HELEN MERRILL ⑨

 本日の女性JAZZシンガー、HELEN MERRILLの1988年のアルバム「SINGS JEROME KERN」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)そして、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKIT TU-8150SV SP BOSE PY-111)聴きました。
e0272042_17465070.jpg
 このアルバムから、古め路線でスタンダード集その⑫(シリーズは続き番で)、9月6日にDISK UNION JAZZ TOKYOの通常セールで購入した1/6です。

 収録曲を紹介すると...

1. IN LOVE IN VAIN*
2. THE FOLKS WHO I LIVE ON THE HILL*
3. REMIND ME*
4. OLD FASHIONED*
5. NOBODY ELSE BUT ME\
6. THE SONG IS YOU/THE WAY YOU LOOK TONIGHT\
7. MUSIC MAKERS\
8. YESTERDAYS/TILL THE CLOUDS ROLL BY#
9. LOOK FOR THE SILVER LINING#
10. ALL THE THINGS YOU ARE#

勢い、三組のバックも紹介

*印
HELEN MERRILL/VOCAL
GERALD TARACK/VIOLIN
JOHN PINTAVALE/VIOLIN
THEODORE ISRAEL/VIOLA
CHARLES McCRACKEN/VIOLINCELLO
JOHN REAL/BASS
EDDIE DANIELS/CLARINET・FLUTE
GEORGE MARGE/FLUTE・OBOE・ENGLISH HORN
WALLY KANE/FLUTE・CLARINET・BASS CLARINET
JEFF LAYTON/ACOUSTIC GUITAR
DAVE CAREY/PERCUSSION
TORRIE ZITO/MUSICAL DIRECTER・ARRANGER

\印
HELEN MERRILL/VOCAL
TORRIE ZITO/PIANO・FENDER RHODES
TOM HARRELL/FLUGELHORN
RUFUS REID/STRING BASS
BILLY HART/DRUMS

#印
HELEN MERRILL/VOCAL
TORRIE ZITO/FENDER RHODES
TOM HARRELL/FLUGELHORN

となって、*印のストリングチューンでは、HELEN MERRILLほハスキー声を押さえて叙情ゆたかにバラードを歌いあげています。 このストリングスの音色が非常にきれいで、88年のサウンドとして別格! これだけでもこのアルバムは買いです。

 替わって¥印・JAZZトリオ+管では、ストリングスとはがらりと手を変え、ピアノもアコースティックとRHODESを持ち替えて(鍵盤は持ち替えるのかしら?)どちらもスインギー。 さらにベースの音はかなり低い音を量感豊かに拾っていて、見事にここもハマりました!!

 さらに、そこからリズム隊を抜いたシンプルなツーバック#印は、殆どRHODESだけのシンプルな伴奏で、ガチな対面勝負。 こちらも楽しめます。

 往年の名シンガーの売れた後のアルバムは、出して売ってしまえ、みたいなチューンもたまにありますが、このアルバムに関してはその点アグレッシブに音楽を追及しています。

 このアルバム、中古盤でかなりの廉価版でしたが、3倍の金額でも購入したい良アルバムです。

HELEN MERRILL
SINGS JEROME KERN
PAR
CDP 708
1988年






[PR]
# by moccinocraft | 2017-09-09 18:34 | JAZZ | Comments(0)

外構フェンスの目隠し化 ①

 数日前より南側のフェンスを...
e0272042_18280851.jpg
写真右端から左カリンの木のスパンは含みません、その隣のスパンまで12m。 この部分を目隠し化しようと... 
e0272042_18281239.jpg
 イメージとしてはこんな感じ、これと同じプラスチックシェードを張ろうと思いました。 高さは1m。 このフェンスは80cmの高さなので、下に20cmほど弛ましてあります。

 ところが、プラスチックのメッシュを12mほど買って来ましたが、問題が...
e0272042_18281696.jpg
 問題はこの控え(斜めのポール)。 12mの一枚ものプラスチックシェードをそのまま切らずに張る場合、後出の写真にあるシェードを支える(サンドイッチする)アルミⅬ字バーにフラットをこのポールで支える構造を取ります。その際控えのあるところ以外は3cm~5cmポールから浮かそうとしてますが...

 この控えの処では、控えが邪魔になるため、直ポールと控えのポールの間を通そうと、3cm~5cm浮かすステーではなく、浮かさないステーを採用することにしました。
e0272042_18281961.jpg
 それがこれ、フラットステーですね! 
e0272042_18282321.jpg
 控えの無いところでは、こちらの3cm~5cm浮かしのステーを用います。
e0272042_18282757.jpg
 で、一番右端の5cm浮かしステー(コの字型)の施工状態。 すでに抑えの15mmフラットバーも伴に仮付けしてあります。 この左側の直ポールには3cmステー、それから先ほどの写真の控えのある所にはフラットステー(4枚目の写真参照)を取り付けましたが...

 この場所のサンドイッチ構造を作る際、仮止めのボルトナット(上の写真にある)を装着するのが一苦労どころか大苦労!! 1本あたりボルトナット装着が30分かかってます!

