<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

COMBAT! DVDコレクション 49 ③

 本日のDVDムービー、COMBAT! DVDコレクション 49③149話「火の玉特急=NIGHTMORE ON THE RED BALL RUN」を観ました。
e0272042_17573769.jpg
 輸送隊が任務が込み合っていて、一人のドライバーが運転中に眠ってしまいクラッシュ! たまたま通りかかったサンダース軍曹の小隊にドライバーの助っ人(2人=2組)を頼まれるというお話。

 歩くのに辟易していたカービーとリトルジョンがヒッチハイクできると志願するも、実はその荷が爆破ルするものばかりというのは志願後で、そこからドラマの始まります。

 最初はドイツ兵の待ち伏せに会いますが、COMBAT!では水戸黄門の印籠のごとく簡単に敵を排除してしまいます。その後通りかかった橋が崩落寸前で、以前サンダース軍曹が民間のトラックで渡った橋と設定が同じで、かつ実際に撮影に使った橋は全く同じものに見えますが... でも、この時に実際のドライバーが橋から落ちてろっ骨を折ってしまい、運転不能になります。

 一難去ってまた一難。  前進すると、味方の小隊とドイツの装甲車が交戦している現場に行きつき...  応援に加わろうとしているとき、公演中だった味方は全滅。  輸送隊のリーダーと、カービーにリトルジョンはドイツ兵の背後から忍び寄りますが...  結末はいかに!?

 この輸送体の指揮を執るのは、クロード・エイキンス演じるロージー軍曹。  堅気で1本筋が通っている頑固者を演じています。  

 色々なメディアで、このCOMBAT! を観ていますが、この火の玉特急が繰り返しの視聴率が高くなっており、自分でも不思議なくらい細部まで前の話を記憶してますねぇ!

 このお話では、主役のヘンリー少尉とサンダース軍曹がメインで出てくるわけではありません。  カービーとリトルジョンというわけでもなく、ロージー軍曹なのかしら??

[PR]
by moccinocraft | 2016-09-30 18:21 | ムービー | Comments(0)

SARAH MONTES

 本日の女性JAZZボーカル、アメリカのSARAH MONTES2006年のアルバム「LONG AS THE DAY IS」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)、そして、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)聴きました。
e0272042_17570610.jpg
 このCDも、約1週間前にDISK UNION WEB SHOPで入手した2枚のうちの1枚で、同WEB SHOPの案内では、ハスキーボイスとワイルドかつチャーミングな歌いまわし。全曲が自作曲でもあり... と表現していました。

 私の印象では、ハスキーボイスよりコケティッシュな印象で、STACY KENTやSIMONEの声の方が近いと思います。  でも、結構JAZZ向きな声質で、幼い感じとかはありません。  ジャケット写真の印象とは大違い!

 その自作曲が

1. BABY'S GOT BRAINS
2. YOU WOULDN'T KNOW LOVE
3. SINCE YOU7RE GONE
4. RED RIPE TOMATO LIPS
5. F.Y.I.
6. AT EASE
7. SUNNY DAY
8. THAT7D BE SOMETHING
9. SHIFT HAPPENS
10. LOVIN' IN THE RHYTHM

あまり自作曲! といった強い押し出しが無く、わかりやすいメロディーが好印象です。  でも、基本がJAZZであることは間違いないので、聴くことができます。

 メンバーは

JOEY SINGER/PIANO
BOB SACHS/UPLIGHT BASS
DON NEOLI/DRUMS
SARAH MONTES/VOCALS

JIM HOKE/CLARINET・FLUTE・SAXOPHONE
JESS GOPIN/DRUMS
PAT NAVARRE/GUITAR

です、シンプルな構成で、音もよく録れていますので、かなり大掛かりなシステムにも対応。  久々にMAIN-SYSTEMの方が音が良かったですね~!(ここのところの雨続きで、再生装置にも変化が生じています!)44♡ 

SARAH MONTES
LONG AS THE DAY IS
LAZAR MUSIC
LM2006
2006年



 

[PR]
by moccinocraft | 2016-09-29 18:18 | JAZZ | Comments(0)

