NIKON COOLPIX W300

 先日水曜日、某秋葉原の大型カメラ店でNIKON COOLPIX W300を購入してきました。

 残念な画像...
e0272042_17154747.jpg
 歴代COOLPIXです。 購入したのは一番右側、カモフラW300。
 すぐ後ろのブラックW130は、夏の前に自転車から落車して一番最初に地面に着地したもの。モニターのみ生きています。
 その後ろのカモフラW130は、その前の年に手から離れて落下し、レンズ系とモニター系がいっぺんに壊れた、あ~あな一台。
 一番左の白はドアにモニターをぶつけた、撮影できるけどどんな画面なの?が判らない初代W100。

 当初最後のW130を壊した時は、別の機種でカバーするべくそちらを使ってました。 でも、どうしてもメモ用の写真を撮るのにはCOOLPIXが一番便利なので、戻ってきましたよ~!
e0272042_17155470.jpg
 一列に並べてみると、2番のカモフラと現在のカモフラは、カモフラの色も形も違います。 現在形はレンズの窓も形が違います。
e0272042_17155709.jpg
 リアを見ると、モニターの生き死にが判ります。 
e0272042_17155191.jpg
 過去の思い出が詰まった4台なので、故障している3台が捨てられません。 この先、新カモフラを壊さないようににせねば!

[PR]
# by moccinocraft | 2017-10-06 17:44 | CAMERA | Comments(0)

JAIMEE PAUL

  •  本日の女性JAZZボーカル、GREENHILLレーベルのボーカルリストであるJAIMEE PAUL2016年のアルバム「TOO MARVELOUS THE SONG OF JOHNNY MERCER」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKIT TU-8150SV SP BOSE PY-111)で聴きました。
    e0272042_18065329.jpg
     もうベテランの域に入っているのか、余裕の歌声若干ハスキーメだったのが、ウイスパーボイスに変わってきました。

     本アルバムも、ヨーロッパ路線アメリカ路線その⑭(シリーズは続き番で)、9月15日購入DISK UNION JAZZ TOKYOの復活ワゴンセールの4/10です。

     その、JOHNNY MERCERメドレー曲目は...

    1. Too Marvelous For Words
  • 2. Day Of Wine And Roses
  • 3. Moon River
  • 4. That Old Black Magic
  • 5. Skylark
  • 6. Ac-Cent-Tchu-Ate The Positive
  • 7. Autumn Leaves
  • 8. Fools Rush In
  • 9. I Remember You
  • 10. Something's Gotta Give
  • 11. Laura
  • 12. P.S. I Love You

    有名な曲ばかりですね。12.はBEATLESの曲ではありません。あくまでJOHNNY MERCERの曲。 

     聴いていみて、JAIMEE PAUL自体は以前のアルバム(BEEGIE ADAIRのコンピレーションでしか聴いてませんが...)とは、基本的に大きく変わるものではありませんが、バックが良いですね。 ある意味BEEGIE ADAIRを範とする、キッチリと無駄のない音で、かつ聴きやすい音。

     バックだけ聴いても良いですよ!

     そのバック...

    MASON EMBRY/PIANO
    JIM FERGUSON/BASS
    JOSHUA HUNT/DRUMS
    DAVID DAVIDSON/VIOLIN
    LEIF SHIRESS/TRUMPET
    JACK JEZZRO/GUITAR
    DENIS SOLEE/TENORSAX

    で、プロデュースがJACK JEZZROとGREG HOWARDの黄金コンビ、これも最強です!

    お勧めの佳作がまた誕生しました。 さすが、GREENHILL!!

    JAIMEE PAUL
    TOO MARVELOUS
    THE SONG OF JOHNNY MERCER
    GREENHILL
    GHD6094
    2016年





  • [PR]
    # by moccinocraft | 2017-10-05 18:59 | JAZZ | Comments(0)

    秩父三十四ヶ所札所巡り 小さな和の会 23・16・14・13・15番


     前回の札所巡りは7月20日の暑い日。 その時の反省もあって、今回は気温27度(何とか可)の曇りがちな天気。 そう、10月1日2日に比較的秩父市内近郊の五か所を巡ってきました。

     とは言え、最初の目的の「松風山音楽寺」がちょっと離れたところにあるので、最初はバスで現地に向かうことにしました。 ところが朝一番に廻るのには、バスは一本しかありません。 そしてそのバスの出発時間に合わせて電車のスケジュールを決めたのですが、目標とする肝心の電車が、他方で起きた人身事故のため10分遅れ。

     西武秩父駅での電車到着と、バスの発車時間との時間差は10分しかありません。 つまり秩父駅に電車が着いたその時、バスは発車となるわけです。

     こうなったら、現場で計画変更か行き先を端折るしかありません。 でも、電車は何事も無かったかのように走るで、とはいえ飯能あたりでは諦めモード。 でも、西吾野辺りで残り15分強... ん?横瀬で残り11分。あれ、間に合いそう!

