カテゴリ:山( 117 )

PaaGo with boreas

e0272042_20413066.jpg
 本日の山用品、やっとのこと胸周りのザックの別収納用具が決まりました。

 昨年末、あ~でもない、こ~でもないとサブバッグのセッティングをしていましたが、イマイチしっくりこない。

 気になりながら、2月の初めに高峰高原(浅間山西)のスノーシューが迫ってきたので、小物入れ(ウオータープルーフ)を買いに比較的近場の「WILD 1 ふじみ野店」に行ってきました。

 ウオータープルーフの方はすぐ見つかり、時間もあったので店内を徘徊。  2周目に差し掛かっ時に、真ん中の商品陳列ケージから何やら後光が...

 それが、この「PaaGo パスファインダーS」(以下「PF」)です。  形と言い、サイズと言い今まで持っていたモンベルのバッグと何ら変わりません。 ただ、決定的に違うのが3WAYのアタッチメント・ショルダーバッグです。

 何が違うかって、写真を良~く見て頂くと分かりますが、「PF」の取り付け紐のファスナー(プラスティックのパッチン止め)が、ザックのショルダーベルトに取り付けた、おまけで付いてくるファスナーの受けにパッチンとハマり、連結できるのです。(紫のベルトの部分)

 これだけで、私にとってはノーベル賞もの!

 さらに付属のベルトと差し替えると、単なるショルダーバックになり(下の写真右=ウエストバッグもOK)、そのベルトも、普段は「PF」が体のにせり出すのを防ぐため、自分の体と「PF」をくくりつける役割(写真左、この場合「PF」の背通しに通す=付属のベルトのファスナー雄・雌同士連結)を果たすマルチタレントぶりなのです。

 
 ただ、背通しに通すのはあまり好きではないので、上の写真の様に、ザックのファスナー部分に簡易カラピナを付け、「PF」の下の耳と連結させるようにしています。

 これは、別買の「おまけで付いてくるファスナーの受け」を2セット購入し、工作すればシステムとしては完璧なのですが、果たしてそこまでやる必要は??

e0272042_2041399.jpge0272042_20415616.jpg













 あと、収納するモノの収まり具合は、説明しても、私でないと良く分からないので省略します。

 その他の特徴を紹介しておくと..

 先ずは、左の写真、フロントのフラップがベルクロ一枚で貼り付けてあるので、取り出しが片手でアクセスできること。(これ雪の山では重要=手袋しているので!)

 それから、右の写真、背通しにアミアミがついて中にレインカバー標準装備。  これチェック・ポイント!

e0272042_2042419.jpge0272042_20422019.jpg











 そして最後に...  マニュアルがと~っても分かりやすい。

 ポイントを押さえた説明で、イラストも親切。 さらに何を入れるかの説明で、メッシュ・ポケットのトコロに「あるいはゴミなど」...ですよ。 これ、山登る人には泣かせます。 山を汚すな!ではなく、(もちろん汚してはいけませんよ!)実際問題ゴミをどこに収納するか、現場に行った時にこれって悩みますもの。

 どストライクです。!!
[PR]
by moccinocraft | 2013-01-31 21:56 | | Comments(0)

蘇我丘陵

e0272042_19293321.jpg
 本日、「さわやかハイキングクラブ」1月の例会で、小田原の東「蘇我丘陵」に行ってきました。

 総勢15名参加予定が、風邪などの影響で11名に減って、比較的こじんまりの、マイクロバスは
余裕の行程で、東所沢を出発。  さしたる渋滞も無く、御殿場線上大井駅近くの了義寺野注書状に到着し、いつも通り入念な準備体操のあと、時間通り9時半に出発しました。

 この写真は、お昼を食べた後の「見晴台」のちょっと先から見た丘陵全体ですが、登山というより、ミカン畑(それも殆ど収穫されつくした)の間を抜ける里山山歩という感じで、傾斜は有るものの山を登っている感覚は有りません。

 ほどなく[いこいの村あしがら]に着き、そこからは右90度に曲がって南下。ず~っと農道を進んでいきます。  出発から1時間チョイ程で最初のピーク317mの浅間山に到着。
e0272042_20491975.jpg
 でも、このように鉄塔が有るだけで、どこぞ頂上と表示は全くありません。  

 5分ぐらいの休憩の後、次のピーク不動山を目指しますが、稜線らしき農道を進むこと30分、突然
e0272042_20493933.jpg
  このような目印が出てきて、この先に不動山327.7mの山頂が有るのは分かりますが、展望が無いことだし、ここはパス...


e0272042_20495860.jpg  そこからまた歩くこと30分、ミカン畑で猫3匹の襲来があり、ずっとついてきました。

リーダー格の猫。地元の人の話だと、野良。  最初は並んで歩いてましたが、猫好きな我々がわかったのか、体をさすると
両足でじゃれついてきます。  何か食べるものを頂戴!という感じで愛嬌をふりまきますが、  ネコ用になるようなものは持ち合わせていないので、ただ、こっちもじゃれる相手をしているだけ...

