カテゴリ:LATIN( 65 )

ONO LISA

e0272042_2130062.jpg

 本日の小野リサ、2題です。

 私が持っているアルバムのウチ初期の2枚、  まずはデビュー作CATUPIRYです。

 ジャケット写真初々しいですね。  デビューが1989年で、曲を作り始めたのが1987年ですから、キャリアとしては古いにせよ、ウチノ娘が生まれた年に曲を書き始めたというのは何かの因縁でしょうか。娘には前出のマイアミ・サウンド・マシーンとかかなり聴かせているのですが、その影響はあまり出ていません。

 CDをかけてみますと、やはり1980年代、1曲目はピック弾きのベースから始まるタイトル曲。  ピアノは当時ラテン系に流行っていたYAMAHAのCP-73(80か?)エレクトリック・アコースチックですね。  ラテンなのにギターはエレクトリックのフェイザー系。 当時は電飾系ならぬ反アコースティックでした。

 2曲目は多少アコースティックに降った振った、ロマンチックな曲に戻っていきます。

 本作、オケと木管の音は非常に良いと思いますね。
e0272042_21302190.jpg

 つづいて、2作目のNANã。 ジャケットはシックになってますが、音は前作と同様の音作りです。

 現在25枚のアルバムに、ベストアルバム11枚発表されてます。  私が持っているのは17枚で、うち1枚はダブル買いしてます。(そそっかしいですね。)

 また、彼女のコンサートには1回行ったことが有りますが、とにかくテレ屋さんなのであまり客席を見ず、他のミュージシャンとアイコンタクトをしていました。

 この中の6曲目・星の散歩は、確かサッポロのワイン=ポレールのコマソンだったと思います。

 生まれはブラジルなので、・日本名がついていますが、ほとんどブラジル音楽のアルバムとなっています。  それが証拠に、初期のCD区分けで日本人アーチストには入っていませんでした。  

ONO LISA CATUPIRY MIDI 32MD-1050 1989年

        NANã    MIDI 32MD-1067 1990年

[PR]
by moccinocraft | 2012-07-30 22:45 | LATIN | Comments(0)

ラテン音楽 2種

e0272042_17382046.jpg

 本日のラテン2種。

 一枚目はサンバの、それもルーツサンバといわれる「原種」の構成であるTERESA CRISTINA E GRUPO SEMENTEです。

 最初に言ってしまうと、このアルバム説明が非常に難しい。  カバー写真を見ていただくと分かりますが、グループの構成は、まずボーカルのTERESA CRISTINAさん。この方がメインで、ルーツサンバであるのでバホ・セスト(ギター)2本、カバコンホ(ウクレレみたいなもの)1本、クラリネット1本(おそらく)、ハーモニーボーカル2人、そしてラテンパーカッション5名(受け持ち楽器を説明すると、大変なことになるので省略。)となります。

 あくまでルーツと謳ってありますので、ド派手なパーカッション大会は無く、一曲目から打楽器のみのアカペラ歌いだしと極々シンプルです。でも、ここで入ってくる打楽器!

 最初はコンガ。そこにシャンべ(コンガの徳利型)でしょうかいや逆ですね。ここは同じ系統と思えるけど、カウベルが入って(アゴコベル=カウベルの二連形ラッパ型、かもしれない。)、いや、またシャンべが入ってきたぞ。  次にシェケレ(ヤシの実の周りに数珠が沢山ついたもの)かギロ(筒型の洗濯板を棒で、ジ~、チョッチョと擦るもの)??微妙に判らない。

 ほんとにラテンパーカッションって種類が星のようにあり、音色も似たものが多いのでお手上げです。  目が回ってきたので、次へ...
e0272042_1757476.jpg

 こちらは、先ほどのTERESA CRISTINAさんより幾分若そうに見えますが、声はどちらかというと気持ち低めのGRAZIELA CRUZさん。

 内容は、先ほどのルーツサンバと真逆のラテンジャズでして、ピアノトリオ+ガットギター。  あ、そうストリングも入っています。

 キャロルキングにも通じるメッセージソング系?(ポルトガル語?なので内容は分かりません!)

