<   2012年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

WORLD INVASION:BATTLE LOS ANGELES

e0272042_18302426.jpg
 今年も、今日で最後となりました。

 〆縄を上げて、年越しの準備を済ませてから、昨日念願かなってやっと入荷した、ブルーレイレコーダーを設置すべく、某軽の電気屋さんにHDMIケーブルを買いに行こうとしました。

 でもちょっと待てよ、ウチのTVって端子何だったけ? とTVの裏側に回ってみると、S端子の脇にはD4端子が...  D4ってアナログだったなと思い、今度はPCのモニターを見ると、こちらはちゃんとHDMI端子が有ります。

 そこで、車に飛び乗ってブツを買って来て、やっと配線を終え、早速念願の「WORLD INVASION:BATTLE LOS ANGELES」をかけてみると...  いきなりセッティングが始まり、画面の表示に従ってセッティング。 有る程度終わったところで、接続はと聞かれ、勝手に接続のサーチが始まってのです。

 パソコンの設置場所なのでアンテナ配線は来てませんので、DVD-ブルーレイレのプレーヤーとして当分使うつもりなので、そこをパスしたかったのですが、そこのスルーは有りません。  結局、戻るボタンを連発してセッティングそのものをしなかった事に、いったいココまでの時間は何だったんだろうと思いながら、ブルーレイレボタンを押して...  少し間を置いて画面が出てきました。  

 でも、音が小さい(?)、ボリュームを大きくしても音の変化なし。
e0272042_183168.jpg
 これが、苦労の末作業用テーブル(パソコン)の下のトレイに設置した、SONYのブルーレイレコーダーです。

 接続ガイドに従って、RCA端子からはPCオーディオのシステムに繋いであります。

 で、そそくさとアンチョコを見ると、音声の設定をせよ!とあります。  またもや指示に従って設定していくと、音声出力の選択肢はHDMIと光OUTしか有りません。  つまりHDMIの繋がった先のスピーカーか、D/Aコンバーターに繋ぎなさいという事ですよね。  だったらRCAケーブルの接続をせよ、の指示は何だったんだろうと首をひねりました。

 しょうがないから、今はPCモニターのおまけスピーカーで音声を聴いています。(空しい~)

 で、ブルーレイの内容はと言いますと、結構面白いですね、かなり前に購入してからかなりの時間がたってますので、待たされ間でそういう評価を下している、とも見られがちですが、敵の宇宙人のキャラクターは別にして、内容がこなれています。

 戦闘シーンでは、宇宙人の兵器がどちらかというと、人類のそれに近いところが数少ない欠点であろうぐらいで、こういう現場に居たくないな感が溢れています。  戦場の壊され感も良く出てますし、主人公(アーロン・エッガート)のアウトロー感覚もドンピシャです。

 脇役としては、最大射的で主人公側に付いて重要な位置にいたマイケル・ペーニャが、今回はどちらかというとチョイ役で出ていますが、他の役者も良い味を出しています。

 こういった作品は、必ずヒーローが勝つことになってます。  どうやって解決の糸口を見つけるかが監督の腕の見せ所ですが、以外に正当なところを突いてきました。

 地球の細菌類にやられるなどの、自動結末ではガッカリしますものね。

 では、皆さま良いお年を.../私は、これから神社の月番です、そこで年越し!

WORLD INVASION:BATTLE LOS ANGELES  SONY BLU80151 116分  2011年
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-31 19:34 | ムービー | Comments(0)

RHONDA VINCENT

e0272042_1742616.jpg
 本日のカントリー女性アーティスト、RHONDA VINSENTです。

 フィドルのカントリー人気No1歌手(!)がALISON KRAUSSだとしたら、マンドリン(フラット)のカントリー人気歌手はこのRHONDA VINSENTと言えると思います。

 歌手ですから、その特徴を説明しないといけませんね、声質はALISON KRAUSSより低めの中域です。  所謂返しの効いた節回しが得意な、明快な歌声が特徴と言えるでしょか?