 六本松跡地の手枚で、テリトリーが違うのか、ついてきません。

 その先、2回ほど道を間違えつつ、
e0272042_21393312.jpg
 太平洋の見えるところに出て、後は下りだけで、バスと待ち合わせの国府津の駅前に到着。  でも、そんなに歩いた感は無かったにもかかわらず21,790歩の、思ったより、歩いた!歩いた!のコースでした。

 追記:天気予報では、そこそこの冷えという事で、メンバー全員厚着をして現地に臨みましたが、以外にあたたか!  登りの途中では太陽も出ていて、殆どの人がシャツ姿で大丈夫でした。 でも、さすがに雲が出てきたら+1枚羽織りましたけど...
[PR]
by moccinocraft | 2013-01-10 21:52 | | Comments(0)

養老渓谷

e0272042_2238072.jpg
 本日の登山、「さわやかハイキングクラブ」の12月例会「養老渓谷+大福山242m」です。

 大波のアクアラインから回り込み、10時31分に登山道入り口に到着しました。そこにはのんきに屋台など出て、今川焼など売っています。
 

 出だしらくちん、川沿いを歩きますので高低差は殆ど無い感じ。  ただ1.5mぐらいの幅の川を31か所も藁らなくてはならす、少し注意が必要です。  上の写真のような紅葉が楽しめる場所は限られますが、まわりの強風は渓谷の外の話で、穏やかな山歩ができます。
e0272042_22382576.jpg
 でもこんなのどかな場所は渓谷のみで、途中の分岐からは山らしい高度を上げる登山道で、40分ほど行きますが。

 ポッと出た林道では、また屋台が出ていて大判焼きなぞ売っており、登山の雰囲気がそがれます。

 その先10mぐらい登ると展望台があり、低いながらも眺望が有ります。↓
e0272042_22384327.jpg

 分岐後のあん部や頂上では、それこそ強風で体重の少ないメンバーは風に体をもってかれてしまいます。

 展望台から後は、多少の行き違いが有り、ロスタイムを作ってしまいましたが...

 その後、少し離れた亀山温泉で昼食とチョコレート色の温泉をいただき、途中農産物販売所により、この地の名産の卵や唐辛子を仕入れます。

 高速に乗って一気に帰路に...と言いたいところですが、何やらアクアライン閉鎖の電光掲示板が目に飛び込んできました。  事実千葉あたりまでベタ込みで、もう7時過ぎです。

 でもさすがに京葉道路方面あたりからすきはじめ、スカイツリーも水墨画のように渋すぎです。

 運河あたりで、スカイツリーに最も近づくと展望台2か所に流れ星の様な電飾が走っており。最初に見たかざりには天の川のような飾りがセンス良く付いていて、一同江戸ツアー大満足です。

 結局、中央高速方面は、トンネル事故で遠慮し、茨城方面は地震をさけての不人気、結局近場の遠出として千葉に人気が集まり、かつ強風の悪条件が重なって結構な渋滞が出現となりました。

 その結果、スカイツリーの電飾が観れたので、結果オーライでしょうか?
[PR]
by moccinocraft | 2012-12-08 23:24 | | Comments(0)

KNIFE

e0272042_17535687.jpg
 本日の男の持ちモノ、KNIFEです。銃刀法改正で刃渡りウンcmの物は所持してはいけない(持ち歩いてはいけない)、とかありますので、取り扱い注意なのですが、大きめなのはカギのかかるところにしまってありますので、一応可かなと...

