カテゴリ:ムービー( 57 )

STAR WARS 8 最後のジュダイ4DX3D DARKSIDE(字幕版)

 昨年、12月28日にSTAR WARS 8 最後のジュダイ4DX3D LIGHTSIDE(吹替版)を観ましたが... この吹き替え版っていうのは普段見ないのですけれど、当日夜は忘年会、午後はお買い物と行事が詰まっていて、空いている朝方の時間帯には吹き替え版しかやっていなかった。というのが真相です。

 吹き替え版でも十分に楽しかったのですが、ところが、年を跨ぐころにはまた観てみたいという欲求が湧いてきました。 たまたま時間が空いていた8日に、また同じ映画館で字幕版を観たわけです。 前回は歩いて行きましたが、今回は終わるのが夜になってしまうので、軽トラで映画館に乗り付けて鑑賞!(ワイルドだなあ!)44後中9日 

 今回も面白かったですよ~!
e0272042_17400869.jpg
 ダークサイド版ということで、構えて観ましたが、あらすじは全く同じ!! 首をかしげながら帰途に就いたわけですが、帰りのエレベータで乗り合わせたカップルの男性が種明かし。 「ライトセーバーで、カイロ・レンとレイが戦う時に、ライトセイバーのカラーが赤だったろ? うんぬん。」

 ぁそんなものかと、背中で聞いて膝を打ってましたが、家に帰るとその辺全然覚えていない。と、ウエブで調べると...

 戦闘シーンの4Dの表現が違うらしく、そういえば、ライトサイドよリレイが突き飛ばされたとき、背中の揉み玉の突き上げが多いのは感じてましたので、やっぱりこれが正しいのかも、と思ったのです。

 突然ですが、犯人は、交差点に居たお祖母さんですよ! というのは冗談。 ライトサイドの時も言いましたが、本作でレイア姫は実質的にお終い。 これからはドロイドが残り、カイロレンとレイから後の世代の戦いのお話となるわけです。

 確か、残りの3部作で完結だったですよね! すでに8で一話終わったので、残り2話となるわけですけど、監督は変わっても大筋の処は踏襲されると思うので、次作も楽しみです。

 その前にもう一回ぐらい観ておこうかな? 

 ちなみに、今回は水噴射をオフにしておきました。 ところが、後ろの席から跳ねてきた水を被ってしまい、びしょ濡れではなく、微濡れぐらいになってしまったのです...


[PR]
by moccinocraft | 2018-01-11 18:14 | ムービー | Comments(0)

STAR WARS 8 最後のジュダイ

 ふと思い立って、25日に映画STAR WARS 8 最後のジュダイを観てきました。
e0272042_10300124.jpg
 前作で、ルーク・スカイウオーカーと会えたレンが主役の第8作。 宿敵ファースト・オーダーと戦っていく中、如何に自分自身の成長と反乱軍とコンタクトを如何に取っていくかがおもしろいところ...

 期待して、歩きで映画館まで行き、比較的親子連れ(小学生が多い=小学生には分からない内容もちらほら)の中、4Dで鑑賞しました。 今まで、3Dメガネは入口で渡されてましたけど、時代は変わる? 買い取りです。

 シニア料金から4Dの料金を差し引くと、1000円前後。 でも、足元チョロチョロ、前席から大量の水と風に耳元からも音に熱風、さらに座席の背中押つぼで、極めつけは4席一緒に揺れる、設備投資が大変な映画ですから、そこら辺りの設備使用料金を考えても、3Dメガネ次回持参時100円引きというのは高いのか安いのか?

 と言いながらも、大量の水を浴びながら楽しめましたけれどね! 一部旧作とは違う感じがいただけない意見もありますが...

 ネタバレしてしまうといけないので、本編の内容には触れません。 でも、ふと思ったのが、ルークとレンの会話の中でフォースの事に触れる場面があります。 これって自分の力では無く、あらゆるモノの物質と物資との間にあるエネルギーを、どうのこうのと言ってましたが、これってドラゴンボールでも似たような事を聞いたような...

 さらに、物質やら宇宙の成り立ちやらに出てくる、ダークマターにも繋がるような感じがします。 無理矢理だけど!

 非常に面白く鑑賞しましたが、レイア姫(レイア将軍)のキャリーフィッシャーさんは去年の12月に突然お亡くなりになったとか... ご冥福をお祈りします!