 仮止めでこの状態なので、これにプラスチックシェードをかまして狭いところでボルトを挿し込み、ワッシャ+ナットをかまして設置するのは至難の業...
e0272042_18283094.jpg
 体裁良く収まってるんですけれどねぇ・・・

 ②に続く...






[PR]
# by moccinocraft | 2017-09-08 19:20 | 工作 | Comments(0)

ARIEL POCOCK

 本日の女性JAZZミュージシャン、北米注目のARIEL POCOCK2017年のアルバム「LIVING IN TWILIGHT」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKIT TU-8150SV SP BOSE PY-111)聴きました。
e0272042_18064500.jpg
 このアルバムも、クール路線ではなく、古め路線でもないスタンダード集その⑪(シリーズは続き番で)、8月25日購入DISK UNION JAZZ TOKYOの通常セールの5/5です。

 ボーカルよりもピアノがメインの趣があるアルバムで、ボーカルはちょっとコケティッシュ。 始めNIKKI YANOFSKYに似ているように感じましたが(子供子供したところを除くと...)、もうちょっと聴いていくとERIN BODEの方が似ているように感じました。

 ただ独特のボーカル感があり、これは言葉では表現できない分野です。

 収録曲が...

1. THE VERY THOUGHT OF YOU
2. 500 MILES HIGH
3. LIVING IN TWILIGHT
4. SO IN LOVE
5. SOMEONE LIKE YOU
6. SAUDACOES
7. SO LONG*
8. I LOVE YOU
9. TO BE ALONE WITH YOU
10. GONZALO'S MELODY*
11. WHEN YOU WISH UPON A STAR
12. HYMN*
13. GO LEAVE

有名どころだと、2.がCHICK COREA、4.・8.がCOLE PORTER1そして*印がご本人作となっています。 各曲によって猫の目の様に曲想が変わり、PIANOも普通のグランドとRHODESのスーツケースを使い分けていますね。 RHODESも’80年代の香りがしてとても爽やか!

 ミュージシャンは...

ARIEL POCOCK/PIANO・VOCALS
ADRIAN VEDADY/BASS
JIM DOXAS/DRUMS
CHICO PIHEIRO/GUITAR

息もばっちりのユニットで、少し乾き目のサウンド。 ERIN BODEのバックの少しアーシ―な感じとは一線を画します。

 そういえば、昨日行ったDISK UNION JAZZ TOKYOではまだ平積みになっていました。

 ニューウエーブなアルバムです!


ARIEL POCOCK
IVING IN TWILIGHT
JUSTIN TIME
JUST 261-2
2017年








[PR]
# by moccinocraft | 2017-09-07 19:11 | JAZZ | Comments(0)

訃報 JANET SEIDEL

 本日DISK UNION JAZZ TOKYOに行きましたが、その新譜CDの棚の処に「訃報 JANET SEIDEL」のメッセージが!!!

 私、所謂レコード屋さんで涙したの初めてです... そう、オーストラリアの歌姫JANET SEIDELが今年の8月7日に亡くなっていたのです。 ショック!!

 詳しいことは判りませんが、病気だったとの事で、そういえば最近コンサートの案内が無いな!と思いつつ、英国でコンサートがあるとか風の便りに聞いていたのに、まさか...

 故人を惜しんで、今日は彼女のCDをかけましょう!

 このブログでは、彼女のアルバムを振り返ることにします。
e0272042_17074502.jpg
 最初は、初期のアルバム「ドリスと私」「ベッドでタバコを吸わないで」「ドッドリン」に「ディア―・ブロッサム」です。

 良い曲ぞろいなのに、比較的目立たないアルバム。 ドッドリンでは、当時恋仲だったTOM BAKERと息の合ったプレイを見せてますが、今頃天国で再会しているのかもしれません...
e0272042_17075644.jpg
 渋い系で、非常に印象深いアルバム。 「COMME CI COMME CA」「LOVE LETTERS」「WINTER MOON」「CHARADE」。 COMME CI COMME CAはシャンソン曲集。 これを聴くときには、ウチの仏製スピーカーが良く合ってました。 LOVE LETTERSはWILLIAM GALISONのハーモニカが美しい!
 
