台が、途中本道から枝分かれした、頭高山(ずっこうやま)導入路と思われる分岐に在り...
e0272042_16151546.jpg
 丹沢連邦(塔の岳=写真中央、二の塔・三の塔=その右黒っぽい出っ張り)に一番右に尖っているのが大山と観ることが出来ます。
 快晴の丹沢連邦を拝して、気分は最高ですね! 秦野の町も、箱庭のようなたたずまい...
 途中で、畑仕事をしている方に、「毎日丹沢が見られて良いですね!」 と訊いたところ、毎日だと飽きますよ」とのことで、当然と言えば当然ですよね!
 ここから、200m程進んで、右に入る道を下ると、そこが頭高山登り口。
 導入路からは、八国見山とたいして変わりないボリュームで、頭高山、麓のラウンドに着きます。左コースを選んでひと登りすると最後の直登が現れますが、そこは30m程で終わります。303.4m 11:39
e0272042_16152255.jpg
 こちらも背後に丹沢連峰!以前登って苦労したのは、何時のことやら...
 時間も丁度良く、こちらに切出してあった一本の木に跨がって昼食タイム。日頃の鬱憤をおかずにして盛り上がりのランチでした。 
 ここからはピストンでの帰路となりますが、前の写真の場所から左に折れて、町中に進みます。 当初のマイクロバス計画では、ピックアップ場所だった渋沢中学校を経由して、元来た栃窪会館に出ます。
 その後は往路と同じコースをたどりますが、横倒し車はすでに撤去されていて、気持ちよく駐車場まで戻ってくることが出来ました。  車に乗り込んで、本日の最終目的地、秦野市鶴巻温泉に向かいます。 事前に調べておいた抜け道を使い、最後は東名高速道路に沿った側道をひた走ります。 この道路、丁度大山の南に位置し、その裾野のヒダヒダを超えていくので、上り下りの連続! 傾斜がきつくて下りはジェットコースター気分。 皆でバンザイしながら走りました。
 鶴巻温泉弘法の里湯は公営ですが、駅のすぐ前にあり、24700歩歩いて疲れた体をほぐしました。14:26~15:56  十分休憩を取った後帰途に着き、R246から海老名より圏央道に入り往路と同じコースで帰宅しました。

おまけ:
e0272042_16151189.jpg
 栃窪会館手前。真ん中に富士山が見えます。
e0272042_16151937.jpg
 丹沢連峰一覧...............



by moccinocraft | 2019-01-12 18:00 | | Comments(0)

秩父札所めぐり(第31番・第32番・第33番)第34番 SHC

 そして結願、第33番からマイクロバスで移動。 秩父華厳の滝に向かいます。
e0272042_17471781.jpg
 形は似ているけど、スケールが違い滝上から下りていくエレベータも有りません(当たり前ね)。 滝の入口に日本の滝10選なる看板が有り、秩父華厳の滝は5位だったかしら?! でも、本家本元の日光華厳の滝は何処にもランクされていません...

 ここから、またマイクロバスで移動。
e0272042_17472570.jpg
 第34番水潜寺に到着。 だんだら坂を登っていきますが、私だけ帰りのコースから歩きました。 左の石像に刻んである文字は、帰りがけに上から読んでいくのかもしれません。
e0272042_17473343.jpg
 よく見ると、伽藍の彫り物ももの凄~く凝ってますね!
e0272042_17473096.jpg
 ほぼ、一緒に廻っている団体さんは、各お寺でお経をあげています。 納経帳はガイドさんがまとめて戴くスタイル。 笈摺にも納経の印があるかたも、沢山いらっしゃるようです。
e0272042_17472865.jpg
 ここが最後の納経所です。 どこぞの達成感はちびちび来てますが...
e0272042_17473608.jpg
 で、ここから歩き。第33番から秩父華厳の滝に向かうとき通ってますから、距離感アリアリ! 余計疲れます!!
e0272042_17473954.jpg
 でもって、到着したのが満願の湯! ひとっ風呂浴びて、結願お祝いに祝宴をあげ(忘年会も兼ねている...)逃げるようにマイクロバスに戻ります。

 決して、料金未払いで逃げてきたわけでは無く、次の...
e0272042_17474317.jpg
 すまんじゅう、ふくろやさんに直行! 人気店らしく、会長自らお店に電話して、開いているかどうかとまんじゅうが売り切れてないか確認してました。 ちなみに、会長はここから直ぐのところがご実家だそうです。

 最後は、素朴なお土産購入で締めた秩父札所34箇所めぐり。 この後別グループで、数カ所巡り返しをする様になると思います。 たぶん...