工場見学 「泉織物」

 本日の工場見学、今日も群馬県まで、桐生市の泉織物さんへ工場見学に行ってきました。
e0272042_18541521.jpg
 いきなり生糸! うちでも父親が小さい時にお蚕さんをしていて、色が変わった生糸を見たことがあるような。 実際の生糸って化繊より紙っぽいんですよね~。ここだけでもいろいろな種類がありました。
e0272042_18541700.jpg
 次に絞り染めの工程のノウハウを教わり...(耳で判っても、頭では理解していません!)
e0272042_18541903.jpg
 そして、こちらは依って染める工程。たまたま職人さんが居なかったため、詳しい内容判らず。

 その後ろには...
e0272042_18542193.jpg
 織りに使う横糸と縦糸のパターンのプログラム。  ちょうど大型のオルゴールのパタパタと同じ感じ!  かなりの数を保管してあり...

 実際の機織りでも...
e0272042_18542345.jpg
 ここでは見えませんが、機械の頭上にパタパタがセットしてあり、もくもくと機械が機織りをしていて、周りでご高齢の職人さんがメンテ等していました。  そのメンテもかなり細かい作業で、失礼ながら手元が見えるのかな、と心配してしまいました。

 工場の端っこには...
e0272042_18542795.jpg
 一瞬糸紬機にも見える、八丁撚糸機。今や保有台数がかなりシビアで、こちらも借りものだそうですが、実動機です。 約1時間工場内を案内していただき、残りの時間は製品の説明となり、きれいな正絹の着物(フォーマルではない!)を見せていただき、眼の保養になりました!

 その後は時間も12時ちょっと前。 目星を付けていた...
e0272042_18542979.jpg
 泉新さんの鰻の重! お店に入ったら数量しか聞かれませんでした。
e0272042_18543223.jpg
 デザートもついて、こちらパンナコッタ!

 腹ごしらえも終わったところで、次の視察場所(と言いたいところですが)?!

 前々から画策していたマフラーを見に...
e0272042_18543554.jpg
 でこちらは泉新さんから数ブロック先の「松井ニット技研」さんのカタログ。 カタログの一番上、それも男っぽいカラーリングの1本を選びました。どうだろ、気に入ってくれるかな?(娘に...)



 



[PR]
by moccinocraft | 2016-09-28 19:26 | その他 | Comments(0)

谷川岳

 本日の登山、事故率の一番高い山谷川岳にSHC(地元のクラブ)で19名参加で登ってきました。
e0272042_20341602.jpg
 谷川岳ロープウエイ土合土合口駅まではバス(チャーター)。その後は往復券を買ってロープウエイで登ります。  22人乗りと表示がありますが、19名で2台で分乗し...
e0272042_20342083.jpg
 終点の天神平駅にて下車。  ツアーリーダーの指導で体操の後早速登山道へ...
e0272042_20342271.jpg
 出だしは快適ですが...
e0272042_20342493.jpg
 途中から木道になり、その後岩だらけのキツイ道になります。
e0272042_20342987.jpg
 なんたらリンドウの実も生ってました。
e0272042_20343239.jpg
 合計3時間ほど登って、最初のピーク・トマの耳(1693.2m)へ。  写真撮影に熱中するのは地元写真クラブ(所沢)のRIさん! 
e0272042_20343456.jpg
 登り口から最後の小屋まで紅葉が無かったのですが、ピークの周りは適度な紅葉で楽しませてくれます。

e0272042_20343621.jpg
 トマの耳から次鋒オキの耳(1977m)に向かうあたりの紅葉、おしとやかに咲いています
e0272042_20343869.jpg
 少しトマの耳のピークのほうに戻って、オキの耳を見上げます。  結局はオキの耳の先の奥社まで行きトマの耳・オキの耳に山小屋の写真を撮りましたが、イマイチ分からない写真ですので掲載カット!

