<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

MONIKA BORZYM

 本日の女性JAZZボーカル、ポーランドのMONIKA BORZYMの2011年のアルバム「GIRL TALK」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)で聴きました。
e0272042_17121414.jpg
 これもDISK UNION JAZZ Tokyoのワゴンセールで仕入れた1枚で、再生しようと思ってジャケットを改めて見たら...  その、ケースがSACDなんです。  まずいな~、SACDだと土のアンプでしか聴けない!と思いながら、ケースを見渡すと、あれが無いんです!  曼荼羅模様のようなSACDのマーク...

 で、CDプレイヤーで、SACDでもハイブリッドの場合もあるぞ、とCDプレイヤーにかけてみると、すんなり聴くことができました!  ここのところ、何かにたたられているように、やることうまくいかなくなっているので、万事及び腰なんですね。

 で、収録曲。

1. YOU KNOW I'M NO GOOD
2. EXTRAORDINARY MACHINE
3. EVEN SO
4. AMERICAN BOY
5. FIELD BELOW
6. APPLETREE
7. DOWN HERE BELOW
8. GATEKEEPER
9. DRY CLEANER FROM DES MOINES
10. ABOLOLO
11. POSSIBLY MAYBE
12. THANK YOU

曲調は千差万別、1曲目アコーディオンから始まって、タンゴかなと思っていると、他に変化するようなことは無い。  と思っていると、2曲目モコモコベースとブラシのスネアから始まり、ウイスパーラップか? さらに3曲目は弦と木管から重く厳かに始まる叙情詩??  と音の万華鏡になっています。

 ご本人の声は少し厚めの中域の聴きやすいところで、非常においしい声。  じっくり歌っても聴きごたえのある歌唱力は、かなりメジャー対応と思います。  ウイスパーボイス、お勧めです!

 参加ミュージシャンは

GIL GOLDSTEIN/ACCORDION・PIANO
AARON PARKS/PIANO
STEVE CARDENAS/GUITAR
LARRY GRENADIER/BASS
ERIC HORLAND/DRUMS
BASHIRI JOHNSON/PERCUSSION・DRUMS
ROGERIO BOCCATO/PERCUSSION
GREG GISBERT/TRUMPET
SEAMUS BLAKE/TENOR SAXOPHONE
AARON HEICK/ALTO FLUTE・BASS FLUTE
CHARLES PILLOW/BASS CLARINET
LOIS MARTIN/VIOLA
JUDY REDHAGE/CELLO

となっています。

 聴いていて感心したのが、そのサウンドの分厚くてきめ細やか、さらに柔らかくて腰があること!  木管の漂う感じもうまく表現されて、そこに乗るボーカルが負けていない...  恐るべき欧州SONYですね~!   ここも聴き所です。

MONIKA BORZYM
GIRL TALK
SONY(POLAND)
88697755432
2011年





[PR]
by moccinocraft | 2016-07-31 18:00 | JAZZ | Comments(0)

PC交換

 一昨日の朝、その前の晩からおかしかったPCがとうとうウンともスンともいわなくなり、近くのパソコン屋さんに行って交換機種を選定して発注!

 そして色々と設定してもらって先ほど(19時)自宅に持ち帰り、セッティングも終わってこのブログを書いています。

 旧のPCが...
e0272042_20070655.jpg
 epsonのエンデバー。  6年と6ヶ月使いました。冬には遠赤外線ストーブが近すぎたため、DVDの蓋が溶けて曲ってしまっていて、見た目もかっこよくない!  音系のドライバーもおかしくなり、最近では画面にいらないバーが入り始めたので、そろそろ取り替え時期かなと思っていた矢先...

 ウインドウズ10への無償交換のインストールが勝手に始まって、結局のところHDを1台オシャカになって挙げ句の果てウインドウズ7に戻されて手しまった事件を尻目に...

結局のところは機械自体が壊れてしまったわけです。

 慌てず騒がす、その近くのパソコン屋さんで選択肢もないまま...  これにしました。
e0272042_20071137.jpg
 ノート型ではない、画面一体型の富士通FMV53XDBです。  画面は以前の27インチよりは小さくなっています。  でも解像度が良いのでトントンというところかな?  不自由はしていません。(使い始めてから1時間半ですけれど)

 まだまだ、失われたソフトの復旧にデータの回復が待ってます。

 これから数日長い夜になりそう...