     結局、西武秩父駅予定通りの、バス出発10分前で何とかセーフでした。 でもって、バスに乗り10数分でミューズパーク方面の音楽寺に着きます。
    e0272042_17544741.jpg
     音楽寺と言うだけあって... 右の羅漢の上に見える...
    e0272042_17545559.jpg
     掲示板のようなものに、音楽がうまくなりたいとの願掛け... 主に演歌歌手のポスターやら、手書きのお願いやら、名刺など、祈願だかPRだかよく分からなくなってます!

     ちなみに、私はクラリネオがうまくなるよう、いや、まだ音すら出てませんので、そのあたりからステップアップできるよう祈願してきました。

     当日では、この音楽寺が最高標高。 後は、ひたすら下るだけです。
    e0272042_17550011.jpg
     ミューズパークの坂を下ると、朝渡ってきた秩父公園橋の斜張橋がドーンと建っています。 この橋を渡り切り、右手のベルクの南側が...
    e0272042_17550555.jpg
     第16番「無量山西光寺」。 丁度本堂の前で偶々来ていたお坊さんの団体に、住職が説明をしていました。 その横を抜けて...
    e0272042_17550906.jpg
     樽のお社に藁ボッチの屋根を載せた、大黒様と書いてあるのでしょうか、やけに千社札が多い建屋(?)の横を通って、納経所に向かいます。

    この後は秩父市内の隣接したお寺なので、あまり歩数も稼げずに...
    e0272042_17551335.jpg
     第14番「長岳山今宮坊」に着きます。 いきなり、樹齢500年の欅がお出迎え。
    e0272042_17551700.jpg
     本堂はそれなりにコンパクトサイズです。

     ここから、朝乗ったバスのルートに出て...
    e0272042_17552354.jpg
     少し歩いた、こども園の先に第13番「旗下山慈眼寺」があります。 お寺の名前の通り、眼に良いものグッズを販売してました。

     時間もお昼に近いので、予定どおり秩父神社方面の番場通りに入り、少し歩くと...
    e0272042_17552789.jpg
     昭和の看板建築ではありませんが、重要文化財の小池煙草店。 ちゃんと重要文化財プレートが貼ってありました。

     で、メンバーの一人が購入した... 
    e0272042_17554613.jpg
     こちらの本に在った。衝撃の店! バリー食堂を探すと...
    e0272042_17553232.jpg
     小池煙草店の交差点、左入ったところにありました。 う~ん、看板建築っぽいところもある! 早速メニュー代わりのウインドウを覗き、注文する品を決めてから、タノモーと心で叫んで入店。

     席について、サイドメニューを確認。 思い思いの品を別個に注文。 その後調理場から、トントンと何かを刻む音が!

     その後、常連さんとみられるおじいさんに、若いカップル(きっと何かのムックで調べたのでしょう...)、そしてこれまた常連と思われるおばあさんが入ってきました。 かなり待って...
    e0272042_17555028.jpg
     出てきました、時計回りにNさんの固焼きぞば。 Iさんの五目そば。 それから私のカツカレー。 そして赤本の所有者Mさんのオムライス。(本のとおり注文。 本のとおりの、別皿にフルーツ盛りが出来そうな付け合わせのフルーツ付き)44喜 

     我々の注文した品が出てから、他のお客さんの注文とりが始まりましたから、かなり待ったと思います。

     特に、オムライスは本に書いてある通りの盛りだったので、本人感激してました。 ちなみに店内も、昭和のまま時が停まっているみたいでした。
    e0272042_17555381.jpg
     そして、当日最後の札所巡りは、当初の予定を変更して第15番「母巣山少林寺」へ。 山門の途中に秩父鉄道が走っているザ町中のお寺です。

     ここで終点なので、帰りはその山門方面に行き、秩父鉄道に沿って西武秩父駅に抜けました。

     前回の疲労度に比べ、今回は徐々に運が味方をしてきたので、疲れない札所巡りとなりました。
     
     次回は、今回後送りした第12番がネックとなり、計画段階からあ~だ・こ~だと、頭を掻きむしって策略をかけていますが、全く良策無し! ひょっとしたら前回よりハードなコースになってしまうかも?!

