<   2015年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

アウトレットとコストコにお買いもの

 本日は切羽詰まってお買いもの、入間市の三井アウトレットパークと隣のコストコに行ってきました。
e0272042_16581230.jpg
 何時ものように駐車場はコストコで、始めはアウトレットに行ってお買いものをします。  店舗数にして10店舗ぐらい...  半分ウインドウショッピングで、ちょこちょことあまり値の張らないモノをお買い上げ!  小物でも袋が溜まって来ますので、一度私が車まで荷物を置きに行って、再度アウトレットに戻り昼食にします。

 面倒くさいので、フードコートで各自バラバラの食事。
e0272042_16581996.jpg
 私のパン食、朝もパンですからこれで2食目。  日本人だったらパンを食わんかい!(BY GHQ) で、完全な日本人です、ワタクシ!

 で、他の二人は...
e0272042_16582208.jpg

e0272042_16582484.jpg
 で、あれおかしいな?  二人とも米作農家出身なんだけど、お米が無い!
 
 まあ、細かい事は抜きにして、私は着ているモノが少しすすけてきたので...
e0272042_16582853.jpg
 実用1点バリで、化学繊維ウイックロンの長袖と半袖を購入。  これで屋根明後日の「山」に行く事ができます。(足の状態が良い限り...)

 そして、コストコに戻って来て...
e0272042_16583259.jpg
 こちらでは、もう直ぐ切らすであろう生活必需物資を購入。
e0272042_16583596.jpg
 一部、頼まれモノも有りますが、私の必需品はこれでお終い!  でも、同行者は二人でトランク1杯分買ってました。って、半分分けしてしまったので画像は有りません!
e0272042_16583999.jpg
 両方の施設でぐるぐる店舗内を歩き回ったので、休憩にと星乃珈琲でお茶をして帰宅。  でも、お目当ての店に行ったら定休日だったので、残念と言えば残念なのでした。




[PR]
by moccinocraft | 2015-04-30 17:29 | その他 | Comments(0)

THE REAL GROUP 6

 本日のTHE REAL GROUP、本気のスエーデン愛唱歌と民謡、そして民謡をベースに新たに作曲された曲を熱唱したアルバム。 これをSUB-AUDIOSYSTEMとPC-AUDIO-SYSTEM=おでかけセットMINI(SP=SCAN-SPEAK)で聴いています。
e0272042_17570729.jpg
 何時もの5人グループのジャケット写真では無く、指揮者ERIC ERICSONをメインに配しての気合の入れよう! 5人のコーラスグループにあえて指揮者は必要か?  の問いに、あえて指揮者投入というのはERICSONがスエーデン有数の指揮者であり、「伝統な作品であるからこそ、これらの作品から新しい何かを発見する必要が有る。」とTHE REAL GROUPは述べています。

 ERICSON自身も、「彼らの特別な音色を抑えつけずに。殆どの部分を触らずに済ませる。そして、可能な限りシンプルに、何よりも歌詞に寄り添って歌う事に努める。」と表明していて、シンプルどころか、かなり高度なハーモニーのアレンジを施していますが、それが聴いていて複雑・ごちゃごちゃになっているなんて微塵も感じさせられません。

 何時もの様な、ボイスパーカッションやドラムスに乗ったリズミカルな音楽はこのアルバムに限っては存在しません。

 あくまでも、「北欧の夏の香りがする」とERICSONも語っているように、アーシーで落ち着く歌集のアルバムとなっています。

 収録曲は

1. EN VÄNLIG GRÖNSKAS RIKA DRÀKT (SUMMARPSALM)
  馴染み深い豊かな緑(夏の讃美歌)
2. UTI VÀR HAGE
  僕らの森へ(ゴットランド島民謡)
3. AFTNEN
  この夕べ
4. I FURUSKOGEN
  松の森の中で
5. DEN BLOMSTERTID NU KOMMER
  花の季節がやってきた
6. SVERIGE
  スエーデン
7. GLÄDJENS BLOMSTER
  喜びの花束(ウップランド地方の民謡)
8. KUNG LILJEKONVALJE
  スズラン王
9.FÖRVÅRSKVÄLL
  春先の夕べ
10. DET IJUSNAR
  明るくなる
11. SOM STJÄRNAN UPPÅ1 HIMMELEN SÅ KLAR
  天上の星のように澄みきって
12. HÄRLIG ÄR JORDEN
  すばらしいこの地球は
13. I SERAILLETS HAVE
  ハーレムの海に
14. OCH JUNGFRUN HON GÅR I RINGEN
  そして王女は輪になって踊る
15. I DENNA IJUVA SUMMARTID
  この甘い夏の時期に
16. I HIMMRLEN. HIMMELEN
  天国に、天国に
17. OM ALLA BERG OCH DALAR
  すべての山や谷に
18. EN SOMMARAFTON
  ある夏の夕べ
19. LIMU, LIMU, LIMA
  リム・リム・リーマ
20. PINGST
  聖霊降臨祭
21. STJÄRNTÄNDNING
  星を灯して
22. STEMNING
  旋律(ステムニング)