 ジャケット写真が物語っているように、とても親しみやすい性格で(DVDを見ての感想)、リーダーとしても他のメンバーへの思いやりなど、素晴らしいモノが有ります。

 デビューは、このアルバムが出る1年前で28歳ぐらいの頃でしょうか(現在50歳ぐらい)。  このアルバムは、デビュー翌年にして4枚目の作品となります。  まだ、デビュー翌年ですので、後年のブルーグラス構成のバンドではありませんが、プロデュースは本人とその弟が担当、音楽への意欲が感じられますね。
e0272042_1742630.jpg
 続く、2年後の作品「WRITTEN IN THE STARS」でサウンド的には変わりませんが、プロデュースはJAMES STROUD と GARTH FUNDIS にバトンタッチ。

 歌い方に、余裕が出てきたかなと思われるフシが所々に...  選曲も、カントリーでは極々ポピュラーなもので、ぶれることは有りません。

 WELDON MYRICK と DAN DUGMORE のスティール・ギターが効いていますね、また、フィドルとマンドリン(!)にSTURT DUNCANが参加している事も、一種スパイスになっているように感じます。

 君筒ではRHONDA VINSENTの様々な動画がアップされていますので、そちらをご覧になることをお薦めします。

 初期の映像では、ファミリーバンドのものもあり、父・バンジョー、母・ベース、弟・ギター(またはベース)、下の弟・マンドリンと、微笑ましい映像も有りますよ。

RHONDA VINCENT Timeless and True Love REBEL REB CD 1697 1991年

RHONDA VINCENT WRITTEN IN THE STARS GIANT 8 24488-2 1993年
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-30 18:25 | COUNTRY | Comments(0)

MOZART CAPRICCIO盤 3

e0272042_19431890.jpg
 MOZARTのCAPRICCIO盤も手持ち最後の2枚となってしまいました。

 先ずはマーチ集、全て挙げると
  KV62
  KV189
  KV214
  KV215
  KV366
  KV237
  KV248
  KV249
  KV492
  KV335
  KV408/1/2/3
  KV445
と、13歳から30歳の時のものまでの作品ですが、1曲々々大変短い曲となっています。

 ただ聴いていると、結構同じような旋律にはちょっと閉口。  貴族が優雅に歩いてお城(?)に入場する際のの音楽ですから、そんな感じでも良いのかもしれませんけど、干渉向きでは無い??

 でも、演奏と録音はやはりCAPRICCIO、楽しめるCDです。

 演奏はHANS GRAF指揮の、MOZARTEUM ORCHESTRA SALZBURGです。
e0272042_1943529.jpg

 続いて、ダンスとメヌエット。  コントレダンスが主ですが、どちらもくくりは一緒。 舞踏曲ですよね。

 4分の3拍子の華麗な曲ばかりです。  こちらの方が楽しめますね。

 同様に掲載曲を羅列すると
  KV461
  KV462
  KV463
  KV509
  KV534
  KV535
  KV587
  KV600
  KV603
  KV605
となって、演奏は前者と同じです。

 これで、私のCAPRICCIOシリーズは全てですが、ドイツのレーベルだけあって音は良いですね。  安心して聴いていられます。  アルヒーフとかグラモフォンの音と違ってノビノビ感が有ります。  確かITALIA-CAPRICCIOも有ったと思ったので、こちらの影響も有るのでしょうか?

 くったくなく聴くにはお薦めのレーベルです。

MOZART MARCHES CAPRICCIO 10-253 1989年

MOZART TANZE UND MENUETTE CAPRICCIO 10-360 1991年
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-29 20:56 | CLASSIC | Comments(0)

正月の餅

e0272042_16515887.jpg
 時節柄お餅の話題など...

