カテゴリ:山( 107 )

城峯山

 本日の登山、秩父の先(でも秩父市)の群馬県との県境にそびえる城峯山1037.7mに登ってきました。
 飯能まで電車のところ、乗り換えが面倒なので私だけ車で直行。(実はもう一人いました...) そこから借り上げバスに乗り換えて、山越え二つ...
e0272042_18544702.jpg
 西門平のバス停のところで下車し、準備体操の後登り始めます。9:45
e0272042_18544909.jpg
 天気はピーカン! でも出だしが結構な急斜のコンクリ道路。 これは結構足に来ます。
 ほどなく行くと...
e0272042_18545230.jpg
 所謂、”山”の登り口があり、ここから林道を逸れます。
 久々の山登りなので息が上がる々々。 そして出たのが...
e0272042_18545617.jpg
 また林道。 前回来たときの下山時、まさに撮影しているこの場所でスッテンコロリンしてしまいました。  ちゃんとアイゼン着けていたのに!
e0272042_18550075.jpg
 この辺りは植林体、それも杉林なので花粉症持ちにはつらい場所! 実が不気味な色を発していました。
e0272042_18550231.jpg
 で、やっとこさ鐘掛城1003mまで登ってきました。11:25 そしてここからがラストスパート!
e0272042_18550625.jpg
 前の写真もそうですが、この高さでは冬景色のままです。 群馬県側から雪を貰っているみたいです。
e0272042_18551000.jpg
 そして12:15、城峯山1037.7mの頂上三角点を制覇いたしました!!!
 この辺の三角点の後ろに、電波塔を兼ねた見晴らし台がありますが、遠くを見てもガスっているだけで、登っただけ損でした。 ここでお昼!!

 そこから少し下って、城峯神社を見。
e0272042_18551379.jpg
結構彫り物が美しく、右側に狛犬ならぬ狛狼が見えます。
e0272042_18551644.jpg
 奥社に一番近いところ、左側に狛犬いや狛狼、でも体は狛狼ながら、顔はネコっぽい!?
e0272042_18552050.jpg
 将門の隠れ岩にはのぼることが出来なかったけど、それでも帰り道のには洞窟(真ん中よりちょっと上)が...
 
 下りも意外に時間を食いました。
e0272042_18552390.jpg
 下山口の男衾登山口まではもうちょっと!
e0272042_18552627.jpg
 途中の登山道は手が入っていて、クローラの踏み跡が...

 久々の500m超え登りで、大層疲れました!






[PR]
by moccinocraft | 2017-03-30 20:19 | | Comments(0)

MOUNTAIN HARD WEAR KOA 25 VS MOUNTAIN HARD WEAR SCRAMBLER 30

 山用品のザックのお話。

 去年の7月に、常用のGREGORY MIWOK 24 に代わり MOUNTAIN HARD WEAR KOA 25を導入したとお伝えしましたが... 先ほどの蔵王樹氷とスノーシュー(一日目) で現地での猫の目のように変わる天候と、行き帰りの電車の中での取り扱いに少し難を感じたので、新しいザックをここで導入しました。
e0272042_17522373.jpg
 GREGORYとMOUNTAIN HARD WEAR KOA 25 の記事と新旧の位置が逆になってますが、この写真では新が左=同じMOUNTAIN HARD WEARのSCRAMBLER 30 OUTDRYです。 若干SCRAMBLERの方が大きく見えますが(5㍑ほど大きい)、実際の見た目ではKOAの方が大きく見えます。
e0272042_17523089.jpg
 新のSCRAMBLERの方も被せタイプのトップで、本体との固定は新しく引っ掛け方式(赤矢印)になりました。 中の巾着を閉める口は従来と同じワンタッチタイプ(緑矢印)
e0272042_17523265.jpg
 で、旧(KOA)はというと、緑矢印の巾着口は全く同じ。 被せタイプのトップとの本体の固定は、ファスナー方式。 被せタイプのフラップは取り外しできるので、フラップ用と巾着用の2種類のメスのファスナーがついてます。(本体の方のオスは1っ個ですよ~)44す 
e0272042_17523687.jpg
 新旧のフロント部を比べてみると、旧の腰止めベルトにあった収納部が新は無くなっています。 元々、収納が在った方が使い勝手が良い、と思いながらもモノを仕舞ってもなかなか使う事は無く、歩いているときには腕を振ると邪魔になり、少し気になっていたパーツだったのです。
e0272042_17523940.jpg
 二つ前の写真をフラップ部から見たところ... こちらの方が多少は判りやすいかもしれません。 収納はフラップ部の内側に一個あるし、背あての内側にも大判の収納がありますね。
e0272042_17524397.jpg
 そして、下部にはザックカバーが付いています。 でもSCRAMBLERは元々防水タイプ(簡易)なので五分五分の装備かな。 良~く考えてみると、ザックカバーはイチイチ被せなければならないので、やはりSCRAMBLERの方に分があるのかもしれません!
e0272042_17524955.jpg
 そして、KOA最大の欠点がこれ! フラップ部が脱却できるため、コードナイロンベルトとファスナーで留めており(白矢印)、 SCRAMBLERのように...
e0272042_17525396.jpg
 縫い合わせ構造になっていないのです! これ重要で、 縫い合わせでないとフラップ部が外側に出っ張ってしまうことになるのです。

