竹炭教室 サツマイモ蒸し釜の用意

 先日の作業、10月1日の竹伐りに続いて、内業としてサツマイモ蒸し釜関連一切を洗浄しました。 後は当日これを軽トラに載せて、貸し出すのみになります。
e0272042_17543474.jpg
 いつも迷うのが洗浄するパーツの順位。 今年は蒸篭から始めてみました。 こちらは蒸篭の本体、長年使っているので、クサビが緩んで枠がガタガタです。 良~く干したのち、クサビを打ち込みました。 しっかりと躯体が決まります!
e0272042_17543885.jpg
  一番向こうの3枚が、上の躯体に敷かれるすだれです。 手前に進んで、コンクリぬりぬりのマーカーの石。これはサツマイモ蒸し釜とは関係ございません1

 続いて上に載せる蓋。 数年前ボロボロになっていたので、2×6材で作り直しました。

 その隣は釜の上に載せる、蒸気噴射板兼蒸篭載せ台。 真ん中に開いている四角い穴が蒸気噴射口、上の方が狭いテーパー状になっていて、勢いよく蒸気が出るようになっています。 こちらも古いもので、本体の躯体二枚は杉板。 繋いでいる平板も怪しかったのでヒノキ材に取り替えました。

 杉材は、ある程度朽ちてますので、棘が刺さる心配があり、手持ち不可としました。(革手使用!)44買い物! 

 その隣の長いものは、蒸気噴射板を載せる運搬台。 箱型の一辺だけ板が張ってないところがあり、そこに蒸気噴射板を差し込み、対側にはキャスターが付いているので、コロコロと移動します。
e0272042_17544199.jpg
 で、もう一つのメインイベント、釜の清掃。 お尻の部分と側面は左のバケツ石鹸で洗い、最後にケルヒャーでジェット洗浄しときました。 中は、もちろん食器用洗剤と専用亀の子束子にスポンジで、3回洗って自然乾燥。
e0272042_17544363.jpg
 上の釜が載る窯は、同じくバケツ石鹸で洗い、最後にケルヒャーでジェット洗浄。 久々に内側も洗ってもらって、窯も気持ち良さそう...
e0272042_17544746.jpg
 最後は蒸し布のお洗濯。 こちらは手洗いの、手リンス(?)。 一番時間がかかったと思います。

 この辺、実際のスタッフに手伝ってもらえば、細かいところも判るかな?! と思ったのですが、作業は済んでいたので後の祭り! あとは当日、みんなに頑張ってもらいましょう...







[PR]
# by moccinocraft | 2017-11-08 18:23 | 工作 | Comments(0)

CONNIE EVINGSON③

  •  本日の女性JAZZボーカル、CONNIE EVINGSON1995年のアルバム「I HAVE DREAMED」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKIT TU-8150SV SP BOSE PY-111)聴きました。
    e0272042_18181316.jpg
     このアルバムも、アメリカ路線その⑯(シリーズは続き番で)、10月9日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の4/5です。

     ANN HAMPTON CALLAWAYしかり、この手のはっきりボイスの歌手は旧作程良く、スタンダードなジャズを手掛けていることを多く感じます。

     聴き出して、意外にも知っている曲が少なく感じました。

     収録曲は...

    1. Show Me
  • 2. Get Me to the Church on Time
  • 3. Lazy Afternoon
  • 4. Getting to Know You
  • 5. I've Grown Accustomed to His Face
  • 6. Oh, What a Beautiful Morning
  • 7. Wouldn't it be Loverly?
  • 8. Lonely House
  • 9. One the Street Where You Live
  • 10. Something's Coming
  • 11. I Have Dreamed
    12. I'm Flying

    で、辛うじて知っているのは、6.と9.と12.。 中ジャケを見ていて気が付いたのは、作曲家がペアであること! 例えば、Lermer and Loeweが5曲に、私が知っていたうちの一つ、6.はRodgers and Hammersteinでした。

     これはコンセプトの一部なんでしょうかね? ジャージーに振ってある内容で、何時ものEVINGSON節は7.だけという、その他のアルバムがどちらかと言うとポピュラーに振っていたので、こちらも新鮮ですね。

    パーソネルが...