 
 鋭い方ならお気づきと思いますが、私のサイト名「moccinocraft」はウチの会社名でも有りますが、これ、ウチの屋号[餅屋」から来てます。

 私の父が子供時分の話ですけど、近所のお寺のお祭りの屋台で、餅菓子を売っていたのがそのルーツです。

 戦争前の話ですよね。  今では全くそんなことはしてませんが、私の子供のころはこの時期、親戚中が集まって、動力の餅つき機で40枚ぐらいののし餅を作りました。  それも過去な話で、皆歳をとりましたので今は自家製のみ!

 それも去年あたりからは、私のウチでは餅つきせず、家内の実家でする餅つきに便乗状態で、今日も家内がその餅つきに参加してきました。

 上の写真が、その成果ののし餅。  今は寂しく2枚です。 今はのし餅の袋も市販され、カッティンゲージまで印刷してある、便利な時代です、
e0272042_1732158.jpg
 そして、これが米粉で作った「きりたんぽ」にもなる、スティック状餅ですね。 

 あと、このスティックで作ったからみ餅が、お昼の食卓に上がりましたが、お供えは市販品でごまかした、何となく手抜きの餅つきでした。

 私、参加せず...
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-28 17:10 | 食べ物 | Comments(0)

ANA CARAM 2

e0272042_20123215.jpg
 本日の」LATIN、ANA CARAMのCD2枚です。

 先ずは3作目の「The Other Side Of Jobim」33歳の時の作品です。

 元々ANA CARAMはAntonio Carlos Jobimの後見を受けていたので、Jobimの音楽後継者としてふさわしく、当然Jobimの曲を取り上げることは極々真っ当な事です。

 ただ、ジャケット・タイトルが物語っているように、有名なJobimの曲は入っていません。  その代わりに、楽器構成が、+サックス・フルート・オーボエ・チェロと、一風変わっています。  特にErik Friedlanderのチェロがひたすら美しい!  ココだけ取って聴いても良いくらいです。

 チェロが特に目立ってしまいましたが、Matthew Dineのオーボエも良いですよ。

 もちろん、ANA CARAMのボーカルもニュートラルな歌声で良い味です。  でも後期のアルバムの方が、ニュ-トラルという点では勝っているような気もしますが、これも微妙なところなので、大方は殆ど同じと言えるでしょう。
e0272042_2013511.jpg
 続いて翌年の作品、「maracana」。 

 こちらは前作と違い少し元気です。  特にDavid Sacksのトロンボーンが入ったのと、元気なDuduka Da Fonsecaのドラム・パーカッションに変わったからでしょうか。

 他のメンバーにプロデュースも変更がないのですが、近接録音から多少奥行きの出た、エコーも気持ち多めなものに変わっています。

 曲も3曲目が、ジャバンの「Flower to Flower」、4曲目に「You'll Never Know」、9曲目に「Rio De Janeiro」、10曲目に「I Wish You Love」と、比較的馴染みのある曲も入ってます。

 そうそう、5曲目の「bem querer」という曲、先出の4曲目のスペイン語・題目「sem querer」のパロディーの様な題目ですが、作曲はあの大貫妙子です。

ANA CARAM The Other Side Of Jobim CHESKEY JD73 1992年

ANA CARAM maracana CHESKEY JD104 1993年
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-27 21:56 | LATIN | Comments(0)

Eric Clapton

e0272042_1813543.jpg
 本日のROCK、Eric Claptonの変則2CDです。

 世間では、Eric Claptonはギターの神様といわれ、彼がらみののセッションや、彼が参加しているセッションには、多くのスタープレイヤーが参加し,、お互いのモチベーションをあげていることは間違いありません。

 ただ、Eric Claptonでも一目置いたギタリストがいます。その2人が絡んでいるアルバムの紹介というt事で...