[PR]
by moccinocraft | 2016-07-30 20:29 | その他 | Comments(0)

ヤンショー

 昨日のお買いもの、南船橋IKEAまで行って照明器具のヤンショーを買ってきました。
e0272042_17552310.jpg
 画像出ているかな?  以前、このクリップタイプを1基に台付きも1基。  それにハロゲンライトと、無印良品のグースネックタイプのクランプ照明(E17口径)にLED電球を付けた4灯で机照明としていましたが...

 寄る年波には勝てず、さらに照明が必要となり、2週間ほど前にIKEA立川店に行きましたが、在庫なしの状態ですごすごと帰ってきました。 その後ウエブで調べたところ、ヤンショーの在庫は東京ベイ店(旧船橋店)でしかなく、このクリップタイプだけという状態で、恐らくディスコン前に一店舗集中としてまとめて売ってしまおう!なのかな?と思った次第です。 でもって、意を決して武蔵野線の終点まで行き、ゲットしてきました。 

 山積みの状態でクリップ付きは金銀を含め7色ほど在庫していたと思います。 それに、無いと思っていた台付きも、ディスカウント商品として売っているではあ~りませんか! それも、ピンク・青・オレンジとヴィヴィッド色のもの。 こちらも、バックアップ用として購入してきました。 帰りのトートバックの重もかったこと! ぁ、机の上は6灯体制となっています!!

古いパソコン使って入力してますので、体裁がとれません!あしからず...
[PR]
by moccinocraft | 2016-07-29 18:17 | その他

CHET BAKER IN NEW YORK

 本日のJAZZミュージシャン、CHET BAKERの1958年のアルバム「IN NEW YORK」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17210939.jpg
 CHET BAKERの話になると、ドラッグ関連は避けては通れぬ関門で、丁度このアルバム辺りで手を染めている時ではないかと思います。  別にハイになっている演奏であるわけではございません。

 後にヨーロッパに渡って人気が出ている頃にも、ドラッグから離れたり再発したりと苦しんでますが、その頃の演奏はそれを断ち切りたい雰囲気が出ていて、妙に明るかったり、かなり渋いところにいったりと、薬躁鬱の症状も出ていますが、これもヨーロッパ時代の魅力(音楽的に...です。)

 かたや、その初期のそれもニューヨークではどうなのかと言うと、これが、妙に落ち着いているプレイで、ボーカル等は一切収録無しですが渋いソロを披露しています。

 収録曲はと言うと...

1. FAIR WEATHER
2. POLA DOTS AND MOONBEAMS
3. HOTEL
4. SOLAR
5. BLUE THOUGHTS
6. WHEN LIGHTS ARE LOW
7. SOFT WINDS*

*印はCDのみのおまけ。  ベニ―・ゴルソンからマイルス・デイビスまでカバーしていますが、このユニットでのサウンドの調和は、ある種得難いものが有ります。

 パーソネルが...

CHET BAKER/TRUMPET
JOHNNY GRIFFIN/TENOR SAXOPHONE
AL HEIG/PIANO
PAUL CHAMBERS/BASS
PHILLY JOE JONES/DRUMS

となっています。  出過ぎていない、かといって足りないわけでも無いバンドの中庸さが気持ちが良い!  あまりオカズやハスした音を入れない、AL HEIGのピアノも美しいし、同様のPAUL CHAMBERSとPHILLY JOE JONESのリズム隊も、場を壊さない絶妙のバッキングで気持ちが良い!

 CHET BAKERというと、「MIRANO SESSION」やら特徴的なアルバムも多いのですが...  全くと言って良いほど渋いこのアルバムのラインで、CHETは薬抜きでプレイし続けたかったのかもしれません!

 良いアルバムです。  そうそう、これもDISK UNION JAZZ Tokyoのワゴンセールで仕入れた、男性のみのCDとしては本日1枚だけ選んだモノです。

CHET BAKER
IN NEW YORK
RIVERSIDE
0888072328433
1958年






[PR]
by moccinocraft | 2016-07-28 18:12 | JAZZ | Comments(0)

お鷹の道Vol.2

 本日、先日の7月4日に行った「お鷹の道」を別メンバーで、行ってきました。  最後のお昼探索はカットして、殿ヶ谷戸庭園まで足を伸ばしましたが、お昼を食べたお店は全く同じで、その後の行動に異変が...
e0272042_18451593.jpg
 メンバーは違ってます。  おたカフェと武蔵国分寺資料館は定休日では無かったのですが、スルーして、前回のポイント真姿の池湧水群は見学。
e0272042_18451714.jpg
 途中、同じ田舎出身のRさんは、近くに川が無い子供時代を過ごしたので、小砂利の川床が生み出す網目状の波紋が特に印象的に眼に焼きついたと言っていました。
e0272042_18451989.jpg
 その後同じ同中の話はワープして、殿ヶ谷戸庭園に行き、園内散策で先ずは緑のトンネル。
e0272042_18452670.jpg
 そして特徴的な花の持ち主「レンゲショウマ」下から見上げて撮りました。  センターに開花した花が見られます。
e0272042_18453719.jpg
 出入口で記念撮影...

