<   2012年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

KRISTIN KORB

e0272042_22243311.jpg






























  KRISTIN KORBのライブDVDを購入しました。

 ベースを弾きながら歌う女性です。最近この手の女性ベーシストが多くなり、NICKI PARROTがこの代表格です。 Y□U ◎UBEにて両者とも画像を観ることができますが、NICKIさんは思っていたより年上でした。

 KRISTINさんの画像については、Y□U ◎UBEで検索すると引っかかってくる画像が、まさにこのライブDVDの内容なのですが、オーストリアのイエナでの収録です。

 先ほど述べたように、女性のこの手の分野での進出が目立ちます、もう少し挙げるなら

 ベースだけでは、TAL WILKENFELDですか。JEFF BECKと競演していますね。ギターではORIANTHIが有名どころでしょうか。ブルース系ではSUSAN TEDESKIと、挙げるといっぱい出てくるので、この辺で切り上げて本題に戻りましょう。

 氏(うじ)とコンサート開催地から(勝手に凱旋コンサートかなと思い)オーストリア出身かな、と思ったのですが、根っからのアメリカ人らしいです。

 見た目と違って、歌い方は極々スタンダードなボーカルスタイル。特に、スカート姿でベースを弾きながら歌うのって、ある程度衝撃がありますね。これは、ダブルベースの経験がある方だったら判ると思いますが。 

 選曲はきわめてスタンダード。I’M OLD FASHIONED に CHEEK TO CHEEK など他のミュージシャンが選びそうなものばかり。でも、最後の曲はあの TOP OF THE WORLD で、これをいかにカーペンターズ風でない様にするかがミドコロですが、    見事にJAZZになってます。

 MVD VISUAL QLDVD 6837
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-30 22:50 | JAZZ | Comments(0)

SPEAKER 5

e0272042_20285046.jpg

 やっと、全景が出てきました。先ほどの地震にも耐え、スックと立ってます。なにしろ下手な冷蔵庫バリのサイズですから(今は、このような形は流行ってませんが?!トールボーイ型の先駆けと思って自己満足してます。)、六畳弱の部屋を占領していて、私は部屋に入れません。  冗談はともかく、先日ちらと見えたHL-91ホーンレンズ全景が見えますね。

 ちなみに、このレンズとホーン本体(HL-89)はバッフルボードをサンドイッチして、ボルトにより締め付けてます。  一昨年の掃除のときに、一回外してまた組み込んだのですが、見事にネジ山をナメてしまいました。  ゆえにこの先掃除はできません。057.gif

 レンズに乗っているのは、上の2405Hスロートアダプターならぬ、チークと縞黒(縞黒壇)のフェイズプラグ実験用(実のトコロ、そのプラグにはなり得ません、よね。)です。

 レンズ右側には四本の6角ボルトが見えますが、これは先日紹介いたしましたネットワークを、バッフルに止めるためのモノです。

 さらに、ウーファー2205(B)と下のバックロードホーンの出口が見えますが、撮影用にサランネットは外してあります。  ホ-ンロードの米松合板は年季が入ってますが、何しろ36年モノですから!

 開口部に見える茶色い四角形(真ん中に黒い丸いモノが見えますが、これはグリルキャッチャーです。)はノンオリジナルで、私が追加したモノですが、部屋が狭いため、私の仕事用机に隠れて1個見えません。004.gif

 
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-29 21:16 | AUDIO | Comments(0)

昭和記念公園

e0272042_1239559.jpg

 昨日の話ですが、家人がどこかに行きたいと言って(だいたい、どこか=昭和記念公園になりますが。)そのまま昭和記念公園に向かってました。

 いつも、違う道で行くのですが、昨日は東大和警察署を左折しました。これって行き過ぎなんですけれど、東大和団地(?)の横の道はクランクに続くクランクで、2kmぐらい青梅よりにオーバーしてますかね。