    CONNIE EVINGSON/VOCALS
    SANFORD MOORE/PIANO
    SEVERIN BEHNEN/PIANO
    TERRY BURNS/BASS
    JAY YOUNG/BASS
    PHIL HEY/DRUMS
    JOE PULICE/DRUMS
    STEVE FAISON/PERCUSSION
    JEAN GRIFFITH/GUITAR
    JERRY RUBINO/CELLO
    DAVE KARR/ALTO SAXOPHONE・TENOR SAXOPHONE/CLARINET・FLUTE
    KATHY JENSEN/ALTO SAXPHOE・TENOR SAXOPHONE
    DAVE JENSEN/TRUMPET・FLUGELHORN
    BOB HALLGRIMSON/TRUMPET
    PETER ENBLOM/TROMBONE

     ご機嫌なサウンドです。 EVINGSONのボーカルも、前出のANN HAMPTON CALLAWAYのしみじみボーカルから、すこし下方にベンドした声域を少し上げた感じ!

     また佳作が出てきてしまいました。 こちらも秋の夜長の早い時間にピッタリ!

     でも、私が買ってしまったので、DISK UNION JAZZ TOKYOでは現在品切れ状態です。

    CONNIE EVINGSON
    I HAVE DREAMED
    MINNEHAHA MUSIC
    MM2001
    1995年





  • [PR]
    # by moccinocraft | 2017-11-07 18:38 | JAZZ | Comments(0)

    2017年コンクリぬりぬり⑨-2&⑩

     時間系列がおかしくなってますが... 順序としては合っている工作の、現時点では最終版。 コンクリぬりぬりの2か所をリポート。

     先ずは、コンクリぬりぬり⑨の続き...
    e0272042_17580014.jpg
     チョット浮いてる、から始まったこの箇所。 バールでこじって、ある程度剥がれた所を限定。 そして大きい島の、右側からぬりぬりし始めて、車の通行上の制限から左側に移って、最後に真ん中を仕上げました。

     そしてその後方の四角なところ(赤)、これがコンクリぬりぬり⑩ですね。

     今回はたらい型のベージュのゴム樽(左官用)を導入したため、比較的量を多くコンクリをコネコネできましたが、コネコネ自体はは私の手が担当するので、そんなに一遍に出来るもんではありません!

     でも、少しずつ捏ねる事、まんべんなく混ぜてますので、コンクリ自体の仕上がりは上々(個人的なレベルで!)に出来ていると思います。
    e0272042_17575466.jpg
     その四角い方!(赤)

     色が濃いのは練り練りがうまくいっている証拠。(素人判断です!)44買い物に! 

     水色で囲ってあるのは、2016年以前の施工部分です。

     赤い部分を青い部分まで延長施工しようかな?! たぶん、かったるい思考の自分が、自分自身に制御をかけると思いますけど...

                                                                                                         
    [PR]
    # by moccinocraft | 2017-11-06 18:19 | 工作 | Comments(0)

    ANN HAMPTON CALLAWAY EASY LIVING

  •  本日の女性JAZZボーカル、安定した魅力のANN HAMPTON CALLAWAY2000年(1999年)のアルバム「EASY LIVING」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)聴きました。
    e0272042_18054141.jpg
     このアルバムも、アメリカ路線その⑯(シリーズは続き番で)、10月9日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の3/5です。 このシリーズは購入して~、数回聴くことにして予習が出来ている状態。

     それでも良いですね。 女優業との掛け持ちとは思えない、抜群の仕上がり...

     これまで3枚ANN HAMPTON CALLAWAYのアルバムを聴いてきましたが、古いアルバム程良い!と言う傾向があります。 でも、真ん中のアルバム「SLOW」のタイトル曲は最高だし~! ど~しよ?

     でこのアルバムの収録曲は...

    1. Easy to Love
  • 2. Round Midnight
  • 3. Come Take My Hand
  • 4. Easy Living
  • 5. All of You
  • 6. Blusette
  • 7. It Had to Be You
  • 8. In a Sentinmental Mood
  • 9. You Don’t Know What Love 4
  • 10. Come Rain or Come Shine
  • 11. Skylark
  • 12. Nice Work If You Can Get It
  • 13. The Very Thought of You

    出だしの音数の少ないPIANO、それがまた通る音で身に染みますよ~!

     ここでパーソネル紹介!

