<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

MARY CHAPIN CARPENTER COME ON COME ON

 本日のカントリー女性歌手、MARY CHAPIN CARPENTERの1992年のアルバム「COME ON COME ON」をPC-AUDIO SYSTEMで聴きました。
e0272042_17564533.jpg
 ニヒル! 内容も劣らずテンション高いです。 元々WYNONNAのアルバムに収録されていて、かっこいいなと思っていた曲、このLPには入っていませんでした。

 どちらかというとロカビリー系でギターサウンド中心です。

 収録曲は

1. THE HARD WAY
2. HE THINKS HE'LL KEEP HER
3. RHYTHM OF THE BLUES
4. I FEEL LUCKY
5. THE BUG*
6. NOT TOO MUCH TO ASK
7. PASSIONATE KISSES*
8. ONLY A DREAM
9. I AM A TOWN
10. WALKING THROUGH FIRE
11. I TAKE MY CHANCES
12. COME ON COME ON

の12曲で、*印以外は本人の作。 ちなみにTHE BUGはMARK KNOPFLER、PASSIONATE KISSESはLUCINDA WILLIAMSの作品で、っと言っても、両曲もMARY CHAPIN CARPENTERの作品に聴こえてしまいます。

 本人ギターサウンドが大好きなので、本アルバムもギター炸裂! プロデューサーのJOHN JENNINGSのギターが至るところで活躍しています。

 他のメンバーは

ROBBIE MAGRUDER/DRUMS
ANDY NEWMARK/DRUMS
EDGAR MEYER/DOUBLE BASS
BOB GRAUB/BASS
J.T. BROWN/BASS
JOHN JORGENSIN/ELECTRIC GUITAR
DENNY DADMUN BIXBY/GUITAR
MIKE McADAM/ELECTRIC GUITAR
PAUL FRANKLIN/PEDABRO・PEDAL STEEL
MAT ROLLING/PIANO
JOHN JARVIS/PIANO
BENMONT TENCH/HAMMOND ORGAN
JON CARROLL/SYNTHESIZER

COUNTRY定番のメンバーや、今売り出し中のルーキーまで(当時)多彩なメンバーですが、音はまとまっています。

 BULEGRASS系に飽きた方や、最初からこちら系がお好きな方にお薦めの1枚! 楽しめます...

MARY CHAPIN CARPENTER
COME ON COME ON
COLLUMBIA
CK 48881
1992年




 


[PR]
by moccinocraft | 2014-10-31 19:07 | COUNTRY | Comments(0)

SWINGLE SINGERS

 本日のJAZZボーカルグループ、SWINGLE SINGERSの1969年のアルバム「AMERICAN LOOK」をPC-AUDIO-SYSTEMで聴きました。
e0272042_18120909.jpg

 どちらかというとCOUNTRY音楽のジャケットですが、「ダバダー、ダバダバ、ダバダー」のイメージが強い同グループのアメリカ風とは如何に?

 やはり1曲目から始まりましたね、「ダバダー、ダバダバ、ダバダー」。 それもチェイサーでのボーカリーズ。

 その1曲目からの曲は

1. COUNTRY DANCES
Arkansas Traveker
College Hornpipe
Devil's Dream
Old Zip Coon
Virginia Reel
Pop Goes the Weasel
2. WHEN JESUS WEPT
Canon
3. NEGRO SPIRITUALS
Joshua Fit the Battle of Jericho
Swing Low, Sweet Chariot
Little David
Deep River
4. PATRIOTIC SONGS
Dixie
Yankee Doodle
Batle Hymn od the Republie
5. HE'S GONE AWAY
Appalatian Folk
6. SAINTS FUGUE
based on"When the Saints Go Macnin' in"
7. STEPHEN FOSTER MEDLEY
Old Folks at Home
Beautiful Dreamer
Gamptown Races
8. PORGY AND BESS SUITE
a. My Man's Gone Now
b. It Ain't Necessarily so
c. Summertime
d. I Got Plenty of Nothin'
e. Bess You Is My Woman

の集合曲集です。 どれも懐かしい曲ばかりで聴き入ってしまいますが、全編ボーカリーズというのも飽きますね... たまには歌詞をいれてほしい。

 1曲目のCollege Hornpipeでは、「まっちゃんでべそのちゅうがえり」と大昔の死語を入れたくなるようです。(ウチの地元しかわからない)

 選曲自体良いのですから、もうひと工夫で単調な感じは回避できると思いますね。 ただ、どちらかと言えば芸術性重視なのかもしれません。

 この中のどれか1曲は、大昔の「11pm」の終曲に使われていたと思いますが...

