<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

BARBARA PARIS

 本日購入の女性JAZZボーカル、デンバーで活躍中のBARBARA PARIS1996年のアルバム「DAY BY DAY」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)で聴きました。
e0272042_18485894.jpg
 これもDISK UNION JAZZ Tokyoのワゴンセール=OUTLETで購入しました。  こちらもお宝系で、ここでは言えない廉価で購入したものですが、コケティッシュな声のボーカルでいて、かつ味わい深いBARBARA PARISさんです。  さらにバックのサウンドもごきげんでこれは拾いモノ...

 ここで収録曲とパーソネル紹介。

1. I'LL REMEMBER APRIL
2. PARIS BLUES*
3. LIKE SOMEONE IN LOVE
4. DAY BY DAY
5. ACCENT ON YOUTH
6. COPACOBANA
7. BEAUTIFUL LOVE
8. GOOD MORNING HEARTACHE
9. TOO CLOSE FOR COMFORT
10. ROMANCE IN THE DARK
11. DEARLY BELOVED
12. NO VOOT NO BOOT

LLEW MATTHEWS/PIANO
JOHN B. WILLIAMS/BASS
ROY McCURDY/DRUMS
BARABARA PARIS/VOCALS

RICH CHIARALUCE/TENOR・FLUTE

で、*印はご本人作みたいです。

 自主製作盤らしいのですが、音はかなり良く所謂自主製作盤の領域を越えています。  惜しむらくは、この盤私が購入したため、DISK UNION WEB-SHOPでは売り切れ表示が出ていました...
e0272042_18490149.jpg
 中ジャケもこんなにシャレてます。  センスが良い!  でも、洒落ではございませんが、帰りの電車で扇子を落としてしまいました...(悲)4♡ 

 お薦め盤なんですけどねぇ~!

BARBARA PARIS
DAY BY DAY
PEREA PRODUCTIONS
CDBP003
1996年





[PR]
by moccinocraft | 2016-04-30 19:09 | JAZZ | Comments(0)

STAR WARS フォースの覚醒

 忘れていた映画鑑賞、ロードショーで「STAR WARS フォースの覚醒」を観ていましたが、kennoy-miniさんのレポートを読んだことで、てっきりブログアップしたつもりになってました。
e0272042_17094659.jpg
 そんな事も眼中になく、又しても近くのモールに行きHMVでポスターを発見して、思わずBLU-RAY+DVD+特典映像+おまけを注文しました。 
e0272042_17100368.jpg
 確かストーリーは、こうなってこうだよね。発売日が来るの、楽しみ!って、内容知ってるジャン!  知っているぐらいでなく、実際映画観たもんね~...  とすっかり大ボケかましてます。

 歳はとりたくない!!

 物語のイントロは同じですが、出てくる主人公他(ホカ)が居ない!  それに脇役も...  で、そうこうしているウチに追いかけっこになって、やっとミレニアム・ファルコン号が(ディアゴスティーにモックアップ(?)出してますねぇ)出てきます。  その後に話の流れから懐かしいメンバーの登場となりますね。

 次第にハン・ソロ、チューバッカ、レイア姫と出てくるわけですが、同前シチュエーションが変わっています。  そのため新しいダークサイドの宿敵が...

 その辺が、スターウオーズの宿命たるストーリー展開に至るわけで!  そうそう、この辺になると帝国軍では無くファースト・オーダーだとか...  食べ物かミュージックグループの名前か!と突っ込みたくなるところ!

 中略(まだB+D+特+おが発売されてないので控えめ露出)、色々とスペクタクル合戦が有り、最後は......となります。

 最後まで観て気付く事になりますが、その時点で次作放映決定(12月?)なんですよね~!  また観に行かなければなりません...