 前のGREGORYをKOAに替えたのも、この出っ張り(こちらはフラップではなく、真ん中の収納部の)が嫌だったので交換したぐらい! これが、今回のザック交換の主旨でした。 値段的にはSCRAMBLERの方が若干お安いですね。
e0272042_17525475.jpg
 防水タイプに共通することですが、収納ポケットが少なめなこと。 それについては、個別の収納袋で対応しているので、問題ありませんけど。

 まだ、このザックで山に行ってません。 月末に埼玉県内の山行が一件ありますが、少し催行が怪しくなってきました...











[PR]
by moccinocraft | 2017-03-20 18:53 | | Comments(0)

秩父札所めぐり ガイド

  秩父札所めぐり第一番~第五番秩父札所めぐり第七番~第九番、十一番、十二番(実は表題に第六番が抜けています)と、順調に秩父三十四札所めぐりが催行されて、全て参加している状態みたいに思えますが、実はこの前に第一回の札所めぐりがあって、そこには参加していません。

 始めは行けるところだけ行こう~♪ と思っていましたが、実際12ケ所現地を訪れていくと、やはり欲も出てきますし全部踏破してみたくなります。
 また、別のグループにもこのネタが使えるという事で、縮小版のめぐりコースも企画しています。

 そうなると、色々と資料を集めなくてはなりません。 先ず見たのが、「札所巡礼巡り」というHPです。 お寺だけの情報を知るのならここが一番! でも、コース取りとなるとそうはいきません。
e0272042_18042851.jpg
 第一番~第十二番までのリーダーが参考にしているのが、この案内書と思われます。
e0272042_18042939.jpg
 秩父札所めぐり第七番~第九番、十一番、十二番(実は表題に第六番が抜けています)のコース案内にはこの地図が使われてましたので...
 
 でもって、この中の第六番~第九番までのコースをパクッて、と言いながらもコースの前半は全く違うコースになってますが、このコースを「小さな輪の会」の大人の遠足(×2)で行こうと画策しているところです。
 
e0272042_18043734.jpg
 と言いながら、昨夜枕もとの書庫でこんな案内書(るるぶ)を見つけてしまいました...(今更遅しです。)44♡ 




[PR]
by moccinocraft | 2017-03-18 18:31 | | Comments(0)

秩父札所めぐり第七番~第九番、十一番、十二番

 昨年の11月に引き続き、秩父札所三十四ケ所巡りの第③弾、横瀬駅近辺の第七番~第九番、十一番、十二番を巡ってきました。
 西武秩父駅で降り立ち、車で来た場合の元来た道方面に向かいます。
e0272042_17434393.jpg
 秩父市内に入る最後の峠を荒川の下流方面に進むと、第十一番常楽寺があります。
e0272042_17434891.jpg
 山手斜面にあり道路も少し離れてますが、閑散としているわけではなく、すこし活気はあるかもしれませんが、訪れたのは我々だけ。 でも、十五人参加のウチ御朱印帳を持参しているメンバーが四人います。