の22曲です。  

 今までジャケット写真で購入するのを躊躇していましたが、それは間違いでした。  素晴らしいアルバムです。

THE REAL GROUP | ERIC ERICSON
STÄMNING
22 SVENSKA SÅNGER
SPICE OF LIFE
PBCM-61027
2002年





[PR]
by moccinocraft | 2015-04-29 19:20 | JAZZ | Comments(0)

昭和記念公園 初夏?

 本日は予定を変更して、昭和記念公園に行ってきました。(足が痛いのに...)
e0272042_18340804.jpg
 入口のイチョウ並木は、淡い新緑で良い感じです。  その先の噴水周りのツツジも...
e0272042_18341180.jpg
 咲き誇っています!
e0272042_18341366.jpg
 かなり先に行ったパンパスグラスの丘(?)はネモフィラの丘に変身!  これ、ひたち海浜公園のパクリでは...と心配しますが、何処かの芝桜と同じ解釈だと大丈夫なのかな?
 
 そこからみんなの原っぱに通じる池の周辺はチューリップですよね!
e0272042_18341647.jpg
 定番のチューリップ!  でも、ピークは過ぎているようです。
e0272042_18341975.jpg
 池の周りはモネの絵画に出てきそうな幻想的な感もあり、私の好きなスポットです。 

 そして!
e0272042_18342335.jpg
 昭和記念公園オリジナルのポピーに、通称この木なんの木?のみんなの原っぱ!

 この辺を歩いていくと、小腹もすいてきて...
e0272042_18342744.jpg
 日本庭園の呈茶につい寄ってしまいます。 本日のお菓子は「藤」だそうで、見事ですね。
e0272042_18343078.jpg
 普通ですと日本庭園の反対側に日光浴しているカメを撮影しますが、ありふれているので、かつ出口(日本庭園)にいるネコちゃん(小太郎君=私が勝手に命名)もいなかったので、裏手のこもれびの里まで足をのばし、睡蓮の葉っぱにも見える子ガメを撮影しました。  甲羅はすっぽんみたい!
e0272042_18343456.jpg
 こもれびの里の農家では端午の節句の飾り付けをしていました。  その辺ありふれていたので、長屋門のサイドビューをワンショット!  微妙な切り返しも有ります。

 この後、みんなの広場近くのレストランで食事。  そのまま園から退出して、何時ものケヤキモールまで足を運びました。

 で、これも定番、コクテル堂で珈琲とケーキ!
e0272042_18343616.jpg
 ラズベリーケーキとコロンビアですね。本日のコーヒーより64円ほどお高かったので、量も12%増し(?)  美味しゅうございました!!












[PR]
by moccinocraft | 2015-04-28 19:30 | その他 | Comments(0)

ONCE IN A BLUE MOON SING THE SONG OF ELLEN VANDERSLICE

 本日のJAZZ SONGS、ELLEN VANDERSLICEの曲を集めたアルバムをMAIN-AUDIO-SYSTEMで聴きました。
e0272042_18450542.jpg
 普通だったら、メインのパフォーマーが居て、色々な作曲家の曲あるいは本人の曲を演奏しますが、このアルバムは作曲家がメインで、色々なパフォーマーが集まってアルバムを成している、珍しいアルバムですよね...

 で、そのパフォーマー(ボーカリスト)から紹介。

AMANDAH JANTZEN=1
REBECCA KILGORE=2
MARILYN KELLER=3
NICOLE CAMPBELL=4
JOHNNY MARTIN=5

の5名です。ベテランから、?の無名の新人(?)まで、それ相当の実力者である事には間違いありません!