    Ann Hampton Callaway/vocals
    Nelson Rangell/flute・alto saxophone
    Gerry Niewood/tenor saxophone
    Andy Farber/tenor saxophone
    Wynton Marsalis/trumpet
    Kenny Barron/piano
    Benny Green/piano
    Bill Charlap/piano
    Peter Washington/double bass
    Neal Miner/double bass
    Lewis Nash/drums
    Clarence "Tootsie" Bean/drums
    James Saporito/percussion

    非常に贅沢なキャスティングですよね。 でも、たとえPIANOがだれだれさんに替わっても、クオリティーもそうだけど、音の表情が変わらない! これがまた素晴らしい事ですよね!

     十分タメたボーカルが、秋の夜長にいい感じ! ぜひ聴いていただきたい一枚です。

    ANN HAMPTON CALLAWAY
    EASY LIVING
    SIN DROME
    SD 8934
    1999年



  • [PR]
    # by moccinocraft | 2017-11-05 18:21 | JAZZ | Comments(4)

    渋沢丘陵下見

     先日の2日、所属している山の会の例会用に、軽めの星一つの山行をと、神奈川県秦野市の北側の「渋沢丘陵」に下見に行ってまいりました。

     当然ながら、マイクロバスをアシとしますので、その想定の下、先ずは東所沢駅。 それから小手指駅と経由して圏央道に乗ります。 ただし、出発前にドタバタがあったので、予定より40分遅れ...

     途中トイレ休憩も挟みますので、何処が良いか?と探していると、もう厚木。 高速道路道中では真ん中へんかな?と思いながら入っていくと、車がビッシリで自分の車も停められないのでスルーしました。

     それからは秦野中井ICまでSA無し!(もしかしたら、海老名に有ったのかな?)44一緒 結局、マイクロバスの最終目的地、震生湖駐車場に着いてしまいました。
    e0272042_17513779.jpg
     時間も押してますので、そそくさと出発。 ルートはあらかたグーグルのストリートビューでおさらいしてありますので、地図(時間記録用)だけは持って出ました。
    e0272042_17514177.jpg
     さっそく、この手の看板にありがちなアーバンブラウンの案内看板が出てきて、迷う事はありません。 でも、渋沢丘陵自体は1.0km先らしい...
    e0272042_17514715.jpg
     で、13分後に着きました。渋沢丘陵ど真ん中! 何の変哲もない林の中です。 ウチの近くにもこんな感じのところがあります!
    e0272042_17515269.jpg
     でもって、丘陵ではなく山が目的ですから、ズンズン進んで栃窪の集落に出ます。 左のケンチブロックの上は真栖寺。 先に見えるのは、2番目に目指す頭高山だと思います。

     その先を一寸行くと...
    e0272042_17515881.jpg
     「マロンと山歩」さんに出てきた看板のある導入路。 ウエブではもちろん、ストリートビューでも判明しなかったその内容は...

     「栃窪神社や、最初の目的地の八国見山に頭高山には行けます」ということで、その北側の緑地(?)が工事中らしいのです。
    e0272042_17520215.jpg
     前の看板から200mぐらいのところに分岐があり、左栃窪神社、右八国見山となり、もしも八国見山の手前が工事中だったら、という事前のデータでは左に行ってましたが、今回は堂々と右に進みます。

     ここからは、このルート一番の登り、比較的暖かかったので汗ばみながら進んでいきます。 途中地図に載っていないフタマタがありましたが、案内看板を信じて進むと...

     次のT字路に差し掛かり、そこにもアーバンブラウンの案内看板とともに、「ちょっと寄ってみませんか、八国見山319.4m」の手書き看板があり、その誘導で同山へ!
    e0272042_17520704.jpg
     渋沢丘陵最高峰ですけど、山頂は地味! お昼を食べるのにも苦戦しそう! そして、ループで先ほどのちょっと寄ってみませんか看板まで戻り、次の頭高山を目指します。
    e0272042_17521227.jpg
     程なく行くと、こちらの方が渋沢丘陵ではないか?と思わせるところに出ました。 この下には秦野駅から来る道のトンネルが通っています。 近くに障害者施設があるみたいで、通所者が日向ぼっこ(?)に来てました!

