カテゴリ:楽器( 30 )

早引き 音楽記号・用語辞典

 本日の検証(読書)、ナツメ社より刊行の齋藤純一郎著「演奏・作曲・鑑賞に役立つ! 早引き 音楽記号・用語辞典」を先日購入し、日々一寸ずつ内容を見てます。
e0272042_16445611.jpg
 この手の辞典は、音楽の友社を含め複数購入して、わからない言葉があれば、その都度所有する辞典の中からこれと思えるものを取り出して、調べることにしていますが...

 一つだけ、どの辞典にも載っていない言葉がありました。 それが...

「分数コード」です。

 言葉だけだと、分母と分子の引数を求めて各々割って... と考えましたが、どうも違うみたい。 で、数冊調べるも分からない。

 当時WEBなどは存在してなかったので、どうにもこうにも分からないため、悶々としてました。 結果、後輩のミュージシャンに訊いてすんなり分かり、留飲を下げた苦い経験があります。

 そんな事が心の片隅にありながら、何気なく手に取ったこの本。 直感的に載っているな!と感じ、分数コードのページも開かぬまま購入しました。(先ほど確認しました。 載ってます!)44饅頭 

 本来は、読書の対象ではありませんが、一日一善で読んでますよ!

 内容は

1. 楽譜
2. 音部記号
3. 音符と休符
4. 拍子記号
5. 変化記号
6. 調号
7. 速さに関する記号
8. 強弱に関する記号
9. 発想に関する記号
10. 反復記号
11. 奏法に関する記号
12. コード
13. 楽器・声域略号
14. 形式と曲種とジャンル
15. 音楽理論
16. 西洋音楽史

とありますが、途中から出てくる楽譜に添えられている、様々な記号はイタリア語が多いということ。 ルネッサンスの時代から、当時の音楽の中心はイタリアで、あのモーツアルトでさえイタリア行きを懇願していたぐらいなので、これは当然のことだと思います。

 内容は、本書を購入していただくとして、2点ほど本書の内容をリーク!

 一つ目、ネウマ譜。 これは、バロック以前の中世・単旋律歌曲での記譜方式。 世界史などの中世の資料として、たまに出てくる、4線譜の下にラテン文字(?)が、ズラ~っと記載してあるあれですよ! 記述では当時の音楽、としか書いてないので、そんなもんか!?と、思っていましたが、これを知ると、一つのトリビアですね。

 二つ目、メトロノームは指揮者になれません。 内容は察しが付くと思います。 当然、普通の演奏でも、やるたびに微妙にテンポが違ってたり、当然ながら曲想によっても違ってくるわけです。 意味合いは内容とは違ってますが、有名なのはベートーベンの交響曲第5番。 これを一体どうやって入るのか?というのは、プロでも難しいみたい!
 始まりの音は、小節の頭ではなく、その前にこぼれる3連符。 余計難しいですよね! よ~く指揮者を見ていると、一振りしてから3連符をそのまま刻むスタイルが多いみたいです。
 と言いながら、この曲一番苦手なんですよね...

 と、内容から逸脱してしまいました。 コラム欄も面白いし、望んでいるものがココには載っています。

演奏・作曲・鑑賞に役立つ! 早引き 音楽記号・用語辞典
齋藤純一郎著
ナツメ社
1,300円(税抜き)
ISBN978-4-8163-5268-3




[PR]
by moccinocraft | 2017-10-23 17:38 | 楽器 | Comments(0)

YAMAHA G-10WとFENDER CHAMPもどきAMPの合体と...

 YAMAHA G-10Wのコンボタイプギターアンプをプリとして、そして林 正樹デザインFENDER CHAMPもどきアンプをパワーアンプとして使っていますが、置く場所のスペースユーティリティから、一個にまとめられないかと考えました。

 つまり...
e0272042_17010660.jpg
 元々の、G-10Wのキャビネットに同アンプの電気回路部(ピンクの線)を、元あったところに収めます。 それから、スピーカーを撤去して、その株を欠け切りしFENDER CHAMPもどきアンプ(グリーンの線)をそこに収めようという計画です。 キャビネットはすでに欠け切りが済んでますが...
e0272042_17012644.jpg
 元々のキャビネットだけの姿はこんな感じ!

