カテゴリ:JAZZ( 795 )

CANDY DULFER

 本日の女性JAZZ(?)プレイヤー、CANDY DULFER1996年の名古屋でのライブ「FUNKY-FUNLIER-FUNKIEST!! BIG GIRL TOUR」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17393316.jpg
 このアルバムも、アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム14/14です。実は、この後の日に購入したアルバムを、こちらの日にカウントしていたため、茶っ葉(ウチの地方での方言=仲間はずれ)。9月14日の最後のアルバムになります。

 この表紙よりも...
e0272042_17393832.jpg
 こちらの中ジャケの方が魅力的に感じませんか? あまり、CANDY DULFERについて知らないままCDを聴きだしたところ、往年のTOWER OF POWERに通ずるサウンドですね。 とりあえずういきで調べたら、そのTOWER OF POWERにもゲスト出演していたとか...

 ここで収録曲を。

1. INTRODUCTION
2. WAKE ME WHEN IT'S OVER
3. TOMMY GUN
4. JASS IT'S ME
5. 2 MILES
6. JAZZ POP
7. PICK UP THE PIECES
8. SAX-A-GO-GO-SAXUAUT
9. SOUTHWICK

7.を聴いて納得。 何処かのTVの番組のテーマ曲だったと思います。 指弾きだったBASSも、ここではスラップ気味。 8.はJAZZ-A-GO-GOのオマージュか?

 ミュージシャンは。

CANDY DULFER/ALTO SAX
THOMAS BANK/KEYBOARDS
MARC STOOP/DRUMS
DIMITRI VELTKAMP/BASS
ULCO BED/GUITAR
MARTINO LATUPEIRISSA/PERCUSSION
PETER BROEKHUIZEN/TENOR SAX
DAVID ROCKENFELLER/TRUMPET
TRUNTJE OOSTERHUIS/VOCALS
JOHN CAMPBELL/VOCALS

ホーンの連係プレイは、この手のバンドのキモ。 非常に良く統制がとれています。 かつ、リズム隊も万全! でも、サウンドは2000年のチョイ前の造りですよね。 でも、血が沸き踊る...

 何処か懐かしいやら、と、気分は1990年代に浸っていたら、マスター起因か音量のゆがみが... この時代のライブ録音はこれが有るから気が抜けない!

 でも、十分に楽しめました。

CANDY DULFER
FUNKY-FUNLIER-FUNKIEST!! BIG GIRL TOUR
RECORDS-RECORDS
5382
1996年





 



[PR]
by moccinocraft | 2018-10-22 18:28 | JAZZ | Comments(0)

PEGGY LEE THE 1954-62 BENNY CARTER SESSIONS CD1

 本日の女性コンピレーションアルバム、PEGGY LEEがBENNY CARTERと1954年~62年まで録音したアルバム「THE 1954-62 BENNY CARTER SESSIONS」の一枚目を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17564276.jpg
 このアルバムも、アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム13/14です。

 一枚目の収録曲は...

1. LOVE,YOU DIDN'T DO RIGHT BY ME
2. SISTERS
3. IT'S BECAUSE WE'RE IN LOVE
4. SAN FRANCISCO BLUES
5. AIN'T THAT LOVE?
6. SEE SEE RIDER
7. LOADS OF LOVE
8. I BELIEVE IN YOU
9. PLEASE DON'T RUSH ME
10. NY SILENT LOVE
11. I'LL GET BY
12. I DIDN'T FIND LOVE
13. I'M A FOOL TO WANT YOU
14. I NEVER HAD A CHANCE
15. EHISPER NOT
16. TELL ME THE WORLD BOUT YOU
17. BIG BAD BILL
18. THE BEST IS YET TO COME
19. TEACH ME TONIGHT
20. WHEN THE SUN COME OUT
21. I'LL BE AROUND
22. AMAZING
23. I DIN'T WANNA LEAVE YOU NOW
24. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
25. EMBRASSE MO!(EMBRACE ME JUST ONE MORE TIME)
26. THE AWEETEST SOUNDS
27. I'M A WOMAN

1-3が、1954年のJOSEPH LILLEYのオーケストラ、4が1961年のQUINCY JONESのオーケストラ、5ー27が1962年のBENNY CARTERのオーケストラで吹き込んでいます。

 基本、トーチソングで構成され、たまに間違った様に、スパニッシュな風味の曲も入ってきますが、その辺はご愛敬...