[PR]
by moccinocraft | 2016-04-29 17:38 | ムービー | Comments(0)

THE DAVE BRUBECK TRIO F/GERRY MULLIGAN

 本日のヒストリックJAZZ、THE DAVE BRUBECK TRIO FEATURING GERRY MULLIGANで1968年のアルバム「BLUES ROOTS」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(今日はMAIN AMP=SV-2(2007)、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_16272891.jpg
 実はこのアルバム、もう20年来探していてアナログ・レコード発売時も余りセールス的にかんばしくなかったように思います。  それがSONYのJAZZ-COLLECTION1000でやっと陽の目を見て、昨日HMVで見つけたのを速攻購入しました。

 DAVE BRUBECKのアルバムではNo.1と個人的に思っている1枚で...  (一般の方にはあまりお薦めできる1枚とは言えないのかも!)4♡ 

 それまでPAUL DESMONDとのカルテットでバンドを存続していたDAVE BRUBECK。  その蜜月関係を断ち切り、よりクールでハードなGERRY MULLIGANをバリトンサックスで迎え入れたのにはそれ相当の理由も有ろうかと思いますが、私はPAUL DESMONDの健康問題であろうと勝手に理由づけしています。

 いままでの変拍子シリーズから、よりダークなブルースチューンに移行するのは、クールの先のダークマター(???)。  

 その当時、多少暗かった青春を反映している様なダークなトーンに私も惹かれたわけですね。

 ここで収録曲紹介

1. LIMEHOUSE BLUES
2. JOURNEY
3. CROSS TIES
4. BROKE BLUES
5. THINGS AIN'T WHAT THEY USED TO BE
6. MOVIN' OUT
7. BLUES ROOTS

1. と5.はオリジナル作品ではありません、でもアルバムとしての統一感は外していません。  ただ、1曲目が始まると、GIBSONのEB-0を使用しているのではないだろうか?と思わずにはいられない、ミュートの効いたベースには戸惑いを隠せませんね。ピアノもホンキートンクチューンだし。  ライナーノーツを見るとFENDER BASSとありますので、恐らくプレシジョンベースだと思います。

 それに、4曲目はハープシコードを使っているかの様なバッハ的チューンですし...(実はこの辺が好きな理由だったりもします!)45ちゃM 
 でも、泣く子も黙る5.のエリントンチューンも良いですね。  本家とも違いますが、ごつい感じがまた良い!

 このアルバムからでしょうか、BASSがJACK SIX、DRUMSがALAN DAWSONに替っているので、全体の音色が変化しています。  少しモダンな感じになっていて、以前のGENE WRIGHT・JOE MORELLO組の昔のHI-FI的なサウンドとはかなり違いますが、どちらもその時のバンドなりの味。  こちらが良くて片方が悪いとは言えないのです...

 でも、誰が何と言おうと、このアルバムがDAVE BRUBECK=No.1!!なのです。(歳をとると頑固でいけません...) 

THE DAVE BRUBECK BAND FEATURING GERRY MULLIGAN
BLUES ROOTS
SONY(CBS)
SICP-4256
1968年





[PR]
by moccinocraft | 2016-04-28 17:30 | JAZZ | Comments(0)

カリフォルニア・ダウン

 本日のBLU-RAY+DVD、2015年封切のカリフォルニア・ダウンを観ました。
e0272042_18462287.jpg
 この手のスペクタクルものや戦争映画、アクション映画などは避けて通れないものが有ります。  今日も、少し離れたモールのHMVで目にとまり購入してきました。

 観出すとついつい引き込まれ、30分前に全編見終わったところろです。  内陸部で起こった地震が、カリフォルニア郡全体に広がって大惨事を起こすというもので、主人公は消防のレスキュー隊の隊員で、冒頭一人の女性を谷の切れ目から救出するところから始まります。  でも、これ自体は地震と関係無く、主人公では無いキーマンの地震学者がその研究中に遭遇した内陸部の地震が事の始まり。

 その地震学者が、大学の講義で実例を挙げているのが東日本大震災というのも生々しいところ。

 主人公の家族が登場して、色々なシチュエーションの元一旦ばらばらな地に別れますが、地震を機にそれぞれ助け合い最後は一緒になる(結末言っちゃった!?)というストーリーです。

 観ていて、色々なスペクタクルもの、それもサンフランシスコを舞台にした物とか、あるいは主人公が娘を助ける時に絡んでくるのが、離婚しかけの妻とその新しい男友達。  さらに、避難する際に偶々絡んでくる青年などが、何処かで観た映画の様な...