SWINGLE SINGERS
AMERICAN LOOK
PHILIPS
982 620-1
1969年

[PR]
by moccinocraft | 2014-10-30 19:14 | JAZZ | Comments(0)

畑の土留 4

 昨日の作業、畑の土留が完成しました! 祝!
e0272042_17474846.jpg
 総竹筒数201本、昨日は35本延長2m30cmでした。

 完成側から見ると...
e0272042_17480595.jpg
 これで土の流出は防げるかな?!(細かい処は除いて)
e0272042_17482352.jpg
 始点からはこうなる!(あまり変わり映えしないか...?)

 竹筒埋設作業はそれ程の事は無かったのですが、
e0272042_17493853.jpg
 終点近くの土を(ブロック9個見えてるところが、土移設済みの部分です。)
e0272042_17485859.jpg
 奥に見える小屋の右側にこげ茶に見える部分に運びました。 道具はコレ!
e0272042_17491545.jpg
 ラジオフライヤーもどき(プラスチック製)にプラのコンクリ捏ね舟を載せたモノ。 つまり上の部分がダンプになるはずだったのですが...

 見事にもどきと一緒に転がる始末! その辺と、土を載せる際にスコップを使う、その時のすくう作業で腰が悲鳴を..........

 結局、30ダンプほど運搬して、現在も腰が痛い!(泣)

 今現在土を移設する作業が3/5ほど残っています。 そのためダンプカート(別名ゴリラダンプ)なるモノを密林商会に発注! 届いたらまたレポートしますね...







[PR]
by moccinocraft | 2014-10-29 18:15 | 工作 | Comments(0)

MICHAEL MARTIN MURPHEY COWBOY CHRISTMAS

 本日のCOUNTRY男性歌手、MICHAEL MARTIN MURPHEYの時節柄クリスマスアルバム「COWBOY CHRISTMAS」をPC-AUDIO-SYSTEMで聴きました。
e0272042_17525793.jpg
 時節柄と言いましたが、FEN(FAR EAST NETWORK)では、10月中旬からクリスマスソングを流していたように思います。 私としては1年中流してもらっても差し支えないので、抵抗が全くありません。

 むしろ、美しく楽しい曲が多いので大歓迎です。

 MMM(MICHAEL MARTIN MURPHEY)は一時凝って、数枚のLPと数枚のCDを集めました。 少し集めると必ずクリスマスアルバムのぶち当ります。 これはアメリカのミュージシャンなら必須の事で、多くのミュージシャンについてそれぞれのクリスマスアルバムが集まっていますが、このMMMのアルバムも楽しめるアルバムです。

 で、曲紹介

1. HEARD THE BELLS ON CHRISTMAS DAY/OLD TIME CHRISTMAS
2. JOLLY OLD ST. NICHOLAS/THE CHRISTMAS LETTER
3. THE DREAK OF THE LEATHER
4. CHRISTMAS ON THE LINE
5. SLEIGH RIDE/JINGLE BELLS
6. THE CHRISTMAS TRAIL
7. MERRY TEXAS CHRISTMAS YOU ALL
8. RIDIN' HOME ON CHRISTMAS EVE
9. CORN, WATER AND WOOD
10. THE COWBOY CHRISTMAS BALL
11. POLKA MEDLEY
12. CHRISTMAS COWBOY STYLE
13. THE SANTA CLAUS SCHOTTISCHE
14. TWO STEP 'ROUND THE CHRISTMAS TREE
15. TWO STEP MEDLEY
16. LOG CABIN HOME IN THE SKY
17. WALTZ MEDLEY
18. PEARLS IN THE SNOW
19. GOOD NIGHT LADIES/AULD LANG SYNE/THE CHRISTMAS DANCE

の大バーゲンです。 ただし1曲目と2曲目は有難くない語り付き!(勘弁してほしいなあ!ぁ、ぁ9曲目も入ってました...)