 ここから、R299をそこそこ移動し途中から国道を離れて分け入ったところが...
e0272042_17435555.jpg
 第7番法長寺。 国道より離れたので、敷地も広く何処か落ち着きますね。
e0272042_17435687.jpg
 落ち着きついでに、サルスベリには黒松がちゃっかり居候!
 ここから次の第6番卜雲寺はすぐ。
e0272042_17435923.jpg
 春うらら、左の梅の木も...
e0272042_17440451.jpg
 かなり芽吹いています。 こちら、紅白の花がひとつの木で楽しめるとか!
 ここからR299を横切って一番遠い第8番西善寺に向かいます。
e0272042_17440703.jpg
 お寺自体は一番大きなもので、丁度ベンチもあったので、こちらでお昼をいただきました。
 頂きながら、目の前には...
e0272042_17441039.jpg
 樹齢600年のコミネモミジが、その広大な枝葉を広げています。 根本周3mはありますね! 本堂の反対側はすべて占領しています。 秋も良さそう!
 ここから西武秩父方面にかなり戻ると、第9番明智寺。
e0272042_17441466.jpg
 何処となく広場の様。お寺自体も六角堂なのでインパクトは若干薄目。
 さらにR299を戻り、最初の第11番常楽寺あたりまで戻って、町中方面左側に曲がって羊山公園の北裏手を進むと... 
e0272042_17441692.jpg
 本日最後の札所第12番野坂寺に着きます。 なにやら境内が甕だらけ。 一人が開いている甕を覗くと、どうも水連らしいとのこと。  てっきり黒酢でも作っているのかと思いました。
 
 今回が都合③回目の札所めぐり、 第①回目は参加し損ねたので、12ケ所制覇! 約1/3終了ですね。 でも、何処かで欠損分を埋め合わせしないといけんなあ!?







[PR]
by moccinocraft | 2017-03-01 18:45 | | Comments(0)

蔵王樹氷とスノーシュー(二日目)

 前日はそれほど就寝が遅くなかったのにもかかわらず、余り寝ることが出来ないうちに朝を迎え、朝食。
e0272042_17520763.jpg
出発まで時間の余裕があるので、まったりと時間を過ごし...
e0272042_17521756.jpg
 今日の天気は、と外を見ると...
 
e0272042_17522299.jpg
 ピーカンの時もありましたが... ペンションの前は雪が屋根に届きそう!さらに。屋根からのつららがその雪に突き刺さっています。
e0272042_17522467.jpg
 早速今日のメインイベント「スノーシュー」に出かけますが、すぐ脇のリフトの出発点まで下って準備。 こうやってみると、ペンションはスキー場の中にあり、建物がサンダーバードの秘密基地みたいですね!
 2枚前の写真のとおり、晴れ間が出たのはその時だけ。 それ以外はこの写真のように雪煙舞い散る冬型気圧配置で、雪が降りすぎてこの先のリフトは運休という事になりました。
e0272042_17524983.jpg
 それでも、慣れないスノーシューを付けていますが、2週間前に予行演習したRさんまで左右逆に履いてしまう始末。
 何とか一本目のリフトに乗り、そこからさらに100mほど登ります。
e0272042_17525620.jpg
 やはり頂上に行かなくても寒~い! ここはブナなどの林で、戦時中は燃料不足のために沢山刈られたとのことで、そのまま残っていたら、白神山中より広大なブナ林があったという事でした。
 2本乗り継いで300mほど登ると、先日TVでも放映していたアイスモンスターが見られるそうです。 ここでは...
e0272042_17525264.jpg
 樹氷はアオモリトドマツにしかできなくて、過冷却水滴が葉っぱに当たって風上方向に出来るものだそうです。 形からエビの尻尾といわれるそうですが、地元ではそうは呼ばないみたいですね。
 結局行程を半分ぐらいカットして、直にペンションに戻ってきました。 先頭のガイドさん以下数名は、雪をラッセルしながらの行軍だったので、かなりお疲れだったでしょう!
e0272042_17530083.jpg
 帰ったらすぐに昼食のうどん。 その後、下に降りるバスが4時なのでまったりと時間つぶし... 結局イベントな間は待ち時間をいかに過ごすかとなり、スノーシューをリタイアした一人は、4時の前の1時半のバスに乗り(両方とも無料)かみのやま温泉でお風呂に入ったとか。
 帰りの山形新幹線は、宇都宮までかなり長く感じられ、そこから地元まではあっという間。
 でも、道中山形の風邪をもらってきたみたいです...