 このアルバム、CD2には29曲入り、付属のブックレットは20P。 ミニPEGGY LEE全集の雰囲気があります。 と言いながらも、アルバムとしてのクオリティは統一されていて、PEGGY LEE入門にも良いかも...

 ただ、ジャケット写真は、かなり若い頃の写真ですよね。

PEGGY LEE
THE 1954-62 BENNY CARTER SESSIONS
AMERICAN JAZZ CLASSIC
99138
1954年~62年





[PR]
by moccinocraft | 2018-10-18 18:33 | JAZZ | Comments(0)

THE GIRLS SINGS Vol.2

 本日の女性JAZZシンガーを集めた、NORMA企画の1998年制作コンピレーションアルバム「THE GIRLS SINGS Vol.2」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17532189.jpg
 このアルバムも、アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で、スエーデンだけど)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム12/14です。

 この手のレコード会社・評論家企画のアルバムは、企画者の趣味などが色濃く反映されます。 某Tさんのコンピレーションアルバムにはその傾向が強く、私が好きなボーカルとあまり得意で無いボーカルが同居してます。

 その点、このNORMA企画のコンピレーション・アルバムは、それ程外される事が無いので安心して聴く事が出来ます。

 収録曲が...

1. LOVER COME BACK TO ME/JIM WEBB
2. SOMETIME I'M HAPPY/IRENE KRAL
3. BEWICHED/TONI HAPPER
4. THE ALL LAUGHED/PAT HEALY
5. I'M GOT FIVE DOLLERS/JERI SOUTHERN
6. THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU/ERNESTIN ANDERSON
7. WHEN MY DREAMBOAT COME HOME/CONNIE HAINES
8. FREE AND EASY/JULIE LONDON
9. MY OLD FLAME/MARY LOU MARTIN
10. HEY MR. MOON/GEORGIA CARR
11. S'WONDERFUL/CHRIS CONNER
12. NIGHT AND DAY/THELMA GRACEN

と構成されていて、気に入ったのが2.・7.・9.なので、またCD屋さんに行って、中古棚を漁ってこようと思います。 と言いながらも今日も行ってしまったので、いつの日にか、ですよね。

 3.では、歌手が TONI HAPPERとなっていて、一瞬キャプテン&テニールのTONI参加と思いましたが、まったく別人ですね。話が逸れてますが、キャプテン&テニールのドリームは名曲ですよね!

 こんまますんなりと流しても楽しめますが、新しい(くて、古い)シンガーを探すのにももってこいの、コンピレーションアルバムとなっています。

THE GIRLS SINGS Vol.2
NORMANOCD5651
1998年





[PR]
by moccinocraft | 2018-10-16 18:16 | JAZZ | Comments(0)

HELEN MERRILL

 本日の女性JAZZシンガー、HELEN MERRILL1993年制作コンピレーションアルバムを聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17354582.jpg
 アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で、スエーデンだけど)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム11/14です。

 「ニューヨークのため行き、ヘレン・メリルがジャズからスタンダード曲まで歌った魅力のすべて」と帯にあるだけで、その他の解説は無し。 ミュージシャンのクレジットもありません!

 1.・4.に前田憲男、12.・16.に八木正生の編曲クレジットがあるので、ひょっとしたら日本企画のアルバムかもしれません。 でも、手癖の様な演奏やら、独特な日本人JAZZ演奏は感じないのでイマイチ・?・?