 で、工作。
e0272042_17014460.jpg
 スピーカーグリル辺りをカットしている図は、作業上写真を撮れませんので、もどきアンプの本体ねじがキャビネット底板と干渉しないよう、の作業(ルーター)のイメージだけ掲載!
e0272042_17013816.jpg
 スピーカーカット部は、見てくれがよくないので化粧板を製作しました。 で、タイトボンドで接着し...
e0272042_17015322.jpg
 アンプ部、ニコイチのもどきアンプのほうの収まり具合... う~ん、いい感じだわい、と一回もどきアンプを外し、G-10Wの元々アンプを装着してもう一回もどきアンプを下のスロットに...

 ん、あれ両方のアンプの電源トランスがごっつんこしてるぞ! と問題発生...

 シャーシーの位置関係はチェックしてましたが、まさかの突起物障害。 この後、あーでもないこーでもない、と1時間熟考のすえ、出た結果がニコイチからイッコニコに戻すという事!

 G-10Wは、スピーカーを除いて元に戻しますが、もどきアンプは別製箱を用立てすることにしました。

 その後は...
e0272042_17020265.jpg
 何事も無かったのように、淡々と作業の続きをします。 こちらは、元のグリルとのツーショット。
e0272042_17015834.jpg
 そして、裏蓋を新調し(右側はオリジナル)、現在塗装中です。 続く!










[PR]
by moccinocraft | 2017-10-21 17:29 | 楽器 | Comments(0)

MESA BOOGIE V-TWIN(再)

 このブログを始めた時、楽器の分野で取り上げたのがこのMESA BOOGIE V-TWINです。 あれから何年もたち、最近はfender deluxCHAMP-AMPもどきに繋げて常用しています。
 信号経路としては、先ずこのMESA BOOGIE V-TWIN①、そしてBOSSのfender VIBRO'65シュミレーターFRV-1 FENDER REVERB②、それからYAMAHAのG-10W③のプリ部と、スプリングリバーブ④と経由し、最後にfender deluxCHAMP-AMPもどき⑤に入ることになります。
 ここで、どのくらい石と球の比率があるものなのか、考えてみました。

 ①は後から考えるとして、②はFET回路なので石100%。③もMOS-FETだと思ったので石100パーセント。④は回路なしなのでどちらでもない。
 一方、⑤は全部私が作ったのでちゃんと判明しています、球100%。

 となると問題は①の...
e0272042_17553295.jpg
 これなんですね... カバー部に12AX7の真空管2本が入ってます。
e0272042_17560771.jpg
 このような具合。 でも、中を見ると...
e0272042_17561996.jpg
 結構オペアンプが入ってますね。 12AX7が双回路になってますので、×4としてもTL072とかTL071 などのチップが回路図に一杯ちりばめてあります。 gainを取るのがチップ、音色を付けるのが球と解釈し60&/40%というところでしょうか... トータルすると、20%ぐらいで球の影響を受けている算段になりますね。

 気持ち良く音を出していて、適度に柔らかく音のキレも良いこのラインアップですが、意外にも石に統制されている現状です。
e0272042_17563410.jpg
 ちなみに、夜はこんな感じで光ってます。(ノーマルモード) ん、少しわかりづらいかな?
e0272042_17563683.jpg
 カバーを外してみました。 真ん中はパイロットランプで、その両端に12AX7のヒーターの光が仄かに見えると思います。(こちらはブーストモードで、バイパス中) 
e0272042_17563976.jpg
 おまけで、同シリーズのラックマウント版! 2回路になっているのかな? でもつまみは一つずつ多く14個。 こんなに多いと制御しきれませんねぇ!









