<   2014年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ROBERTA GAMBARINI

 本日も女性JAZZボーカリスト、ROBERTA GAMBARINIの「LUSH LIFE」を聴きました。
e0272042_19051164.jpg
 「LUSH LIFE」の名曲をHANK JONESのピアノ1台のバックで歌い上げるROBERTA GAMBARINIはもうベテランの域ですが、今時の女性JAZZボーカリストはかなりの数の新人が出ていますのでうかうかしていられません。

 幸い、特徴ある歌声なので競争相手というかバッティングする歌手はいませんが、多少似ているという人は数人見かけます。 おちおちしてはいられませんよ...

 早速、収録曲を紹介しておくと

1. YOU ARE THERE
2. I'LL BE TIRED OF YOU
3. WHEN LIGHTS ARE LOW
4. DEEP PURPLE
5. REMINISCING
6. SUPPERTIME
7. JUST SQUEEZE ME
8. SOMETHING TO LIVE FOR
9. STARDUST
10. LUSH LIFE
11. SKYLARK
12. BODY AND SOUL
13. COOL BREEZE
14. LUSH LIFE

でもって、12~14はライブで

GEORGE MRAZ/BASS
WILLIE JONES Ⅲ/DRUMS

が付きます。 トリオもあったんですね~。

 HANK JONESのピアノもニューオリンズスタイルで、とてもゆったりとROBERTA GAMBARINIをアシストしていますね。 選曲自体もはずしていません、当代の名曲ばかりです。

 ただ。一つ苦言を言うと、名曲ばかりなのは良いのですが、ソロピアノに近い伴奏がROBERTA GAMBARINIと2人きりという関係と、彼女の個性的な歌声であるいみ全てROBERTA GAMBARINI色に染まりきってしまって、若干単調的にも聴こえなくないところがあります。

 これは、何回も聴いて重箱のすみを掘り返す様な聴き方をしているからであって、けっして褒められるようなことではありません。 普通のリスナーの方は、スマートでかつ情感的。 そして何よりも温まるその歌声に魅了されるのではないでしょうか?!

 でも、アルバム的に普通のピアノトリオのアルバムの方が聴きやすいのかもしれません。

ROBERTA GAMBARINI
LUSH LIFE
55RECORDS
FNCJ-5519
2005年

PS:明日は泊まりで新潟県にいきますので、ブログはお休みです。




[PR]
by moccinocraft | 2014-08-30 20:53 | JAZZ | Comments(0)

ROSEMARY CLOONEY (AD)

 本日の女性JAZZボーカリスト、御大ROSEMARY CLOONEYの「ROSIE'S GREATIST HIT’S」アナログアルバム、そのCDコピー版を聴きました。
e0272042_19003536.jpg
 JAZZと分類しましたが、トーチソングでもありポピュラーなスタンダード(同じ様な言葉が重なっていますが...)に分類しましょうか? オーケストレーションが主体なのであまりJAZZとは言えないのかも。

 以前DEBBY BOONEのところで紹介したように、ROSEMARYはDEBBYの義理の母親です。 さらに、そのDEBBYのアルバムの最後の曲ではROSEMARYの歌声が聴こえます。

当アルバムではジャケットにあるとおり

1. MIXED EMOTIONS
2. THIS OLE HOUSE
3. TENDERLY
4. BEAUTIFUL BROWN EYES
5. BOTCH A ME
6. HEY THERE
7. WHY DON'T YOUHAUL OFF AND LOVE ME
8. MAMBO ITALIANO
9. COME ON A MY HOUSE
10. HALF AS MUCH
11. I COULD HAVE DANCE ALL NIGHT
12. BLUES IN THE NIGHT

の当代の名曲を集めていますが、当時流行っていたMAMBOあたりは、今の時代にはそぐわないのかもしれません。

 面白いのは、前出のDEBBYのアルバムで1曲「YOU ARE THERE」を歌っていて、それなりに加齢はありますが、このアルバムを聴いているとその1曲に至る過程がありありと判ることです。 なかなかこのアルバムでは押し出しの強い曲やら、落ち着いた曲も有りバラエティに富んでいますが、ボーカリストとしての外してはいけない線はピシッと通しています。

 声はそれほど高い声では無く、アルトまではいかないにしても少しハスキー系だあることは間違いありません。 パンチが必要な時には声が割れることも無く、メロディアスな曲では中音域を生かした、少し厚みのある声で彼女ならではという個性は有りますが、その個性が邪魔になっていると言うわけではありません。

 9曲目のCOME ON A MY HOUSEでは、スインギーなハープシコードが有名な彼女の持ち歌で、これぞROSEMARY CLOONEYと言える曲ですね。 かなりトリッキーな曲なんですが、親しみやすい曲です。

 コンピレーションアルバムなので、音については色々なバリエーションがあり、統一感には薄れてますが、兎に角ガツンと来るサウンドで楽しいですね。

 ROSEMARY CLOONEYで1枚と言うのなら、このアルバムでしょう! (これ以外持ってませんが...)