 五日市街道に出る交差点で、隣にイタリアのフォラーリ(エディ・マーフィーが、そう発音してました。)の複座オープンが停車してましたが、いつも思うに音が・・・   工事現場のプレハブ住宅ぐらいの大きさの発電機の音に聞こえるのは私だけでしょうか? 私だけ、私だけ

 で、肝心の昭和記念公園は比較的すいており、Pも立川口の西半分(こちらは、すんなり出口方面に出られるので)にストレートで入れました。いつの間にか、駐車料金の端数が無くなってましたね。

 かなり入った時間が遅く、お昼に期待時間だったので昼ご飯に。ふれあい広場レストランに入って・・・  少しメニューとスタッフの服装が変わってます。 あれっ、ハンバーグが無い。        仕方なく、ビーフカレーとコーヒーを食べました。 味もほうは・・・ 所謂他の公園や行楽地のお昼のものよりグレードは上です。でも、コックさんが変わったのでしょう、以前の味付けとは異なります。(同じだ方だったら、リニューアルってやつ?)
 
 その後、みんなの広場=西側の「渓流広場」で撮ったのが上の写真です。チューリップが満開、 より微妙に過ぎ、一部枯れてるとは言え大木の根元に植栽されたチューリップ群は、同園の植栽部門の日々挑戦(?)の精神を感じさせられる、力の入ったモノです。
e0272042_1317831.jpg


 外には、ポピーとか、菜の花とかありましたが、菜の花はピークを過ぎ、塔仕立てになっていました。

 花の丘の最高峰まで北上しましたが、そこの隠れレスポット「スカイツリー展望所」では、遠望がガスって(そんな標高は無い!)634が見えません。

 残念でした。朝早くだったら見えそうですけど、ね。  でも開園していないって。  で、一回りして、本日15,734歩のお散歩でした。 帰りは道草なし!
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-29 13:30 | その他 | Comments(0)

JOHANNE BLOUIN

e0272042_1816134.jpg

 先日のRAVELの続きで、ジョアンヌ・ブルーインさんのCDを取り上げてみました。(何でか?)

このCD、カナダのZONE 3のものですが、◎マゾンあたりでも現在手に入りそうです。でもって、1曲目のL’enfant au tambour 英題 Little Drummer Boy になりますが、日本ではクリスマスアルバムではあまり選曲されません。 あちらでは定番みたいで~、なんたら♪かんたら♪ラパパンパン♪♪という曲です。

 その曲なんですが、伴奏がなんと、アノ BOLEROなんですね。 とってくっつけた感じはありませんが、微妙なところも残しつつ、曲にしちゃってる感じです。

 その、2年前に出した、
e0272042_18522118.jpg

何か、すごいサービスショットになってますが、こちらはビック・ボーゲルさんのビックバンドがバックで、モロJAZZです。リンダ・ロンシュタットのワッツニューを彷彿させますが、あちらはネルソン・りドルさんのビックバンドですね。どちらも好演です。

 最初の、NOELは現在に近いせいか、ラップなども入ってます。今時、ヨー・ヨー・マさんでさえラップ入りのCDを出す時代ですから、仕方ないのかも知れませんね。

 私は、個人的にラップは好きではありません。

 ジョアンヌ・ブルーインさんのCD、もう1枚所持していますが、入手が難しいアーチストなんですけどね。その2000年のCDはまたの紹介にしましょう。

 NOEL            AVEC ZONE 3 ZCDー1070   2006年

 UNTIL I MET YOU  JUSTIN TIME  JUST 207-2  2004年
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-28 19:52 | JAZZ | Comments(0)

続けて SPEAKER 4

e0272042_13123293.jpg
 まず、アルキオネさん・NVサンアートさん「ポチ」ありがとうございました。
まだ、ブログ初心者なので、様々なアイテムの使い方が良く判りません。自分の紹介(?)DEWIのところを押して初めて、「イイネ!」の内容が出るのが判りました。日々収斂ですね。
 