 分からないまま、曲紹介。

1. YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
2. SUMMERTIME IN VENISE
3. FLY ME TO THE MOON
4. AUTUMN LEAVES
5. MY FUNNY VALENTINE
6. PENNIES FROM HEAVEN
7. THE BOY FROM IPANEMA
8. MACK THE KNIFE
9. ROMANCE(禁じられた遊び)
10. PLAISIR D'AMOUR(愛の喜び)
11. YEAN LEI SHANG
12. SEPTEMBER SONG
13. NO OTHER LOVE
14. LA CHANSON(黒いオルフェ)
15. CHARADE

編曲が独特なので、元歌がどんなのか分からないところもありますが、これはこれで良いと思います。 でも、1.はHELENの持ち歌ながら、ちょっと面食らった! 禁じられた遊びに至っては、原曲に気がついたのがほぼ曲半ば過ぎ。..

 編曲の力はすごいもんです!

 最初にコンピレーションアルバムと書きましたが、これだけ名曲が揃ったHELEN MERRILLのアルバムも無いと思います。 帯の頭にCOLEZO! BESTと書いてあるので、日本ビクター制作の(日本録音か?)ベスト盤である事に、段々結末が絞られてきました。

 簡単に、HELEN MERRILLの有名曲が手に入ってしまうのは有り難い事ですが、演奏としてアリでも、YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TOはクリフォード・ブラウンとの演奏を聴いてほしいですね!

HELEN MERRILL
(COLEZO! BEST)
VICTOR
VICJ-41126
1993年







[PR]
by moccinocraft | 2018-10-14 18:12 | JAZZ | Comments(0)

AURA RULLY

 本日の女性JAZZシンガー、ルーマニアのAURA RULLY1999年のアルバム「ONCE I LOVED」を聴きました。使用機器はSUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)です。
e0272042_17354440.jpg
 昭和なジャケット写真。どことなく私のギターの先生に似ているか?! アルバム自体はアメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で、スエーデンだけど)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム10/14です。

 聴いてみて、先ず驚いたのが独特なウイスパーボイス。 加えて表現するなら、濃厚な妖艶さもある独特な声で、それが、鉄板エコーよりもスプリングリバーブに近い、銭湯エコーが付いてます。

 聴いていくうちに、気持ち悪くなるかと思っていたところ、逆に妙に気持ち良くなってきて、これは麻薬に近い効果があるなと感じました。

 収録曲。

1. ONCE I LOVED(PART 1)
2. DOWN IN BRASIL
3. MY FUNNY VALENTINE
4. WAVE
5. I WILL KNOW
6. VIVIR SIN TI
7. LOVE KEEPS GETTING STRONGER
8. ONCE I LOVED(PART 2)

と8曲入ってますが、独特な編曲で、これも魔性なアレンジが入っていてドーピングになりそう!

 ラテンテイストが強く(かなりラテンの曲で占められてますが)、特にジョビンの曲の4.などはボンゴとギターのバックで始まります。 これが、ナイロン弦使用のギターでは無く、恐らくスチール弦のデュポン製ギターを使っているみたいで、印象すっごく大!

 甘く切なく、曲によっては強く強く濃厚に!と、AURA RULLYの世界炸裂です。

 バックのクレジットはありませんが、比較的小規模バンドで、こちらも個性豊か! 先日も555君を呼んで、CD鑑賞会を開いたぐらいですから...

 今年個性一番アルバムです!

AURA RULLY
ONCE I LOVED
NORMA
NOCD5667
1999年





[PR]
by moccinocraft | 2018-10-12 18:25 | JAZZ | Comments(0)

LENA JANSSON NILS LINDBERG COMBO

 本日の女性JAZZシンガー、スエーデンのLENA JANSSONがNILS LINDBERG COMBOと1984年に録音した「THAT CERTAIN FEELING」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17425063.jpg
 アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で、スエーデンだけど)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム9/14です。

 バックであるPIANOのNILS LINDBERGさんのCOMBO半分主体なので、重きもバンドにあるとサウンドづくりに感じられます。
 なかなかスイートな音作りをしていて、BASSのスレッショルドが異常に長いのも特徴。

 ご本人のボーカルは少しコケティッシュ気味。 でも、スイート&メロウで聴きやすいですよ。

 収録曲。

1. ISN'T IT A PITY?
2. SOMEONE TO WATCH OVER ME
3. SOON
4. FASCINATIN' RHYTHM
5. THAT CERTAIN FEELLIG
6. 'S WONDERFUL
7. PAY SOME ATTENTION TO ME
8. EMBRACEABLE YOU
9. BUT NOT FOR ME
10. BIDI' MY TIME
11. BY STRAUSS

曲は全てGERSHWIN兄弟のもので、聴きやすい曲を選択してもらって私も嬉しい! でも、2、3曲知らないナンバーもありました。 他のGERSHWINのアルバムも漁ってみる必要がありますね!