で。肝心の曲目。(パフォーマーをそれそれ表記してあります。)

1. ONE MINUTE MORE =1
2. MOONSHADOW DANCE =2
3. ONCE IN A BLUE MOON =3
4. COME ON BACK, ANYTIME =1
5. NOTHIN' BUT TIME =3
6. ALL I EVER WANTED =4
7. REFLECTION IN BLUE =1
8. TWILIGHT OF BLUE =5
9. LOVE TAKES A WALK =3
10. SUDDENLY =1
11.SOUVENIRS =3
12. IF I NEVER SEE YOU AGAIN=3

 基本はラブ・バラードな曲風です。  でも、8.はカントリーワルツで、多少のメリハリを出しています。

 サポートメンバーは...

MIKE HORSFALL/VIBES・PIANO
DAN PREALEY/UPRIGHT BASS
KURT DEUTSHER/DRUMS
LEE WUTHENOW/TENOR SAX
MIKE SNYDER/DRUMS・PERCUSSION
RANDY PORTER/PIANO
DAN FAEHNLE/GUITAR
PHIL BAKER/UPRIGHT・ELECTRIC BASS
RON STEEN/DRUMS
RANDY CANNON/KURZWEIL PC88・PIANO
DAVID EVANS/TENOR SAX

となっていて、こちらも曲に合わせてチョイスしてます。

 ELLEN VANDERSLICEご本人の曲にプロデュ-サーであるご本人が好きなミュージシャンとシンガ-を割り振っているアルバムですね、早い話が!

 基本ラブ・バラードですが、シンガ―の選び方にも出ているようにキレも追及してします。 と言いながら、ジャケットにも表れているように、ムーディーなアルバム作りからは離れることは有りません。

 ちなみに、このアルバム手に入れるのにMP-3しか無かったのですが、良~く探したらAUSTRIAで在庫が有りましたので、そちらから入手しました。

ELLEN VANDERSLICE
ONCE IN A BLUE MOON
PHD MUSIC
PHD 1013-CD
1999年





[PR]
by moccinocraft | 2015-04-27 21:05 | JAZZ | Comments(0)

坂戸山 (新潟県・六日町)


 本日の本格的登山、私の所属している山の会「さわやかハイキングクラブ」で。新潟県は六日町にある「坂戸山」634mに登ってきました。
e0272042_20315522.jpg

 関越トンネルを抜けると、そこは雪国だった。ではなく、雪が残っていた。で、バスの駐車場に着いた時にも、かき集められた雪が解けておらず、右側の2階建てバスの2階の窓の下側ぐらいの高さの雪が残っている始末です。
e0272042_20315710.jpg
 で、少し歩いて実質的登山口の鳥坂神社にある坂戸山地図を見てますが、地図上の青い真ん中の道が今日のルートです。
e0272042_20320056.jpg
 で、看板裏の登り口はご覧のように残雪景色で...
e0272042_20320215.jpg
 そこから少し登ったところは、お花見状態です。  平らに見えますが、結構な登り!  でも、この登りはまだ良い方だった!!
e0272042_20320477.jpg
 嵐の前の静けさで、カタクリの花も見頃です。(自生)
e0272042_20320712.jpg
 その先は階段だらけ、ではなく、殆ど階段で行程80分のところ2時間弱かかってしまいました。  そして、山に設置された階段の宿命である、とっても登りにくい階段なのです。これが...
e0272042_20320954.jpg
 ヒイコラ登っていくと、7合目を過ぎ、頂上が見えてきました。  でも、きついのは変わらず、ここから30分ほどかかったような気がします。
e0272042_20321122.jpg
 ゼエゼエ言いながら頂上に着くと、すでにお昼時間になっていて、弁当タイムの真っ最中。  私のシート(角材)もしっかり確保されています。  なんとかカッコミ、次峰に備えます。
e0272042_20321653.jpg
 こちらは次峰(大城)を目指して出発したすこしのところで、坂戸山(634m、そうスカイツリーと同じ高さです。)を振り返ったところ。  実城、富士権現社の坂戸山です。
e0272042_20321378.jpg
 そして、そこから20分ほどで大城に着きますが、銀(限りなくグレー)世界!そしてこの雪の下にかたくりの群生が鎮座まします。  でも八海山からグルっと360度の展望があり、絶景ですね。 でも、全部雪山!

 景色を堪能し、下に埋もれてるだろうカタクリを想像しつつ、ピストンで帰途に...
e0272042_20321809.jpg
 途中新緑の、このように美しい木々も有り、プチ森林浴です。 で、登りの半分ぐらいの時間で何とか平地に戻りました。
e0272042_20322198.jpg
 で、バスの駐車場に曲る先まで行くと、直江兼続公伝世館の桜も満開で、地元の方が花見に着てらっしゃいました。
そこからバス10分で神社仏閣に該当する、曹洞宗(禅宗)金城山雲洞を見学いたしました。
e0272042_20322457.jpg
 いやあ、634mの標高だったけど、きつかった!!  だ~れハイキングなんて言ったのは?!
