 ※最初の投稿に、2番目の投稿の札所番号が間違ってました。 お詫びして訂正いたします。
  正しくは 最初 第32番法性寺 2番目 第31番観音院

by moccinocraft | 2018-12-17 18:15 | | Comments(0)

秩父札所めぐり(第31番)第32番・第33番(第34番) SHC

 第32番法性寺から移動して、実質的に群馬県に近い第31番観音院へ来ました。
e0272042_18041428.jpg
 仁王門(後出)から296段の石段を登ります。 この296は般若信教の276字と普回向20字を合計した数で、お経を唱えながら登ると厄除けになるそうですが、ウチのメンバーにそんな奇特な人は居なかったですね。
e0272042_18042118.jpg
 見慣れた本堂。 入口に鐘、左手奥に落差30mの聖浄の滝があります。
e0272042_18042599.jpg
 本堂の上の岩は砂岩なので、いつかは崩れそうと、不謹慎なことを言ってはバチが当りそう...
e0272042_18042993.jpg
 又しても観た、新生代第3紀の地層。 丸いのはアンモナイトではありません!

 他のメンバーはこの先の回遊路に行きましたが、私は足の安全を考えて待機。 その後296段を下りて...
e0272042_18043261.jpg
  大きな石の仁王像を観ます(高さ4m)。 一緒に写っているのは、比較対象(失礼)ではなく、自作のウエストポーチ(ショルダーバッグも兼ねて、アイデアもの)が素敵なEさん。 思いっ切り褒めておいたので、私のも作って貰えることと思っています。

 ここから、マイクロバスで移動して、「ようばけ」方面に移動。
e0272042_18043586.jpg
 化石館横からようばけを望みます。 手前のフィギュアはこの辺りから出土した化石の骨から想像して作ったもの。 名前は記憶にございません、残念ながら。
e0272042_18043860.jpg
 これ以上は寄れませんでした... というより、これから歩きなので先を急ぎます。
e0272042_18044179.jpg
 思ったより近かった第33番菊水寺。 こちらは本堂内に納経所があって、確か土間だったと思います。 お寺によって、様式が違うところも札所巡りの醍醐味。
e0272042_18044386.jpg
 花附けの時季にはさぞ美しいであろう梅のアーチトンネル。 今は冬枯れの詫び寂びですよね!

 続く...


 

by moccinocraft | 2018-12-13 19:01 | | Comments(0)

秩父札所めぐり第31番(第32番・第33番・第34番) SHC

 本日のさわやかハイキングクラブ登山、札所の結願に向けて第31番法性寺から廻りました。
e0272042_19580679.jpg
 秩父から小鹿野に向かって、途中を左折。 しばらく走ると今日の最初の目的地、法性寺に着きます。 本堂にまで登ったところで、今週の金曜日、NHK総合の午後7:30より同お寺も含めた放映が有ると聞きました。
e0272042_19581104.jpg
 我々一行は更に奥に進み...
e0272042_19581498.jpg
 段数も忘れるほど階段を登って...
e0272042_19581732.jpg
 今日の登山のまっただ中、途中にほこらがありますが、こちらミスコース。 撮影位置から左の道に入ります。
e0272042_19581925.jpg
 まだまだ上り坂は続く、で、月光坂に入っていきます。
e0272042_19582285.jpg
 またまたほこらが登場! ここを通り過ぎると...
e0272042_19583797.jpg
 大日如来と大船観音の分岐に出ますが、左の大日如来(30m)に向かいます。
e0272042_19582537.jpg
 とても落ちそうな一枚岩の上を進み...
e0272042_19582778.jpg
 大日如来最後の直登の麓に出ます。 ここからはチェーン!
e0272042_19583026.jpg
 登って下を見ると、恐ろしい!
e0272042_19583480.jpg
 登り切って、大日如来とご対面~! ここは本来定員3名。 でも、後続者が来てしまったので、私は岩の外、チェーンだけで体を保持している、アクロバット撮影!