 まず最初は、「Change The World」のアルバムです。  このアルバム皆さんご存知の「Unpluged」に収録された曲を、John Travolta主演の映画「PHENOMENON」主題歌にした時のマキシシングルですが、映画音楽としてのプロヂューサーが元The BandのRobbie Robertsonです。 このRobbie Robertsonが1人目で、一時レゲエ調の曲が流行った時期が有りましたが、この時期のEric ClaptonギターソロはRobbie Robertsonのプレイに似ているというか、かなりインスパイアされています。

 ちなみに、3曲目にはChange The Worldのインストウルメンツ盤が入ってますが、早い話カラオケ版です。
e0272042_18145916.jpg
 続く「The Cream Of Clapton」では、Creamの時代の曲5曲、Blind Faithの曲1曲、Derek And The Dominosより2曲、そして、ソロになってからの曲が8曲収録されている、コンピレーションアルバムとなっています。

 ここでのハイライトは、やはり「Layla」ですが、ここでスライドギターを弾いているのがDuane Allmanで、ここでの逸話は色々ありますが、ここでは大かた割愛します。 で、このDuane Allmanが2人目。

 もともと、bluesはアメリカの音楽だったのですが、これを広めてのは、イギリスのミュージシャンで。イギリスで広まったのを機にアメリカでも再燃したのです。

 Eric ClaptonもルーツはbluesですのでCreamでさんざ演奏しましたが、その「Layla」のセッションではDuane Allmanのプレイに舌を巻いたそうです。

 私は「Layla」も好きですが(間奏の部分が好きです、Bobby Whitrockのピアノがまた良い)、「Blues Power」も良いですね。

Eric Clapton Change The World RIPRISE WPCR-810  1996年

            The Cream oF Clapton POLYDOR 31452 7116-2 1995年
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-26 20:52 | ROCK+ETC | Comments(0)

簡易型ドリル

e0272042_20415714.jpg
 本日のテーマ、簡易型に限ったドリルと言う事で、候補を3機種あげました。

 写真の上から、PAOCKのMDD-AC(おととい購入)、RYOBIのCID-800(2009年4月3日購入)、PANASONICのEZT111(2005年1月9日購入)です。  実は他にも、MAKITAの強力チャックドライバーに同中型ドライバーも有りますが、簡易型トいう事で今回は対象外とないます。

 でもって、お値段はというと最後のEZT111が諭吉さん超え半ばに対し、CID-800はその半分、MDD-ACに至っては1/10の夏目さん超え半ばとなります。

 使用頻度においては、MDD-ACはまだ買ったばっかりなので実績をあげてませんが、仕事場の机で正にドライバー代わりに使うので、結果は知れているでしょう。

 という事は、CID-800とEZT111の一騎打ちとなりそうなものですが、もう勝負はついてます。  肝心のEZT111がバッテリーのメモリー現象で、あえなくリタイアになってしまいました。 バッテリー自体CID-800ぐらいの値段Dなので、役たたずの無用の長物になっております。

 使用頻度が激しい2台がインパクトというのは、どうなの?と思われるでしょうが、正直インパクトの簡易チャックは取り外しは便利で、それこそ1秒でのダッ着は可能です。  でもフリーで回転させると、中心がぶれたりしますが、穴をあける時にはポンチ穴にドリルビットをあてがうので問題ありません。

 むしろ、正確な穴をあける場合にはボール盤を使いますので...

 新参者のMDD-ACは、キアで回転を落としてるのでトルクフルです。  しかもトリガーがシーソースイッチになっていて、片方が正転でもう片方が逆転となっており、機構的に簡略化されていて、以外にも結構使い勝手がそれに乗じて良くなっています。

 さらに、このMDDモデルには乾電池駆動のモデルも有り、これは夏目さんを切ります。(当然のごとく中華製ですが...)  大方の察しのとおり、このMDD、繊細なコントロールは出来ません。  ころ合いと技術でカバーすれば何とかなります。何と言ってもハードカバー本1冊分の値段ですから!