 WINTER MOONも前2アルバムの流れで、雰囲気たっぷりです。 CHARADEは新機軸で、JOE CHINDAMOのピアノがゲスト参加。 繊細なアルバムに仕上がっています。
e0272042_17080341.jpg
 続いて、ライブ系。と言いながら上に紹介した中でもライブはあります。 このジャケットの上二つは内容同じで、右側が日本版です。 SMILEだけコンピレーションアルバムなのですが、これについてはこの記事の最後に...
e0272042_17080933.jpg
 オリエンタル系!  MOON OF MANAKOORAはチャック・モーガンのウクレレが炸裂しています。 元々ギターの名手でもありますが、経歴の長いウクレレは水を得た魚の様! FAR AWAY PLACESは望郷の彼方ではありませんが、とても感傷的なアルバム。 次のLIVE IN TAIPEIとMOON OF~を繋ぐようなアルバムです。

 その、LIVE IN TAIPEIは現地のレコード会社によるアルバムで、LA BRAVAサウンドとは一線を画す音作りになっています。
e0272042_17081382.jpg
 そして、お勧めしたいJANET SEIDEL最強のアルバムはこちらから...(前のアルバムも良いアルバムに変わりありませんよ!)44美術館 

 出揃った、THE ART OF LOUNGE三部作。 ぜひ3枚に分れたCDで聴いていただきたいこのアルバム! でも、現在は1枚に集約されたものしか出回ってないみたいですね... 名盤です!!
e0272042_17081964.jpg
 あちらでは定番の、クリスマスアルバム。 何と、幼児には子守歌代わりになるという... 私も、聴きながら気持ちよく寝ることが多いアルバムです!
e0272042_17082394.jpg
 そして、一番のお気に入りはデビューアルバム。 来日公演の時には、このアルバムにサインを頂きました。 つたない英語で、このアルバムが一番好きなんですよ! と告白... その際、場の雰囲気として、会場でアルバムを買わないとサインしてもらえない、と思い、SMILEのアルバムを買ったという...

 でも、SMILEのジャケットも最高です。 彼女の素直な性格が出ています。 会場でも、客席への気配りと、共演者への気配りに、感銘しました。 それを思い出すと、心の汗が...

 話は飛びましたが、このサインもシンプルかつ本人のセンスが光ってます! フラット二つですよ!! ト音記号アネット!

 これからは、JANET SEIDELの可憐な歌声を聴くことが出来ないのです。 惜しい人を亡くしました...

 願わくば、天国で安らかにお休みください...   合掌








[PR]
# by moccinocraft | 2017-09-06 17:53 | JAZZ | Comments(0)

HELEN MERRILL ⑧

 本日の女性JAZZシンガー、HELEN MERRILLの1956~57年のコンピレーションアルバム「DREAM OF YOU」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_18214744.jpg
 このアルバムも、クール路線ではなく、古め路線でもないスタンダード集その⑪(シリーズは続き番で)、8月25日購入DISK UNION JAZZ TOKYOの通常セールの4/5です。

 コンピレーションアルバムですから、ジャケット写真はかなり若い時のモノを使っており、一方中ジャケの写真は時系列がめちゃめちゃになっています。

 ハスキーボイスのシンガーとしては一番ハスキー度が高いと思うHELEN MERRILLですが、あのマイクかぶりつきアルバムの印象そのままの声で、このアルバムでもその期待を裏切りません!

 収録曲は

1. PEOPLE WILL SAY WE'RE IN LOVE
2. BY MYSELF\
3. ANY PLACE I HANG MY HAT IS HOME
4. I'VE NEVER SEEN
5. HE WAS TOO GOOD TO ME\
6. A NEW TOWN IS A BLUE TOWN
7. YOU'RE LUCKY TO ME\
8. WHERE FLMINGO FLY
9. DREAM OF YOU\
10. I'M FOOL TO WANT YOU
11. I'M JUST A LUCKY SO AND SO\
12. TROUBLED WATERS
13. SOFT AS SPRING
14. BLACK IS THE COLOR OF MY TRUE LOVE'S HAIR
15. LAZY AFTERNOON\
16. THE THINGS WE DID LAST SUMMER
17. AFTER YOU, WHO?
18. IF YOU GO\
19. IF I FORGOT YOU
20. IF LOVE WERE ALL
21. EASY COME EASY GO\
22. I'LL BE AROUND¥

57年当時のアルバムなので、当然ながらモノ録音です。でも、HELEN MERRILLの声はむしろモノラルの方があっているので、とても聴きやすいですね。 ¥印をつけた楽曲は私が以前聴いていたもので、意外に聴いて無い曲が多いと感じました。

 バックは

GIL EVANSとHAL MOONYの指揮編曲によるオーケストラで、こちらもドリーミイな包まれ感が心地よいですよ。

 とてもゆったりとしたアルバムで、一部フルオーケストラということで迫力ある楽曲もありますが、ムーディーな雰囲気で心地よいアルバムです!

HELEN MERRILL
DREAM OF YOU
FRESH SOUND RECORDS
FSRCD-489
1956~57年






 



[PR]
# by moccinocraft | 2017-09-05 19:25 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24
 ご丁寧な説明ありがとう..
by kturabus at 01:01
基本的にスピーカーが8Ω..
by moccinocraft at 22:17
 スピーカーはトランペッ..
by kturabus at 21:51
勾配は間違いなく、十分に..
by moccinocraft at 07:28

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

PEGGY LEE JUMP..
at 2017-09-19 18:20
香炉みがき
at 2017-09-18 17:58
JO STAFFORD
at 2017-09-17 18:24
ガス台の交換
at 2017-09-16 17:57
HELEN MERRILL ⑩
at 2017-09-15 19:10

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