[PR]
by moccinocraft | 2017-12-28 11:00 | ムービー | Comments(0)

この世界の片隅に(DVD)

 本日もDVD鑑賞、片渕須直監督2016年封切の「この世界の片隅に」を3日間で観ました。
e0272042_17073319.jpg
 封切当時「君の名は」も映画館で上映中。 でも、本能的に「君の名は」生理的に合わないような気がして、映画館では「この世界の片隅に」を選んで鑑賞したと思います。 それも、自宅から歩いて行ける映画館ではなく、田んぼの真ん中にある映画館で...

 いまあらためて観ると、封切の時の印象とまた違う! 淡々とストーリーは展開していきますが、このDVDではさらに淡々さが半端ない。(同じもんなんですけどね) まるで、前章があってその続きを突然観始めた様です。

 主人公のん(女優さん)の淡々さが、そのまま全編にかけてバリアーを張っているかの様。 この点、宮崎駿作品の様な印象を受けます。(宮崎監督には2か月ほど前に会いました。=すれ違っただけですけど…)44雨だね 

 内容が戦争が始まって、主人公は突然お嫁に行くことなのですが、その相手とは、人さらいにあったときに、一緒にさらわれた男の子。 人さらいにあっても、冷静というか鈍感というか、主人公のプロットがかなり特殊な世界を作っています。

 戦争の時代背景なので、厳しい現実も描写されています。 現実逃避もしそうなところ、淡々とした性格が、前向きに人生を進もうと洗脳していて、これも一種独特な世界観ですね。

 なお、付属のブックレットには、用語解説があり、その中でピンときたものを紹介。

工廠:学徒動員などで戦争の道具を作っているところ。 うちの父親は、上福岡の工廠でゼロ戦の20mm機関砲の弾丸を作ってました。 本人、薬莢を持ってましたが、それはどう見ても7.7mmのほうだったと思います。

配給:物資が少なくなって、一定の食料などを計画的に均等に配ること。 私が仕事に就いたとき、隣の部署ではコメの配給の管理をしていました。 戦後は、実は終わってなかったのですよ。

この世界の片隅に
片渕須直監督作品
バンダイビジュアル
BCBA-4858
2016年




[PR]
by moccinocraft | 2017-10-25 17:42 | ムービー | Comments(0)

後ろ姿

 一昨日の話、用事があり夕方近くに市役所に行ってきました。 その前の週も行ったところ、目当ての職員が不在でリベンジとなったわけですが...
 5階にフロアが移ったのを先週確認済みなので、真っ直ぐエレベータに乗り5階で降りると、何処からか現れた2人組。 一人は白髪でどこかで見たような髪型です。 あれ先輩だったかな?(その先輩には、帰るときの駐車場でバッタリ会いました。)44♡ 

 ちょうどこんな感じです...
e0272042_18032783.jpg
画像はwebからお借りしています

 で、目当ての職員が在庁していたので用件はすぐに済みました。 帰ろうとして、隣の課の前を通ると知り合いが2人いて、一人は同級生。 

 懐かしいね~!と挨拶をすると、今有名な人が来ている、と返ってきて、それがアニメーターの宮崎駿さんだという話になり... どうもさっき見たような人が前を歩いていたわけだ、と納得しました。 上の写真は、同氏仕事中のモノですが...

 同氏は、トトロの森の基金の発起人の一人であることが有名です。 そのための来庁であるかは分かりません。 始めて市役所で会いました。

 昔は、西武ライオンズの田渕監督・石毛選手・渡辺投手などの面々をよく見かけ、いつぞやの優勝報告会では、たまたま通りかかって、紙テープを投げる役をおおせつかりました。 でも、その時は焦っていたので、紙テープをひらひらとなびかせたのではなく、紙テープ一個そのまま投げつけた格好になり、当時入団していて優勝の立役者だった、テリー選手の頭を直撃してしまった苦い経験があります。

 有名人を見かけることはあまりない事ですが、市役所では良く所ジョージ氏を見かけましたね。

 巷で見かけたのは、馬場のぼる・鳥飼久美子・志茂田景樹・鳳欄の各氏で、鳳欄氏は取り巻きが凄かったことが印象的ですね。 鳥飼久美子氏は彼女の知り合いに私が似ていたのか、ずっと視線を浴びていました。

 何といっても、「道」関連のイベントで大江健三郎氏の講演をお願いした事が一番のビッグイベントだったですかねぇ!(決して、私が招いたわけではございません!) その後、ノーベル文学賞を受賞したことは周知の事実です!!