     と悩んでいたら、オリジナルの札所めぐりのグループから案内が来て、これがさらにハードなコース取りとなっています。 今回の13・14・15・16入りで、かつ17・18・19も付いてくる、のあり得ないコース取りです。 チョットへたばりそう...












    [PR]
    # by moccinocraft | 2017-10-04 19:19 | | Comments(0)

    SWINGIN' FIREBALLS

  •  本日のフルバンドJAZZ(に聴こえる)、SWINGIN' FIREBALLS2008年のアルバム「SWING TREK」を、SUB-AUDIO-SYSTEMからMAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)に替えて聴きました。
    e0272042_17315139.jpg
      ヨーロッパ路線その⑭(シリーズは続き番で)、9月15日購入DISK UNION JAZZ TOKYOの復活ワゴンセールの3/10です。 ちなみに今日も同店に行ってきましたが、ワゴンが無くなっている!

     気を取り直して、10枚買うとレシートの順番に聴いていきますが、今日はホントの3/10を飛び越してラストの順番になっていた一枚、フルバンドモノそれもドイツのバンドです。

    これは理屈抜きで楽しめるスイング・ジャズです。アメリカの人気SFテレビドラマ・シリーズをもじってアルバム・タイトルも「Swing Trek」。ジャケットとタイトルでまず笑わせてくれます。演奏しているのは、ドイツのスイング系8人編成バンド、「スウィンギン・ファイアボールズ」。日本語でいえば「スイング火の玉集団」、このバンド名も最高ですね。1曲あたり3-4分で全22曲。日本でも流行した和ジャズや、ジャズを取り入れたJポップの軽快さがあり、聴いていると思わず身体が揺れてしまいます。ペギー・リーのヒット曲「Fever」も、「ジェームス・ボンドのテーマ」のパロディにしてしまう、そのセンスはタダ者ではありません。ノスタルジックでありながら、新鮮に聴かせるセンスのよさに脱帽です。パンチの効いたアンドレ・ラビニの歌も、場の雰囲気を盛り上げてくれます。単なるスイングではなく、戦前のジャズやキャバレー音楽、ショウタイムのBGMのような、人間臭い、猥雑な感じが最高です。プロデューサーはピアニストのThilo Berg。(JAZZYELLより)

     DISK UNION JAZZ TOKYOのHPのアルバム解説よりそのまま転写。 ちなみに次の曲、マイケル・ジャクソンのBADも「SWING SWING SWING」のハイブリッド版となっています。

     その収録曲...
     
    1. Bugle Call Rag
  • 2. Fireballs Theme
  • 3. Fever
  • 4. Bad
  • 5. Don't Forget The Cream
  • 6. Ants In Mu Pants
  • 7. My Baby Just Cares For Me
  • 8. Beatin' Around The Bush
  • 9. Powder Your Face With Sunshine
  • 10. Smack Dab In The Middle
  • 11. Air mail Special
  • 12. Highway To Hell
  • 13. Barnyard Boogie
  • 14. Caravan
  • 15. Nancy With The Laughing Face
  • 16. Well Git It
  • 17. That's Life
  • 18. That's Louis Prima Amore
  • 19. I Love You Much Too Much
  • 20. The Finger Things In Life
  • 21. Orange Colored Sky
  • 22. Jump Live And Wail

    米国のスイングオーケストラもしのぐ演奏ですが、ジャケットのイラストでもうそれモンと定義付けてしまっています。

     メンバー名がクレジットされてないので、紹介は出来ません。 でも、一曲目が始まったとき、これはブギウギピアノではないか?と感じたら、題名がBugle Call Ragとあり、真面目にブギウギもこなしているなと感じています。

     不真面目を真面目に演奏していると言えば簡単なのですが、レベルはハイレベルだし、聴き手がどう対処していいか迷うアルバムです。

     思いのほか、男性ボーカルがフィーチャーされてるのも意外... 

    SWINGI' FREBALLS
    SWING TREK
    MONS RECORDS
    MR 674 460
    2008年





  • [PR]
    # by moccinocraft | 2017-10-03 18:03 | JAZZ | Comments(0)

    竹伐り 2017

     昨日の作業、去年の12月まで所属していたグループで竹炭を焼くための、竹の伐り出しにお手伝いとして参加しました。

     その前に自宅でコツコツと窯に使うソダを収集...
    e0272042_17535772.jpg
     自宅のではありませんが、両隣に大きな大きな欅の木がありますから、普段から焚き付けに使うソダの確保には不自由しません! それどころか、去年の末には長さ4m直径12cmの枝がドサッと落ちてきて、砂利の袋4袋ほどゲットしました。