 例えば「96時間」とか「世界侵略:ロサンゼルス決戦」やら、「ダイハード」に「デイ・アフター・トゥモーロウ」だとか、色々な要素が見受けられますが、ただ単なるコピーモノでは終わっていません。

 何せ震度9.6という未曽有の大地震ですから、高層建物は殆ど崩壊し津波でひっくり返った豪華客船が高層建物に刺さっているし...  でも、地震の初期に起きたシーンで、断層で突然隆起した地面の断層面から地下鉄が飛び出てくるのにはびっくりしました!

 さらに、地震が連動して収まらないというのも、去年の映画ではありますけれど、何処か熊本地震を予期している部分も有り、娯楽映画とは言えない考えさせられるものが有りました。

カリフォルニア・ダウン
”SANANDREAS"
VILLAGE ROADSHOW PICTURES
WARNER BROTHERS
1000586586
114分
2015年





[PR]
by moccinocraft | 2016-04-27 19:21 | ムービー | Comments(0)

DORIS DAY

 本日の銀幕女性歌手、DORIS DAYのサウンドトラックを集めた1949~51年のアルバム「GREAT MOVIE THEMES」を、PC-AUDIO-SYSTEM(PRI=SUNVALLEY SV-20D、MAIN=SUNVALLEY SV-19D、SP=AUDAX+お出かけセットMINI)で聴きました。

e0272042_17500879.jpg
 今日聴いていてやっと気がついたのが、あれほど血まなこになって探していたTHE NORMAN LUBOFF CHOIRとの共演チューンが、4曲このアルバムに収録されていて、その変わらぬハーモニーを聴かせてくれた事です。(これだけでも買い!)44す 

 で肝心の収録曲

from TEA FOR TWO
1. CRAZY RHYTHM
2. HERE IN MY KNOW
3. I KNOW THAT YOU KNOW
4. I WANT TO BE HAPPY
5. DO DO DO
6. I ONLY HAVE EYES FOR YOU
7. OH ME! OH MY!
8. TEA FOR TWO

from ON MOONLIGHT BAY
9. MONNLIGHT BAY*
10. TILL WE MEET AGAIN
11. LOVE YA
12. CHRISTMAS STORY*
13. I'LL FOREVER BLOWING BUBBLE
14. CUDDLE UP A LITTLE CLOSER*
15. EVERY LITTLE MOVEMENT*
16. TELL ME

from MY DREAM IS YOURS
17. SOMEONE LIKE YOU
18. CANADIAN CAPERS(CUTTIN' CAPERS)

全て、GREAT MOVIE THEMESであると同時に、すでにスタンダードになってますよね。  *印がTHE NORMAN LUBOFF CHOIRとの共演チューンで、4曲のみですが心に浸み渡ります!

 今日の小さな発見、大きな収穫です。  いやあ、良かった!

DORIS DAY
GREAT MOVIE THEMES
PROMO SOUND AG
SAAR SRI
CD 60053
1949~51年



 



[PR]
by moccinocraft | 2016-04-26 18:15 | JAZZ | Comments(0)

携帯AV機器

 昨日突然、家人が買い物をしてきました。  それがこれ
e0272042_17353070.jpg
 一番左のCDラジオが該当機種で、ついでだから似たような機種を並べてみました。  全機種バッテリー駆動も可能です。  真ん中は、この中では古株の7.5インチ液晶TV、今時エライ日本製!(さらにエライのは、防水仕様)4す  右は以前紹介した唱歌ラヂオです。両側残念ながら中華製...

