カテゴリ:JAZZ( 768 )

PEGGY LEE MINK JAZZ

本日聴いた女性JAZZボーカル、PEGGY LEE1962年のアルバム「MINK JAZZ」。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_17574623.jpg
 あ、ホントにミンク着ている。の、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム7/10です。

 ここのところ聴いているPEGGY LEEは、JAZZ付いたアルバムが多く、ポピュラーには遠くそれでもトーチソングも適所にちりばめた聴きやすいアルバムです。

 このアルバムの収録曲は...

1. IT'S A BIG WIDE WONDERFUL WORLD
2. WHISPER NOT
3. MY SILENT LOVE
4. THE LADY IS A TRAMP
5. DAYS OF WINE AND ROSES
6. AS LONG A I LIVE
7. WON'T DANCE
8. CLULDY MORNING
9. I COULED WRITE A BOOK
10. I NEVER HAD A CHANCE
11. CLOSE YOR EYES
12. WHERE CAN I GO WITHOUT YOU?
13. I'LL GET BY
14. PLEASE DON'T RUSH ME
15. I'M A FOOL TO WANT YOU
16. I DIDN'T FIND LOVE
17. LITTLE BOAT

あまりスタンダードは収録されてないかな?と思ったら、意外と多い。 4.5. 7. 10. 11.と続きますが、アレンジと収録曲の短さで、他のシンガーが歌ってるチューンとは趣が違います。

 16. 17.はこの時代だったら何曲かアルバムに入れるラテンチューンで、やっぱり時代を感じさせられますね~!

 ミュージシャンは...

BENNY CARTER/ARRANGER
JACK SHELDON/TRUMPET
BARRY KEE/FLUTE・ALTO FLUTE
JUSTIN GORDON/TENOR SAXOPHONE
LOW LEVY/PIANO
HERB ELLIS/GUITAR
AL HENDRICKSON/GUITAR
MAX BENNETT/BASS
MEL LEWIS/DRUMS
CHINO POZO/PECUSSION

JACK SELDON/TRUMPET
JUSTIN GORDON/TENOR SAXOPHONE・FLUTE
BOB CORWIN/PIANO
JOHN PISANO/GUITAR
MAX BENNETT/BASS・ARRANGER
STAN LEVEY/DRUMS
FRANCISCO AGUABELLA/LATIN PERCUSSION

曲により2バンドを使い分けていますが、どちらもスムーズで官能的なリズム、ではなく音色です。 4.のレディートランプでのフルートソロも聴きどころですよ。

PEGGY LEE
MINK JAZZ
CAPITOL
7243 4 95450 2 1
1962年
 





[PR]
by moccinocraft | 2018-08-19 18:53 | JAZZ | Comments(0)

SENSITIVE CHET CHET BAKER

 本日のJAZZミュージシャン、CHET BAKER1964年のアルバム「SENSITIVE CHET」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_18060787.jpg
 レコード会社の路線に沿ったジャケットという感じで、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム6/10です。

 内容は、お仕着せのそんな感じは無く素晴らしいもの。東京オリンピックの年ですからね~、高度成長まっただ中のレコーディンでしょうか?!

 収録曲は

1. SOULTRANE
2. WALKIN'
3. TADD'S DELIGHT
4. WEATEVER POSSESS'D ME
5. RETSIM B.
6. GNID
7. ANN, WONDERFUL ONE
8. MATING CALL
9. MARGERINE
10. FLIGHT TO JORDAN

曲のデータが無いので、詳しいことは判りません。 各曲BAKERのフリューゲルホーンとボーカルに合っているので、オリジナルなのか? ボーカルも中性的な魅力で、恐らく本人は楽器の延長としてボーカルをとらえている感じがします。