 

[PR]
by moccinocraft | 2015-04-26 21:27 | | Comments(0)

DINAH SHORE 7

 本日の女性JAZZシンガー(ポピュラーくくりなのかも知れません...)、DINAH SHOREのコンピレーション・アルバム「DINAH'S SHOWTIME '44-'47」をPC-AUDIO-SYSTEM(SP=PARC-AUDIO)で聴きました。
e0272042_18045228.jpg
 40年代ですので、その時代の標準=モノラル録音です。  当然ながら音場は狭くLOW-HIに聴こえますが、密度感があり声が散らないので聴きやすくなっています。

 収録曲は...

1. YOU'RE A BUILDER UPPER
2. CAN'T YOU READ BETWEEN THE LINES
3. SOMETIMES I'M HAPPY
4. LINGER IN MY ARMS A LITTLE LONGER, BABY
5. A RAINY NIGHT IN RIO
6. LAURA
7. JUST ONE OF THOSE THINGS
8. LOVE ME OR LEAVE ME
9. THE DREAMER
10. TALLAHASSEE
11. HOW HIGH THE MOON
12. NIGHT AND DAY
13. THE DIXIELAND BAND:BOTTON UP YOUR OVERCOAT
14. I'VE GOT THE WORLD ON A TTRING
15. THE WAY YOU LOOK TONIGHT
16. SMOKE GETS IN YOUR EYES
17. SHOO SHOO, BABY
18. YESTERDAY
19. THE MAN I LOVE
20. ZING! WENT THE STRINGS OF MY HEART
21. I'LL WALK ALONE
22. TESS'S TORCH SONG
23. LOVER COME BACK TO ME
24. GOTTA BE THIS OR THAT

と大詰めになってます。  これだけ収録してあると、題名だけで有名曲だなとピンと来るものや、聴いて、あの曲か!と膝を打つ曲も有ります。  ちなみに、18番のYESTERDAYはBEATLESの曲ではありません。

 これだけ収録してあるコンピレーションアルバムですと、これからDINAH SHOREを聴こうとする入門CDになりそうな気もしますが、どちらかというと2,3枚聴きかじった方向けと感じます。

 もちろん、JAZZというよりどちらかというとポピュラーのカテゴリーに含めたいアルバムですので、辛うじて入門のCDに入れても良いかな?という気にもなりますが...

 雑たくに、古き良き時代のオーディルズのアルバムとして楽しむには良いCDです。

DINAH SHORE
DINAH'S SHOWTIME '44-'47
HEP RECORDS(ENGLAND)
HEP CD45
1944~47年




[PR]
by moccinocraft | 2015-04-25 19:20 | JAZZ | Comments(0)

小さな小さな山の会の買い物

 本日のお買い物、先日の小さな小さな山の会では奈良倉山に登って来ましたが、その時メンバーのGRNさんが「靴があたってるみたい!」ともらしてましたので、今日その靴を買い換えるべく神保町まで行ってきました。

 お店の方が開店前だったので、先ずは喫茶店漁りにすずらん通り方面へ...
e0272042_17513677.jpg
 画像が又しても横倒しになっていて申し訳ありません...(今度は、横位置で撮影します!) 定番のミロンガ・さぼうる・喫茶エリカ・喫茶穂高などを見学だけ!

 喫茶店に入るには時間が無し、で、開店丁度の11時に「さかいや・シューズ館」へ直行!
e0272042_17522057.jpg
 店内二組目の客となり...
e0272042_17514143.jpg
 早速シューフィッティング。 多少外反母趾気味であるため、中敷きも併用してのシューズ選びで、大体この辺という大まかな靴の選択から約30分。 中敷きのチョイス2.3枚合わせてみてほぼ決まり。  でも、靴は一番大事なファクターですので疎かには出来ません。

 靴が決まったら、今度は13さんご所望のレインジャケット(軽)を選びに、「la la さかいや」に行きましたが、この辺からケツカッチンが入ってしまったので写真無し!