 高低差660mほどの山行で歩数14、449歩ほど、でもデータには出ない足場の悪さで、かなり疲れました。  今世紀中はもうこの山には登らないと思います。







 

[PR]
by moccinocraft | 2016-09-27 21:07 | | Comments(0)

MEGAN FANNING

 本日の女性JAZZシンガー。カナダの歌姫MEGAN FANNING2005年のアルバム「INFLUENCE」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17004130.jpg
 ジャケット写真だと渋めの声で朗々と歌いそうですが、実際はコケティッシュな声でさらにぶりっこしているのではないか?! と思ったのが1曲目の始まり。

 このCDからは、約1週間前にDISK UNION WEB SHOPで入手した2枚で、同時に頼まれて入手したチューリップが、「このアルバムを買った人が同時購入したリスト」に挙がってました。  この手のアルバムを買う人がチューリップのCDを買うわけないだろう! と思ったのですけれど、意外に姫野達也の声はMEGAN FANNINGと共通点があるのかな? と考えてしまった次第。

 収録曲は

1. AIN'T NOBODYS BUSINESS
2. UNDER THE INFLUENCE*
3. THE MASQUERRADE IS OVER
4. STRAIT OF GEORGIA
5. WHO WALKS IN WHEN I WALK OUT*
6. WONDER*
7. I CLOSE MY EYES*
8. CHEEK TO CHEEK
9. ODE TO BILLY JOE
10. 29WAYS
11. BABY IT'S COLD OUTSIDE
12. SPOOKY
13. GUESS WHO I SAW TODAY

7曲目に「CHEEK TO CHEEK」が入っているあたり、このアルバムの性格が出ていますね!  そう、その通りなんです。

 続いて参加ミュージシャンを

MILES BLACK/KEYS
CHRIS GESTRIN/KEYS
MICHAEL GUILD/GUITAR
TIM PORTER/DOBRO・GUITAR
TIM STACEY/BASS
RENE WORST/BASS
BERNIE ARAI/DRUMS
TOM KEENLYSIDE/TENOR SAX・FLUTE
BRAD TURNER/TRUMPET・FLUGEL

いい演奏しています。録音も音場が心地よく、リバーブの効きもジャストな空間を演出していますね、この音作り好きですよ!

 落ち着いた曲想、そして包み込まれるような音場!  これからの季節にもってこいのアルバムです!

MEGAN FANNING
INFLUENCE
COLLINGWOOD RECORDS
CR-1327
2005年





[PR]
by moccinocraft | 2016-09-26 18:07 | JAZZ | Comments(0)

LAURA PERLMAN

 本日の女性JAZZシンガー、アメリカのLAURA PERLMAN2015年のアルバム「PRECIOUS MOMENTS」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_18404965.jpg

 DISK UNION JAZZ Tokyoのワゴンセールでゲットした、9枚のCDのうちの9/9枚目で、声質演奏とも申し分ありません。  ただ、このPERLMANさんあろうことか、またしてもちりめんビブラートなんです!  そこを除いてという設定を付けて...

 収録曲が...

1. I'VE NEVER BEEN IN LOVE BEFORE
2. I'VE GROWN ACCUSTOMED TO HIS FACE
3. BUT BEAUTIFUL
4. MY FAVORITE THINGS
5. I'M OLD FASHIONED
6. YOU GO TO MY HEAD
7. MY FOOLISH HEART
8. ON THE STREET WHERE YOU LIVE
9. MY ONE AND ONLY LOVE
10. EVERY TIME WE SAY GOODBYE

 で、プレイヤーが...

LAURA PERLMAN/VOCALS
BILL CUNLIFFE/PIANO
MARK SHERMAN/VIBRAPHONE
CHRIS COLANGELO/BASS
JOE LA BARBERA/DRUMS

となり、この構成MJQの構成と同じですよね...  そう、サウンドもご機嫌なんです。  

 一方、LAURA PERLMANさんの声を詳しく表現すると、近いところは綾戸千絵かな?!  大阪のおばちゃんという感じです。そこそこパンチも有りというところで、JAZZ向きなのかしら?