 で、高音部いきましょう。写真のJ.B.L 、ん、違う!(あとで載せます)2405HTAKE T の BATPUREです。

 下の写真、の下側の2405Hは今から20年前に導入し、ネットワークもMK.2になったのですが(TUMBLINQ MK.2)音域的に多少広がったぐらいのモノです。(と言うと、そんなお金を出してもったいないじゃん!!、と、言われそうですが)  円形のキャビティに縦長のスリットがある、グッドデザインです。  縦長だとリボン・トウイーターと思われがちですが、右・左からくりだされるホーン型で、ラジエーターは確かリング状だったと思います。  当時プロ・シリーズでは必ず付いているのが、この。2405Hでした。
 
 その後年月が過ぎ、2年前の今日設置したのが、このTAKE T のBATPURE(こんどは上の小さい奴)です。  これは定期的に来る「何か付けたい病」の発作が起きて、いたたまれなくなってコイズミ無線に走り(正確には、電車で走り)、安かったので買ったというものです。(左右で五千円を切ってます。)

 こちらを付けて、広域がビシバシ決まった、というのでなく、プレゼンスというか雰囲気+低音が良質になったという、所謂2次的な効果が出ました。

 世間では、このスーパー・トウイーターにお金をかける方がいらっしゃいますが(10万円から)、私にはこのくらいが限度です。
e0272042_13424317.jpg

 ちなみに、2405Hの下にチラッと写っているのが、中域375用のホーンレンズレンズ」のほう、HL-91です。  バッフルの素材はパーティクルボード。今ではMDFがはやりですが、そちらは紙ベース。  パーチクルボードはおがくずベース。  それ故、J.B.Lのプロ用・エンクロージャーは高周波溶接(電子レンジの、電磁波が外に出るタイプ?)でボックスを接着していました。

 おまけ、写真の一番上の棚に挟まっている、エメラルドグリーンの本は、某航空ミュージアムの「のみの市」でゲットした、航空機操縦教本(200円)です。
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-27 14:11 | AUDIO | Comments(0)

Nakamichi

e0272042_6433651.jpg

 メインシステムから少し離れて、当初のオーディオを....
たしか、大学時代に買ったのですが、記録によりますと1974年12月購入とあります。紹介しているSPシステムより1年半早いことになりますが、前出のパイオニアのプレイヤーよりも遅く、私の中では2次オーディオ時代の範疇に入ります。

 ちなみに、1次のラインナップを挙げておくと、プレイヤーはそのパイオニア。カートリッジ(ピックアップ)はFRだのピッカリングを使ってました。アンプはあの真空管アンプベストセラー・ラックスマンのSQ-38F(マイ・ファースト・アンプは真空管だったのです。)。スピーカーはパイオニアのCS-10(米国AR社のモデル3aのデッドコピーだったという噂も有りますが>)で,各オーディオ雑誌の良いとこを集めてラインナップしたものですから、出てくる音は(?)だったような。

 で元に戻って、このNakamichi550あまりオーディオ界を賑わせてはいませんでした。    同系列の1000番とかは、当時最高と思われていたSONY製のカセット・デッキよりも、さらに上を行ってるということで雑誌のトップラインナップを賑わせていましたが、こちら、ポータブルデッキ(野外録音もできる!)なので一部のファンにしか興味を持たれてなかったと思います。

 唯一、スティービー・ワンダーが来日したときに、移動の際ウオークマンの様に持ち歩き(まだ、ウオークマンは出ておりません。ワンダーさんその道の先駆者だったのかも。)、ヘッドホンはソニーなんだけどカセットはこのNakamichi550だったのです。

 ちなみに、こちらの550、結構大きくブリーフケースぐらいあるところにもってきて、ポータブルで使用するときには単一乾電池8本を使用するという、まさに体力勝負の「カセット・デッキ」と言えます。