 ミュージシャンは

CHET BAKER/FL・VO
PHIL URSO/TS
HAL GALPER/P
JYMIE MERRITT/B
CHARLIE RICE/DS

これもいい感じ! バンドとしてのバランスが取れています。 インナー解説によると、三人のアレンジャーによるのが特徴で、ピアノのHAL GALPERもその一人。

 奇をてらったアレンジも無く、極まっとうなところが良いですね。 安心して聴くことが出来ます。

 ジェリー・マリガンとの競作も良かったけど、このアルバムも佳作です。

CHET BAKER
SENSITIVE CHET
NORMA
NOCD5670
1964年





[PR]
by moccinocraft | 2018-08-17 18:26 | JAZZ | Comments(0)

BEA ABBOTT

 本日の女性JAZZシンガー、BEA ABBOTT WITH HAL ORTIS AND HIS ORCHETRA1950年代のアルバム「THE TOO, TOO MARVELOUS BEA」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17450094.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム5/10です。 再版アルバムみたいで、他にアルバムが出てない貴重盤みたいです。(その割には廉価)

 所謂トーチソングで、フレンチも少々入ってます。黒人っぽいし、多少コケティッシュでもあるしなので、一度聴いただけでは評価し辛いのです。 でも、購入当初のメモでは佳作印を入れてありました。

 収録曲。

1. I HADN'T ANYONE TILL YOU
2. DAY IN, DAY OUT
3. HOW DID HE OUT
4. SOMEONE TO WATCH OVER YOU
5. THIS LOVE OF MINE
6. WHY SHOULDN'T !?
7. THE VERY THOUGHT OF YOU
8. TOO MARVEOUS' FOR WARDS
9. MY FUNNY VALENTINE
10. IT HAD TO BE YOU
11. I SEE YOUR FACE BEFORE ME
12. APRIL IN PARIS
13. I CAN'T GIVE YOU ANYTHING BUT I LOVE
14. MOUNTAIN GREENERY
15. ALMOST LIKE BEING IN LOVE
16. JUST YOU, JUST ME

のスタンダード&トーディソング連。 13.からはアディショナルチューンで、13.は出だしがボンゴのマレット打ちから始まる変わり種。ビックリしましたよ。

  BEA ABBOTTはあまり有名ではありませんが、HAL ORTISのクインテットやオケでの活躍があります。 解説では「シェラトン・ブラックストーン・ホテルでの、ハル・オースティンとのバンドでの共演が話題となった」とありますの出、複数のオケと共演していたみたいですね。

 チョット・コケティッシュな声は、コンボからオケまでの組み合わせで受けるみたいで、今まで入手したアルバムでも比較的登場が多いパターンです。

 じっくりと聴いてみましたが、佳作の表示は間違っていないと確信しました。

BEA ABBOTT WITH HAL ORTIS AND HIS ORCHETRA
THE TOO, TOO MARVELOUS BEA
RAYVE
NMCD6009 
1950年代(2003年盤)






[PR]
by moccinocraft | 2018-08-15 18:14 | JAZZ | Comments(0)

JOAN EDWARDS

 本日の女性JAZZシンガー、JOAN EDWARDS1938年~50年のコンピレーションアルバム「I'LL BUY THAT DREAM」を聴きました。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_16111117.jpg
 ウイキで調べてみると、ラジオ・シンガーとラベルが付いてました。  このアルバム、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム4/10です。

 最近、特に古い音源を入手することが多くなっています。 その中でも、かなり古い部類のアルバムで、出だしミュートトランペットに、波路遙かにっぽいサックスと... 1938年の音源ですから無理もありません。

 収録曲は...

1. WHILE A CIARETTEWAS BURNING
2. RUSSIAN LULLABY*
3. HOW DEEP IS THE OCEAN*
4. SAY IT ISN'T SO*
5. EASTER PARADE*
6. TO YOU
7. MOON LOVE
8. HOW HIGH THE MOON
9. THE HOUSE WITH THE LITTLE RED BARN
10. LATING KNOW HOW*
11. FOOLS FALL IN LOVE*
12. BEWITCHED\
13. IN OUR LITTLE DEN(OF INIQUITY)\
14. NO CAN DO
15. I'LL BUY THAT DREAM
16. GO WEST YOUNG AN
17. LOVE MEANS THE SAE OLD THING
18. THIS IS ALWAYS
19. MAYBE YOU'LL BE THERE
20. WHAT AM I GONNA DO ABOUT YOU?@
21. YOU CAN'T TAKE IT WITH YOU(WHEN YOU GO
22. DARN IT, BABY, THAT LOVE