ROSEMARY CLOONEY
ROSIE'S GREATIST HIT’S
CBS SONY
22AP2414






[PR]
by moccinocraft | 2014-08-29 19:40 | JAZZ | Comments(0)

盲導犬オスカーの受難

 ここのところ、さいたま市在住の全盲の男性の盲導犬オスカーが、男性の職場に向うため浦和駅より東川口駅まで電車に乗ったが、その途中で腰のあたりを刃物らしきもので刺されたとのこと。

 男性の職場に着いた時、職場の同慮がその傷を発見して初めてそのことが分かったが、刺された時にオスカーは鳴き声を出さなかったらしく、極めてその優秀さが分かったが、同時にあってはならない事であり、極めて悲しいことである。
e0272042_20360259.jpg

                 (画像お借りしています。)

 見てくださいよ、このけなげな姿! こんなに一所懸命ご主人のために尽くしているのに、それも愛玩動物であることを心の中に仕舞って盲導犬しているのに刺すなんて、むごすぎる!

 世が世ならばウチ首獄門ですよ、絶対犯人を捕まえてその償いをしてもらいたい! もし私がその裁判の裁判員制度の裁判員になったら、求刑に対し+アルファで回答したいと思います。 人間と犬とのサイズを比較すると、それこそ「倍返しだ!」でも良いと思いますね。

 ほんと、ニュースを見ていて涙が出てきた一件でした...

 

[PR]
by moccinocraft | 2014-08-28 20:57 | その他 | Comments(0)

PAUL DESMOND TAKE TEN

 本日のJAZZ、PAUL DESMONDのソロアルバム「TAKE TEN」を聴きました。
e0272042_18414384.jpg
 いきなり出ました、アンデイ・ウオフォールでは無いと思います。DAVE BRUBECKのカルテットとは別の活動として、このRCAのアルバムを出していますが、タイトルから判るようにBRUBECKの「TIME OUT」のアルバムのヒット曲「TAKE FIVE」のアンサーソング(になるのかな?)。 とまで行かないにしても、5拍子に対して10拍子と考えてもその倍数ですので、あまり変化することなく同系列の曲になってます。

 このアルバムの最初の曲ですので、いやがおうにも目立ちますが、BURUBECKがJIM HALLのギターに替っても伴奏はどう聴いても同じ様! さらに、途中のギグは「TIME OUT」に入っている「トルコ風ブルーロンド」から引用したと思えるフレーズもちらほら聴くことができます。

 1959年の「TAKE FIVE」から4年経っているこのアルバムですが、この「TAKE TEN」にはEUGENE WRIGHT/BASSが参加。 それゆえサウンドはさらに酷似しています。

 でも、特筆すべきはその録音で、極めてクリア! さらに甘美なPAUL DESMONDのアルトサックスの音色を際限なく拾っていますので、ファンとしては嬉しいところ。

ここで収録曲を列記すると

1. TAKE TEN
2. EL PRINCE
3. ALONE TOGETHER
4. EMBARCARERO
5. THE THEME FROM BLACK ORPHEUS
6. NANCY
7. SAMBA DE OROHEU
8. THE ONE I LOVE BELONGS TO SOMEBODY ELSE
9. OUT OF NOWHERE
10. EMBARCARERO(ALTERNATE TAKE)
11. EL PRINCE (ALTERNATE TAKE)

で、この当時流行っていたラテン(特にSAMBA)のリズムのモノが目立ちます。

その他参加ミュージシャンは

GENE CHERICO/BASS
GEORGE DUVIVIER/BASS
CONNIE KEY/DRUMS

となり、特にBASSについて試験錯誤の採用(?)をしていたのでしょうか... この頃からGEORGE DUVIVIERは活躍していたんですね!

 何時ものPAUL DESMONDのクールで甘美な音を聴きたい方にピッタリな1枚だと思います、このアルバム...