 当時の最先端機器ですので、目新しい装備満載ですね。  先ず先ほどの8本の単一電源。そのままでは無く、DC-DCコンバーターで昇圧していて、そのコンバーターも内蔵しています。(写真のケース右側の部分は単一電池とコンバーターで埋まってます。)  その2、入力が左右2CHのほか、ブレンドマイク入力がありセンターマイクに使える。(ということは、もう一本マイクを購入しなくてはならない。)   さらに、テープアラーム(!)。テープの終りに近づくと、「ピッ・ピッ・ピー」の音ならぬパイロットランプが点滅。おそらくまき始めのリールと送り出しのリールの回転差を感知して、作動していると思われますが、その時代では目点もののアイテムです。

 今はなき(オーディオ部門が?、でよろしいんですよね)ナカミチさん、当時は音楽ホールも自社で作っており、古き良き時代ですよね。(また、シミジミ)
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-26 07:51 | AUDIO | Comments(0)

上野か?

e0272042_2161487.jpg

 こちらは昨年行った、某大学病院(甥っ子が入院していた&甥っ子もその大学に入ますが)にあるレストランでのメニューですが、見ての通りハンバーグです。

 8階(だったかな?)にあるので、窓に眼をやるとスカイ吊りーが見えます。例によって、お店の承諾を得てないので、名前は出せませんが(テーブルクロスでレストランと大学が判ってしまうかも、でも、内緒ですよ!)美味しかったで~す。ファミリーレストランができる前のハンバーグの味というか、でも、下町のレストランの味...ではありません。

e0272042_216411.jpg

 こちらは、セットのデザートとコーヒー。デザートはこれこそアイスクリームという味で、コーヒーはホテル系のローストです。(どういう味かわからないって?)

 義理の妹の付き添いというか、ただの金魚の粉で=おのぼりさんで行きましたが、病院に用がなくても入れるみたいです。(もし、入ってはいけないのなら、ごめんなさいです。)

 少しずつ、過去のお話もまぜていきますので....
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-25 21:37 | その他 | Comments(0)

RAVEL

e0272042_12441827.jpg

 ドイツ・グラモフォンRAVEL・BOLEROです。ブーレーズ指揮のベルリンフィルですが、フランスの指揮者がドイツのレコード会社で、フランスの作曲家の音楽をドイツの交響楽団で振ってる。   というのが、どう出るかと思ったのですが、きわめて自然。

 こちらは中古で、買ったお店の同じ棚に4枚ありましたが、売れ残っているわけではないと思います。たしか、900円でかなりのお値打ちですが、定期的に聴いてる1枚です。

 マ・メール・ロア初め4曲と、ボレロのカップリングですが、前段の4曲は渋めでして マ・メールは子供が高校の時に演奏会用に練習していた曲なので、その当時、1階で聴いていたら2階で反応していました。

 さすが、RAVELはオーケストラの魔術師といわれるだけあって(ですよね?)、オーケストレーションは抜群。良いですね~、RAVEL

 でも、残念なのは、最近のクラシックを置いているレコード屋さんて、新譜が少ないですね。中古8割・新譜2割の割合で、かつ新譜も再販物が多いですよね、やはり、音楽業界は衰退しているのかな?元気になってほしいです。

 モーッアルト・チャイコフスキーに続いてRAVELさんのCDも収集してます。

 1994年発売 Deutsche Grammophon 439 859-2 

 

 
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-25 13:25 | CLASSIC | Comments(0)

WOOFER (SPEAKER 3)

e0272042_16315620.jpg

 昨日の予告のとおりWOOFER、J.B.L2205(16Ω)です。

 型番で判るように、プロフェッショナルシリーズです。  ご覧のようにコルゲーションが入っており、プロフェッショナルシリーズでは「波々入り」は少なかったでしょうか、元祖はLE-15かな。VICTORのエンクロージャーでは、ノンコルゲーションが推奨品でしたが、あえて見た目でこちらを選択。