で、スタンダードナンバーは勿論ですが、*印がアーヴィング・バーリン。 ¥印はRICHARD DGERS。 @印がJEROME CAHN作品です。 8.ぐらいから古くささは薄らいできますが、聴いていくうちに段々麻痺していきます。

 4.・5.がCLARK DENNISとの、そして21.・22.がJOHNNIE JOHNSTONとのデュエット曲ですが、前者は本人による多重録音かと思いました。

 また、古き良き時代のアルバムが増えてしまった!

JOAN EDWARDS
I'LL BUY THAT DREAM
FLARE RECORDS
ROYCD286
1938年~50年








[PR]
by moccinocraft | 2018-08-13 18:00 | JAZZ | Comments(0)

DORIS DAY MY HEART

 本日の女性JAZZボーカリスト、DORIS DAY最後のアルバム2011年の「MY HEART」を聴きました。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_17065426.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム3/10です。 最後のアルバムと言っても、ご本人96歳でご健在です。

 裏ジャケットを見ると、プロデューサーにTERRY MELCHERの記載があり、彼はDORIS DAYの実子で、奥様はかの有名なキャンディス・バーゲンだとか... でもTERRYは2004年に亡くなっています。

 ここで問題発生! プロデューサーが2004年に亡くなっているのに、アルバム発売が2011年になってる?! ライナーを読んでいくと、どうもこのアルバムコンピレーションらしく、声も張りのある声から渋い声まで七色変化になってますから、そうなんいう事なんでしょうね!

 で収録曲を...

1. HURRY, IT'S LOVERY UP HERE*
2. DAYDREAM*
3. THE WAY I DREAMED IT*
4. HEAVEN TONIGHT*
5. MY ONE & ONLY LOVE
6. MY HEART*
7. YOU ARE SO BEAUTIFUL*
8. LIFE IS JUST A BOWL O CHERRIES
9. DISNEY GIRLS*
10. MY BUDDY
11. HAPPY ENDINGS*
12. OHIO

*印はTERRYがプロデューサーをつとめているチューン。 オケの曲も在りますが、どちらかというとポピュラーっぽくきこえますけれど、JAZZ COMBOでの演奏は正真正銘のJAZZ。 どちらも聴きやすく、音もはっきりとしていて、何と言ってもご本人の声が若々しい!

 オケはメンバーのクレジットがありませんが、コンボは...

TROY LUCCKETTA/DRUMS
JAMES BAKER/PIANO
BOBMARINELLI/BASS
JAMES SCOTT/ELECTRIC &ACOUSTICK GUITAR
 
となっています。 最終アルバムだけあって音が非常に良いですね! マスタリング替えたのかな? って、オリジナル聴いてませんが...

DORIS DAY
MY HEART
SONY
88697927752
2011年





[PR]
by moccinocraft | 2018-08-11 18:00 | JAZZ | Comments(0)

THE VERY BEST OF THE MANHATTAN TRANSFER

 本日のコーラスグループ、 THE MANHATTAN TRANSFER1975~87年のコンピレーションアルバム「THE VERY BEST OF」を聴きました。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_18081573.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム2/10です。

 当時、殆ど追っかけのように来日公演時には日参していて、出たアルバムは直ぐに買い!の上客でしたね。さすがにメンバーには顔を覚えられるまでは至っていませんが。

 代わりに、GLORIA ESTEFANは繁く通ったおかげで顔を覚えてもらいました...

 で、このアルバムの収録曲...