 いかんせん、工具購入はここらで打ち止めでしょう。
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-25 21:39 | 工作 | Comments(0)

JANET SEIDEL 7

e0272042_2033528.jpg
 本日は予定を前倒してJANET SEIDELのCDを2枚紹介します。

 先ず1枚目、「Dear Blossom」、アーチスト特化第2段です。

 Blossomとは、もちろんBlossom Dearieの事で、実際彼女はご本人に合っています。  Dearlieのcdも聴きましたが、ちょっと私には行き過ぎの感じがして、なじめません、  ちょっと水森亜土ちゃんの様。でも曲は良いんですよ。

 すべての曲はBlossom Dearieの持ち歌となりますが、一部2曲目「Dear Blossom」はJANET SEIDELが作曲した曲で、もちろんBlossom Dearie自身は歌っていません。

 そして、4曲目のご本人作曲の「Hey John」はjohn Lennonの事を歌った曲となっています。

 とにかく、Blossom Dearieがかなり個性的な人なので、アルバムもJANET SEIDELの曲としては今までのアーチスト別のアルバムとは一風変わっています。  でもJANET SEIDEL
のアルバムなので、顔をそ向けたくなるようなことはけっしてございません。
e0272042_2133404.jpg
 そして真打登場!

 このCDを紹介したくって前倒ししたぐらいですから。 何故かって...

クリスマスには、クリスマスの曲でしょう!に合わせての「Hooray for Christmas」でしっとりとクリスマスを過ごしていただきたい!  のと、私JANET SEIDELのアルバムでは1,2を争うベストのCDと思っているのです。  クリスマスアルバムとしてでは、もちろんNo.1ですよね!!

 選曲については、もうこれは珠玉の名曲ぞろいですから、文句のつけようがございません。  美味しい曲は全部入ってます。

 肝心の録音の方ですが、近接マイクでブぶ厚い音を感じさせます。

 以前のSP装置改良の時に、図らずも涙してしまったこのアルバム、ハートフルで何よりも聴きやすいJANET SEIDELの声に癒されるひと時、ぜひお聴きいただければと思います。

JANET SEIDEL   Dear Blossom  FAB(LA BARAVA) MZCF-1036 2004年

JANET SEIDEL Hooray for Christmas LA BARAVA LB0065 2004年
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-24 22:05 | JAZZ | Comments(0)

DINAH SHORE & CONNIE EVINGSON

e0272042_18493523.jpg
 本日の女性JAZZシンガー2題、ジャケット写真の顔の角度が偶然同じになった、先ずはDINAH SHOREの「Holding Hands at Midnight」です。

 DINAH SHOREの声は、前も触れましたがJULIE LONDONに似ていますので、LONDONがOKな方はお気に入りになると思います。

 ただ、某密林商会でのリスナーの評として、LONDONの退廃性に対しDINAH SHOREは清楚、と評してましたが、傾向としてはそんな感じも有りますが、私としては大差ないと思います。

 本アルバムは、前出の「DINAH SINGS PREVIN PLAYS」よりもさらに4年ほど古い、1955年の録音で当然モノラル盤となっています。

 収録曲は、珠玉の往年のヒットメーカーの作品で、Garshwin兄弟・Cole Porter・JohnnyMercer/Harold Arlen・Jemome Kernと磐石の布陣で全曲紹介すると...
 ①首尾よくいけば
 ②イージー・トウ・ラブ
 ③降っても晴れても
 ④ワンス・イン・ホワイル
 ⑤イット・ハッド・トウ・ビー・ユー
 ⑥ユーアー・ドライヴィング・ミー・クレイジー
 ⑦カム・アンド・ゲット・イット・デイ
 ⑧モーニン・イン・ザ・モーニン
 ⑨青空の下で
 ⑩恋のチャンス
 ⑪あなたに夢中
 ⑫イエスタデイズ
と、曲を聴くと、あれか~と納得するものばかりです。 ある意味試聴盤?
e0272042_19422991.jpg
 続いて、艶のあるしっとりとした歌声のCONNIE EVINGSON

 1枚目のアルバムも、金曜日に買い求め(ここ、3日間のブログネタはすべて金曜日に端を発しています。)2日程寝かしたCDですが、両方ともグッド・フィーリングです。(顔の角度と関係有るのかな?)