PAUL DESMOND
TAKE TEN
RCA
09026 68690-2
1959年

[PR]
by moccinocraft | 2014-08-27 19:32 | JAZZ | Comments(0)

研修旅行 (横須賀)

 本日、私の所属している団体で横須賀に研修旅行に行ってきました。
e0272042_20134182.jpg
 午前中、バスの車内で研修DVDを見て、その後テスト。 60点以上の人が城ケ島にてお昼を食べることができ、その後横須賀に移動して先ずはこの三笠公園の三笠丸を見学します。

 その後、どぶ板通りを歩いて、本日のメインイベント「軍港めぐり」の舟に乗ります。
e0272042_20135701.jpg
 先ずは、修理の養生中のイージス艦を見ます。結構モノモノしいですよね。 それから
e0272042_20140921.jpg
 殆ど見ることができない、現行潜水艦の水上走行風景です。 そして
e0272042_20141864.jpg
 こちらは新型潜水艦。 観れてラッキー!

 ラッキーと言えば、前回は観ることのできなかった空母ジョージ・ワシントン! 
e0272042_20142818.jpg
 デッキの少し後ろにF-18が見えます。 全長333Mでスカイツリー...ではなく、東京タワーとほぼ同じ。
e0272042_20143750.jpg
 こちら、イージス艦・イージス艇・補給船と揃い踏み。
e0272042_20144864.jpg
 最後はドライデッキに乗る軍艦。

 今日は、本当に色々な船舶を観ることができました。 港を一回りしていくうち、雨は1滴も降らずの嬉しい誤算でした。

 楽しかった!(小学生の絵日記風)








[PR]
by moccinocraft | 2014-08-26 21:38 | 乗り物 | Comments(0)

JANSJÖ

 先日の立川で、メインのIKEAで買い物をしたことをここで触れました。 そして、今日はその主な目的である照明器具の「JANSJÖ」を取り上げてみたいと思います。
e0272042_18271100.jpg
 こちらが主に買ってきたもので、この他に衝動買いの子供向けテント(カワイイ系)なども有るのですが、今日の主題からはすれますので、画像無し! 下の箱二つが
JANSJÖ=ヤンソー(だそうです=一昨日の表現は間違い!)で、左がスタンドタイプの右側がクリップタイプで両方とも1,327円(税込・現在価格)です。 そして両方ともグースネック仕様です。

 クリップタイプは結線1箇所ですが...
e0272042_18272391.jpg
 スタンドタイプはプラスティックのベース(左下)にオモリ(右下)を嵌めこみ、そこにグースネックの長ナット部を差し込んでネジ止め。 そしてオモリにクッション(プラスティックのベースの下に挟まっている黄色のシート)を貼り付けて、最後にACアダプタにコードを差し込んで終了となります。

 で、点けてみると...
e0272042_18273255.jpg
 LED3灯そろいぶみです、若干暗いのですが、このLED灯はどちらかと言うと手元スポット用で、恐らく1Wのモノです。

 別の角度で見ると...
e0272042_18273880.jpg
 こちらはハロゲン灯も点けてますが、結構いい勝負です! 昔のZライト風のグースネックは、白熱灯60W相当なので点灯していません。
e0272042_19214806.jpg
 こちらは昼間撮った、ボディの色味が判る無灯火写真。中華製とは思えない(失礼)クオリティ=IKEAクオリティですよね。

 一番左のピンクのモノは、近々お嫁入りかもしれません?!




[PR]
by moccinocraft | 2014-08-25 19:29 | 工作 | Comments(0)

COURTENAY DAY

一昨日購入の女性JAZZシンガー、COURTENAY DAYの2002年のアルバム「STATE OF BILLSS」を聴きました。
e0272042_19351264.jpg

 一昨日は久々にDISK UNION-JAZZ TOKYOに行ってきましたので、ついでに買った(すみませんね、おまけみたいで!)一応新譜です。 今聴いているのが4回目ですが、回を重ねるごとに良くなってます。

 最初に聴いた時には、システムがミスマッチだったのでしょぼい音でした。 昨日からメインシステムで聴いていくうちに、ブロードウエイの公演のウラモニター室で聴いている感じ(あくまで感じですよ!)。 エコー処理が凄く上手なので、COURTENAY DAYの周りの音像が、ある種のオーラを放っているように思えます。

 ご本人の声はあくまでもコケティッシュ! でも、相当歌い込んであると思えるしなやかな声帯を持っているので、思わず聴き入ってしまいます。 恐らくベースはクラシックであると思える、しっかりしている歌声ですね。 これ、ブロードウエイ向き!!