[PR]
by moccinocraft | 2017-01-30 18:47 | 楽器 | Comments(0)

PERCUSSION

 今日目に付いた事、たまたまカメラが乗っていたドラム練習パッドが目に付いたので、かき集めました...  ウチじゅうのPERCUSSIONズ。
e0272042_17501689.jpg
 ウチで一番古いのが、そのドラム練習パッド。リアルフィールのものでもう25年購入より経過していますが、多少汚れているモノの、弾力衰えずカメラの置き台になっています。(用途が違うって?!)4♡ 

 その隣3組みのドラムスティック、左からパールのイアン・ペイスモデルで、先の球が無いただの棒です。  続いて、黒いのがTAMAのスティーブ・ガッドモデル。  一番右がロジャースのロイ・バーンズモデルで、JAZZには打ってつけの細身のモデル。

 で、ドラムは何処に在るのと言う話になりますが、大昔にドラムセットを揃えようとして、何を勘違いしたか最初に買ったのがパイステのハイハット。(当然、身にもならず地元のウインド・オーケストラに寄付してしまいました。)4す 

 次に、まっとうなモノをと言う事で、パールの14×6深胴スネアを購入。  練習時間も無く、これも地元の中学校のウインド・オーケストラ行きになっています。

 昔は色々なメーカーが有りました。  海外だとスリンガ―ランド・プレミア―・ロジャース・ラディックナド。  国産だと、パールにヤマハとTAMAでしょうかね。  一生懸命カタログを集めて、これが良いけど、こっちもいいな...  などと、誌上討論会を一人で催していました。

 その後、海外でも新々メーカーが台頭し、dwやソナーなど良質のドラムを作るメーカが出てきましたね。  でも、情報が飛び交うだけで、私は蚊帳の外。

 ラテン・PERCUSSIONにも興味があり...
e0272042_17501672.jpg
 これも古いですよ。  LP社のカバサ、確か新星堂で買ったと思います。  ドラムの周りに金属(中空洞)の玉々が巻いてあり、それが可動するのでシャカシャカと音が出ます。  こちらは30年物!
e0272042_17501616.jpg
 続けてLP社のタンバリンで、胴はプラスティックですが中々シャキシャキな音が出ます。

 そして、近年のPERCUSSIONと言ったらコレ!
e0272042_17501680.jpg
 ドイツはSCHLOGWERK社のカホン。  旅行用の小さめのモデルですが、手前の黒い面には円形穴が開いて、下の面にはちゃんと響き線が貼ってあります。  買っておいて言うのも何ですが、ギターでも同じ様な音は出ます。(ナイショ)44lu 
e0272042_17501665.jpg
 そして最後に、シェーカーとマラカス。  左は基本エッグシェーカーで、右のマラカスは、何とフライイング・タイガー製です。

 カバサから下の4枚の写真のモノは、近くのサロンでのコンサートで使っています。  殆ど幼児用ですけどね!

 まだ、欲しいのはいっぱい有るんですけどね。  保管場所の都合で、今のところはここまででウチ止め!  環境が変わったら、少しずつ集めるのを再開しようかな...



[PR]
by moccinocraft | 2016-03-24 18:27 | 楽器 | Comments(0)

真空管ギターアンプの工作・原理・設計(本) 2

 本日も研究、2012年に購入したこの本を再度見直しています。



 林正樹さん著のこの本を購入し、中に製作のガイドが乗っていたFENDER CAMPのモディファイアンプを作って現用アンプとして使っています。さらにそのアンプがこのブログのロゴ画像にもなっている次第。

 自作アンプと言っても、出力は数ワットしか無いのに、これが実にナマイキな音を出すんですね!  パーツ自体は違いますが、回路は殆どそのままなのでアメリカンサウンド。  スピーカーもJENSENなのでもろFENDERサウンドです。

 そのアンプ製作に必要な情報が、全てこの本に入っているわけです。
e0272042_18062034.jpg
 で、これがそのFENDER CAMPのモディファイアンプの実体図で、回路の説明やらに挿入されていますし、巻末にも切り取って使えるように、再度掲載されてます。