 続けてパーソネルも紹介

ACCORDION/JOEY MISKLIN
DRUMS・PERCUSSION/LONNIE WILSON
ACOUSTIC GUITAR/RANDY SCRUGGS
ELECTRIC GUITAR・GUT STRING GUITAR・ARCH TOP GUITAR・MANDLIN/STEVE GIBSON
PEDAL STEEL/SONNY GARRISH・BRUCE BOUTON
PIANO/CENNIS BURNSIDE
SYNTHESIZER/PHIL NAISH
ACOUSTIC BASS/CRAIG NELSON
-ELECTRIC BASS/DAVID HUNGATE
MANDLIN・FIDDLE/SAM BUSH
HAMMERED DULCIMER/ALISA JONES
CLAW HAMMER BANJO/VINCE FARSETTA
DULCIMER/DAVID SCHNAUFER
BANJO/CARL JACKSON

+VOCAL/SUZY BOGGUSS
その他のVOCALは省略しました。

 有名どころが入ってますが、E・BASSのDAVID HUNGATEやボーカルのSUZY BOGGUSSが色を付けています。

 MMMのボーカルは男性にしてはすごくソフトで聴きやすい。 語り付きの部分を除いて、お薦めのアルバムです。

MICHAEL MARTIN MURPHEY
COWBOY CHRISTMAS
WARNER BROS
9 26647-2
1991年




[PR]
by moccinocraft | 2014-10-28 18:52 | COUNTRY | Comments(0)

畑の土留 3

 一昨日の作業、畑の土留=竹筒編の3回目を行いました。 今回は延長6m59cm、92本で、さらに仕事量が多くなりました。
e0272042_17315946.jpg
 最初に完成図ですね。電柱まで1m72cm、電柱先27cmですので残ほぼ2m。 この先は端っこの土盛りが高いため、土を低いところに移動しながらの作業になるので少しお休みモード。
e0272042_17312340.jpg
 少し判りにくいのですが、コンベックスを2回に分けて測定。 こちらが始点です。

e0272042_17354389.jpg
 中間点で境界石が埋設してあるため、竹筒が回り道してます。
e0272042_17314436.jpg
これが、一昨日時点での終点。166本埋設しました。
e0272042_17320765.jpg
 こちらは、始めた位置から見た現時点での完成図。 一番奥のところの4m×14m×30cm厚の土を、どのように手前に移設するかが悩みの種です!!













[PR]
by moccinocraft | 2014-10-27 17:50 | 工作 | Comments(0)

Bang & Olufsen 電話機

 本日の宝探し、Bang & Olufsen BeoCom 1401 電話機を、とある部屋の作り付け家具の中から見つけました。
e0272042_18210364.jpg
 さすがデンマークが誇るGOODデザイン(これは日本審査か?!)、スタイリッシュです。そこそこの値段はするでしょうね...って、1回も使ったことが無く(所謂戴きモノです!)、というのも、ウチ昔からホームテレホンなので繋げません。(と、思う!) 有難く戴いて、家具の中の保管品となっていました。

 説明書き見ると、内部抵抗が323Ωあるので、線路抵抗状態によっては使用できない事がある、なんて恐ろしいことが書いてありますが...
e0272042_18211476.jpg
 こちら操作面。キーボード配列は殆ど変わらないと思いますが、電源無いのにメモリーがある? さらにフックはボディ横に飛びだしスイッチがあり、スタンドにおさめると、ボディ幅がスリットの幅と同じであるのでフックがかかるという指向で、機構的には良くできているけど何か馴染めないところもあります。

e0272042_18212364.jpg
 さらに、壁掛けハンガーも付属。 どちらもモジュールはスタンドから生えているわけでなく、モジュラー・ジャックから直取りです。

 プラスチックの質感はそこそこで、日本製に迫る仕上がり。(made in Japanだったりして...)

 でも、どうしてもハンガーから結線してないと何処か間抜けに見えますよね?
e0272042_18213445.jpg
 システムが入っていた包装箱。 良く見るとスタンドの表示が... 本体の箱の記憶が無い!