1. BOY FROM NEW YORK CITY
2. TRICKLE TRICKLE
3. GLORIA
4. OPERATOR
5. TUXEDO JUNCTION
6. FOUR BROTHERS
7. RAY'S ROCKHOUSE
8. SOUL FOOD(SINA)
9. SPICE OF LIFE
10. BABY COME BACK TO ME(THE MORSE CODE OF LOVE)
11. CANDY
12. A NIGHTING ALE SANG IN BERKELLY SQUARE
13. BIRDLAND
14. JAVA JIVE
15. TOUTE 66
16. TWILIGHT ZONE/TWIIGHT TONE

いや~、一気に40年前に遡ります。 当時メンバーも若かった。 さすがにLAURELL MASSEEもう在籍していませんが、他のメンバーも若い! 今は無きTIM HAUSERNO30代(?)。JANIS SIEGELもキンキンの若さはち切れる声でぐいぐいせめてます。

 ただ、全アルバム漁ってるつもりの私でも、 8. SOUL FOOD(SINA)は聞き覚えがありません! アルバムの欠品があるか、または海賊版が出ていたのか、素性が判りません。

 一応メンバー紹介しておきます。

TIM HAUSER
JANIS SIEGEL
ALAN PAUL
LAUREL MASSE(やや、クレジットに入ってました。)
CHERYL BENTYNE

MAN TRAN BAND

懐かしいのもありますが、今聴くと音がけっこう薄っぺらいので、時代を感じさせます。 THE REAL GROUPも主要メンバーが交代しているので、隔世の感が強い! 時代は移りすぎているんですね!

 懐かしさで聴いた、THE MANHATTAN TRANSFERでした。

THE MANHATTAN TRANSFER
THE VERY BEST OF
RHINO
R2 71560
1975~87年





[PR]
by moccinocraft | 2018-08-09 19:16 | JAZZ | Comments(0)

ANNA MARIA・DEANNA・GLORIA・JANE

 本日のHOLLYWOOD'S FOREMOST YOUNG SOPRANOS IN SOME OF THEIR FINEST RECORDINGS。ANNA MARIA・DEANNA・GLORIA・JANE四人の1936~61年のコンピレーションアルバムを聴きました。 使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_18074565.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉜(シリーズ続き番で)、7月10日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム1/10です。

 ジャケットで見ると何でもなさそうですが、大半の音源は戦前のものです。 もうイメージは白黒の漫画で、悪漢にさらわれそうになる手足が線で描いてある美女(顔は丸い)をタンクに乗ったネズミが助ける...風です。

 ほとんど全員ファルセット風のソプラノで、当然歌い出しからちりめんビブラートがかかっています。古き良き時代ですね~!

 収録曲が...

DEANNA DURBIN
1. IL BACIO
2. LES FILLES DE CADIZ
3. AVE MARIA
4. WHEN APRIL SINGS
5. CIELITO LINDO
6. WHEN THE ROSE BLOOM AGAIN
7. SAY A APRYER FOR THE BOYS OVER THERE

GLORIA JEAN
8. ANNIE LAURIE
9. LOVE'S OLD SWEET SONG
10. IF I WERE ONLY A SWALLOW
11. THE PENGIN SONG
12. A LITTLE BIT OF HEAVEN
13. AFTER EV'RY RAINSTORM
14. VOICE OF SPRING

JANE POWELL
15. ROLLING DOWN THE ROAD
16. I THINK OF YOU
17. ITALIAN STREET SONG
18. MA CURLY HEADED BABY
19. SPRING COME BACK TOVIENNA
20. THE PEANUT VENDER
21. THE OCEANA ROLL

ANNA MARIA ALBERGHETTI
22. CARA NOME
23. LO! HEAR THE GENTLE LARK
24. GIANNINA MIA
25. TOO YOUNG
26. ALADDIN
27. MIRA
28. LOVE MAKES THE WORLD G ROUND

聴いていても、すごいの一語。14.はストラウスの春の声ですが、ビブラートが金管のタンギングに聴こえます。 でも、途中メリー・ホプキンに聴こえる曲もあり、少しハッピーな気分になりました。

 でも、我ながら凄いアルバムを購入したものだ、と感心しきりです!