 で...
e0272042_17353396.jpg
 こちら裏側、左側単3電池6本(エラク無い!)、真ん中ニッカド充電池でそこそこOK!、そして右側4本だけど単2電池(少し省エネ、でも重い!)と共通性は全くありません。  一応メーカーは、左からSONY・PANASONIC・とうしょうとばらばらです。

 で、そもそも何故CDラジオを買うに至ったか?  それがですね、居間にあるCDラジカセ(カセットも入ります)がくたびれてきて、使っている本人が持っているアナログ・レコードもCDコピーしたいとのご所望で、とうしょうのオールインワン機器を物色してましたが、これが購入にイマイチ踏み切れないのです。

 そうこうしているウチに、某「咲いた♪咲いた♬」のグループのCDを常日頃聴いているのを、お勝手仕事の時も聴きたいとの事で、買い物のついでに購入してきたのが事の真相...なんですね。

 3機種とも、音に関しては聴く事ができる...ぐらいのレベルです。  でも、手軽さとしてはそこそこの使い勝手ではないかと感じています。 

 その手軽さ...(フリが違う?)すきよし 
e0272042_17353540.jpg
 唱歌ラヂオがプレイしてます、の表示です!  こちら、一日一膳ならぬ一日1/100曲プレイ中!!  チュー△□◎ならぬ、さくらでした。




[PR]
by moccinocraft | 2016-04-25 18:06 | AUDIO | Comments(0)

ERIN BODE 3

 本日の女性JAZZボーカリスト、4年ぶりぐらいの久々ERIN BODEの2008年のアルバム「THE LITTLE GARDEN」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)で聴きました。
e0272042_18161541.jpg
 ちょっと合ってないかな~(SYSTEMと)と思いながら聴いていました...  でも、段々合っているのかもと思って来て、以前は感傷的な音楽だなと思っていたのが、今回は綺麗な声のキャロル・キングかな?のノリ!(少しいいじゃん!)44♡  

 全て本人作の曲を紹介すると

1. NEW ENGLAND FRIENDS
2. CHASING AFTER YOU
3. SWEATER SONG
4. THE LITTLE GARDEN
5. BORN AT THE RIGHT TIME
6. IT'S ALL YOUR FAULT
7. SYDNEY COME DOWN
8. TWO
9. THE COLD WATER
10. OUT OF TIME
11. FENCES
12. GOODNIGHT

となりますねぇ、少々感傷的な味付けはありますが、牧歌的というかフォークソングとも違う独特の世界観があります。  ご本人のボーカルも熟成してますしね。

 2006年のOVER AND OVERのアルバムとバンドは殆ど替わりません。  ドラムだけですかね替わっているの、従ってサウンド的にもそれほど変化は無いのですが、却って1枚目のアルバムDON'T TAKE YOUR TIMEと、ガラッと人が入れ替わっているので、1枚目と2枚目の音楽の質の差が無いのが、逆に驚異的です。

 少しメッセージ性はありますが、それが心地よさを阻害している事はありません。  私にとってはある種の環境音楽、これもDISK UINON 大宮にてゲットしたウチの1枚!(まだ1枚残ってますよ...)会=嬉 

ERIN BODE
THE LITTLE GARDEN
NATIVE LANGUAGE
NLM-0972-2
2008年




[PR]
by moccinocraft | 2016-04-24 19:21 | JAZZ | Comments(2)

コーヒーの科学

 本日の読書、BLUE BACKS刊旦部幸博著「コーヒーの科学」を読んでいます。
e0272042_17075675.jpg
 コーヒー好きな私、朝のコーヒーは欠かさないのはもちろん、日に3杯は飲んでいます。  と言う事は、それほど飲んでいる訳でも無く、3杯のウチの2杯はインスタントなので、単にコーヒーを飲むのが好きなだけで、コーヒー道に凝っているというわけでもありません。