 最初のは、今からウン十年前の中学生当時、スポーツ用品店で買い求めた本当のスポーツ・ハチェットナイフです。確か千円してないと思いますが、バンガローに泊まるのに必要と思って、ザックと一緒に買ったモノです。 エバーニュー製のNo.5

 ド鉄のモデルですが、磨き倒しているので、ご覧のような艶となっています。

 高校生の頃は、板に投げて挿す練習をして、一時ボロボロになっていましたが、2か月かけ磨き、修復しました。
e0272042_17542873.jpg
 そしてこちらは、年代順ではございません。  値段順で、ひょっとしたら次のヴィクトリノックスより高いのかもしれないFEATHERMANのJUISEのS2、7000円ぐらいしそうです。  メインはペンチなので、ナイフの分類では無いのかもしれませんが、缶切り、ハサミ、+ドライバー、-ドライバー3種入った8得となっています。

 どちらかというと、エマージェンシー用、これと似た別会社の物を車に乗せてあります。
e0272042_17543329.jpg
 次が、問題のヴィクトリノックス、型番は分かりませんが、スイスのお土産です。  大・小ナイフ、ハサミ、缶切り2種、-ドライバー、コルク抜き、フック(?)、つまようじ、ボールペン、ピンセット(以上本体)、ミニマグライト(SOLITAIRE=10年放りっぱなしでも点灯しました)、定規、温度計、コンパスの15得。いやはや、すさまじいものです。

 
 たしか、親がスイスに行った時、購入したモノですが、翌年も同じスイスに行き、大量にヴィクトリノックスを買ってきましたが、その時は8得。  でも副産物で、カラン・ダッシュのボールペンを大量買入してきたのには助かりました。(私、同ボールペン大好きなので)
e0272042_1755659.jpg
 そしてここからが本題、先ずはGERBERのフォールディングナイフ。  モデル名は失念しましたが、これが一番対遭いやすいステンレス製。シースも使いやすく4つ前の職場で、スズランテープのカットに使ってました。  これカッターよりも使いやすいので腰のベルトに挿してましたが、同僚からは冷たい目で見られてました。(苦笑)

 当時、紹介ウエブでは、番線にこのナイフを押し当て、上からハンマーで叩き番線をカットする映像の紹介がありましたが、小心者の私としてはそんな事は出来ません! 
e0272042_1755870.jpg
 最後に真打、BUCK社の112FG(フィンガーグルーブ)です。 その名のとおり指がハマるように指の形にグリップがえぐれていますが、FGなしのモノも物も有ります。

 一般的に、BUCK社と言えば、定番は110モデルなのですが、小柄な私としましてはジュニア・モデルの112のほうが手になじみやすいのでこちらを求めました。  一万円超えてたかな?

 その特徴に、420HCという鋼を使っている事が最大の特徴で、買ってから後自分で研いでその切れ味を出す事が、ナイフを持つ楽しみとなっています。  事実、砥石もBUCK社のラインナップに有りますし、愛好家は常に砥石を持ち歩き、唾液で砥石を湿らせせっせと磨いています。(普段は、ホーミングオイルを用いる)

 ナイフというと危険な趣味に思われますが、我々が育った時代は「肥後之守」が有ったように、正しい刃物の使い方を学び、教える事は、そのほかの刃物を使うときの安全に繋がると思います。  女性(に限らす)は料理の時に使う包丁あり(包丁のほうがよっぽど刃渡りが長い!)、普段使うカッターやら、カンナやら、のこぎりやら、大人になっていくに従い、刃物と接する時間は多くなってますから!!
[PR]
by moccinocraft | 2012-10-24 19:36 | | Comments(0)

boreas

e0272042_17194975.jpg
横向きで失礼しま~す。

 昨日のお買いものLOWA TAHOE PRO WXLで、特別セールだったのでポイントが多めに付き、気が付いてみたら、そこそこのバックが買えるほどになってました。 それも、周りにいる人をお買い物に誘って、支払いの際には自分のポイントカードを差し出して、ポイント寄生する悪どいことをしていたからです。(モトさんはじめ皆さん、ごめんなさいね。)

 ということで、みんなのポイントで買えた(もらった)この boreas Muir Woods 30。  ゲットしましたので、早速次の山行でお披露目したいと思います。(バチが当たったのか、次の山行が当分来ません。)

 ショップでは、ここのところ置き始めたのか、初めて見るブランドです。  ウエブで調べたところ、アメリカはサンフランシスコにある会社らしく、君筒のザックの紹介ビデオでは、何回も「ブラン・ニュ~」と言ってました。

 ショップで、何か変な形だな~(イモ虫か?)、と思いながらあれこれ触ってみると、思いのほか使いやすそう。  ポイントも有るし、と勢いで買ってしまいました(あ、皆さんのポイントで頂きました。多謝!)