ANNA MARIA・DEANNA・GLORIA・JANE
HOLLYWOOD'S FOREMOST YOUNG SOPRANOS IN SOME OF THEIR FINEST RECORDINGS
FLARE
SPEC1043
1936~61年





[PR]
by moccinocraft | 2018-08-07 18:43 | JAZZ | Comments(0)

I'M DREAMING OF A WHITE②

 本日聴いた真夏のクリスマスソング集、色々混ざってのコンピレーションアルバム「I'M DREAMING OF A WHITE」。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17545979.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉚(シリーズ続き番で)、6月7日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム11/12です。

 本日聴いた2枚目の収録曲...

1. デック・ザ・ホール/ビング・クロスビー
2. 喜びの世界/ジャッキー・ウイルソン
3. ママがサンタにキスをした/ドリフターズ
4. ミスルトウ・アンド・ホリー/フランク・シナトラ
5. オレ・サンタ/ダイナ・ワシントン
6. レット・イット・スノウ/ディーン・マーチン
7. イッツ・クリスマス・ワンス・アゲイン/フランキー・ライモン&ティーン・エイジャーズ
8. メリー・クリスマス・ベイビー/チャック・ベリー
9. 行け/ヘラルド・エンジェルス・シング/マヘリア・ジャクソン
10. オー・クリスマス・ツリー/カンタベリー合唱団
11. オー・ホーリー・ナイト/ジャッキー・ウイルソン
12. ヘイ・サンタ・クロース/ザ・ムーングロウズ
13. クリスマス・ブルース」/ディーン・マーチン
14. ブルー・クリスマス/ザ・プラターズ
15. ザ・ホリー・アンド・ザ・アイヴィー/ストリング・オブ・パリス
16. アウエイ・イン・ア・メインジャー/ビング・クロスビー
17. ラン・ルドルフ・ラン/チャック・ベリー
18. ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス/ローズマリー・クルーニー
19. ミセス・サンタクロース/ナット・キング・コール
20. このみどり子は誰なるぞ(グリーン・スリーブス)/マヘリア・ジャクソン
21. まきびと羊を/カンタベリー合唱団
22. メリー・クリスマス・トウ・ユー/ジーン・オードリー
23. ゴッド・レスト・ユー・メリー・ジェントルメン/ジャッキー・ウイルソン
24. ホワット・アー・ユー・ドウイング・ニューイアーズ・イヴ/オリオールズ
25. クリスマスは我が家で/ビング・クロスビー
26. ホワイト・クリスマス/ルイ・アームストロング

充実してます!更に濃い! ビング・クロスビーにしろディーン・マーチンにしろ若いので、記憶にある歌い方と違って新鮮です。

 特に印象に残ったのが、カンタベリー合唱団。 特に癖も無く淡々とハーモニーを聴かせるので潔い! 良かったですね~。

 以外だったのが、プラターズ。 オンリー・ユーの印象で物差し測ってるのか、最初プラターズとは気がつきませんでした。

 15.のストリング・オブ・パリスも良かったですよ。終秋から初冬にかけてのパリの雰囲気が胸キュンになります。

 12月の予定が、➀の一ヶ月後に聴いてしまった!

I'M DREAMING OF A WHITE
TOKYO M-PLUS
NL 25293





[PR]
by moccinocraft | 2018-08-05 18:00 | JAZZ | Comments(0)

JANE FROMAN

  本日の女性JAZZボーカル、JANE FROMAN1934~40年のコンピレーション・アルバム「MY HEART SPEAKS」を聴きました。使用したのはMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17080882.jpg
 このアルバムも、アメリカンクール路線その㉛(シリーズ続き番で)、6月27日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム11/11です。(分母が一つ増えました) 

 このアルバムを聴く前に、TVシリーズコンバットを観ていましたが、今回はヘンリー少尉が主人公。 そのスチル写真がジャケット写真にそっくり! もしかして兄弟? 

 ディズニー映画に出てくるような、白黒の樹木にやたらぶんぶん飛ぶ鳥がいる。 その様なシチュエーションがぴったりな音楽がこのアルバムです。

 では、曲目紹介...