 この後、国分寺駅の北口に廻り、お目当てのお店をやっとのことで探し当てましたがお休み...  では、ということで前に訪ねた「ジャポリ・ボタニカ」で、若干メニューを変えて昼食を摂りました。
e0272042_18453088.jpg
 本日のピッツア(魚介類の...)ともう一枚ピッツア。
e0272042_18454155.jpg
 こちらはトマトソースのスパゲッティ、それにぺペロンチーノを注文しましたが、このトマトソースが絶妙な味で、参加者全員で美味しいね評価!  この後ドルチェにコーヒーを頂いて、おなかも膨れました。

 そして、午後からは神保町まで脚を伸ばし、山用品購入!  元々山のクラブなので、山に関する事ということで買い物ツアーに変身!  

 靴屋さんから(もちろん山の...」)ウエアー屋さん!  私も買う予定のモノが有ったのですが、記憶喪失で、しようが無いので...
e0272042_18454319.jpg
 レコード屋さんの店先に在った「シャンベ」を購入!  今回お茶休憩も無く、先を急いだ山行になってしまいました。  それでも、暑いわけでも無く、武蔵野の面影濃い「お鷹の道+α」を満喫しました。








[PR]
by moccinocraft | 2016-07-27 19:13 | | Comments(0)

SILJE NERGAARD 4

 本日の女性JAZZプレイヤー、スエーデンのSILJE NERGAARDの2009年のアルバム「A THOUSAND TRUE STORIES」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)で聴きました。
e0272042_17563103.jpg
 DISK UNION WEB-SHOPから22日に届いた3枚のうちの1枚で、以前のSILJE NERGAARDのアルバムと同様、子守歌を聴いている様な包まれ感のアルバムです。

 本アルバムは、VINCE MENDOZA指揮・編曲のMETROPOLE ORCHESTRA STRINGSを採用しており、このオケの印象も色濃く出ています。  ただ、オケだけでは無く、ピアノトリオによるジャジーな曲も有り、楽しみの幅も広がっていますね...

 それに、このジャケットが面白い!  タバコかお洒落なチョコレートのパッケージの様に、右にインナーをスライドさせるとCD本体が顔を出しますが、その引き手が彼女の大写しの写真になっています。(DISK BOX SLIDERのパテントが有るみたいですよ!)44♡ 

 本題とは関係ないところにそれました、収録曲が...

1. BASED ON A THOUSAND TRUE STORIES
2. DREAMERS AT HEART
3. COME IN FROM THE GARDEN
4. FROZEN
5. WAYSIDE SONG
6. NIGHTROAD
7. OLD MADRID
8. WHILE YOU WERE GONE
9. LAURA

となっていますが、表示は無いけれど恐らくオリジナル曲なんでしょう...  良いですね、NERGAARD節。  お昼過ぎに一旦全曲通して聴きましたが、見事安らかに寝付いてしまいました。NERGAARD効果を身を呈して体験したわけです。  さらに夕方もう一順聴いたところ...

 コケティッシュな声がこれぞSILJE NERGAARDの音楽の世界と、一度踏み入れたら足抜け出来ないところまで来ています!

SILJE NERGAARD
A THOUSAND TRUE STORIES
COLIMBIA
88697661732
2009年





[PR]
by moccinocraft | 2016-07-26 18:23 | JAZZ | Comments(0)

コンクリぬりぬり夏の陣 ①

 今年の梅雨も、日によってはかなり温度が上がっています。  その余波を受け、以前コンクリぬりぬりしたところが、この暑さで温度膨張し盛り上がって、下が空洞化しています。

 気にはしながらも、無視していたのが少し割れ出して...  また始めてしまいました。
e0272042_16553883.jpg
 こちらは、夏の陣 ①-1。  先週の19日に仕上げたものです。 トラ棒がかかっているところが、そのメインの施工場所。  でも、その左側の中央にかけて未だ浮いているところが有ります。  これを施工してしまうと、車の出入りが完全に遮断されるため、施工終了場所の縁を切って、この後に託します。

 さらに、コーンの二重の塔が出来ている前面が、かなり盛り上がってきていて...