[PR]
by moccinocraft | 2017-02-23 18:29 | | Comments(0)

蔵王樹氷とスノーシュー(一日目)

 昨日からのスノーシューッアー第一日目は移動から始まり、地元から大宮まで在来線を乗り継ぎ、大宮駅にて山形新幹線「つばさ121号」に乗り込みました。 

e0272042_21021575.jpg
 通勤時間帯に少しばかりかかると言うことで、指定席を選択して往路は楽ちんプラン。 4時間ほどして終着駅新庄に着き、奥羽西線に乗り換え...
e0272042_21021669.jpg
 在来線を古口までゆるーりと電車の旅。
e0272042_21115159.jpg
 少し鄙びてますが... ここからは歩き。
e0272042_21022437.jpg
 目指すは...
e0272042_21022628.jpg
 最上川船下り。 すぐに乗船しますが、我々は登山靴のため手際が悪い。
e0272042_21023081.jpg
 でも、船頭の一人一人に語りかえるような方言に癒されつつ、船頭の歌も出て。
e0272042_21023327.jpg
 周りの冬景色も堪能しました。
 下船後、いったん古口まで戻り、そこから蔵王温泉まで戻ります。 

 そして、ロープウェイで山頂まで登り、幻想的な樹氷のライトアップを見ました。 
e0272042_21250140.jpg
 山頂駅の右左でライトアップの色が違うイリュージョン。 こちらはショップ側の緑色のライトアップです。
e0272042_21250381.jpg
 こんな感じで緑色をかけてます。
e0272042_21245437.jpg
 こちらは反対側のオレンジ(これでも)、両方撮っても外はブリザードなので凍えながら我慢しきれなくなると、ショップに戻り体とカメラを解凍します。
 いよいよ完全に我慢しきれなくなったところで下山。 チャータ―したタクシーで当日の宿、坊平高原ペンションtooCottonに向かいます。

 真っ暗でも多少雪明りがある現地に着き、ペンションまでの雪の登りをひたすら歩き、やっと宿に着きます。

 休憩もほどほどに夕食時間。
e0272042_21023798.jpg
 すでに用意は出来あがっていて、即夕食タイム。ワインもスタンバイして、丁度飲みたかったところなのですでに喉から手が出ていて...
e0272042_21023947.jpg
 本来は、上の写真メンバーのワイン注文テーブルに座るところがその必要も無く、 美味しく晩餐メニューをいただきました。
e0272042_21024325.jpg
 で、締めはデザートに珈琲! 珈琲豆がジュート袋に入ったものを買い付けているだけに、こだわりの深さを実感。 翌朝雪風にさらしている、ざるに入った珈琲豆を発見。 この珈琲は深い味わいでした。 続く~











[PR]
by moccinocraft | 2017-02-21 21:51 | | Comments(0)

乗鞍スノーシューツアー(2日目)

 ペンションウインズでの二日目、先ず朝食から...
e0272042_17013947.jpg
 オーナーシェフがフランスで仕込んできたというふわふわのオムレツを、自らサービス。
e0272042_17014390.jpg
 柔らかさははんぺんに近いものがあります。 隣は燻製されたベーコン。このお皿だけでもかなりおなかが膨れますよね...

 あまりゆっくりと食べてはいられません。 今日のメインのスノ-シューがあります。

 9:30に支度をして車に乗り込み、途中スノーシューのレンタルがてらそれほど遠くない善五郎の滝のパーキングに着きます。
 スノーシューを装着し、と言いながら4人のうち3人は初心者なので、オーナー(オーナーシェフがガイド=以後は専門の業者にバトンタッチするんだとか...)が手取り足取り装着。 場を踏んでいるはずの私も、見事に左右逆に装着しているのを指摘されました。
 軽い準備体操をして出発!!
e0272042_17024185.jpg
 途中、余り景色の変化のないところなので、生えている樹木や動物が居たらこんな足跡になるというデモ(ストックで模倣)をしながら雪の中を進みます。
 上の写真は白樺の種のところの説明で、その後100mぐらい行ったところで現物の種を見つけました。(写真は借り物)44す ほんとに小さくて、形がグライダーの様になっていて、タンポポの種よろしくちゃんと飛んでいくそうです... タンポポのほうは、さながら気球ですけどね。