 とにかく、1曲目のビブラフォンからの出だしはしびれますよ~。

LAURA PERLMAN
PRECIOUS MOMENTS
HIGH RECORDS
MHR8625
2015年
[PR]
by moccinocraft | 2016-09-25 19:39 | JAZZ | Comments(0)

敬老会

 本日のお手伝い、地元の敬老会にお手伝いとして参加してきました。
e0272042_17210266.jpg
 私は来場者の受付係兼お土産係。(写真撮っている様では仕事してまへんな~)44す 
e0272042_17210566.jpg
 メインイベント! 地元小・中学生による敬老作文発表が行われ...
e0272042_17210947.jpg
 小学校の金管クラブと中学校の吹奏楽部の演奏(写真)と続きますが、実はうん十ウン年前の私はここのOBなんです!  当時部員17名、今現在55名!!歴史を感じますよね...
e0272042_17211170.jpg
 最後は、人気の芸もの。  今回は「津軽三味線 民族音楽団 あべや」 最後に相撲甚句を演奏していました。
e0272042_17211391.jpg
 我々の、仕事スペース全体像...  ちなみに、明日も違う作業が待っています!!

 そして、お開き
e0272042_17211688.jpg
 あいにくの雨の中、結構集まっていただきました~!  来年も来てくださいね...(主催者、お見送り~)13LU







[PR]
by moccinocraft | 2016-09-24 17:37 | その他 | Comments(0)

STEFANIA PATANÈ

 本日の女性JAZZボーカル、イタリアのSTEFANIA PATANÈ2013年のアルバム「EVEN NOT 4」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)聴きました。
e0272042_17534809.jpg
 DISK UNION JAZZ Tokyoのワゴンセールでゲットした、9枚のCDのうちの8/9枚目で、そろそろアラが出てくるころなのですが...  不満と言えば、ちりめんビブラートなだけのことで、落ち着いた曲調にクリアなボーカル。  さらに録音もよろしく、非の打ちどころも1か所を除いて無い!(とは言わないか?)のです。

 ジャケット写真も良好で、収録曲が

1. I'M OLD FASHIONED
2. PALHAÇOS*
3. ON GREEN DOLPHIN STREET
4. EU SEI QUEM E'*
5. WHEN WE DANCE@
6. LAZY AFTERNOON
7. L'ASTRONAUTA*
8. INVISIBLE*
9. INFANT EYES
10. I SHOULD CARE
11. IN THIS WORLD*

*印はオリジナル、@印はSTINGの作で、ECのミュージシャンはSTINGの曲を取り上げるのが好きですね...

 続けてプレイヤー紹介

STEFANIA PATANÈ/VOCALS
LUCA MANNUTZA/PIANO
DANIELE SURRENTINO/BASS
NICOLA ANGELUCCI/DRUMS
PAOLO RECCHIA/ALTO G SOPRANO SAX

BOB STOLOFF/VOCALS(TRACK 3)

少しフュージョンぽくもありますが、クールな音作りもありイタリアのJAZZも侮れません。  流して聴いてもよし、で(ちりめんビブラートは自己責任でお願いします!)44す 
 
 聴いていくうちに、この声好きになりました!

STEFANIA PATANÈ
EVEN NOT 4
WIDE SOUND JAZZ PRODUCTION
WD 197
2013年







[PR]
by moccinocraft | 2016-09-23 18:25 | JAZZ | Comments(0)

COMBAT! DVDコレクション 49 ②

 本日のDVDムービー、COMBAT! DVDコレクション 49 ②148話「戦場のジャズメン=A LITTLE JAZZ」を観ました。
e0272042_17573769.jpg
 アメリカの軍隊ではよくある話で、民間のジャズメンが慰問のため大隊に派遣されることになるのですが、間違って最前線に来てしまったため、ひと騒動ふた悶着あるというお話。

 で、その輸送中にタイヤがパンクしてしまい、そこから話が始まりますが、その修理の途中ジャズセッションを始まり、敵の拙攻が攻めてくるという、想像するのにたやすい設定。

 結局、ジャズメンの随行2人は敵兵にやられてしまいます。 そこにたまたま通りかかったサンダース軍曹の部隊に助けられますが、ジャズメンたちはお礼もも言わず、ただ自分たちの処遇に不満を募らせるだけ!

 特にリーダー格の男は、世話焼きながら不平を言うのが人一倍で、危機管理能力ゼロなので観ていてあきれてしまいます。(他のメンバーもゼロに近いところは変わりありません!)44♡ 

 最初の攻撃では何とか他のメンバーは無傷でしたが、楽器は1/3ほど被害を受け、次の先頭の時には箱ベースがシュマイザーの乱射を受け穴だらけに...