 で1枚目の写真。 何の変哲もない絵ですが、センタの切れ込みにテープが隠れていて何かと引っかけモノに重宝しそうです。  一番下のループには、LEKIのストック(T字型)のハンドルが辛うじて入り、倒立保持ができそうですが(止めバンドあり)、ループから抜ける事も有るので、別の保持対策が必要と感じました。  横にも2本同じテープが装着されてますね。
e0272042_17514587.jpg
こちらも横向き、ファイルサイズを押さえるためにこのような事をしています。見難くてごめんなさい。

 続いて、背負い面。  やはりこの背当ては、空気の通り道としては最強でしょう。  波状ウレタンにメッシュ素材。これには一発でトリコになりました。  さらにショルダーストラップもメッシュに穴あけウレタンで通気性バツグン(と思われる)!  腰のベルトに付属のサイドポケットもショルダーストラップの穴あけウレタンとおんなじデザイン。おしゃれですね。 胸のストラップは移動可の今時のモノです。
e0272042_1844544.jpg
e0272042_184452.jpg









 収納について、左の写真は1気室の開口部より肩側に付いている隠れポケット。  次いで、右側の写真は隠れポケットより、さらに肩側に出ている給水システムのチューブが出てくる窓。  最近の必須アイテムですかね。 

e0272042_1803710.jpg
 こちらは、その1気室のジッパーを開けたところです。  そう、かぶせタイプではありません、このザック。  上の隠れポケットノインナーメッシュが見えますね。

 なかは、極めて普通。ただの1気室です。



 最後は右の写真の、ペロンと垂れている部分にある収納。  普通のかぶせタイプではかぶせ部分に付いているモノです。






e0272042_1817186.jpg 中にも、仕分けの別ポケットが付いていて、使い勝手が良さそう!

 まだ、現場に出て使って見たわけではないので、評価は出来ませんが、良さそうな感じはします。  後は実践あるのみ!

 そうそう、このモデル、アルミフレームが内装されていますが、重くは感じません。
[PR]
by moccinocraft | 2012-09-28 18:41 | | Comments(0)

LOWA TAHOE

e0272042_1821349.jpg

 昨日、梅蘭でお昼を食べてから、神田に向かい「さかいや」さんにてLOWA TAHOE PRO WXLをやっと買ってきました。

 現在のモデルは表皮がヌバックになっていてます。  ちょっと前のモデルは

e0272042_18243252.jpg
 この、現在も名前を思い出せないモデル、と同様の表皮だったのですが...

 サイズは、履いて行った同じLOWAのサッポロが女性物の24.5cmだったので(まぬけの小足です。)、女性用の24.5cmを所望したところ、足が全然入りません。  所謂、日本人に合わせたWXL木型を使ったとはいえ、ワイドが少ないのでもうアウト。

 結局、男性モノの25cmに替えて一件落着です。(少し余裕はありますけど。)

 久々に、靴下の重ね履きする様ですかね?(絹の5本指ソックスの出番かしら?)

 そういえば、皮がヌバックになった他、上から2番目あたりにあったセンターフックが無くなり、きのこの様な飛びだし秒になったことで、ただ引っかけるだけではなく、そこに一回周靴紐をまきつけるらしいのです。

 それによって、さらに緩みが無くなるそうですが~。  でも、私引っかけ金具は全部上から下にかませるので殆ど緩まないですよ。

 靴は新品になったものですから、早速何処かの山に行きたいのですが、所属しているクラブの例会は雲取に筑波山でして、雲取は泊りだしレベルが高い。  筑波山のほうは日程がダブルブッキングになってしまうのでパスでしょうね。  となると、単独で行く~?