 良く、アメリカの映画に出てくる、朝コーヒーショップに行って25セント(昔の話で)コインを渡して、カウンターにコーヒーカップがトンっと置かれるイメージのコーヒーが飲めればな~...と思っているのです。

 従って、朝のコーヒーでも、挽かれているコーヒー粉をペーパーでドリップするだけ。  コーヒー指南にあるとおり、最初に蒸らすときは60%ぐらいお湯を注ぎ...  その時蒸れてコーヒーが膨らむ!  と言う事が、残念ながら全くありません。

 知り合いのコーヒー好きに聞くと、「泡付きで盛り上がるよ~」と答えが返ってくるので、タダタダうらやましいのです。(ただ単にコーヒーが古いのでは?と言う声も聞かれます。)良=好   

 というわけで、少しでも知識を取り入れて、蒸した時膨らむように!  との思いでこの本を買ってきました。  

 まだ半分まで読んでいませんが、読んでいる途中で思った事などをつらつらと。

 こちらの本でも原産はエチオピア辺り、という事で諸説ある中で大方の意見はこの辺りに集中しています。  そして、一世紀あたりに最初のコーヒーの起源が出てきますが、現在のコーヒーとは少し異なるもので、食用だったり飲み物として使うのに豆からではなく葉なども使っていたとの事。  また求婚の際のシンボルとして使ったりと、かなり現在とはかけ離れています。

 では、現在の形のコーヒーはというと、15世紀のイエメンで始まった儀式に使う物として発明されたらしいのです。  ちょっと端折った説明ですが、ここで出来たコーヒーの元祖がヨーロッパに伝わって行き、それが全世界に広がっていくというのが、かなり乱暴なあらすじ。

 この本からではありませんが、その後ヨーロッパに広がったことで、それまで昼食に飲んでいたワインやビール類のたぐいから、コーヒーを飲む事によって職人がシャキッとした事により、所謂産業革命が起こった!  と、何かのテレビ番組で観ました。

 そうそう、覚醒作用や利尿作用もあることから、コーヒーはその用途もありますよね!   その辺、コーヒーの主成分であるカフェインが作用するわけですけど、何やらコーヒーのカフェインとお茶や紅茶などのカフェインとは種類が違うそうです。

 さらに、何故カフェインがコーヒーに生成されるかというと、これがある種の防衛反応だそうで、コーヒーの木の下草はあまり生えない(ヒノキの下草が生えないのと同じ感じ?)やら、害虫駆除の効果も有るとか!

 と、ここまで読んでわかったことが、この辺まで。  まだまだ先に、美味しいコーヒーの入れ方やら色々と出てきますので、楽しみ楽しみ!!  別にレポートをするかも...

[PR]
by moccinocraft | 2016-04-23 17:59 | 食べ物 | Comments(2)

DINAH SHORE 17

 本日の女性JAZZボーカル、DINAH SHOREのアルバム「MOMENTS LIKE THESE 」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120)で聴きました。
e0272042_17324483.jpg
 実はこれ本モノ。  偽物はと言うと
e0272042_17324744.jpg
 これがそうです。  でも、2枚目は本モノの偽物でして、上のRCA物がオリジナルで、オリジナルにボーナストラック14曲(本体より多い)を付けてFLARE社から出したものが、この本モノの偽物なんですね!

 まんまとこれに引っかかって、DINAH SHOREの一番最初の回に取り上げてしまいました。  gall_gallさんが言われていた、ジャケットが綺麗!というのは、このRCA盤を指していたわけです。  今になって判りました。お恥ずかしい次第で... (FLARE社盤のCDラベルに、RCA盤ジャケットの写真が使われています...)4♡ 

 それで、両方のCDの収録曲を羅列すると

1. DEEP PURPLE
2. WHEN THE WORLD WAS YOUNG
3. MOMENT LIKE THIS
4. I'LL REMEMBER APRIL
5. THESE FOOLISH THINGS
6. I FALLIN LOVETOO EASILY
7. I LOVED HIM
8. WHAT'S NEW?
9. I CAN DREAM, CAN'T I?
10. NOW I KNOW
11. HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON?
12. SOMETHING WONDERFUL