 それだけかと言うと、そんなモンでは終わりません。
e0272042_18061254.jpg
 実質323ページに渡るこの本には、ご覧の様な基礎知識。(イロハのイから始まる、初心者もここから勉強できる...) そして...
e0272042_18061836.jpg
 初心者向けの部品の説明に、その購入の仕方!  ここまでガイドするハウツー本なんて有りませんよね...
e0272042_18061535.jpg
 回路の説明にも、ご本人の手書きの説明図が使ってあります。  結構いい感じ!  

 ギターアンプだけでなく、普通のオーディオアンプまでも言及しているところは、バイプレイヤーとしては嬉しいところ。  基本は同じわけですから、勉強にうってつけです。

 これから、踏み込んで真空管の事について見識を深めようと思います。




[PR]
by moccinocraft | 2016-03-11 18:48 | 楽器 | Comments(0)

MOON PJ BASSのお掃除+ダダリオXL絃張

 昨日の楽器の作業、MOON PJ BASSのお掃除とダダリオXL絃を張替えました。  写真の順序が逆になってますが、絃から...
e0272042_18171019.jpg
 EXL160のミディアムゲージです。  165番ぐらいだとライトゲージ(細い)になりますが、ラウンドワウンドなので音的にはライトゲージっぽいですね。
e0272042_18171296.jpg
 ここでラウンドの説明。 上の図の一番上の絵ように、芯線の周りに断面が円形のワイアーをぐるぐると巻いたモノがラウンドワウンド。  対してフラットワウンドはは周りに巻くのはリボン状の平麺(ですよね、これ)を巻いていきます。 その中間がハーフラウンドですが、こちらはラウンドワウンドに巻いた弦の表面を削って平らにするものです。(たぶん)き 音的には、弦をひっ叩くとラウンドが「パシッ」、ハーフラウンドが「ペシ」そしてフラットが「ボア」という、ちょっと大げさに表現していますが、こんな感じになります。

 そして、本題のお掃除(磨き)に入っていくと...
e0272042_18171582.jpg
 本体の磨きに使ったのが、左に立っている「Old English」のレモンオイルです。  本体を買ってから直ぐに買ってますので、もう32年経っています。  半分ほど使いましたが、品質の劣化は無いみたいですね。  本体(マホガニー)と指板(エボニー)に使用してます。

 本体は塗装仕上げでは無く、オイルフィニッシュ(本当の意味で)で購入当時メーカーの棚にこれと同じモノが置いてありました。  そして、製作者の松下さんが、「早めにレモンオイル塗ってくださいね!」と指導。そして購入先の「NATIONALスパーマーケット」の場所まで教えてもらいました。  当時素直だった私は、帰りがてら購入したわけで...
e0272042_18171704.jpg
 こちらはレモンオイル塗布後に、EXL160を既に張った状態です。(金属パーツも磨いてありますね! さらに右下には張ってあったEXL170の残骸が...)
e0272042_18171945.jpg
 ネック上部の拡大写真、黒檀はより黒くの状態になっています。 ナットは水牛骨!   ヘッド上のテンションピンは某フィリピンどーか(?)ですね。
e0272042_18172092.jpg
 ボディ方面に移動します。
e0272042_18172515.jpg
 指板のボディ接合部にはスペシャルインレイ、テプラによるギターマークを施しました。(カスタムの証??)
e0272042_18172220.jpg
 ピックアップは、当時泣く子も黙るシェクター! P-J構成です。(スラップには向かないが...)こ ブリッジはMOONのアリジナルで鉄板の金メッキ仕上げです。

 ピックアップのポールピースとブリッジは金属磨き(布製、ただし真鍮・銅用)で磨きましたが、ブリッジのベースそのものはメッキなので、あまり磨くと剥げてしまいます。  この辺が限度!   でも、駒は真鍮製なので磨けば磨くほど綺麗になるのですが、この辺が体力的に限度!!