 COMBOのメンバー。

1-6
LENNART "JONKEN" JONSSON/TS
JOHAN SETTERLIND/TP
NILS LINDBERG/P
DAN BERGLUND/B
MARTIN LOFGREN/DR

7-12
LENNART "JONKEN" JONSSON/TS
TORGNY NILSSON/TB
NILS LINDBERG/P
PUTTE WICKMAN/CL
STURE NORDIN/B
RUNE CARLSSON/DR

2班に別れてます。 全体のサウンドは統一されています。 BASSのスレッショルドが特に長いのは1班のDAN BERGLUND/Bで、小節一杯伸ばしている感じ!

 久々に北欧の、それも癖の無いJAZZを聴きました。

LENA JANSSON NILS LINDBERG COMBO
THAT CERTAIN FEELING
BLUEBELL
ABCD 061
1984年






[PR]
by moccinocraft | 2018-10-10 18:14 | JAZZ | Comments(0)

DIANE SCHUUR & COUNT BASIE ORCHESTRA

 本日の女性JAZZシンガー、DIANE SCHUURがTHE COUNT BASIE ORCHESTRAと1987年に吹き込んだアルバムを聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17304855.jpg
 アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム8/14です。

 DAINE SCHUURのボーカルは昔から鋭くシャウトすると認識しているので、ここぞ、と言ったときにしか聴きません。 また、バックが鋭い演奏で有名な、あのTHE COUNT BASIE ORCHESTRAですから、気の張ったときにしか聴けません!

 では、構えて曲紹介...

1. DEEDLES BLUES
2. CAUGHT A TOUCH OF YOUR LOVE
3. TRAVELIN' LIGHT
4. I JUST FOUND OUT ABOUT LOVE
5. TRAVELIN' BLUES
6. I LOVES YOU PORGY
7. YOU CAN HAVE IT
8. ONLY YOU
9. EVERYDAY
10. E'LL BE TOGETHER AGAIN
11. UNTIL I MET YOU
12. CLIMBING HIGHER MOUNTAINS

6.は、後にカーマイケルと付くのでしょう... 全体的にDAINEはシャウトしながらも、トーチソングではしっとりと歌っていて,オケもちゃんとそれに追従しています。

 ただ、8. ONLY YOU はメロディーがちょっと違う...

 でも、気持ちの良いアルバムで、聴き終わった後スッキリしてます! 

 一応はメンバー紹介...

FRANK FOSTER/LEADER・TENOR SAXOPHONE
FREDDIE GREEN/GUITAR
DENNIS MACKREL/DRUMS
DONALD T. CARSON/PIANO
LYNN SEATON/BASS
ERIC DIXON/TENOR SAXOPHONE
KENNYHING/TENOR SAXOPHONE
DANNY HOUSE/ALTO SAXOPHONE
DANNY TURNER/ALTO SAXOPHONE
JOHN WILLIAMS/BARITONE SAXOPHONE
SONNY COIHN/TRUMPAT
MELTON MUSTAFA/TRUMPET
BOB O JEDA/TRUMPET
BYRON STRIPLING/TRUMPET
CLARENCE BANKS/TROMBONE
BILL HUGHES/TROMBONE
MELVIN WANZO/TROMBONE
DENNIS WILSON/TROMBONE

知っているのはFREDDIE GREENのみ、時代は変りましたね。

 今調査して知りました。私と同い年(学年が)... もっと上かと思ってたのでショック!