バックアップメンバーは

CHRISTOPHER MARLOWE/PIANO
STEVE LASPINA/BASS
JOHN REDSECKER/PERCUSSION
PETER SANDERS/CELLO

で、面白い編成ですね。PRODUCER兼のCHRISTOPHER MARLOWEのPIANOも、制御の効いたプレイでここぞと言うところでは弾けています。 PETER SANDERSのCELLOも良い感じ...

曲目は

1. ANY PLACE I HANG MY HAT IS HOME
2. GET HERE/I WILL
3. I DIDN'T KNOW WHAT TIME IT WAS
4. WHAT ARE YOU DOING THE REST OF YOUR LIFE
5. BEYOND COMPARE
6. TAKE ME TO THE WORLD/ANYONE CAN WHISTLE
7. SOMETHING COOL
8. DISSERTATION ON A STATE OF BLISS
9. I'M BECOMING MY MOTHER
10. DON'T FENCE ME IN
11. SO MANY STARS
12. A TIME FOR LOVE
13. EV'RY TIME WE SAY GOODBYE

の13曲。 ちなみに、2曲目のカップリング曲はLENNON-MCCARTNEYの渋い有名曲ですね。 JAZZでは結構取りあげられる曲の様。

 そして10曲目の「DON'T FENCE ME IN」、これほどスローテンポなのは聴いたことがありません。スタンダードから現代曲まで、幅広い選曲をしていますが、各曲歌い上げているのでCOURTENAY DAYの元々からの持ち歌に聴こえます。

 舞台系の朗々と響く歌い方がお好きな方なら、結構ハマるのかも! ただし声は一見幼い感じですけど...

 それから、ジャケット写真、右側にレジ袋が散乱している様に見えますけど、これ岩ですよ、ROCK・ロック!

COURTENAY DAY
STATE OF BLISS
LML MUSIC
LML CD-151
2002年




[PR]
by moccinocraft | 2014-08-24 20:14 | JAZZ | Comments(0)

鎌倉パスタ

 本日のお昼、立川のデパートの中の「鎌倉パスタ」に行って参りました。

 お昼のお食事のお話はおまけで、メインは立川にできた「IKEA」で照明器具を買うことです。 モデル「ヤンソロ」のクリップタイプとベースタイプの、グースネックを持つ1LEDでそこそこ明るいので、今回+2と買い足して3灯になりました。こちらのレポートは次回に譲るとして、お昼、お昼!

 単体のパスタはそんなにお高くないので、+480円の鎌倉セットを注文し...
e0272042_18283752.jpg
 先ずはシザーサラダでしょうか?ドレッシングの味がしっかりしています。 続いて...
e0272042_18284797.jpg
 最近はやりの、焼き立てパン(どこかは焼き立てピザ)をどんどん運んでくるサービス。 向こうがかぼちゃとヨモギ、手前はバジルです。 調子に乗ってどんどん食べると、メインのパスタが食べられなくなりますので、ほどほどに。
e0272042_18294899.jpg
 こちらが「昔懐かしいしっかり味のミートソース」(で合ってると思います)。 ほんとにしっかり味が乗っていて、一見焼きそば風のパスタ。 濃い味ですが、しつこい味ではありません。 一方連れは...
e0272042_18295690.jpg
 ぺペロンチーノ。 私好みの味らしいのですが、そちらまで手を出していないので、想像の世界です。

 そして〆にはやっぱり珈琲!
e0272042_18300486.jpg
 最後はこれですね! でもセットではこのほかに果実茶(?)しか選択ができないので注意が必要です。(メインはメニュー全てのパスタをチョイス可能!)






[PR]
by moccinocraft | 2014-08-23 19:06 | 食べ物 | Comments(0)

JK の工作その15

 本日のJKの工作、レーダー設置場所変更その3です。 最初は...
e0272042_17553079.jpg
 ここに置こうかと思いましたが、考えが2転3転して結局画面の一番右のところ、ハンドルのセンターに収まりました。 その状態で10カ月ぐらい固定してましたが、ふと工作の虫がうずいて、画面の12:12の時刻表示のあたりでボディ半分下がりぐらいの位置にしたのが1カ月前ぐらいです。

 そのままにしておきましたが、一昨日ボディがどうも傾いている事に気づき、また昨日から工作し始めたところです。
e0272042_17560855.jpg
 でもって、オリジナルのステーが有ったなと箱から出して装着。(この状態、運転席側のドアを開けた時の形状です。) そしてそのステーを支えるサブステー!
e0272042_17555073.jpg
 左側のただのプラ板で、これをダッシュボードセンターの上トレーに設置しますが、トレー自体に段差があるのでステーのベッドをウレタンで製作!
e0272042_17563120.jpg
 斜めにカットするのが難しく、カットした後紙やすりで成型したモノがコレ! そしてこれに車用の両面テープを貼り付け...
e0272042_17563860.jpg
 今朝がた完成しましたので!
e0272042_17565139.jpg
 さっそく東京方面へ買い物に行ってきました。

 でも...