e0272042_18172700.jpg
 そして裏面はボディ本体を除いて磨いてありません。 ネックを止めるプレートはプラスチックを挟んである丁寧なモノです。  でも、それが音的にどうなうのかは判りません!   そして、回路カバーには保護の紙が貼りっぱなし。  32年そのままです。

 プレートには1983年の2月2日と入ってますので、繰り返しになりますが、32年すでに経過してます。  弦は普通のチューニングのままでネックの狂いも無く、音程が狂う事も有りません。   当時新興メーカーでしたが、眉唾もので無い真面目な楽器作りをするメーカーと、改めて感じた次第で...









[PR]
by moccinocraft | 2015-04-07 19:43 | 楽器 | Comments(0)

SWR workman 10

 本日のBASS-AMP、以前チョットだけ出たSWR workman 10を今日、また取りあげてみます。
e0272042_17200505.jpg
 写真の足は付いてきません、こちらはWitter Wood社のフットスツール126Wで、今現在、樋口さんとワンコインもします。(20年で2倍強) でもべストフィットですよね!

 足は別として非常に小さいアンプです。 これを下回るのはポリトーンぐらいでしたが、スーツケースアンプ出現以来マイクロアンプが色々と出てきて... これもデジタルアンプ化の波ですよね! このアンプは25cmのスピーカー(品番の10は、出力ではなくスピーカーのインチ径)が付いています。

 斜め上から見ると
e0272042_17200784.jpg
 カーペット仕上げは当時の流行でした。 でも、これゴミがくっついて始末に負えません。でもオリジナルのまま!  チビ助なのにオッそろしく重い。ステージ搬入の際、キャリーに背負わせて運びましたが、きつく締めたらスチールパイプの跡が残りましたから、恐らくMDF材使用と思われます。

 加工しやすいとMDFは重宝されてますが、元々は厚紙ですからね。あまり私、信用していません。
e0272042_17201082.jpg
 ビルトインアンプ部。エフェクトループとか色々とジャックがありますが、一番下キャノン端子の脇の3ポジションのシーソースイッチはヘッドホーン・フルレンジ・ツイタ―オフの切り替えスイッチ。

 意外と大きいシャーシーですが、確か50Wだったかな(良く覚えていません...)必要十分なパワーで、それこそ重低音は出ませんが多少のギグに耐える性能です。
e0272042_17201264.jpg
 コントロールパネル。 エフェクトループに低・中・高、それにオーラルエンハンサー(超高音あるいは倍音)とマスターボリュームで中庸な構成ですね。 トーンコントロールの効きもそこそこですが、低音は減衰量に対して効果は多めですので、まわし過ぎ注意です。

 ここからはスピーカー
e0272042_17201449.jpg
 ホーンタイプのツイーター。 ピエゾタイプとかは使用していないため、PAに使えない事も無いのですが、あくまでも臨時使用で...
e0272042_17201622.jpg
 こちらはウーファー。 ダンプ材などは使っているかどうかは判りません。 センターキャップは異様に大きいですね、ただしボイスコイルは大きいのかは表からは判りません。 結構大きい入力でも追随しているので大口径ボイスコイルと思いますけど、中には物理的リミッター(60W電球)を使用しているメーカーも有りますので油断ならないけど、同じアメリカ製とはいえSWRは大丈夫でしょう!
e0272042_17201872.jpg
 ダクトですが、右にも同じモノが付いているので大容量タイプ。 チューニングは取れていると思いますので、結構Foは低めでしょうか?

 2001年より使い始めてますのでもう14年目に入るところで、だいぶ音もこなれています。 練習用として、また小さなギグにも対応できるので便利に使っていて、以前は甥っ子に貸し出ししていた時期もある便利なアンプです。 恐らく今世紀中は買い替えをしないと思いますね。たぶん!