 最近単独やってないから、根性無しになっていて行く気がしないし、困ったもんだ。

 100Mさん臨時山行出してくださ~い!(切なる希望)

 で、さかいやさんのポイントは今回貯めたのですが...(明日に続く・・・
[PR]
by moccinocraft | 2012-09-27 19:17 | | Comments(0)

LOWA

e0272042_2015899.jpg

 9月11日の八ヶ岳~の続編。  その日は同時多発テロがおこった日でしたね。  昨日装備品の手入れをしていたところ、LOWAのトレッキングブーツのソールが、剥がれている事に気が付きました。

 登山靴のほとんどはプラスティックソール使っているのですが、多くはイタリアのビブラム社のソールです。  このソール、早くは3年遅くて5年強で剥がれてくると言われていますが、私のは約7年。  もってくれた方です。

 私も覚悟はしていましたが、5年を過ぎたあたりからコノコトすっかり忘れていました。
e0272042_19594270.jpg

 上の写真のピンクの四角の部分、これを拡大したのがこの写真。

 分離しているのがわかると思います。考えてみると、前々回の山行から着地の瞬間に「ブニョォ」といった付帯音が付く事が多くなり、思えばそこですでに底が分離していたんですね。

 頭の隅にでもプラスティックソールは~、との意識があれば、最初の「ブニョォ」でこれは剥離だと分かったのですが、少し危機管理が甘かったようです。

 さて、このままでは山に行けません。  張替か新品購入かとなりますが、張替のほうが玄人っぽいっちゅうもの!  でも、あっさり出てきた結論が、新モデル「タホ」に買い替えでした。

 もっと、物を大事にせにゃ~あ。と天の声が聞こえてきそうですが、爪先の部分のアッパーレザーがいい具合に削れていて、防水スプレーの重ね塗りでごまかしていますが、そのうち化けの皮がはがれそうです。 これはまずいので...

 てなわけで、来週中のあいた日にでも神田方面に走らにゃ!!
 
[PR]
by moccinocraft | 2012-09-14 21:40 | | Comments(2)

八ッ岳 ニュウ~稲子湯

e0272042_21215177.jpg
 本日の登山、「さわやかハイキングクラブ」の9月例会「八ッ岳 ニュウ~稲子湯」です。

 今回は、通常14.5人参加のところ、何と24人!  そのため、バスもマイクロでは無く中型にグレードアップ。  そのため、いつも東所沢には予定時刻10分前についているのに、今日は8分遅れ。  段々この遅れが後に響いてくるのですが...

 天気予報通り、嵐山あたりから山並みを見るとガスってます。  トンネルを抜けると~の例があるので、軽井沢あたりのトンネルまで進むと、その先は快晴でした。 ただ、八ヶ岳の麓(国道299号線)に到達すると曇り気味。そんな心配をよそに白駒池入口Ⓟに着きます。(10:00)

 白駒池を半周し、オオシラビソの樹林帯に分け入りましたが、根と岩と穴で歩きにくくなっています。
e0272042_21221971.jpg

 こちらは、途中で撮ったきのこ。  ニュウへの分岐までほぼ順調に登っててきたのですが、雲はさらに多くなり、雷も鳴っています。  ここで判断しなければいけないのですが、出た答えは、なんとお昼にするというもの。

 その後、少し晴れ間も出てきたので、ニュウへ急ぎます。  乳(これがニュウだったのですね)には12:40に着き、記念撮影もそこそこに次の目的地に向かいます。  最初とこの写真はピークのものですが、最後の写真、何となく「乳」に見えなくもありません。
e0272042_23335277.jpg

 下りは、約2時間半見ていたのですが、実際は+1時間以上かかってしまい...

 男性が突然奇声とともに宙を飛び、3m下に転落してしまいました。  幸い怪我は無かったのですが、後で気が付いたら、メガネを飛ばしてしまったとのこと。  まあ、それだけで済んだという事で、そこそこ高い代償を払ってしまいました。

 さらに、女性の一人が遅れだし、膝が笑っていて最後には全く動けなくなってしまいました。  まだ、後30分は有ろうかというコースなので、とりあえず膝のサポーターと腰のサポーターをして何とか動ける状態にし、だましだましバス停まで移動し、そこへ借り上げバスに迎えに来てもらって、事なきを得ました。

 お陰で、稲子の湯はパス。  大幅に遅れて8時30分東所沢に到着。 何とか帰ってきたというのが正直な実感です。 チカレタ...