[PR]
by moccinocraft | 2017-02-16 18:41 | ムービー | Comments(0)

STAR WARS R2-D2

 本日の購入、お昼と合わせてコンビニで、TAKARA-TOMYのメタコレシリ-ズで「R2-D2」を仕入れてきました。
 燦然と輝くDISNEYマーク、今やルーカスフィルムはDISNEYの傘下なんですね!
e0272042_17302081.jpg
 で、うちにあるR2-D2ものを集めてみました。
e0272042_17302566.jpg
 大きいのは、以前紹介したインフレーター・ラジオコントロールで、その前の小さいけど普通のサイズ2体は、左がハードビニールタイプで右がウレタンタイプ。 ウレタンタイプはかなり前の職場で子供が忘れていったものです。1か月ほど置いておき、現在は我が家で保管!  私のだ、と気づいた方はご一報を!

 実はこのTAKARA-TOMYのSTAR WARSものは、ほかにビーグルシリーズとスターカーシリーズがあり、各々ミレニアム・ファルコン号とR2-D2カーを持っていました...
e0272042_17453404.jpg
 以外と過去に買っていたんだね~!



[PR]
by moccinocraft | 2016-12-25 19:31 | ムービー | Comments(0)

この世界の片隅に

 本日の劇場映画、score教授の記事
を見て、観に行ってまいりましたTOHOシネマズLALAPORT富士見へ。
f0229581_22511020.jpg
 基本的なところはscore教授と同じ意見です。もちろん映画館は違いますので、そのインプレッションは違いますが...

 違うところと言えば、思っていた以上に戦争の見えないところが随所に出てきていて、本人が図らずも嫁いだ先の夫と舅は軍事関連に仕事を持ってますし、直接の原爆のシーン(後半で自分の家族の顛末を聞くときに、凄惨な場面は出てきます)は出てきませんが、イメージや他の説明画像で厳しい戦争の真っただ中に置かれた主人公の葛藤はあります。さらに、泣ける話というところを私は感じてしまいました。(当然、涙腺が緩んだのは間違いありません!)44💑  

 主人公が日ごろ事実を本人の楽天的な性格によりいなしていましたが、少しずつ現況に惑わされて、その良い面を失いかけます。  その先の事は描かれていませんが、想像するに良い方向に向かっているのでは?!と思えるのです。

 主人公は夫と会ったことを覚えていませんが、最後の方で出てくる、人さらいの籠の中で出会った少年だったとは面白い話ですね!(ネタをばらしてしまった!=まだまだ仕掛けは色々とありますので、これについては許してやってくださいね) 

 score教授の言われる音響について、富士見ののTOHOシネマズでも迫力がありました。 特に爆撃の音やその空気圧感!  近年、どこの映画でもそうですが、臨場感の無いサウンドエフェクトの映画はございません。  パールハーバーでの水中を切り開いていく弾丸の弾道や、この映画でも高射砲のや投下爆弾の破片の危険さの表現などは、SEファン(?)として非常に興味深いものがあります。

 実際に、私のおじさんが、実家の近くに爆弾が落ち、3mも吹き飛ばされた話など、この映画を見ているとその当時を実感しているかの思いがあります。

 私も、本年見た映画で間違いなくナンバーワンだと思います。
ダントツと云って良いでしょう。(まったく同じ意見。勝手に引用させていただきました!)

  



[PR]
by moccinocraft | 2016-11-28 18:03 | ムービー | Comments(0)