 比較的短時間で各々一着ずつ選んで、次はGRNさんがお友達に頼まれたトレッキングポールをと、エコーセンターに向いました。
e0272042_17521647.jpg
 こちらは、すで目星をつけていたので、モノの5分でダブルストックのバヨネット式2段のモノを購入しました。

 だいたいの今日のお買いものの予定が終了したので、お昼のお食事となります。  選択の余地なく、神保町カレーの店トップ3のトップ、スマトラカレーの「共栄堂」に向いました。
e0272042_17522213.jpg
 他の店は行列でしたが、共栄堂さんは並ぶ直前に列が出来てしまいました。  でも回転が速いので3分位待って着席出来ましたのでラッキー。  上の写真は、みんなおんなじビーフカレーです。  比較的辛め(私たちには)で、その辛さが残るかな?と思ったら、GRNさんと私は残らない。13さんは残る、と意見が分かれました。

 で。珈琲屋さんに行こうと思ってましたが、GRNがこの後仕事が有るために早目に撤収!

 でも、私が何も買っていない事に気づき、帰り道の文房具&画材やさん「TOOL'S」さんへ...  先日ここで買った「石膏デッサン入門2」のガチャポンが、殆ど男性の胸像だったので、リベンジにと早速300円を入れると...  出ません。  結局店員さんを呼んで7分ぐらい格闘しましたが、うまく働かないので結局ハンドルを回さす直接ゲット!  その効果が有って...
e0272042_17524425.jpg
 パジャントの女神像ゲット~!  故障が幸いして福となりました。(シークレットより嬉しかったです!)




[PR]
by moccinocraft | 2015-04-24 19:21 | | Comments(0)

GOLF GLE 1500

 過去の車シリーズ、その1。 順不同なっています(写真が見つかった順で)、通算3台目の車VOLKSWAGEN GOLF GLE 正確には1,475㏄だったでしょうか?4ドアのスライディングルーフ付ATです。
e0272042_17405554.jpg
 写真がボケボケですね、色はマラガレッドという静脈の赤ですね~。 その一つ前の車が同じGOLFのLSEの1,588㏄でしたが、早さは全く別物でGLEはのろいのろい!  LSEはその時分のホットチューン、GTIのデチューン版で、かつマニュアルトランスミッションなので早いのは当然です。  対してこちらは旦那モデルのオートマチックで、当時あちらではオートマチックという文化は無く、ATはアメリカ系という考え方でした。  そう言う事情なのでぬるぬると走っていたわけです。

 写真でご覧いただくと判るように、当時のバンパーは鉄にメッキが主。 この車はGOLF=ONEですけれど、TWOになるとやっと樹脂バンパーの出番になります。  ラジエターグリル廻りはノンオプション。 グリルの縁取りはGTIの赤、ただし自分でラッピングしてます。(この後、オプションで赤縁取りも売り出しましたが、確か1万円近くしたような...)

 さらに、VWマークも艶消しの黒に変更、これも艶消しスプレーで黒くしてますが、地がメッキなのですぐに黒が剥げてきますので、その度にスプレーしてました。これも、後ほどオプション販売の設定が...

 ドヤ顔で付いているのが、警察犬協会のホーローバッチ。  相当のワザトラマンですね。  でも、ボディデザインは当時泣く子も黙るジウジアーロ。  ウエッジシェイプ(くさび型)のボンネットがスラントしていて、「前が見えないよ~」状態になってます。  でも、前が見えないのではなく、ボンネットが見えないだけで路面はバッチリ見えてますので、初めて乗るとそちらのほうが却ってコワイ!

 さらに、このGLEからドアミラーになり、ホントの欧州モデルになりました。  でも、不評の三角窓はまだ採用されていて、どの車も三角窓が落ちてましたね~!(室内に)  何と言っても、ヒンジにあまり性能の良く無い接着剤で貼り付けですからね~!  と言いながら楽しい車でした、こちらは昭和53年から乗っていました。  当時希望ナンバー制度は有りませんでしたが、この車「は、ニクイ!」になってます。  調子に乗って、同時に乗っていた原付も「291」に合わせてました。

 今考えると、青春真っ盛りの若気の至りモデルです。


[PR]
by moccinocraft | 2015-04-23 18:27 | 乗り物 | Comments(3)

ELIANE ELIAS PLAYS JOBIM

 本日の女性LATIN-JAZZボーカリスト、ELIANE ELIASの1998年のアルバム「 PLAYS JOBIM」をMAIN-AUDIO-SYSTEMとPC-AUDIO-SYSTEM(SP-PARC-AUDIO)で聴きました。
e0272042_17494738.jpg
 何時も分類で困るELIANE ELIAS。  大きな分類ではJAZZにしておきましたが、今回は御大アントニオ・カルロス・ジョビンの曲集なので、殆どラテンですよね!