 歩く事30分弱、最後は滝つぼに降りていく下りなので、今日一番の危険箇所!
e0272042_17020751.jpg
 下流を見ると自然のマカロンがあります。 右側の斜線は滝つぼに通ずる橋の欄干!
e0272042_17022251.jpg
 2番目の橋に差し掛かるとご本尊「善五郎の滝」全景が見えます。 左の三角に欠けているところは水が凍らないで落ちています。
 中央付近の黒い枝のような部分の下に、先客のアイスクライニングをされている方がいます。 その少し左に、スキーをしている人みたいに見えますが、これはただの氷にすき間。
e0272042_17022531.jpg
 左の三角の部分を撮ってみましたが、滝が落ちているところは見にくいですね。 その向こうの岩肌には、滝のしぶきが飛んでできたクラゲ状のつららが見えます。
e0272042_17030042.jpg
 でもって、メンバー全員で記念撮影! ここまで事故はありません!
e0272042_17030517.jpg
 で、お題「攻める二人」。 右のメンバーは写真が趣味。 次の例会の作品を!と必死です!
 で、ここで休憩。オーナーシェフにココアを入れていただき... デザートが
e0272042_17030958.jpg
 ミネラル入りの天然キャンディー!!(つららとも言う!=ネタばらしになってしまいましたが、この先オーナーシェフのスノーシューガイドは当分無いので...)44♡ 
 まだまだあります。
e0272042_17031773.jpg
 かき氷の練乳かけ!!(材料は昨日降った新雪です!) 黒い手袋の先にスプーンがあり、その先の雪に練乳が乗っています。
 おまけで
e0272042_17031386.jpg
 クマの手の忘れ物。 毎年この場所に出来るそうで...
 いろいろオーナーの機知に富んだガイドで楽しく、初めてのスノーシュー(3人には)を満喫できました。
 
 スノーシューからペンションに戻ると12時。 会計を済ませ、お昼の場所に向かいます。

 この辺からscore教授のパクリになりますが...
e0272042_17032762.jpg
 「合掌」さんでおそばをいただき。 これは私の盛りでしたが、他の3人は体が冷えるといけないので温かいそばを注文!
 食べ終わると車で元来た道を少し戻り...
e0272042_17033288.jpg
 ヤムヤムツリーで試食用に購入したハードタイプのバームクーヘンとコーヒーで、食後直ぐのお茶タイム。 この写真はお茶した奥のところに在るラブステージで、オーナーを酔わせるとステージが始まるそうです!
 その後、お土産用のソフトタイプのバームクーヘンを購入し、やっと帰路に向かいました。

 車中、善五郎の滝では距離的に物足りなかったとの声もあり、次回は少し長めのスノーシューツアーを組もうかと考えています。 初めてのスノーシューでしたが、事故も無く快適でした。 
 でも、今回のメンバーの一人と、再来週蔵王方面のスノーシューに行きますよ!!(こちらは17人のツアー)
 















[PR]
by moccinocraft | 2017-02-05 18:05 | | Comments(0)

乗鞍スノーシューツアー(1日目・宿)

 まだ2月1日のお話。 温泉をあきらめて一路「ペンションウインズ」へ。

 来た道を戻って、楢の木坂バス停手前の十字路を左折。 温泉からの道もかなり雪が残ってましたが、この十字路から200mも大型の除雪車が入らないようなのでそこそこの雪量です。 同乗者に、これがウインズだよと隣の建物を指さしながら本物のウインズに入る道を曲がると、一斉に非難の声が...

 結局のところ、4時ちょっと過ぎの到着で、これだったら温泉に入れたな~!と話しながらチェックインしました。

 部屋に荷物を運びこんで、そのあとダイニングで休憩。

 早速、今日の一つの目的である音楽鑑賞に入ろうとして、アンプに火が入り... CDをヤマハのプレイヤーにセットの、▶ボタンプッシュ!

 あれ、音が出ない!
e0272042_17155680.jpg
 こんなにCD持ってきたのに... とぼやいていたら、そこでオーナー登場!

 挨拶もそこそこに、オーナーがヤマハのアンプの裏でごそごそ... 音が出てきたと喜んで、アンプに眼をやるとステレオ紙のおまけアンプサイズのミニアンプで、何とバッテリー駆動だそうで、電源はバイクのバッテリーに繋いでいました。
 さらに驚いたのが、最近流行のデジタルアンプではなく、アナログアンプだそうで!