 さらに不思議なのは、スタンドにはmade in denmarkの表示が有りますが、本体には日本Bang & Olufsenのシールが貼ってあるだけ。 良く判らないことだらけです。
e0272042_18214291.jpg
 最後に使用説明書と(壁掛けホルダーのもアリ)、抱き合わせの弊社のカタログという附属内容物です。  

 このBang & Olufsen、電話に繋がない(繋げない?)けど、机の飾りとして置いてあります。 何と言っても仕事場を兼ねていますので...










[PR]
by moccinocraft | 2014-10-26 19:51 | その他 | Comments(0)

DIANA KRALL 3

 本日の女性JAZZプレイヤー、DIANA KRALLの1995年のアルバム「ONLY TRUST YOUR HEART」をPC-AUDIO-SYSTEM(ELECTRO VOICE 205-8A TWIN)で聴きました。
e0272042_17515314.jpg
 ジャケットは完璧ですね。2NDアルバムですから、この辺はぬかりなく製作していると思います。 先日の「THE VERY BEST OF 」は10枚目に当たりますが、2NDアルバムからの収録はありません。 同じ日に購入しているので、その辺は被っている曲が無く、逆にラッキーだったと思います。

 で、こちらの収録曲は

1. IS YOU IS OR IS YOU AIN'T MY BABY
2. ONLY TRUST YOUR HEART
3. I LOVE BEING HERE WITH YOU
4. BROADWAY
5. FORKS WHO LIVE ON THE HILL
6. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
7. SQUEEZE ME
8. ALL NIGHT LONG
9. CRS CRAFT

の9曲ですが、よくカチ合わなかった...

 でもって2NDアルバムから、TOMMY LIPUMAがプロデューサーになっている関係上大モノサイドメンが付いてます。

RAY BROWN/BASS
CHRISTIAN MCBRIDE/BASS
LEWIS NASH/DRUMS
STANLEY TURRENTINE/TENOR SAXOPHONE

という顔ぶれ。 さすがのDIANA KRALLも幾分緊張気味でしょうか、でも、いつものやぶにらみ歌唱は健在です。

 PIANOもクッキリ・すっきりで、1曲目からボーカルがブルースしてるし、ご機嫌なアルバムであることには間違いありません。 このPIANOは誰のスタイルを踏襲しているのでしょうか? 確か、バークリー音楽院では小曽根真が同級生(?)だったとか... そのへんの影響はないのでしょうが、何処かで聴いた事のあるスタイルであり、そうでも無い気もするし。 もう少し他のミュージシャンも聴いてみてから見解を出しましょう!(そんな偉そうな!?)

 

 何処かELIANE ELIASと似たところがあるDIANA KRALL。 これからもとんがったプレイを沢山聴かせてほしいものです。

DIANA KRALL
ONLY TRUST YOUR HEART
GRP RECORDS
GRD-9810
1995年





[PR]
by moccinocraft | 2014-10-25 19:12 | JAZZ | Comments(0)

畑の土留 2

 本日の作業、午前中は庭の樹木の選定をして、午後は先日の続き竹を使った土留の施工をしました。
e0272042_17510684.jpg
 こちらが先日終わったところの写真で、33本2m87cmでしたが...
e0272042_17511582.jpg
 こちらが本日の成果、コンベックスのボディが乗っている竹が先日までの分。 今日は74本5m70cmになり、コンベックスが振り切っています!

 全体を見ると、先ず旧。
e0272042_17514639.jpg
 申し訳程度に左は時に生えています。

 でもって、本日は...
e0272042_17521065.jpg
 旧が、グリーのバケツのあるところで、新の位置はというと、遠くの電波塔の位置まで来ていますね。 これでも半分までは到達していません。

 後120っ個ぐらいでしょうか、あと35個ぐらいの在庫はあったのですが、午前中の樹木の剪定が無ければその分の埋設はできました。

 でも、ここで無理すると後が怖いので今日はここまで...

e0272042_17522044.jpg
 ここまで行けば自己満足できるレベル(本数が)だと思います。 写真の折れ曲がっている先のまっ直ぐの部分は、一番手前に写っているロングU字溝と同じ部材に竹が接している場所で、そこからは道路側の保持は要らなくなりました。

 そのため根入れは30cmぐらいで済むため、施工性が楽になり。 以前は1本1本ホルダーで個別の穴を開けていたのを、その先は、同じホルダーで掘るのは同じにしても、10本位まとめて掘って作業をしたので、捗る々々!最後の17本ぐらいは連続埋設です!