ここまでFLARE盤、RCA盤はここまで

これからFLARE盤のみ

13. UNTIL
14. WEST OF MOUNTAINS
15. PRETTY MANDLIN
16. TEMPTING
17. THE STOWAWAY
18. I COULD HAVE DANCE ALL NIGHT
19. THE WHISTLING TREE
20. WHAT A HEAVENLY NIGHT
21. HEY, BABE, HEY!
22. DEALIN' THE BLUES
23. HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS
24. TILL
25. I'VE NEVER LEFT YOUR ARMS
26. THE SCENE OF THE CRIME

と、何処から集めてきたのでしょう? FLARE盤のボーナストラックにも、耳に残る名曲が入っています。  MOMENTS LIKE THESEはDINAH SHOREの代表アルバムだと思います。  オーケストレーションも良いし、しみじみと胸に浸透するアルバムだと思います。

 でも、お買い得感を除いて、やはりオリジナルのRCA盤を聴くべきだと思います。  若干、RCA盤のほうが音が良いように感じますので... 

DINAH SHORE
MOMENTS LIKE THESE
RCA
BVCJ-37246 (74321-14468-2)
1958年



[PR]
by moccinocraft | 2016-04-22 18:11 | JAZZ | Comments(0)

PC-AUDIO-SYSTEMの配置変更

 本日思い立って、机周りの配置変更=特にPC-AUDIO-SYSTEMをレイアウトし直しました。
 
 BEFORE
e0272042_17531760.jpg
 AFTER
e0272042_17532017.jpg
 間違い探し...?  判りますが?某ニ△リで3段の引き出しを購入し、最初、BEFOREの白い2段の箱と入れ替えて、セットしようとしたらどうしても機械が余ってしまいます。

 結局元に戻し、下の写真のように配置し直しました。

 ここまでなるのに、先ずPC-AUDIO-SYSTEMの配線を外し、SV-19D(上の赤と黒のコネクタが刺さっているメインアンプ)とSV-20D(ゴールドパネルのプリアンプ)、それにお出かけセットMINI(下の写真ではSV-20Dの右に置いてます)、そしてスピーカー2台を床に置きます。

 さらに、白い2段の引き出しの上のパインの棚(左の作りつけの書棚にネジ止めしてある...)を外し、と書くと簡単ですが、配線が20本ほどあるので、家の外から窓越しに作業しなければならないので、これはもう大変!

 結局、枠を構成していた縦のつっかえ板は使用を止め、青いスピーカーで支える事にしたのが下の写真の配置です。  SV-20DとSV-19Dを並べて置いたので配線が簡単になりました。  そして、その時にコードの接触不良にも気が付き、結果一石二鳥ですね。

 それに、お出かけセットMINIを隠していた唱歌ラヂヲ
e0272042_17532340.jpg
 居場所を確保しました。  でも、まだ一個居場所を探している物が残ってるんですけどね...

[PR]
by moccinocraft | 2016-04-21 18:56 | AUDIO | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24
 ご丁寧な説明ありがとう..
by kturabus at 01:01
基本的にスピーカーが8Ω..
by moccinocraft at 22:17
 スピーカーはトランペッ..
by kturabus at 21:51
勾配は間違いなく、十分に..
by moccinocraft at 07:28
 下水管はサブ管でも意外..
by kturabus at 00:06
LPで持ってらっしゃると..
by moccinocraft at 07:39

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ファイルボックス
at 2017-08-19 17:57
SARAH VAUGHAN ..
at 2017-08-18 19:17
オーディオラックの手直し
at 2017-08-17 18:17
RENEE TANNENBAUM
at 2017-08-16 18:01
パラサウロロフス
at 2017-08-15 18:17

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