DIANE SCHUUR & THE COUNT BASIE ORCHESTRA
GRP RECORDS
GRD-9550
1987年



[PR]
by moccinocraft | 2018-10-08 18:05 | JAZZ | Comments(0)

PATTI PAGE KEEP ME IN MIND

 本日の女性JAZZボーカル、PATTI PAGEの1956年の吹き込みを集めた(と思われる)アルバム「KEEP ME IN MIND」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17160149.jpg
 恐らく3枚のアルバムを集めただろうと思われるコンピレーションアルバムで、アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で)、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム7/14です。

 モノラルアルバムとは言え非常に聴きやすく、ステレオにしなかったのは却って吉! PATTI PAGEのボーカルもトーチソングではしっとりと、乗りの良いリズムでは快活に、子供向け(?)の曲では赤ちゃん真似まで飛び出す楽しいアルバムです。

 では、曲目...

1. WEDDING BELLS WILL SOON BE RINGIN'
2. RLEASE ME
3. LONELY WINE
4. BUTTERFLIES
5. MILWALKE POLKA
6. STEAM HEAT
7. I CAN'T TELL A WALTZ FROM A TANGO
8. MAMA DOLL SONG
9. LET ME GO LOVER
10. HOCUS POCUS
11. LITTLE CRAZY QUILT
12. KEEP ME IN MIND
13. NEAR TO YOU
14. I LOVE TO DANCE WITH YOU
15. PIDDILLY PITTER PATTER
16. CROCE DI ORO
17. SERCH MY HEART
18. GO ON WITH THE WEDDING
19. THE VOICE INSIDE
20. OO YOUNGTO GO STEADY
21. MY FIRST FORMAL GOWN
22. BORN TO BE WITH YOU
23. ALLEGHENY MOON
24. STRANGEST ROMANCE
25. MAMA FROM THE TRAIN
26. EVERY TIME (I FEEL HIS SPRIT)
27. MAD ABOUT THE BOY
28. YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS
29. I WONDER WHERE
30. TOMORROW BUT NOT TODAY

で、1.~21.JACK RAEL ORCHESTRA。22.~26.VIC SCHOEN ORCHESTRA。 27.~30.不明のバックとなります。

 兎に角、PATTI PAGEのアルバムとしては、最高のパッケージングだと思います。 聴いていて文句なく楽しい! こういうアルバムを音楽と言うのが正しい!(あくまでも、私の主観!!)のです。

 でも、聴く機会があったらぜひ試して欲しいお勧めの1枚ですよ~!(18.20.のPATTIの声もオススメアイテム)

 ちなみに、ジャケットはスタチューシリーズのJULIE LONDONの真似でしょうか?

PATTI PAGE
KEEP ME IN MIND
JUSMINE
JASCD 447
1956年




[PR]
by moccinocraft | 2018-10-06 18:00 | JAZZ | Comments(0)

HELEN FORREST SECRET LOVE

 本日の女性JAZZボーカル、HELEN FORRESTの1952~54年の吹き込みを集めたアルバム「SECRET LOVE」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_17062531.jpg
 このアルバム、アメリカンクール路線その㉞(シリーズ続き番で)に戻って、9月14日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム6/14です。 

 去年の7月の終りにもHELEN FORRESTを聴いていますが、本作のほうが古いかなと思ったら、去年聴いたのは40年代なので、こちらの方が新しい録音と判明しました。

 50年代なので、ちりめんビブラートの歌い方かなと思いきや、ギリギリセーフ。 40年代のほうは若干コケティッシュな要素がありましたが、こちらは熟成した女性の魅力たっぷりで、劇場向きな鋭い歌い方のところもあります。

 では、収録曲...

1. MY REVERIE
2. IT WORRIES ME
3. DEEP PURPLE
4. CARA MIA
5. LITTLE THINGS MEAN A LOT
6. IF YOU LOVE ME
7. SECRET LOVE
8. ANSWER ME MY LOVE
9. THEM THERE EYES
10. I'M THROUGH WITH ME
11. LOVER COME BACK TO ME
12. DON'T PLAY THAT SONG AGAIN

あまり聴き覚えのない曲ですが、聴けば膝を打つ有名曲ばかり。 6.はあの有名なシャンソンですよね! インナージャケットに、ミュージシャンのクレジットの代わりに、ご本人の生年月日が書いてありました。

 古い曲でも、34歳で歌ってますから、脂ののりきった頃の録音でしょう!