 また、竹を切りだめしとかなければ!!





[PR]
by moccinocraft | 2014-10-24 18:49 | 工作 | Comments(0)

DINAH SHORE 5

 本日の女性JAZZシンガー、DINAH SHOREの1946年~50年までの曲を集めたアルバム「LAVENDER BLUE」をメインシステムで聴きました。
e0272042_19115233.jpg
 出ました、ブロマイド系写真。というより絵画に近いですね。 このCD、実質的にはコンピレーションアルバムですから、タイトルは取って付けた様。 さらに日本版は+5曲ですので、ますます懇意レーション化しています。

 同一プレイヤーを複数枚買う者としては、有難いようで有難くない増曲化! あれ、何処かで聴いたCDだぞ、と思ったら数曲被っていただけだったりして、紛らわしい事この上ないのです。 で、DINAH SHOREに戻って... 前々から。DINAH SHOREはJULIE LONDONなどと同じく、ハスキーボイス(当時は流行っていたのでしょうか?)を売りにアルバムを増産にていた歌手で、LONDONとかなり似ています。

 その上、当時のスタンダードの有名モノは数が限られており、当然被った選曲が多くなることがあり、あれ、この二番歌い方が変化しているぞ。 と思ったらLONDONとSHOREの違いだったりして、この辺のところもさらに紛らわしい!!
 
 でも、微妙な違いでもファンにとっては、その辺比べるのも嬉しいモノ... さすがにジャケットの容姿は違いますが!!

 て、曲目紹介

1. LAVENDER BLUE
2. LAUGHING ON THE OUTSIDE
3. IT'S EASY TO REMEMBER
4. LITTLE WHITE LIES
5. COME RAIN OR COME SHINE
6. ANNIVERSARY SONG
7. GOLDEN EARRINGS
8. YOU'LL ALWAYS BE THE ONE I LOVE
9. FOREVER AND EVER
10. THE GYPSY
11. A WONDERFUL GUY*
12. YOU KEEP COMING BACK LIKE A SONG*
13. YOU CANHAVE HIM*
14. THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE*
15. SO IN LOVE*

の10曲が「 LAVENDER BLUE」アルバムです。*印の11曲~15曲が日本盤のおまけになっていて... ⑬と⑭の2曲がゲスト出演ナンバーであり、⑬はDRIS DAYが参加。あまり有名人が集まってしまうと、何故か有難味が薄れるような気もします。

 主体がオーケストラの伴奏なので、あまりJAZZ寄りと思えませんが、中には純粋なカルテットの伴奏も有ったりして、最初から企画モノとは言え、楽しめるアルバムとなっています。

 音は、40年代のモノもあるので、当然モノラル。 見事に真ん中に音が集まっていますが、団子にはなっていません! 1曲目から、まるで戦時中の映画のサントラの様。 でもあながち外れているわけでは無く、ディズニー映画の挿入歌(歌っているのは別人)だそうです。 華やかしきモノラルの世界で、サックスソロなどは超近接プレイを聴くことができます。

 映画音楽(トーキー)にミュージカル。 6曲目は、あの「ドナウ河のさざ波」ですよね。こちらも名曲!DINAHの泣きの歌唱を聴くことができます。 8曲目は何とエコー付きです。 

 懐かしさ70%渋さ50%華やかさ60%で聴くことができる180%楽しめるCDでした。

 私にとってこのCDのベストワンは、12曲目の「YOU KEEP COMING BACK LIKE A SONG」でしょうか?! 聴いていて、心の琴線にチチッと触れています。

DINAH SHORE
LAVENDER BLUE
CS RECORD
XQAM-1069
1946~50年




 


[PR]
by moccinocraft | 2014-10-23 20:26 | JAZZ | Comments(0)