 また、それに合わせて中域も2440にしようと思っていたのですが、店員さん(今はなき、AUDIO UNION CRAFT SHOPの)に「本国では、375のほうが値段が高く、上のグレードに見られてますよ。」と言われたので、すなおに従いました。今考えると、それはそれで正解だったのですが、統一感は有りませんよね。

 止め金具のクランプは、J.B.Lのオリジナル品ではなく、VICTORの付属品です。でも、この金具が好きだったので、満足です。オリジナル品のほうは黒だったかな??

 VICTORのエンクロージャーはバックロードホーンなので、写真で表示している部分は、ミッドバスに相当します。
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-24 17:09 | AUDIO | Comments(0)

NETWORK (SPEAKER 2)

e0272042_8144317.jpg

 続くNETWORKです。

 現用のNETWORKですが、こちらは3代目。  画像について、実際には右側が上(天井)になります。またアッテネーターが刺さってない状態で表示してます。(下からFOSTEXのR100Tが2本、隙間のところから刺さります)

 初代は、2ウエイだったので大きさはこの1/3でした。シズキのコンデンサにフォスター(今はフォステクスになってますが)のコイル、配線材には拾ってきた電線も一部あって、若気の至りとはいえ粘土細工のような工作でした。

 2代目は、2405Hを導入したので3ウエイ構成になりました。コンデンサも日立になり(グレードアップになったのでしょうか)、配線も多少まともになったのです。
 
 それから十ナン年、工作の虫がうずき音質的に何かしたいな~と思っていましたが、たまたまコイズミ無線さんのHPを見ていてMUNDORFの箔巻コンデンサーが目に入りました。早速フォステクスのあんちょこから係数を割り出し、表計算で見積もりを出すと、お値段の桁が6ケタになってしまいます。  思案すること1週間、前の購入から10年以上立っているので、それこそ「清水の舞台を駆け上がる勢いで」(ウチおやじの口癖でした)コイズミさんに向かってました。

 たしか、年末だったのと入荷がまばらだったのとで、実際品物が揃ったのかなり後だったので、自宅まで配送していただき、2週間ほどで組み上げました。

 コイルもTRITEC(トライテックではなくトリテックだそうです。合ってますよね?トリテックさん)にグレードアップ(?)しました。  画像を見ていただくと判りますが、コンデンサは振動で鳴かないように、2枚の板をくりぬいたところに差しこんでいます。(これだけで+2日かかりました。)

  画像でもわかりますが、ハモニカ端子などの役物が多くて、接点が増えるなど音質的には不利なのですが、実際の音質は激変しました。

 これは、やはりMUNDORFの箔巻コンデンサーが効いているのでしょう。いちばん高いグレードのものではないのですが、音にしっとり感が出ています。

 このときはアンプが、プリ=クリスキット・メイン=SUN AUDIOのラインナップでしたが、やっと女性ボーカルが心地よく聞けるようになったのです。

 今回はこのくらいで.... 次回はウーファーあたりから。
[PR]
by moccinocraft | 2012-04-23 09:13 | AUDIO | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24
 ご丁寧な説明ありがとう..
by kturabus at 01:01
基本的にスピーカーが8Ω..
by moccinocraft at 22:17
 スピーカーはトランペッ..
by kturabus at 21:51
勾配は間違いなく、十分に..
by moccinocraft at 07:28
 下水管はサブ管でも意外..
by kturabus at 00:06
LPで持ってらっしゃると..
by moccinocraft at 07:39

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ファイルボックス
at 2017-08-19 17:57
SARAH VAUGHAN ..
at 2017-08-18 19:17
オーディオラックの手直し
at 2017-08-17 18:17
RENEE TANNENBAUM
at 2017-08-16 18:01
パラサウロロフス
at 2017-08-15 18:17

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