 前作のアルバムが、BENNY GOODMAN & HIS ORCHESTRA、HARRY JAMES & HIS ORCHESTRA、ARTIE SHAW、DICK HAYMESと蒼々たるバンドで歌っていますから、このアルバムもそれなりのビッグバンドで歌っていると思います。

 録音が新しいのと熟成されたボーカルで、このアルバムを聴けばHELEN FORRESTの魅力が分かるかもしれません。

HELEN FORREST
SECRET LOVE
NORMA
NOCD5683
1952~54年




[PR]
by moccinocraft | 2018-10-04 17:47 | JAZZ | Comments(0)

JANET SEIDEL YOU ARE THERE

 本日の女性JAZZアーティスト、オーストラリアのJANET SEIDEL最後のアルバム「YOU ARE THERE」を聴きました。使用機器はMAIN-AUDIO-SYSTEM TYPE J(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)です。
e0272042_18181876.jpg
 う~ん、ジャケットを見ても泣ける... このアルバム、アメリカンクール路線その㉟(シリーズ続き番で)、10月2日DISK UNION JAZZ TOKYO購入のアルバム1/12です。 訳ありでアメリカンクール路線その㉔を飛ばして優先リスニングとなりました。

 実は、このアルバムはウエブで注文。 同時に注文した別CDが11月入荷なので、それに併せて我が家に来る予定が...

 今日、仕事の合間にお茶の水に行ったので、つい購入してしまいました!
e0272042_18182117.jpg
 この裏ジャケットを見れば、買わないわけにはいかないでしょう! アルバムタイトルが「YOU ARE THERE」ですよ!!(泣

 では、収録曲を...

1. YOUNGER THAN SPRINGTIME
2. I WISH YOU LOVE
3. WHAT ARE YO DOING THE REST OF YOUR LIFE?
4. DARN THAT DREAM
5. THE VERY THOUGHT OF YOU
6. DAYS OF WINE AND ROSES
7. IT MIGHT AS WELL BE SPRING
8. I HADN'T ANYONE TILL YOU
9. TENNESSEE WALTZ
10. I GET IT BAD(AND THAT AIN'T GOOD)
11. NIGHT AND DAY
12. YOU ARE THERE

既出アルバムと被っている曲もありますが、全て別録音。 ライブ・スタジオの区別なく粒立ちが揃った録音です。

 いや~、聴きながら心の汗を沢山かいてしまいました!

 コンピレーションアルバムに相当するため、プレイヤーは録音によって変りますが...

JANET SEIDEL/VOCAL・PIANO
KEVIN HUNT/PIANO
CHUCK MORGAN/UKULELE・GUITAR
DAVID SEIDEL/DOUBLE BASS
ADAM PSCHE/DRUMS
BEN JONES/TENOR SAX
ANDY FIRTH/ALTO SAX・CLARINET
DAVID BLENKHORN/GUITAR
JIM LATTA/DRUMS
BILLY ROSS/DRUMS
PAUL FURNISS/CLARINET

となります。 JANETの声も、他のアルバムに比してさらにベルベット・ボイスです!

最後に...
e0272042_18232946.jpg
 ジャネットのサイン付き!
e0272042_18232527.jpg
 これは7,8年前の来日時に、ファーストアルバムにサインしてもらったもの...(泣

JANET SEIDEL
YOU ARE THERE
MUZAK
MZCF-1377
2018年









[PR]
by moccinocraft | 2018-10-02 19:21 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

おひさしぶりです。 J..
by gall_gall at 10:46
なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

CANDY DULFER
at 2018-10-22 18:28
単管パイプの模様替え(車庫前)+
at 2018-10-21 18:25
the very best ..
at 2018-10-20 19:24
携帯三脚
at 2018-10-19 18:17
PEGGY LEE THE ..
at 2018-10-18 18:33

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