追記:山行の軌跡を載せてみます。ピンクが予定ルートで、灰色が実際のGARMIN GPSmap62SJの軌跡です。
e0272042_624366.jpg

[PR]
by moccinocraft | 2012-09-11 23:36 | | Comments(0)

GARMIN GPSMAP62SJ map転送

e0272042_14293223.jpge0272042_14294729.jpg
















 先日から、GPSmap62のルートが出ないと、すったもんだやってましたが、先ほどやっと案内が表示されるようになったのでご報告。

 map付属のソフトBaseCampを立ち上げ、ルートを作るところまでが前回でしたが、その状態が左の図で「国道299から稲子湯」までのルートが矢印の先にできてます。これはBaseCamp内のライブラリのコレクションの中に格納されているものです。

 これを、右の図の矢印のところ、今度はGPSMAP62SJ本体に持っていきたいので 、左の図から右の図のそれぞれ矢印から矢印までドラッグしてあげると・・・・
e0272042_154476.jpg

 このようにGPSMAP62SJ本体のすべてのデータの中に先ほどのルートが格納出来た事がわかります。
(まずは、めでたし!)
e0272042_182361.jpg
e0272042_1824815.jpg
 今度はGPSMAP62SJ本体の操作。 最初にデータを呼び出すので「検索」(左の図)から、以前は、「検索」の画面で項目が出ないな?と思っていたのですが、この画面、まだ下のほうにスクロールすると、他の分類があり、そこにこの画面のようにルートがありました。(今日最大の発見!)

そして、そこを選択してあげると...右の図のように先ほどのルートが出てきます。(涙)

 さらにそのルート選択すると! ジャジャーン
e0272042_1831363.jpg

 出てきました、感動の「国道299から稲子湯」までのルートご対面です。  うれしくって名前まで入れてしまいました!!
 ちょっとウエイポイント作りすぎたかな?

 輸入元の「いいよねっと」HPに「地図転送虎の巻」というのもあるのですが、こちらは他のモデルでの説明のため、手順がかなり違いますので、GPSMAP62SJをお持の方はこちらを参考にすると必ず迷います。(山で迷うわけではないので、まだ良いのですが!?)

 かれこれ、1週間はスッタモンダしましたが、結果オーライ。  これで安心して八つ岳に行くことができます。 完
[PR]
by moccinocraft | 2012-08-26 18:24 | | Comments(2)

GARMIN GPSMAP62SJ map導入

e0272042_15551945.jpg
 
 12日に日本登山地図10m等高線仕様が、はるばる岐阜より届きました。  もし販売店に在庫が無かった場合、ふじみ野駅の東側より、自宅を通り越していったん岐阜まで行き。 過日岐阜から自宅まで長の旅をしたことになります。

 埼玉→岐阜→埼玉で、どう見てもこれは逆輸入(県マタギの)という事になりますか?  販売店の説明では、倉庫からの出荷という事ですので、とりあえずはすんなり来たということでしょうか...

 お盆をまたいで、あ~でも無い、こ~でも無いとインストールやら、設定やらしてますが、まだ日の目を見ていないので、途中報告ということになります。

 このGARMINマップは、昔からセキュリティが固いのでGPS本体に格納するときに非常に面倒で、たとえGPS本体に格納済でも、この作業から逃れることはできません。

 私もこれで3回目ですが、今回はGPSと別包なので余計面倒です。

 
 日本登山地図10m等高線仕様についているクーポンコードとGPS本体のシリアルナンバーを用意し、GARMIN社日本語ヴァージョン代理店の「iいいよねっと」のHP内のロック解除サイトに接続して、必要項目を入力した後にロック解除コードをもらって、やっと地図のソフト「BASECAMP」をインストールすることができます。

 以前は、地図にルート等を作成しそのデータをGPSで使おうとするときには、別のソフト「カシミール」(個人が作成したソフト)を使わなければならなかったのですが、この日本登山地図10m等高線仕様では地図にそのまま連動している「BASECAMP」が有りますので、便利と言えば便利ですね。

 でもって、「BASECAMP」がインストールでき、幾分見にくい操作マニュアル を熟読して
e0272042_1612338.jpg

 何とかルート(地図上ではルートになっているけれど、GPS上ではまだルート案内まで至ってないので、ルートとは言えないのでは??)作ったのがこれ
e0272042_16454024.jpg

 9月11日の「さわやかハイキングクラブ」例会「北八つ、ニュウから稲子湯」(リーダー80歳!)です。  この先、未完成なのでどうなる事やら! 我々の登山の無事を祈ってくださいね~! 続く...
[PR]
by moccinocraft | 2012-08-16 16:54 | | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

上野鈴本演芸場(小さな和の会)
at 2017-12-14 18:13
LAUREL MASSE
at 2017-12-13 18:56
奥武蔵・西川林業地ハイキング
at 2017-12-12 21:25
JULIE LONDON⑱
at 2017-12-11 18:13
サランネット工作(予告)
at 2017-12-10 08:25

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