 下にいる同行者からせっつかれ、今度は戻ってお船観音(40m)へ...
e0272042_19583986.jpg
 こちらは下りですが、両端が丸くなっているので、恐怖の連続!
e0272042_19584258.jpg
 像はちゃんとまします、しっかり土台の受けに鎮座まします。
e0272042_19584528.jpg
 う~ん、この鉛色の空にりりしいお顔! ガイドブックにはこちらに来るのに足が震えたと有りますが、実際は大日如来の登りの方がキツい! 実際同行者は震えて登ってました。

 第32番に続く...



by moccinocraft | 2018-12-11 20:25 | | Comments(0)

阿佐ヶ谷ツアー(小さな和の会)

 小さな和の会の山ツアーの合間に、息抜きで山で無いところを巡る旅。 今回はテレビネタで「阿佐ヶ谷」に行ってきました。

 10月に下見をして、準備万端のつもりが何となくほころびも出てしまったツアーです。

 昨日お日柄もよろしく、電車を4回乗り継いで阿佐谷に着きました。 先ずは南口のパールセンターに向かいます。
e0272042_17512171.jpg
 入口にあるお菓子屋さん、鉢の木には後で寄るとして、ささっとウインドウショッピング。
e0272042_17515191.jpg
 そして本日のメイン、小さなドイツ村。 お上りさんなので記念写真を撮ってますね。 メンバーはマスコット人形や紅茶を買っています。 私はロンネフェルトの紅茶を買いました。

 続いて、パールセンターをずら~っとウインドウショッピング。 でも、主婦ばっかりなので、あちこちのスーパーやら引っかかり、かなり時間を消耗。 でも、そのおかげで昼食はタイミング良く食べられて...(後述)

 そして
e0272042_17512703.jpg
 ここが本店?ブドウの木。まだ改装中です。 ここでも買い食い!?いや買い物。

 そして、お昼は当初蕎麦屋さん「柿ざわ」の予定が、メンバーの一人の提案で「たまに外に出たんだから、スパゲッティでも食べたい!」の一言により、隣の伊太利亜料理の店「松下雄二屋」に入り(口開けの客となる)、久々にパスタを食べました。美味しかった!(焦って食べたので写真無し)

 食後は、線路の北側に移動し...
e0272042_17513491.jpg
 この写真ではお店開いてますが、当日はお休みの「うさぎや」さん。上野の「うさぎや」さんの創業者の妹さんのお店です。
e0272042_17513745.jpg
 そのチョイ先にもお蕎麦屋さんがありますが、お昼は済んでいるので北に進路を変えて...
e0272042_17515591.jpg
 神明宮の、こちらは能舞台です。 この後西に向かって中杉通りを横切って...
e0272042_18392269.jpg
 かなり目指すお店は多い!手打ち蕎麦の「達吉」さんと、当初のお昼の店「べじcafe和み」を位置確認。

 続いて商店街を北上して、「ジェリテリアセンチュリータ」を目指しますが、お昼に珈琲を飲んだばっかしなのと、外気が冷たいのでジェラートは一寸お腹に... さらに7人腰掛けるところも無いため、寄るのを諦めました。

 代わりに、向かいの「八幡煎餅」でまたお土産購入! 買い込みというより、もう仕入れのレベルでは無いか?!

 最後に駅に向かい、通りすがりの洋品店でもウインドウショッピング。 長い、約半日ツアーも終りとなり、帰途につきました。

 次回は、三つお隣の駅に行きま~す。






by moccinocraft | 2018-12-09 18:52 | | Comments(0)

ちちぶ mgazine 第1号

 本日、行きつけの本屋さんに立ち寄ったら、タイトルのとおりのムック(?)が出版されていました。 何気なく手にとってページをめくると、幾つか「読め、読め!」と誘ってくる記事がありました。 当然お買い上げとなった次第で...
e0272042_17262091.jpg
 A4よりも大きいサイズなので、プリンター複合機も読み取ることが出来なくて、右側が切れています。

 主な内容は...