     この先、写真に左端ぐらいの処から、斜め右に下る道が出てきて...
    e0272042_17521603.jpg
     250mほど行くと頭高山の登り口手前に、民間の方の無償提供の🅟があります。 登り口は先の左に見える上り坂ですよ~! その先は暗部になり、秦野市内の展望が開けるところあり。

     で、またちょっと歩くと、頭高山麓のループ道の処に行きつき、この辺りで唯一のトイレがあります。 さらに最後の登りを踏んばって...
    e0272042_17522095.jpg
     頭高山頂上303.3mに到着。 歩き始めて2時間17分です。

     お昼に近い時間ですが、食料は持ってきてないので車に戻らなければなりません。 さらに、マイクロバスのピックアップする場所を探さないといけないので、あっちゃこっちゃ歩き回り、そして、マイクロバスの通り道も探すことになって、車に戻ってからもそこらじゅうの道を走り込みました。

     結局、お昼にありついたのは、山行後の温泉にと、鶴巻温泉に向かった道中になってしまいました。

     以前にも寄った、鶴巻温泉の有名旅館「陣屋」に寄ってパンフレットをいただき、当日の目的は達成! でも、帰りの圏央道で事故があったため通行止め! そのため、ひたすら下の道を走りに走って帰ってきました...











    [PR]
    # by moccinocraft | 2017-11-04 18:58 | | Comments(0)


    DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


    by DEWI

    プロフィールを見る
    画像一覧

    カテゴリ

    全体
    AUDIO
    楽器

    乗り物
    工作
    食べ物
    その他
    JAZZ
    CLASSIC
    COUNTRY
    LATIN
    ROCK+ETC
    ムービー
    CAMERA
    未分類

    以前の記事

    2017年 11月
    2017年 10月
    2017年 09月
    2017年 08月
    2017年 07月
    2017年 06月
    2017年 05月
    2017年 04月
    2017年 03月
    2017年 02月
    2017年 01月
    2016年 12月
    2016年 11月
    2016年 10月
    2016年 09月
    2016年 08月
    2016年 07月
    2016年 06月
    2016年 05月
    2016年 04月
    2016年 03月
    2016年 02月
    2016年 01月
    2015年 12月
    2015年 11月
    2015年 10月
    2015年 09月
    2015年 08月
    2015年 07月
    2015年 06月
    2015年 05月
    2015年 04月
    2015年 03月
    2015年 02月
    2015年 01月
    2014年 12月
    2014年 11月
    2014年 10月
    2014年 09月
    2014年 08月
    2014年 07月
    2014年 06月
    2014年 05月
    2014年 04月
    2014年 03月
    2014年 02月
    2014年 01月
    2013年 12月
    2013年 11月
    2013年 10月
    2013年 09月
    2013年 08月
    2013年 07月
    2013年 06月
    2013年 05月
    2013年 04月
    2013年 03月
    2013年 02月
    2013年 01月
    2012年 12月
    2012年 11月
    2012年 10月
    2012年 09月
    2012年 08月
    2012年 07月
    2012年 06月
    2012年 05月
    2012年 04月

    フォロー中のブログ

    Avec France ...
    管球オーディオ雑感記。
    scoreのオーディオ&...

    最新のコメント

    なるほど、導入時のバージ..
    by moccinocraft at 06:35
     初期化をしたので、7年..
    by kturabus at 00:12
    7時間かかる?!ウチのは..
    by moccinocraft at 06:43
     DEWIさんのブログ見..
    by kturabus at 01:45
    うらやましい... 2..
    by moccinocraft at 16:40
    お久しぶりです。 この..
    by gall_gall at 10:16
     登山靴は15年でソール..
    by アルキオネ at 01:32
    ウレタンエッジは10年、..
    by moccinocraft at 06:42
     やはり、経年劣化は覚悟..
    by kturabus at 00:00
    アンプはコンデンサが先の..
    by moccinocraft at 06:24

    メモ帳

    最新のトラックバック

    http://while..
    from http://whileli..
    http://www.v..
    from http://www.val..
    17世紀オランダ絵画の宝..
    from dezire_photo &..
    美は幸福を約束するものに..
    from dezire_photo &..

    ライフログ

    検索

    その他のジャンル

    ブログパーツ

    最新の記事

    JKの洗車
    at 2017-11-18 18:10
    HELEN MERRILL ⑫
    at 2017-11-17 19:04
    レレレのおじさん
    at 2017-11-16 17:55
    CHRIS CONNOR ⑱
    at 2017-11-15 19:24
    大蔵高丸
    at 2017-11-14 19:12

    外部リンク

    ファン

    記事ランキング

    ブログジャンル

    画像一覧