 夏の陣 ①-2。
e0272042_16554094.jpg
 昨日、その中央がミシミシと亀裂が入ったので、ハツリました。  30分の施工、片づけ40分(ガラ処理付きで)

 そして今日、下地処理で劣化したコンクリートや、土を被ったところをさらにハツリ!(2時間みっちり!)44山へ 
e0272042_16554231.jpg
 綺麗にしたところを、左官バケツ8杯分コンクリを練り上げて、塗り込みます。  骨材は施行面上でまぜる素人技! こちら、1坪相当・1時間半で終了。
e0272042_16554623.jpg
 こちらも、周りとは縁を切ってあります。  そのウチ、エッジ部分の穴埋めもしないと...

 でも、使いこみ過ぎた手の...
e0272042_16554850.jpg
 マメがつぶれています!(作業中、しみる・しみる!)44♡ 




[PR]
by moccinocraft | 2016-07-25 17:21 | 工作 | Comments(0)

EVA CASSIDY

 本日の女性JAZZミュージシャン、EVA CASSIDYの1996年のアルバム「LIVE AT BLUES ALLEY」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17554420.jpg
 映像で試聴して見て、アルバムも良いかなとDISK UNION WEB SHOPで注文した1枚で、他の2枚より、失礼ながら、あまり期待していなかった1枚です。  元々、色々なジャンルを網羅するミュージシャンで、映像ではかなり渋いギターの弾き語りをしていました。

 ところが、このCDをかけた途端驚いたのは、1曲目のIRVING BERLINの有名曲がこれまた良い!  続くブルースチューンでは、女ROBEN FORDか、あるいはハスキーボイスの抜けたSUSAN TEDESCHIか?!と思わせる素晴らしい歌いこなしです。  すっかりファンになりました。

 収録曲が...

1. CHEEK TO CHEEK
2. STRMY MONDAY
3. BRIDGE OVER TROUBLED WATER
4. FINE AND MELLOW
5. PEOPLE GET READY
6. BLUE SKIES
7. TALL TREES IN GEORGIA
8. FIELDS OF GOLD
9. AUTUMN LEAVES
10. HONEYSUCKLE ROSE
11. TAKE ME TO THE RIVER
12. WHAT A WOUNDERFUL WORLD
13. OH, HAD I A GOLDEN THREAD

そう、このアルバム、ライブなんです。  ても、1996年の録音とはいえ、かなりのハイクオリティです。  その辺も聴きどころ...

 バンドも素晴らしいですね...

CHRIS BIONDO/BASS GUITAR
KEITH GRIMES/ELECTRIC GUITAR
RAICE McLEOD/DRUMS
LENNY "THE RINGER"WILLIAMS/PIANO
EVA CASSIDY/ACOUSTIC・ELECTRIC GUITAR
HULTON FELTON/HAMMOND ORGAN

ただ残念ながら、ご本人、このアルバムを最後として、同年皮膚癌で亡くなってしまった事です。誠に残念!  改めて聴いていると、鬼志迫る雰囲気が有ります。

 特に、12の WHAT A WOUNDERFUL WORLDなどを聴くと、本人、自分の運命が判っていたのかと思えるくらい... 

EVA CASSIDY
LIVE AT BLUES ALLEY
BLIX STREET RECORDS
G2-10046
1996年







[PR]
by moccinocraft | 2016-07-24 19:06 | JAZZ | Comments(0)

盆踊り2016

 本日のメインイベント、地元の盆踊りの準備をしてまいりました。
e0272042_14152223.jpg

 会場は、盆踊りといえばお寺、地元東光寺の境内をお借りして設営!  入口の山門は太平洋戦争当時B29の爆撃を受けて一部延焼したモノ。右手手前の門前のお店はその時全焼で消失を受けたと、当主から聞きました。
e0272042_14152562.jpg

 その山門をくぐって左が受付。  さらに左には招待者休憩所を設けてありますが、設置は比較的楽...
e0272042_14152831.jpg
 その先の、花掛け(お祝金披露掲示板)の設置が大変!  柱を立てる場所を探すことから始まり、とこに今年は、早出組がすでに3本建て終えていましたがこの写真の中ほど2本が建っていない状態で、中柱も建てましょうと穴掘りしたら、昨年のマーカーが出てきた次第で...