STAR WARS RADIO CONTROL INFRATABLE R2-D2

 本日(10月26日だったのですけれど)の届きもの、大阪はCANDY TOWERに注文していた、「STAR WARS RADIO CONTROL INFRATABLE R2-D2」が届きましたので、ご報告です。
e0272042_17575770.jpg
 パッケージはこれ...  結構リアルなんですけど、アメリカ物の常で写真だかイラストだか分らない!ひょっとするとCGでしょうかね?
 早速開けてみると...
e0272042_17580190.jpg
 構成部品少な!  本体は張りぼてならぬ所謂「風船」ですから、身長65cmのわりに箱も小さいわけだ...  黒い3本の真ん中の太いのがドライブユニットです。
26日から今日まで放っておいたのは、送信機の電池「9U」日本規格006Pの入手が遅れたためでした。  それで、電池もそろったので。
e0272042_17580638.jpg
 開封・組み立て!  失敗したのが、説明書によるとドライブユニットをつけてから膨らませるみたいですけれど、その逆、つまり膨らませてドライブユニットを装着しようと思っても、本体パンパンなので取り付け金具にドライブユニットの金具がうまく嵌らない...  空気入れる前のR2-Ⅾ2は、裂きイカの真空パックみたいですね。
 そして、この空気入れ、本体の差し込みが60%の確率で外れてしまう。  どうもちゅーか製は、その篏合の技術が不得手なのかしら...
 金具の方は何とか嵌め込みましたが、少し無理やりだったので爪でビニールを傷つけてしまったか、スース―音がします!(後で確認したら、空気栓が見事外れてました!
e0272042_17580973.jpg
 完成形がこちら!  空気が抜けているせいか、全体にしわしわですね。
 コントロール(走り)の方は前後とも急発進... 右左は片側車輪のみ回るだけなので、片方押しっぱなしにすると、その場で回転してしまいます。

 孫用なんですが、まだ孫は居ず...  私が必死にそのときのために練習(遊んでる)しています。

 実際に動いているところは、こちら参照のこと...(ブラック・ユーモアも入ってます!)44♡ 

エイチttp://www.candytower.com/big/115000/115530.html

[PR]
by moccinocraft | 2016-11-03 18:29 | ムービー | Comments(0)

COMBAT! DVDコレクション 49 ③

 本日のDVDムービー、COMBAT! DVDコレクション 49③149話「火の玉特急=NIGHTMORE ON THE RED BALL RUN」を観ました。
e0272042_17573769.jpg
 輸送隊が任務が込み合っていて、一人のドライバーが運転中に眠ってしまいクラッシュ! たまたま通りかかったサンダース軍曹の小隊にドライバーの助っ人(2人=2組)を頼まれるというお話。

 歩くのに辟易していたカービーとリトルジョンがヒッチハイクできると志願するも、実はその荷が爆破ルするものばかりというのは志願後で、そこからドラマの始まります。

 最初はドイツ兵の待ち伏せに会いますが、COMBAT!では水戸黄門の印籠のごとく簡単に敵を排除してしまいます。その後通りかかった橋が崩落寸前で、以前サンダース軍曹が民間のトラックで渡った橋と設定が同じで、かつ実際に撮影に使った橋は全く同じものに見えますが... でも、この時に実際のドライバーが橋から落ちてろっ骨を折ってしまい、運転不能になります。

 一難去ってまた一難。  前進すると、味方の小隊とドイツの装甲車が交戦している現場に行きつき...  応援に加わろうとしているとき、公演中だった味方は全滅。  輸送隊のリーダーと、カービーにリトルジョンはドイツ兵の背後から忍び寄りますが...  結末はいかに!?

 この輸送体の指揮を執るのは、クロード・エイキンス演じるロージー軍曹。  堅気で1本筋が通っている頑固者を演じています。  

 色々なメディアで、このCOMBAT! を観ていますが、この火の玉特急が繰り返しの視聴率が高くなっており、自分でも不思議なくらい細部まで前の話を記憶してますねぇ!

 このお話では、主役のヘンリー少尉とサンダース軍曹がメインで出てくるわけではありません。  カービーとリトルジョンというわけでもなく、ロージー軍曹なのかしら??

[PR]
by moccinocraft | 2016-09-30 18:21 | ムービー | Comments(0)

COMBAT! DVDコレクション 49 ②

 本日のDVDムービー、COMBAT! DVDコレクション 49 ②148話「戦場のジャズメン=A LITTLE JAZZ」を観ました。
e0272042_17573769.jpg
 アメリカの軍隊ではよくある話で、民間のジャズメンが慰問のため大隊に派遣されることになるのですが、間違って最前線に来てしまったため、ひと騒動ふた悶着あるというお話。

 で、その輸送中にタイヤがパンクしてしまい、そこから話が始まりますが、その修理の途中ジャズセッションを始まり、敵の拙攻が攻めてくるという、想像するのにたやすい設定。

 結局、ジャズメンの随行2人は敵兵にやられてしまいます。 そこにたまたま通りかかったサンダース軍曹の部隊に助けられますが、ジャズメンたちはお礼もも言わず、ただ自分たちの処遇に不満を募らせるだけ!