  秩父夜祭りの事実
  秩父の朝明で家飲みはいかが?
  秩父ホルモン伝説
  秩父への移住って実際どう?
  週末「半日旅」でふらりと秩父へ
  樹とオオカミと

と大文字で表してある項目の他にも、色々と趣向を凝らした項目を網羅されています。 個人的には、端っこのほうにある項目に目が行きました。

 先ず、表紙から2枚めくると、秩父地域の1市4町1村の紹介が有り、データやワンポイント観光紹介などが載ってます。

 秩父夜祭りには行ったことが無いので...
e0272042_17263711.jpg
 行ったことのある、吉田町の龍勢祭りの記事に注目!! 2、3回行きましたが、晴れ男に晴れ女も居なかったのか、何時も冷たい雨の中。
 でも、櫓と観客席の掛け合いや、ロケットといっても火薬樽(?)に竹の尾っぽが付いただけのモノを、写真の様に打ち上げ、うまく飛んだときや、さらにその中に仕掛けが有り、その出来も良かったときに起こる観客席が湧く様は、実に良いものです。

 一方...
e0272042_17264103.jpg
 結願した、秩父三十四ヵ所札所巡りで、リバイバル巡りの目玉で再度訪れたパリー食堂。 ネタバレのオムライスが掲載されてますが、こちらはショーケースとの比較が楽しいので、その辺のびみょ~なところは他の案内書を読まないと分からないため、これはウチのグループだけで仕舞っておくネタでした。

 まだ、他の記事の細かいところを読んでいないので、総合的なお話は出来ません。 でも、早くも来年の4月に第2号が出るらしいですよ...


by moccinocraft | 2018-12-03 18:33 | | Comments(0)

遊歩道アプトの道 小さな和の会

 昨日、先週行った遊歩道アプトの道を、別メンバー小さな和の会で歩いてきました。

 その先週は、間違えてめがね橋まで車で行ってしまい、そこから3kmアプトの道を下って、また戻るコースをとりましたが、今週はちゃんと碓氷湖のPに車を駐めて旧丸山変電所を目指しました。
e0272042_18132840.jpg
 先週と比べると、落葉もアリ残っている葉っぱも茶色に近い色の葉が多くなっています。 それでも、見るに耐えうる写真になってるのは、カメラのAI技術のせい。
e0272042_18133276.jpg
 残った緑色も、赤や黄色の紅葉を引きだたせていますね!
e0272042_18133659.jpg
 お題、「静けさ」。 左端上から1/6ぐらいのところに、カモが居るのが分かるでしょうか?
e0272042_18134104.jpg
碓氷湖からアプト道に入り、横川駅方面に下っていきます。 前回寄った峠の湯は第二火曜日だったのでお休み。 そのまま線路が敷いてあるアプト道を下ると...
e0272042_18134505.jpg
 毎度お馴染み、旧丸山変電所跡。 今回はホーンテッドマンション風に撮ってみました。

 変電所跡から引き返し...
e0272042_18134984.jpg
 峠の湯とトロッコ列車とうげのゆ駅を望む、アプト道自体がスイッチバックしているところからの写真! 左の小さい銀杏の木の下あたりがトロッコ列車駅です。

 さらに、アプト道を登り返して碓氷湖まで戻り、ちょっと進んだところのバーゴラで昼食。私は車に昼食を置き忘れて取りに行ってきました。

 その後は別行動で、私以外はメガネ橋を目指して... そして私は車でめがね橋までお迎えに!
e0272042_18142161.jpg
 何処となく、恐竜の時代の生物を彷彿させる樹木に葉っぱ。 山は冬に向けて様変わりしてます。
e0272042_18142781.jpg
 そして、11月13日現在のめがね橋。 どことなくさみしそうな雰囲気を醸し出しています。 この後、第5トンネルに入ったところで、他のメンバーと再会しました。 