 確かにクリアで残留ノイズも無い...
 最初は、モーツアルトのピアノ協奏曲に始まり、すぐに私の得意な女性JAZZボーカル、にスイッチ。 その後も7枚ほどとっかえひっかえ夕飯前まで4人で聴きました。 一番このシステムに合っていたのがこれ、そこそこ太めな声がジャストフィット。 やせた音源より若干マッキントッシュサウンド系の音源の方がよろしいようで...

 でもって、夕食の用意も出来てテーブルにつき、先ずは今日のワインのセレクト。
e0272042_17530413.jpg
 ボルドーのブロート・シシュル。(確か...) 手前のパンは、ブロート・フューゲルのライ麦パンです。 エッジの立ったわかりやすい味ですが、ボジョレーヌーボーではありませんし、味も異なります。 千円未満のワインしか普段飲んでないので、これに慣れると危ないかも!!

 続いて
e0272042_17160425.jpg
 イカとブラックオリーブのサラダ。 あまりこの辺で凝ったものが出てくるとお手上げなので、すっきりと...

 続く開田高原豚を使った一品は写真撮り忘れ... 記憶も、少し混乱していた時なのでトンでいます。(大丈夫か...)44♡ 

 次はしっかり記憶が戻って
e0272042_17161407.jpg
 色々な野菜が入ったスープ。 ベースはコーンですが、野菜多種・ハーブ多種・その他調味料いろいろの味が万華鏡の様! 見た目と違いますよ~!

 箸休め?
e0272042_17161864.jpg
 シシャモのスモーク。 私、魚嫌いなんですが、頭から食べられました。 ちなみにシシャモが2番目に嫌いなんですけどね。

 そしてメインのお魚、タラのラタトーユ添え。 こちらも難なく食べられました。 一番嫌いなのが煮魚(種類を問わず)ですよ。 あ、ここでもワインの力が蘇り写真撮り忘れています...
e0272042_17160984.jpg
 次のメインのお肉、カモのコンフィー! これも写真の撮り忘れなので、HPから借りてきました。 確かこれもスモークされていたと聞いたような... 

 でもって、デザートが奥様特製シャーベット!
e0272042_17162443.jpg
 これで目覚めました!!

 気が引き締まって、食後の音楽鑑賞突入タイム~!  
 特に、ラビアンロース(シャンソン)比較試聴は盛り上がりました。 その後は映画音楽トークに話が咲き、白熱したところでオーナー登場。 アナログ盤試聴タイムにスイッチ。 最初はカーペンターズに始まり、米国ポップスからつながりで美空ひばりのJAZZ。 それから私の嫌いな中島みゆきに盤が代わり、でも初期のアルバムなのでセーフ。あの独特の声は無かったので一安心。 最後はビルエバンスで締めとなりました。

 その後は、写真談議になって、天体写真にシフト。 宇宙の話から臨死体験の話まで脱線(?)して、夏の夜の怖い~話、ではありませんよ...

 明日のスノーシューに備えてお開き! 1日目の夜はふけていきました...


 





[PR]
by moccinocraft | 2017-02-03 18:30 | | Comments(0)

乗鞍スノーシューツアー(1日目)

 所属していた組織の現役とOBの各二人ずつで、乗鞍までスノーシューツアーに行ってきました。 先ずはその1日目(2月1日)のさわりについて...

 地元を9時に出発して、圏央道入間ICから高速に乗り途中休憩を挟んで松本ICに到着したのが、かれこれお昼に近い時間。 当初は安曇野の美術館に行くつもりだったのに、この時間配分だと予定の2軒をはしょるようかもしれないと、予定の前後を入れ替えてお昼のイタリアンへ...

 松本ICからそれほど遠くない「ラフェリチタァ」に行きました。 色々と悩んだ結果、セットの組み合わせでかつシェアをすることにして...
e0272042_19470699.jpg
 前菜のサラダと,サービスピッツァ。 手始めですから、そこそこの味。 
 続いて...
e0272042_19471391.jpg
 始めに来たのが、桜エビと彩り野菜のガーリックマヨネーズピッツァ。 桜エビを焦がした感じで香ばしく,サクサク感満載! 最初から8等分になっています。
e0272042_19471668.jpg
 続いて、安曇野豚とポルチーニ茸のトマトクリームソーススパゲティに,名前の記録を忘れた,リンゴと蜂蜜のピッツア。 スパゲティは定番のトマト味で、ピッツアはデザート系の甘さ控えめドルチェ(?)
 スパゲティーは定番の味なのでご想像通りの食感と,押しの強い味付けで,デザート感覚のピッツアと相性が良いです。メインはお互い存在感を主張しながらもバランスのとれた味で、4人でシェアしながら,雑談に花を咲かせながら食べました。 そこそこ騒がしかったけれども、子供連れの家族もピーチクハーチクそこそこ騒がしかったです。 ちょっとおしゃれなお店なんだから、親は注意しましょうね~!
 