老舗百貨店「高島屋」

 昨日の前半のお話、家人と義理の妹3人で日本橋高島屋に行ってきました。

e0272042_18585108.jpg
 高島屋といえば有名なのは、建物とエレベーターですね。 OTIS製の古式ゆかしいエレベーターに乗るのは、子供の頃デパートに行って最初のカルチャーショックがこのエレベーターですよね。

 何処か機械油と大人の匂いが混じり、子供心にも都会の体験のおすそわけ... その昔のままのエレベーターがここでは味わえます。 アメリカのOTIS社が日本的なとあつらえたのか、天井周りのふちどりは何故か中華模様!(ラーメンどんぶりの縁と同じすね。)


 無粋な今時の鉄板2枚のガードとは違い、蛇腹の真鍮モノのガードでアメリカ映画を見ている様! これだけ見ていても飽きません。各階側のガードは3連ベージュ色のスライドドアで、ガラスのふちどりには雲が付いてます。 


 外のインジケーターは半円分度器型ではありませんが、それでもレトロチック... 床はレッドカーペットならぬPタイルです。今時、何処の家庭でも使っていませんが、このエレベーターで使っているとすごく高級なモノに見えますね。

 昨日はこのエレベーターが目的では無く...
e0272042_18591031.jpg
 こちらの皇室80年の歴史、天皇・皇后傘寿にまつわる展覧会をやっていたので、老練の方々にまじって見学です。(私もその老練なんですけどね...) 

 上の写真は、1Fの正面玄関の入ったところにドーンと設置された、皇后様愛用の品々。 沈金仕立ての国産アップライトピアノに、縦型ハープそして譜面台だそうで... 譜面はmozartが乗ってました。

 
 特設会場では、ゆかりの品々2割、掲示物8割ですが百貨店の展示物としては結構ボリュームが有り、さすが皇室関連のTV番組を包している高島屋です。

 さわりをちょっと

e0272042_18592555.jpg
 掲示物は結構面白いモノが有ったのですが、あまりネタばらしするとその筋からおしかりを受けることとなりますので、ここまで! 今月27日まで開催されているそうです。

 速歩で会場を廻って、今日のメインイベントのお食事です。 私は別の場所でお買い物が有ったので、急かしてB2の「AL PORTO CAFE」へ。
e0272042_18593812.jpg
 こちらは、セットの前菜、結構贅沢な食材を使ってますのでお得なメニューなのかもしれません。 自分では食べてないので、説明をうわの空R¥で聞いてましたが、一番手前はイベリコ豚の生ハムだそうです。
e0272042_18595509.jpg
 で、私のメイン、ミートソース系です。 パスタは細麺、オリーブオイルの香りが生きていて合い挽き(かな?)のお肉が絶妙です。 不満を言うなら、ミートソースのきめが細かくて歯に詰まったことぐらい! とても美味しゅうございました。
e0272042_19000680.jpg
 こちらは、私が頼んでいないデザート(ドルチェとw表示されていた)。 特に果物系が美味しかったと報告が有りました。
e0272042_19001938.jpg
 そして、何が無くとも江戸「コーヒー」です。 ブレンドですが、若干エスプレッソ気味。 美味しゅうございました。 この後は、山用品を購入に一人で別行動に... レポートできれば報告いたします。



[PR]
by moccinocraft | 2014-10-22 19:50 | その他 | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

LPで持ってらっしゃると..
by moccinocraft at 07:39
LPで持っています。 ..
by gall_gall at 23:14
ジョージ・シェアリングは..
by moccinocraft at 12:26
私はジョージ・シェアリン..
by gall_gall at 11:34
南方向に行ったという事ね..
by moccinocraft at 12:05
 pin小学校の北の道を..
by kturabus at 23:55
高速代?っていうと縦方向..
by moccinocraft at 06:36
 本日、DEWIさんとF..
by kturabus at 00:35
色の具合がよろしいようで..
by moccinocraft at 20:38
ジャケットいいですね、ジ..
by gall_gall at 19:33

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ERROLL GARNER ①
at 2017-06-23 19:02
CANNONDALE
at 2017-06-22 19:56
MICHELLE WILLIS
at 2017-06-21 18:19
洗濯機の通風アダプタ
at 2017-06-20 17:56
THE PLATTER ②
at 2017-06-19 17:52

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