[PR]
by moccinocraft | 2014-12-28 18:39 | 楽器 | Comments(2)

BOSS FRV-1 FENDER REVERB

 久々の楽器... それもBOSS/ROLAND製のモノは、エフェクターが昭和60年と平成元年、そして最初のギターアンプが昭和47年の購入となってます。 思い出したように買うのではなく、その時の思いつきで買っているようですね。
e0272042_18394996.jpg
 今回も思い付きで購入した様なもの... 廻り道をしないでホンマもん(後から出てくるデラリバ)を買ってしまえば早いのですが、別にギターを弾くのが職業でも無く、趣味の世界でも浅い所にいるので、この辺が身の丈なのかもしれません。

 それで、上の写真が密林商会から今日届いた、BOSS FRV-1 FENDER REVERB ('63・レジェンドシリーズ)とそのACアダプタです。

 このモデルは、ボックスの写真にあるFENDER REVERB '63のリバーブだけのユニットをシミュレートしてあり、わざわざロゴのパテントまで入っているところを見ると、シミュレートとは言えかなりなレベルの所に行っていると期待しちゃいますよね!
e0272042_18395717.jpg
 右のシールドは今回関係無いモノですが、かなりバッテリーを食うとの噂ですので、ACアダプダは最初から用意。 ペダルのロゴもオリジナルより拝借しているので気合が入っています。

 で、つまみは左がエフェクトとリバーブのミックス、右がDWELLと名のついたかかり具合だかキャラクターの設定らしいのですが、右のつまみを回しても左のつまみを回しても同じ様な変化に感じられますが?! どちらも左に回しきるとノーマル音色だけになります。

 一応真ん中はトーンコントロールだとか。
e0272042_18393597.jpg
 テストがてら1時間ほどいじっていましたが、真ん中のプリアンプのスプリングリバーブよりはレンジが広くなる感じがします。 まだまだ下ろしたてですので概略もつかめず、さらに使いこんで行けば音も変わることと思いますし、コントロールの勘どころがつかめるのではと、思います。

 私としては、FENDERのデラックスリバーブをフルテンににして、少しリバーブが味付けになっているくらいの音色が好みなので、アンプ自体も若干それに沿ったモデルの自作テキストがあったので、それを製作。 YAMAHAの石のプリ+スプリングリバーブ(内蔵品)でもそこそこの成果をあげていたので、もう少し追いこんでみようかな?! と思います。


[PR]
by moccinocraft | 2014-10-01 19:26 | 楽器 | Comments(0)

Martin BackPacker

 本日の楽器、オーディオのサブシステムの横に挟まっているのを忘れていました。 私が初めて買ったMartinです。
e0272042_18482518.jpg
 BackPackerのthe classicですね。 以前紹介したD-28と違い、メキシコ製。
e0272042_18490335.jpg
 シリアルナンバーから4行下に燦々と書いてあります。 ナイロンとスチールの違いはあるけれど、音的にはどうなのと?と思われるかと思いますが、それ以前にボディの容積が全く足りないので、テナーウクレレの音量しか出ません。 作りは本家本元と比較する方が可哀そう...お値段も一ケタ違うんですから!

 でも、この写真良く見ると、表甲板にトラ目が入ってますね~! 

 職人さんも海外のレベルが上がっているとはいえ、ナザレスの工場と比較するのはねえ~?! ちなみに、このくらいのテンションだったら、この程度の太さの棹は必要ない!というところが、この楽器の性格を物語ってます。
e0272042_18485066.jpg
 写真だとそれほどは感じませんが、実際に握ってみると、手の皮がかなり厚くなったような感じで、フレットが遠くなります。 音的にはピックアップを付ければ違うんじゃないかしら?とも言われそうですが、箱のサイズによる固有のアタック感がそのまま出力にでてしますので、如何ともしがたいところ!(実験済みです...)

 やはり、旅先に持っていて、手がさみしい時に使うのが一番です。
e0272042_18483640.jpg
 こちら、移動用のソフトケースで作りは良いのですが、長さが1cmほど足りないのと、フロントの小物入れのジッパーがすでに飛んじゃってます!!