     それだけではなく、自宅の樹木を選定したモノもありますので...
    e0272042_17540250.jpg
     薪には困りません!
    e0272042_17542464.jpg
     でもって、薪ケース一箱と砂利の袋に4袋。そしてその後細かいのを拾って、都合砂利袋が7袋集まりました。

     で、昨日の作業に戻って...
    e0272042_17543048.jpg
     お寺の西の裏山の孟宗竹を、今回は11本伐り、その現場で...
    e0272042_17543594.jpg
     ソダを落として(この場合の竹のソダは焚き付けになりません!)44再p 
    e0272042_17545368.jpg
     車に積んで、このソダは管理者の畑に直行。そのままたい肥に(ならないヨ!)、地産地消? 車上は同級生のあいちゃんです。 
    e0272042_17545831.jpg

     そして、現場で2100mmに切ったものを車に積んで...

     これを畑に持って行き、さらにレシプロソウやチェーンソウでさらに72cmに切りわけます。 そして、竹割り器で縦割り(4分割以上)して節取りした後、これを一か月以上乾燥させます。

     その後に、竹炭の窯で一昼夜蒸し焼きにして竹炭の完成! 炭焼き当日、私は参加できません...







     
    [PR]
    # by moccinocraft | 2017-10-02 18:42 | 工作 | Comments(0)


    DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


    by DEWI

    プロフィールを見る
    画像一覧

    カテゴリ

    全体
    AUDIO
    楽器

    乗り物
    工作
    食べ物
    その他
    JAZZ
    CLASSIC
    COUNTRY
    LATIN
    ROCK+ETC
    ムービー
    CAMERA
    未分類

    以前の記事

    2017年 10月
    2017年 09月
    2017年 08月
    2017年 07月
    2017年 06月
    2017年 05月
    2017年 04月
    2017年 03月
    2017年 02月
    2017年 01月
    2016年 12月
    2016年 11月
    2016年 10月
    2016年 09月
    2016年 08月
    2016年 07月
    2016年 06月
    2016年 05月
    2016年 04月
    2016年 03月
    2016年 02月
    2016年 01月
    2015年 12月
    2015年 11月
    2015年 10月
    2015年 09月
    2015年 08月
    2015年 07月
    2015年 06月
    2015年 05月
    2015年 04月
    2015年 03月
    2015年 02月
    2015年 01月
    2014年 12月
    2014年 11月
    2014年 10月
    2014年 09月
    2014年 08月
    2014年 07月
    2014年 06月
    2014年 05月
    2014年 04月
    2014年 03月
    2014年 02月
    2014年 01月
    2013年 12月
    2013年 11月
    2013年 10月
    2013年 09月
    2013年 08月
    2013年 07月
    2013年 06月
    2013年 05月
    2013年 04月
    2013年 03月
    2013年 02月
    2013年 01月
    2012年 12月
    2012年 11月
    2012年 10月
    2012年 09月
    2012年 08月
    2012年 07月
    2012年 06月
    2012年 05月
    2012年 04月

    フォロー中のブログ

    Avec France ...
    管球オーディオ雑感記。
    scoreのオーディオ&...

    最新のコメント

    うらやましい... 2..
    by moccinocraft at 16:40
    お久しぶりです。 この..
    by gall_gall at 10:16
     登山靴は15年でソール..
    by アルキオネ at 01:32
    ウレタンエッジは10年、..
    by moccinocraft at 06:42
     やはり、経年劣化は覚悟..
    by kturabus at 00:00
    アンプはコンデンサが先の..
    by moccinocraft at 06:24
     ご丁寧な説明ありがとう..
    by kturabus at 01:01
    基本的にスピーカーが8Ω..
    by moccinocraft at 22:17
     スピーカーはトランペッ..
    by kturabus at 21:51
    勾配は間違いなく、十分に..
    by moccinocraft at 07:28

    メモ帳

    最新のトラックバック

    http://while..
    from http://whileli..
    http://www.v..
    from http://www.val..
    17世紀オランダ絵画の宝..
    from dezire_photo &..
    美は幸福を約束するものに..
    from dezire_photo &..

    ライフログ

    検索

    その他のジャンル

    ブログパーツ

    最新の記事

    CHRIS CONOR ⑯
    at 2017-10-22 18:02
    YAMAHA G-10WとF..
    at 2017-10-21 17:29
    CONNIE EVINGSO..
    at 2017-10-20 18:55
    2017年コンクリぬりぬり⑨
    at 2017-10-19 17:49
    LINDA ROSTADT ④
    at 2017-10-18 19:01

    外部リンク

    ファン

    記事ランキング

    ブログジャンル

    画像一覧