 「Sweet Happy Life」と題されたこのアルバム、ほとんどボサノヴァやサンバ・ミュージックをフィーチャーした選曲。正しくタイトル通り、スウィートでハッピーな生活の演出にも一役買ってくれそうなクールな1枚ですね。

 一瞬あちらのミュジシャンかなと思われますが、何の々々生粋のアメリカ人です。

 16曲78分20秒の超ロングCDで、9曲目はあの「ザ・ピーナツ」で有名な「情熱の花」も収録されていて、ある意味懐かしい。

 明るい曲も、しっとり系も、美しい録音で楽しめると思います。 

DINAH SHORE Holding Hands at Midnight RCA LPM-1154(BVCJ-37388) 1955年

CONNIE EVINGSON  Sweet Happy Life MINNEHAHA MUSIC MM2009 2012年
 (両アルバムとも。diskunion jazzTOKYOにて購入)
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-23 20:24 | JAZZ | Comments(0)

デジスコ 2

e0272042_19381396.jpg
 10月3日付けデジスコの続きで、昨日LXU-OT2を買う前に(こちらの記事、ケースに収めましたので、先ほど追記しました。)、メインの予定がこれ。  このデジスコに、余剰デジ一眼がつかないものか検討していましたが、昨日ついに行動を起こしたわけです。

 お店は、地下鉄小川町駅A7出口すぐそばの「Hobby's World」さんで、私のコーワTSN-824M用のアタッチメントが1個だけ在庫しているとのこと。

 もうかなり前に製造中止になっていたモデルなので、半分あきらめていたのですが、一眼用のアタッチメントTSN-PA2CとカメラマウントアダプターTSN-CM2-CEのキャノンEOS用を購入してきました。

 早速自宅で開封し、アタッチメントの方は上の写真のように本体(左側に少し写ってますね)には取り付けられたのですが...

 右のすぐ下に落ちているマウントアダプターと両方とも♀ねじだぞ、そして微妙に径も違うのでどうやって付けるの?

 と悩むこと一時間。  最初アタッチメントの82φと銘打ってある部分(ラッパ型)、これが外れて中の♂ねじに合体し、一件落着となるのかと思いましたが、どうやっても82φは外れません。

 で、落っこっているマウントアダプターを良~く観察してみると... むむっ、1.5mm ぐらいのイモネジ3穴発見、でそれを緩めてみると
e0272042_19591631.jpg
 中の♀ねじ部分のリングがカポッと外れこの状態です!! 

 こうなるともう早い! ♀ねじ部分のリングがカポッと外れたマウントアダプター本体を、82φのラッパ部分にかぶせると..
e0272042_2065485.jpg
 ハイこの通り、見事にくっつきました~。 これまで1時間37分経過。

 
e0272042_20234210.jpg
 一時はどうなるの状態でしたが、何とか形になりました。 でも長さが有るので、そのままでは前出のケースに入りません。  ケースのカメラマウントの、設計変更をしなければなりませんね~。
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-22 20:21 | 工作 | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

LPで持ってらっしゃると..
by moccinocraft at 07:39
LPで持っています。 ..
by gall_gall at 23:14
ジョージ・シェアリングは..
by moccinocraft at 12:26
私はジョージ・シェアリン..
by gall_gall at 11:34
南方向に行ったという事ね..
by moccinocraft at 12:05
 pin小学校の北の道を..
by kturabus at 23:55
高速代?っていうと縦方向..
by moccinocraft at 06:36
 本日、DEWIさんとF..
by kturabus at 00:35
色の具合がよろしいようで..
by moccinocraft at 20:38
ジャケットいいですね、ジ..
by gall_gall at 19:33

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ERROLL GARNER ①
at 2017-06-23 19:02
CANNONDALE
at 2017-06-22 19:56
MICHELLE WILLIS
at 2017-06-21 18:19
洗濯機の通風アダプタ
at 2017-06-20 17:56
THE PLATTER ②
at 2017-06-19 17:52

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