1. MY MELANCHOLY BABY
2. I ONLYHAVE EYES FOR YOU
3. YOU LET ME DOWN
4. LOST IN A FOG
5. BUT WHERE ARE YOU
6. SUMMERTIME/IT AIN'T NRCRSSARILY SO
7. PLEASE BELIEVE ME
8. IF YOU LOVE ME
9. MAYBE/DO DO DO/CAP YO' HANDS/SOMEONE TO WATCH OVER ME
10. THE MAN I LOVE
11. DID I REMEMNBER?
12. SPEAK YOUR HEART
13. LA BOMBA
14. BOY! WHAT LOVE HAS DONE TO ME
15. TONIGHT WE LOVE
16. YOU ARE ROMANCE/SWING LOW SWEET HARIET
17. AT YOUR SERVICE,MADAME
18. I GET A KICK OUT OF YOU
19. BEGIN THE BEGINE
20. YOU GO TO MY HEAD
21 WHI CARES?/SO AM I/I GOT RHYTHM/SOMEBODY LOVE ME

これだけ揃うと圧巻です。 色々なところのオケとの共演で、中には舞台の中の挿入歌らしき音源も含まれて、まさにコンピレーションアルバムではの慌ただしさ。

 古き良き時代の、過ぎ去った映像をイメージする音楽ですね!

JANE FROMAN
MY HEART SPEAKS
JASMINE RECORDS
JASCD 107
1934~40年






[PR]
by moccinocraft | 2018-08-01 18:19 | JAZZ | Comments(0)

KICCA

  本日聴いたJAZZ(?)、イタリアのKICCA2013年のアルバム。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_17295208.jpg

 このアルバム、アメリカンクール路線その㉛(シリーズ続き番で)、6月27日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム10/10です。

 最初の曲、TVのモンキーズが始まったかと思いました。(昭和40年代の?) とても、アクが強い曲! サウンド的にも中域が盛り上がっている昔の音作りで、この傾向ご本人が好きなのかもしれません。

 収録曲...

1. ANOTHER DAY
2. MUSIC
3. LOULOU
4. DOMANI
5. JOE BLACK & PENNY MOON
6. PRISONER IN YOUR BED
7. ROBOT GIRL
8. IT'S GONNA BE LOVE
9. CHOOSE A COLOR
10. SEL TU MY LOVE
11. LITTLE SOUL GIRL
12. YOU REALLY GOT ME(RAY DAVIS)

12.を除いて全て本人作。 声がシンディー・ローパー風なので、それを元にR&Bの味付けをして、色々な他の要素も入れて見ました音楽と言いますか...(どこかでスカパラ風も入ってました。) 

 DISK UNION JAZZ TOKYOのレビューでは...

 オーセンティックかつ、ブーガルーな雰囲気が堪らないイタリアの女性シンガーの4枚目!!!

“KICCA & INTRIGO”名義での国内盤リリース(2012年)の記憶も新しい、イタリアの女性シンガー、KICCA(キッカ)によるソロ名義では4枚目、2014年リリース作品。ジャジーであり、ソウルフル、ポップな魅力に溢れた、KICCAワールド全快の快心作に仕上がった。ジャケットもキュートでしょ?

 う~ん、そんな感じもする! と言っておきましょう。

 パーソネルは...

KICCA/VOCALS
OSCAR MARCIONI/PIANO・KEYBOARD
GABIN LESIEUR/KEYBOARD
HERVE SAMB/GUITAR
CHRISTPHE LARDEAU/GUITARS
OLIVIER CAROLE/BASS GUITAR
LOIC GERARD/DRUMS
JULIAN DUCHET/TRUMPET・BARITONE SAXOPHONE
RONAN MAZE/TENOR &ALTO SAXOPHONE

と、現地のミュージシャンで固めているみたいです。 兎に角、分厚い音ですよ。

KICCA
CRISTALRECORDS
8843035912
2013年





[PR]
by moccinocraft | 2018-07-30 17:58 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

おひさしぶりです。 J..
by gall_gall at 10:46
なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

畑の土留め改修用意(谷戸三角)
at 2018-08-20 18:00
PEGGY LEE MINK..
at 2018-08-19 18:53
うな清 ③
at 2018-08-18 18:24
SENSITIVE CHET..
at 2018-08-17 18:26
時季の果物
at 2018-08-16 18:00

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