 で、ここでカメラのバッテリー切れ。 ここでの集合写真は、メンバーのカメラに収まっています。

 ここから、車に乗って定番峠の釜めしゲットで、帰途に着き、そこそこ早めの帰宅となりました。 完

by moccinocraft | 2018-11-14 19:08 | | Comments(0)

遊歩道アプトの道 ②

 9日の続き、旧丸山変電所から引き返し、峠の湯に寄ってお昼となります。
e0272042_17504622.jpg
 パーゴラの在る広場の脇には水量が多い用水路が通っており...
e0272042_17504953.jpg
 お昼も済み、気になっていたトロッコ列車の駅、時刻表を見ると午前中2本、午後3本運行していますが、これは土日祭日。 往路でRさんが線路に立ち入って写真を撮ってましたが(本来でも、線路に立ち入って撮影してはいけません!)、トロッコ列車には轢かれない事が分かりました。(とはいえ、立ち入ってはいけませんよ!)
e0272042_17504329.jpg
 再びアプトの道に戻って、元線路脇のモミジ。 いい感じの紅葉です。
e0272042_17505231.jpg
 2号トンネルを抜け手、左に外れると...
e0272042_17505520.jpg
 本来ここのパーキングに入るべきだった碓氷湖。 船着き場のゲートが1本残って、モノリスの様です。
e0272042_17505877.jpg
 こちらは、手の入った岸辺ですので、風景が綺麗。
e0272042_17510122.jpg
 植えられたモミジが丁度良い紅葉になっていて、Rさん大興奮!
e0272042_17510494.jpg
 モミジと幹の黒い肌のコントラストも綺麗!
e0272042_17510677.jpg
 赤と黄色のモミジのコントラストも良いですね。 この後Rさんは、京都の紅葉より綺麗だとはしゃいでいました!

 ここから、元来た道に戻り(アプト道からは、その1本しか有りません!)、めがね橋まで戻って車に戻りました。 

 帰りには、おぎのやさんの釜飯をゲット(夕飯に...)、行きと同じ道で帰路に入り...

 途中寄居PAに寄って、コーヒータイム。 お土産もゲットして無事家に着きました。

 ちなみに...

 来週も、同じコース(正規の...)で違うメンバーと歩きますよ! 今回は完!



by moccinocraft | 2018-11-10 18:39 | | Comments(0)

遊歩道アプトの道 ①

 昨日の山行、KSBの定例会で軽井沢旧碓氷峠の遊歩道アプトの道に行ってきました。 これは、メンバーのRさんの要望で急遽(お誘いを掛けて一年後ですけど)実現した企画で、一年と7日ぶりのアプト道。
e0272042_18295848.jpg
 去年はバスでアプローチしましたが、今回は4人なので自家用車を使って... でも、少ない人数だと話しに夢中になって、危なく松井田妙義ICを降りそこなうところ... (写真の後ろ姿は、依頼者Rさん)

 さらに車を駐めようと思っていた碓氷湖をも通り過ぎ、山歩きの目的地めがね橋まで来てしまいました。
e0272042_18300164.jpg
 去年と同じ場所をカメラに収めました。 今年は雲が多い!
e0272042_18300877.jpg
 めがね橋の下をくぐって、階段を登り橋桁の上まで来ると、今まで走ってきた道が見えます。 針葉樹のすき間に私の車が見えますが、本来駐めるべき駐車場は右上の紅葉の先。 ウチの車は路肩に停まってます。
e0272042_18301266.jpg
 あまりはっきりとしない天気にもかかわらず、却ってめがね橋は雰囲気が出てます。
e0272042_18300574.jpg
 その前に撮った写真も、面白いモノが出来ました。(天を見上げて...)
e0272042_18301590.jpg
 普通の紅葉の写真もパステル調に...
e0272042_18301876.jpg
 めがね橋から逆行、5号トンネルもパンフレットに似た写真が撮れました。
e0272042_18302160.jpg
 4号トンネルの擁壁近辺、戦争直後からの時間がさらに味付けしてくれます。 ず~っと下って1号トンネルを出ると、そこに峠の湯が...
e0272042_18302420.jpg
 妙義方面の山もよく見え、駐車場の紅葉を見ながら小休止。 そこから1km(平面距離で)下ると...
e0272042_18302701.jpg
 旧丸山変電所。 去年の山行では出発して次の見所だったのですが、本日は引き返し点。 後は登りだ! で②に続く...