 これだけで2時間経過!  来年は単管パイプにしましょうねと、お昼時反省会しました。
e0272042_14153074.jpg

 その先の、本堂手前に踊り子さん休憩所を設置!  ゲストの踊り子さんも呼んでいますので、この施設も必至。
e0272042_14161126.jpg

 その先には、去年スーパーボールすくいなど在った場所にメインステージ展開。  当然、広場中央には太鼓櫓(櫓床高60cmなので、少し迫力減)を設置。  去年同様ダブル舞台です。  右奥には、そのスーパーボールすくいなどのお楽しみコーナーあり!
e0272042_14161126.jpg

e0272042_14161394.jpg

あれから、9時間が経ちました。  反省会も終わって、今自宅で余韻に浸ってます。
e0272042_23020534.jpg
 その先の...
e0272042_23020765.jpg
 地元企業が出している、焼鳥屋さん、何と無料です。

e0272042_23020954.jpg
 そして、夜になると盆踊りが始まります。  太鼓をたたいているのは、高校生「NANA]ちゃん。今回は若年層が太鼓で活躍していましたね。  
e0272042_23021259.jpg
途中から、日比田・本郷・城の踊り子も入ってきました。 舞台の袖が半円状になっていますよね!?  実は、その部分の下の方で踊っているのは、ウチの協議会の花一門目(?)キクヨちゃんです。





[PR]
by moccinocraft | 2016-07-23 14:41 | その他 | Comments(0)

METTE JUUL

 本日の女性JAZZプレイヤー、デンマークのMETTE JUULの2015年のアルバム「THERE IS A SONG」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)で聴きました。
e0272042_19443172.jpg
 DISK UNION WEB-SHOPから今日届いたウチの1枚で、どうやら他の1枚とも同じ様な傾向のアルバムみたいです。  出だしが本人のアコースティックギターによる、フォーク系の楽曲となってますが、聴いていくうちにピアノトリオ+トラムペットが絡んできて、ようやっとJAZZアルバムになります。

 収録曲が...

1. BALTIMORE
2. ROLLROLL
3. THERE IS A SONG
4. SONG FOR DANNIE
5. THE LAND OF PLENTY
6. DOUBLE RAINBOW
7. BERLIN IS CALLING
8. EVEBING SONG
9. AURORA BUTTERFLY
10. COLD HEART
11. IN A PARIS NIGHT
12. NORTHERN BUTTERFLY

と全て彼女のオリジナル、曲構成やコード進行はMETTE JUUL独特の世界観のもので、牧歌的というよりはもう少し内面的なところに突き刺さってきます。  ただし、それほど鋭利な面は無いので、安心して聴く事が出来ますね。  ボーカルも声は高く無く低くも無くの、アルトと言うよりソプラノ寄りですが、非常に聴きやすい声です。

 録音も、真空管バッファが入ったマスター卓で処理しているかの様な、やさしい音作りでこの辺も安心して聴く事が出来ます。  ただし、土(石)のアンプでは持ち味の柔らかさは出ないかも!  少し、大掛かりなシステムで余裕を持って再生したいところ...

 聴き流しても、お店で聴くような感じでBGMにしても良いのかなと思います。

 参加ミュージシャンは...

METTE JUUL/VOCAL・ACOUSTIC GUITAR
ABBROSE AKINMUSIRE/TRUMPET
NIKOLAJ HESS/PIANO
JOE SANDERS/BASS
RODNEY GREEN/DRUMS
MIKE MORENO/ELECTRIC GUITAR

となっています。

METTE JUUL
THERE IS A SONG
UNIVERSAL
UNI 4744866
2015年






[PR]
by moccinocraft | 2016-07-22 20:09 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

LPで持ってらっしゃると..
by moccinocraft at 07:39
LPで持っています。 ..
by gall_gall at 23:14
ジョージ・シェアリングは..
by moccinocraft at 12:26
私はジョージ・シェアリン..
by gall_gall at 11:34
南方向に行ったという事ね..
by moccinocraft at 12:05
 pin小学校の北の道を..
by kturabus at 23:55
高速代?っていうと縦方向..
by moccinocraft at 06:36
 本日、DEWIさんとF..
by kturabus at 00:35
色の具合がよろしいようで..
by moccinocraft at 20:38
ジャケットいいですね、ジ..
by gall_gall at 19:33

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ERROLL GARNER ①
at 2017-06-23 19:02
CANNONDALE
at 2017-06-22 19:56
MICHELLE WILLIS
at 2017-06-21 18:19
洗濯機の通風アダプタ
at 2017-06-20 17:56
THE PLATTER ②
at 2017-06-19 17:52

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