 サブステーから純正ステーが剥がれて悲惨な事になってました。 

 失敗は成功の母で、サブステーからステーが落ちなければいいんだな!と...
e0272042_18030678.jpg
 しっかりボルト締め!!

 両面テープも...
e0272042_18032065.jpg
 きったない貼り方ですが、新しく仕切り直し!
e0272042_18033253.jpg
 6番目の写真と殆ど変りませんが、リニューアル後!

 あとはレーダー下にウレタンを敷いて完了です。(それは明日の話!)














[PR]
by moccinocraft | 2014-08-22 18:51 | 乗り物 | Comments(0)

BEEGIE ADAIR & FRIENDS 15

 本日入荷の女性JAZZピアニスト、BEEGIE ADAIRのコンピレーションアルバムを聴きました。
e0272042_14432235.jpg
 いつもながらジャケットは綺麗! 密林商会に注文して待つこと1カ月弱、発売したてのほやほやです。 お昼ごろ受け取って開封したところ、コンピレーションアルバムと判りました。 BEEGIE ADAIRのアルバムはこの手のアルバムが多いので、逆に年間何枚も出せ得る技なんですけどね... 幸いにもあまりかぶっている曲は無さそう! というより「& FRIEND」なので、BEEGIE ADAIR単独名義のアルバムを買っていれば、被る曲も自ずから排除できると言うことで!

 ただ、JACK JEZZROがプロデュースではなくGREG HOWARDが行っていて、JACK JEZZROはプレイヤーに廻っているため、イージーリスニング感が多少多めの味付けになっています。

収録曲は

1. THE WAY YOU LOOK TONIGHT
2. THAT OLD BLACK MAGIC
3. SOME ENCHANTED EVENING
4. LULLABY OF BIRDLAND
5. MANHATTAN
6. PETE KELLY'S BLUES
7. IF EVER I WOUULD LEAVE YOU
8. STELLA BY STARLIGHT
9. TAKE THE "A" TRAIN
10. 3 O'CLOCK IN THE MORNING
11. CHERRY PINK AND APPLE BLOSSOM WHILE
12. ALL THE WAY
13. ON THE STREET WHERE YOU LIVE
14. MOONLIGHT SERENADE
15. A KISS TO BUILD A DREAM ON

イージーリスニングアルバムにふさわしい、いやJAZZアルバムですよね。 このうち

DENIS SOLEE/SAXが、1.5.9.12.
JACK JEZZRO/GUITARが、3.7.13.
JAIMEE PAUL/VOCALが、4.10.
そしてJEFF STEINBERG ORCHESTRAが、6.11. で共演しています。

 JACK JEZZROとJEFF STEINBERG ORCHESTRAはイージーリスニング側に振られてますが、DENIS SOLEEはどちらかと言うとオーバーブローしないSAXで、1曲目の出だしに使うのにはふさわしくないかなと、若干感じますが、後半は渋いプレイで好印象。 

 JAIMEE PAULも風体からは想像できないハスキーボイスで、渋さを放っています。 この二人が入っているのでJAZZアルバムでくくれますが、BEEGIEのプレイはバッキングに徹しているので、闊達なプレイを期待しているとちょっと意に反したところがあり、ここらあたり好き嫌いが分かれるのかも知れません。

 初めて聴くのなら、その先入観がないので良いアルバムと感じることができると思います。

 555君、そのうちこのアルバム持って行きますので、楽しみにしていてくださいね~!

BEEGIE ADAIR & FRIENDS
VINTAGE JAZZ
GREENHILL
GHD-5971
2014年





[PR]
by moccinocraft | 2014-08-21 19:14 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

上野鈴本演芸場(小さな和の会)
at 2017-12-14 18:13
LAUREL MASSE
at 2017-12-13 18:56
奥武蔵・西川林業地ハイキング
at 2017-12-12 21:25
JULIE LONDON⑱
at 2017-12-11 18:13
サランネット工作(予告)
at 2017-12-10 08:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