[PR]
by moccinocraft | 2014-08-03 19:13 | 楽器 | Comments(0)

TELECASTER

  今日の楽器、またしても壁に掛けてあった”TELECASTER”と眼が合ってしまいました。
e0272042_17114488.jpg
 ただのTELECASTERです。 ん?何かおかしい?? 短いって... 由緒正しきブロンド(ナチュラル)TELECASTERであって、NOCASTER(TELECASTERプリントが無い)でもありません。 お気付きの方はお分かりかと思いますが、CHANDLERの2/3サイズで10年前に発売されたモデル! SUNFRANCISCOとプリントされていますが、韓国製ではないとして、値段からするとメキシコ製あたりではと思います。

 ショートスケールであるがゆえに、それこそ2/3オクターブ上のチューニングをしておかないと、音程がメッタメタになってしまいます。 それ以外は生意気な音がして、フロントピックアップで高音を絞るとジャージーな音色になり、TELEフルアコギターと変身します。 オクターブ奏法もバッチリ!(ただ今練習中!なので、話1/100で)

 自宅にて、シコシコ練習するには楽しいギターなので、ステージに持って行くようなたぐいのモノでは無いと思うのですが、RICKEY SKAGGSはLIVE IN LONDONでSCECHTOR(綴り合ってるかな?)の同サイズギターでソロを弾いてました。 やはり上手な人が弾くと、ギターも様になりますね~!

 で本家は...
e0272042_17115298.jpg
 以前も出た、PRE-CBSでは無いほうのDELUXEで(DELUXEはPRE-CBSのモデルは存在しません。)、CHANDLERが全長69cmなのに対し、99cmと意外とコンパクト。

 サイズはコンパクトなんですが、やはりアメリカ人サイズで、ボディーからネック、そしてヘッドまで真っ直ぐなので意外と手が届かない! ボディーのおなかが当たる辺りを削ってある、コンタードボディーという加工がされてますが、ローポジションを弾く時には”わたしはもうちょっと♫ 背欲しい~♪”と歌が出そうです。

 購入当時の1972年ごろはハムバッキングピックアップ全盛時代でしたので、FENDERであるのにもかかわらず、もれなくハムバッキング付ということでこのモデルを選択しました。 その当時プロもこのモデルをちらほら使っていて、ザ・スパイダースの井上尭之さんも使っているのをTVで見て、「お~、同じモデルだ~!」と関係無いところで悦に入ってました。

 でも、FENDERというとやはり特徴はシングルコイルのピックアップであるので、後日SEYMOUR DUNCANのシングルコイルをつけて、どっち付かずのギターとなってしまってます...
e0272042_17120261.jpg
 その前にも、このハムバッキング(シングル二つ並べて逆相に繋いでるだけ!)を中でコイル一個々々配線を取り出して、ワイアリングで疑似(一個々々に完全分離も出来るとあって正統シングル!と言いたい...)シングル出来るようにしてあります。

 さらに、SEYMOUR DUNCANとの離れた逆相配線も、スイッチで選択できるので、あの、こそばゆいクオータートーンが出ます。 これは成功作と自負してますが、この辺は自己満足の世界なので、興味のない方には釈迦に説法ではなく馬の耳に念仏ですね。


[PR]
by moccinocraft | 2014-07-30 18:04 | 楽器 | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24
 ご丁寧な説明ありがとう..
by kturabus at 01:01
基本的にスピーカーが8Ω..
by moccinocraft at 22:17
 スピーカーはトランペッ..
by kturabus at 21:51
勾配は間違いなく、十分に..
by moccinocraft at 07:28

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

早引き 音楽記号・用語辞典
at 2017-10-23 17:38
CHRIS CONOR ⑯
at 2017-10-22 18:02
YAMAHA G-10WとF..
at 2017-10-21 17:29
CONNIE EVINGSO..
at 2017-10-20 18:55
2017年コンクリぬりぬり⑨
at 2017-10-19 17:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