 続いて,そんなに遠くないと踏んで、安曇野市穂高北穂高にある「安曇野高橋節郎美術館」に行きました。
e0272042_19472105.jpg
 瀟洒な建築物で、入館料大人400円と非常にリーズナブル。 独特の作品感もさることながら、付属屋として館内に(建物の中庭あたりに)ご本人の生家もあって,面白い構成だな、と思いました。
e0272042_19472331.jpg
 墨彩画や書、さらに漆の工芸品(美術品であるが)と多彩な作品があり、アバンギャルドな作風でもある節郎の作品は見方によってはおしゃれです。

 この辺りで時間配分がおかしくなり、乗鞍に向かうことにしました。

 普段は松本ICから松本電鉄に沿って乗鞍本面に走りますが、今回は三角形の一辺の応用で2桁3桁の県道を乗り付いで約一時間。 楢の木坂バス停のペンションの入り口を通り過ぎ温泉施設「湯けむり館」までたどり着きました。 でも時間が4時過ぎなので,1日の宿「ペンションウインズ」に後ろ髪を引かれながらも戻ったのでした。 

 つづく...




[PR]
by moccinocraft | 2017-02-02 20:59 | | Comments(0)

防寒テムレス

 先週からの考察、防寒テムレスについて...
e0272042_17591731.jpg
 ペンションウインズさんのツイッターで紹介があった防寒テムレス。 
 乗鞍のスキーインストラクターの間ですでに御用達となっているそうで、スキーに良いということはスノーシューにも応用でき、かつ冬場の家の作業にも使えそう! ということで、早速注文。 第一弾が15日に届き、一双は友人の胡将君におすそ分けしました。 中がボアになっていてはめた瞬間温かいですね。

 本当は、片手に防寒テムレス、もう片方に山用のー14℃対応グローブをはめて比較すれば良いのでしょうけど、その後少し暖かくて試す機会がありません。 先日のJKのタイヤ交換(18日)の際は防寒テムレスを嵌めて作業しましたが、ここでも暖かだったので効能分らず!!
e0272042_17592083.jpg
 でも、タイヤ洗浄の際は水道を使ってます。 この時全く冷たさは感じなかったですね~!
 袋にー60℃の表示がありますが、これはその温度でもはめていれば寒くないですよ~、ではなく、手袋自体が固くならない温度の表示です。

 ホームセンターなのでは見かけないので、ウェブ注文しましたが、某密林商会あたりでは品切れになりそうだったので、カメラ屋さん系のウェブショップ(ポイントカードの始祖)で注文購入してます。
 ただ、サイズの下限はMまで、比較的手の小さい私はこのMでピッタシでした。 女性の方にもこの位で丁度良いのかも... (先日の江戸探訪で普段使いの手袋を購入しましたが、女性用のMでピッタシで、こちらのサイズ比較になりそうなので!)44♡ 

 来月のはじめに件のペンションウインズに行きますので、現地検証してみましょうかねぇ?!

 おまけ
e0272042_17592415.jpg
 節分??




[PR]
by moccinocraft | 2017-01-26 18:55 | | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24
 ご丁寧な説明ありがとう..
by kturabus at 01:01
基本的にスピーカーが8Ω..
by moccinocraft at 22:17
 スピーカーはトランペッ..
by kturabus at 21:51
勾配は間違いなく、十分に..
by moccinocraft at 07:28

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

CHRIS CONOR ⑯
at 2017-10-22 18:02
YAMAHA G-10WとF..
at 2017-10-21 17:29
CONNIE EVINGSO..
at 2017-10-20 18:55
2017年コンクリぬりぬり⑨
at 2017-10-19 17:49
LINDA ROSTADT ④
at 2017-10-18 19:01

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