by moccinocraft | 2018-11-08 19:01 | | Comments(0)

鐘撞堂山(SHC)

 本日の山登り、寄居の鐘撞堂山(かねつきどうやま)に登ってきました。 先日(11月30日)の西沢渓谷も、甘く見ていた分キツく21,000歩歩きましたが、今回も最終的に波久礼駅まで歩いたので、23,000歩も稼いでしまいました。
e0272042_17343410.jpg
 寄居駅8:45出発。 町中を通り過ぎ、それでもアスファルト道路が終わらないうちに...
e0272042_17344093.jpg
 大正池に着いてしまい(9:28)、1本入れます。 池自体はジオラマみたいですね。
e0272042_17344969.jpg
 大正池の先でアスファルト道路は無くなってますが、更に先で本格的な登山道に入ります。 クマ注あり!
e0272042_17345475.jpg
 今回のリーダー(左端に顔が写ってます)は、下見に何回か来ているらしく、途中の炭焼き(竹炭)小屋にどんどん入っていき、いつの間にか竹を切らされてますが、これはそこで戴く竹カップコーヒーの器作り。

 私も、竹炭では仮リーダーをしましたが、竹カップコーヒーは初めてで、モノはインスタントでしたが竹の繊維を通った吸い上げ水の効果で結構甘いコーヒーになってます。
e0272042_17345870.jpg
 山は晩秋に向かってますけど、紅葉もそれ程進んではいません。 名も無い(私が分からないだけ)花も咲いていますし...
e0272042_17471145.jpg
 と、周りをキョロキョロしているウチに、鐘撞堂山頂上(330.4m=11:00)に着きました。山頂の三角点の前に鐘が置いてあります...(お一人様、一打で許されてます)

 ここでお昼を食べ、程なく下山の帰り道...
e0272042_17350144.jpg
 ここからは円良田湖へ出る山道で、ひたすら降りていきます。

 途中...
e0272042_17350514.jpg
 出会いに出ますが、この写真の左は行きに通った道との事。 でも、大正池➜鐘撞堂山➜円良田湖と、ひたすら西に向かっていて、ループで振り出しに戻る行程では無いはずですが...(途中、きつねさんでも居たかな?)

 その先、円良田湖の地元物産センターに寄り、五百羅漢に登るところで私は単独行動に入りました。 その先の単独行の長い事!
e0272042_17352857.jpg
 地図も見ず、勘を頼りに波久礼駅に到着!(13:58) 一人はぐれて駅に着きました。 後続は...
e0272042_17352349.jpg
 北側の道から踏切を通って登場! ここに人感センサーがあり、近づくと「踏切は一旦停止して左右を確認して渡りましょう!」と案内をします。 それがこの張本人! 木製サルノコシカケ付きロボットでした。(駅舎のレトロ感と合せてるのかしら?)






by moccinocraft | 2018-11-04 18:08 | | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

gall_gallさんは..
by moccinocraft at 18:58
LPレコードで持っていま..
by gall_gall at 11:12
おっしゃるとおり! こ..
by moccinocraft at 07:02
アメリカらしいと言うか、..
by moccinocraft at 06:55
おっしゃるとおり、女優が..
by moccinocraft at 06:48
この時代のアメリカらしい..
by gall_gall at 23:56
「ローハイド」のシーンは..
by gall_gall at 23:55
彼女は映画「タクシー・ド..
by gall_gall at 23:52
おひさしぶりです。 J..
by gall_gall at 10:46
なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

PEGGY LEE BLUE..
at 2019-01-21 19:09
北欧女子オーサが見つけた日本..
at 2019-01-20 19:23
JANIS PAIGE LE..
at 2019-01-19 19:07
MAIN-AUDIO-SYS..
at 2019-01-18 18:25
WESLIA WHITFIELD
at 2019-01-17 18:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