 特にリーダー格の男は、世話焼きながら不平を言うのが人一倍で、危機管理能力ゼロなので観ていてあきれてしまいます。(他のメンバーもゼロに近いところは変わりありません!)44♡ 

 最初の攻撃では何とか他のメンバーは無傷でしたが、楽器は1/3ほど被害を受け、次の先頭の時には箱ベースがシュマイザーの乱射を受け穴だらけに...

 ベースを弾くものとしては、撮影とは言えベースのボディに穴が開くのは忍びないものがあります。  でも、穴だらけになりながらも、ベーシストの言、「とにかくこの楽器が気に入ってるんだ! それに、気に入っているのでこの楽器がドイツ野郎の手に渡るのは、何としてでも食い止めたい!」 いや~ぁ、何とも頼もしく共感を得る言葉!!

 結局ジャズメンたちを保護しながら、何とか大隊にたどり着きます。  でも次第に相互理解を示してきたリーダー格を始め、メンバー3人ほど死亡してしまいます。

 結果、たどり着くところは戦争ほどむなしくもあり、かつ無駄なものはない。 というKと何でしょうかね~!

 ちなみにザック役として、若き日のデニス・ホッパーが出演しています。




[PR]
by moccinocraft | 2016-09-22 19:50 | ムービー | Comments(0)

COMBAT! DVDコレクション 49 ①

 本日のDVDムービー、COMBAT! DVDコレクション 49 ①147話「怪しい兵隊=THE MASQUERS 」を観ました。 
e0272042_17573769.jpg
 DVDはあと1枚で完結(既に発売中)、その1枚前のDVDでカラーシリーズなので、ウチの太古のLD(レーザーディスク)にも在庫が在ったなと、引っ張り出してきました。
e0272042_17574051.jpg
 でっかい!...し、お高い!(18,000円=税抜き)1話に換算するとLD=2,317円。  片やDVD593円、なので時代は変わった!  でも、DVDで揃えても×152なので諭吉さん9人分!!  LDだと、諭吉さん32人に2人の夏目さんになりますから、中古の車が買えそうだし、買ってもLDプレイヤー自体動かないですから、乗れない中古の車では意味が無い!

 と言っても、過去のDVDはもう在庫も無さそうなので、残りのお話は半分内容がわからなくても、youtubeの英語版でお茶を濁すことになりそうです。

 でもって、怪しい兵隊に戻って、今回主役はカービー。  戦争末期、ドイツ軍はアメリカの軍服を着た自国兵を、アメリカの軍隊に紛れ込ませてのゲリラ戦を展開していました。

 アメリカの軍服を着た兵士が同じ軍服の兵隊を襲う!  その中の一人が次の獲物を狙っているとき、MPのジープが走ってきたところを別のなりすましアメリカ兵が襲い、脱走兵としてとらえられていたアメリカ兵のみ生き残り、次の獲物を狙っているなりすまし兵が出会い、お互いにスパイと疑うが...

 その頃、部隊からからはぐれたカービーは、その二人と出会い両名とも捕虜にする。  部隊に連れて帰ろうとするが、今度はイギリス兵と出会い3人はその捕虜となる。  その時にイギリス兵が比較的ドイツ軍兵士ではないだろうと踏んだのは、かくあろうことか最初のなりすまし兵!

 さて、この4人の運命やいかに!!

 種明かしはDVDをご覧くださいね。  この最後のイギリス兵は一番頑固者ですが、実はキャビン・マクロードという超有名コメディアンだったのです。  そんな落ちもついている、最後から2枚前のDVDでした。

 おまけ...
e0272042_17574279.jpg
 シリーズの終わりが近いので、同じく最終シリーズLDの収録ストーリ―と比べてみました。

 LDのジャケットの方に、DVDのストーリーの順番を落としてみました。  結構順不同で収録されています。  どちらが実際の放映順に合致しているかですが、その手の資料が無いため不明!  

 DVDの方が新聞社による出版なので、そちらの方が正しいのかな?!というのは素人の考えですよね!  でも、どうなんでしょうか??  


[PR]
by moccinocraft | 2016-09-17 18:37 | ムービー | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

MODEL SHIP JAR..
at 2018-01-19 17:08
NIKOLETTA SZOK..
at 2018-01-18 18:10
レザー加工品
at 2018-01-17 17:38
PAT KIRBY
at 2018-01-16 18:39
小物・置物・木のモノ
at 2018-01-15 18:17

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