 でも、昔MTVで出てきた時はニューヨークのバンドで出ていたので、あくまでもJAZZに分類しています。  発表年も微妙なところの前世紀になってしまってますから、心なしか本人のボーカルも控えめ。(直接関係無いですねぇ...)

 で、ここで収録曲の紹介

1. GAROTA DE IPANEMA
2. SAMBA DE UMA NOTA SÓ
3. SÓ DANÇO SAMBA
4. ELA É CARIOCA
5. ANOS DOURADOS
6. DESAFINADO
7. FALANDO DE AMOR
8. SAMBA DO AVIÃO
9. A FELICIDADE
10. POR TODA A AMINHA VIDA
11. HOW INSENSITIVE
12. ESQUECENDO VOCE
13. POIS É
14. AMOR EM PAZ
15. MODINHA
16. CAMINHOS CRUZADOS
17. THE CONTINENTAL*

と殆どのジョビンの曲を出し尽くしてしまった感も有りますが、17は他人の曲です。

 本人の歌声を殆ど押さえた音作りと紹介しましたが、どんなもんかと音量を上げても、リズム隊の音量が上がったな、と感じられるだけでボーカルは浮き立ってきません...

 渋いと言えば渋い!  プロデュースも本人がしてますから、これは意図してのトータルサウンドと思います。  まあ、これはしっとりと聴くには良いと思います。  シャカリキなサンバも良いと思いますが、じっくり・しっとり・くっきりで、音の洪水に疲れた耳には良いですよね!

 それで、パーソネルは

ELIANE ELIAS/VOICE・PIANO
MICHAEL BRECKER/TENOR SAX
OSCAR CASTRO NEVES/GUITAR
MARC JOHNSON/BASS
PAULO BRAGA/DRUMS
CAFÉ/PERCUSSION

となってます。言わずも知れたMARC JOHNSONはELIANE ELIASの現在の旦那さんですが、ウイキで調べたら私と学年(て、言うのか?)が同じ!  さらに、ELIANE ELIASはウチの家内と同じ歳です。  彗星のように登場したELIANE ELIASも、もうベテランの部類に入っていたんですね。

ELIANE ELIAS
SINGS JOBIM
SOMETHIN'ELESE
TOCJ 85034
1998年









[PR]
by moccinocraft | 2015-04-22 18:58 | JAZZ | Comments(0)

JK の工作(?)その18 用具購入

 昨日JKの洗車用に踏み台・便利台を購入しました。  そして購入しに行く時、車がぬれて斑ルーフになったため、今日お披露目洗車(?)
e0272042_18532978.jpg
 右側がその購入したての「踏み台・便利台」。  説明書きが2枚入ってましたが、その1枚には『アルミ大型便利台』と表示。  どっちなんでしょうね?

 サイズは130cm×60cmで高さが80cmです。
e0272042_18533196.jpg
 以前購入したアルミ台が子供に見えます。  余りにも広い天板は、やはり落ちないための先の杖で、他の踏み台と決定的に違いますね。
e0272042_18533487.jpg
 一番最初のワンボックス車を購入した時に買ったのが、左側の背高のっぽで高さが更に高い90cmです。  屋根の奥の方まで手が届きますが、さすがに足元がおぼつかない! いつ何時便利台を蹴倒してしまうか、不安で使用していました。  これだけ揃えると、踏み台の移動なく天井の洗車ができます。

 ただ、上だけでは無くボディサイドも洗わなければならないので、一旦踏み台全部とっ払ってから洗車し、また、ふき取りとグリッター(ウチはワックスがけはコレ!)の各々でとっ払ったりまた設置したりと、大忙しです。

 新人「踏み台・便利台」君は、安定度抜群であっても、大きく重たいのでとっ払いが面倒です。  でも、安全の方が大事だからこれで良いかな!  出来れば230cmのが有れば一発で天井を洗えると思いましたが、そんな長いモノは邪魔なだけ...(足場パイプ用の踏み板には長いの、存在しますが~...)




[PR]
by moccinocraft | 2015-04-21 19:31 | 乗り物 | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

上野鈴本演芸場(小さな和の会)
at 2017-12-14 18:13
LAUREL MASSE
at 2017-12-13 18:56
奥武蔵・西川林業地ハイキング
at 2017-12-12 21:25
JULIE LONDON⑱
at 2017-12-11 18:13
サランネット工作(予告)
at 2017-12-10 08:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