 ベースを弾くものとしては、撮影とは言えベースのボディに穴が開くのは忍びないものがあります。  でも、穴だらけになりながらも、ベーシストの言、「とにかくこの楽器が気に入ってるんだ! それに、気に入っているのでこの楽器がドイツ野郎の手に渡るのは、何としてでも食い止めたい!」 いや~ぁ、何とも頼もしく共感を得る言葉!!

 結局ジャズメンたちを保護しながら、何とか大隊にたどり着きます。  でも次第に相互理解を示してきたリーダー格を始め、メンバー3人ほど死亡してしまいます。

 結果、たどり着くところは戦争ほどむなしくもあり、かつ無駄なものはない。 というKと何でしょうかね~!

 ちなみにザック役として、若き日のデニス・ホッパーが出演しています。




[PR]
by moccinocraft | 2016-09-22 19:50 | ムービー | Comments(0)

LALO SCHIFRIN MISSIOIN IMPOSSIBLE AND OTHER THRILLING THEMES

 2年ぶりに作曲家LALO SCHIFLINのコンピレーションアルバム、1962年~71年「MISSIOIN IMPOSSIBLE AND OTHER THRILLING THEMES」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)聴きました。
e0272042_17132486.jpg
 やっとMISSION IMPOSSIBLEが聴けました。2年前の「MOST WANTED 1968-1978」に収録されていると思ったら外れで、今回はタイトルに入っているので間違いない!と思い購入。それもDISK UNION JAZZ Tokyoのワゴンセールでゲットした、9枚のCDのうちの7/9枚目となります。

 聴いてみると、MISSION IMPOSSIBLEはさすがトムクルーズのシリ―ズではないので、古さを感じます。  TV用なのか何故かレンジが狭く、リミッターをかけっぱなしにしているのか、それとも最初からレベルを抑えているかの、少ししょぼい音!  でも、曲が変わるに従って、改善されてきますね。

 収録曲は...

1. MISSION IMPOSSIBLE
2. MACHINATION
3. LALO'S BASSA NOVE(SAMBA PARA DOS)
4. THE MAN FROM THRUSH
5. SECRET CODE
6. THE FAKIR
7. JUST ONE OF THOSE THINGS
8. THE WAVE
9. MANNIX
10. THEME FROM JOY HOUSE(JIMMY SMITH)
11. DISSOLVIMG
12. AGNUS DEI
13. BOSSA ANTIQUE
14. BACHIANAS BRASILEIRAS #5
15. HOT TO OPEN AT WILL THE MOST BEAUTIFUL WINDOW
16. PRELUDE #2
17. SILVA
18. BRIDE OF THE WIND

と、時代の寵児でしたので有名曲(当時)ばかり、私として馴染みが深いのが10.のTHEME FROM JOY HOUSEで、オルガンがJIMMY SMITH!  確か、SMITHの超有名盤[THE CAT」に収録されていたと思います。シンプルでスリリング!

 どうしても、ミュート・エレクトリック・ベース(恐らくFENDER PRECISION BASS)から抜けきれないでいますが、斬新な音作りというより、雰囲気を大事にしたサウンドで、オリジナルのTVシリーズ「MISSION IMPOSSIBLE」の放映時間、回転型のチャンネルを操作しながら、わくわくしながらテレビ放映を見ていた世代には、それこそたまらないBGMだと思います。

LALO SCHIFRIN
MISSIOIN IMPOSSIBLE AND OTHER THRILLING THEMES
VERVE JAZZ/CLUB
06007 5307418
1962から71年  




[PR]
by moccinocraft | 2016-09-21 17:45 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

上野鈴本演芸場(小さな和の会)
at 2017-12-14 18:13
LAUREL MASSE
at 2017-12-13 18:56
奥武蔵・西川林業地ハイキング
at 2017-12-12 21:25
JULIE LONDON⑱
at 2017-12-11 18:13
サランネット工作(予告)
at 2017-12-10 08:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