 二曲目でも、ガットギターとフレットレスベースそしてコンガが絡む、間奏曲系のモード奏法です。難解になってきました。  この後三曲同じような曲想が続きます。

 六曲目の「SABIA」でやっと普通のラテン調の、所謂「歌モノ」という感じを取り戻しています。

 近年この手のラテンジャズ系のアーチストがそうなんですけど、ベースがひときわ目立っていて、ストレートに言うとハイテクニック。  多弦ベースの採用も早かったし、箱ベースとソリッドベースの併用も多く、目が離せなくなっています。 

 かなり昔の、フィニア・オールスターズなんかもそうでしたね。

 
TERESA CRISTINA E GRUPO SEMENTE O MUNDO E LUGAR SAMBA NOVA DDCN-3003 2006年

GRAZIELA CRUZ                          UIRAPURU UIRA 003 2002年

[PR]
by moccinocraft | 2012-07-24 22:21 | LATIN | Comments(0)

GLORIA ESTEFAN

e0272042_1731727.jpg

 懐かしい! GLORIA ESTEFANのCD2枚紹介です。

 まず最初は、MIAM SOUND MACHINE名義のデビューアルバムです。  私は、彼女のCDを14枚(ういきでは、この数がオフィシャル数になってます。)持っていて、このMIAM SOUND MACHINE名義は2枚。  GLORIA ESTEFAN&MIAM SOUND MACHINE名義は1枚。  他はGLORIA ESTEFAN個人名義となります。  この14枚以外にベストアルバム数枚に、一応最新作で2007盤が最後だと思います。   都合全部で30枚になりますが、再販3も含めた数ですので、ここ数年の活動は小康状態というところでしょうか。

 で、前置きが相当長くなってしまいましたが、このEYE OF INNOCENCE。  出たては、相当の衝撃でした。

 それ以前はラジヲでヒット(米国で)していたぐらいだったのですが、徐々にヒットし始め、いつの間にかワールドツアーをするまでになりました。

 丁度その頃ウチの長女が生まれて、日本ツア-のコンサートに行ったのも感慨深く、良い思い出となっています。(ツアー中4回も観に行ってしまいました。乳飲み子がいるのに。)

 じつは、この辺のアルバムのLDも持っていますが、何せハードがおもわしくなく死蔵状態です。  でもその3枚は、長女の子守歌代わりになってました。(覚えているかな?)

 当然ラテンなのでリズム隊は強力なのですが、今聴くと「ドンカマチック」みたい(ん、わからない?リズムマシンですよ~。)
e0272042_18145421.jpg

 続いて、私としては最新のアルバム「ABRIENDO PUERTAS」。  それでもEYE~の10年後なので、まだ古い。

 デビュー5年後くらいから、元のスペイン語に回帰し始めて、このアルバムでも殆どスペイン語。  したがって1曲目からキューバ音楽、というよりパジェナート。  パジェナートってどんなリズム? と言われると説明がむずかしいですね、簡単に言ってしまうと、にわとりが周りでコッコ・コッコ鳴いてそうな音楽?

 余計判らないですよね。  音的にはこじんまりとしたモノなのですが...原点に戻ろう精神ですかね?

 でも、やっと3曲目にGLORIAお得意のバラードが出てきて、これが実にしっとり!  やはり、これが彼女の真骨頂ですね~。

 全体的に、先ほどのパジェナートなどの、ラテンリズム個種が多く取り入れてある作品が目立ち、デビュー前の音楽に戻ったかな、と思わせる構成になってますが、最後の1曲は~~、過去の栄光のおさらいでしょうか、「ドンカマチック」が復活してます~。


MIAMI SOUND MACHINE EYE OF INNOCENCE EPIC-SONY 32・8P-72 1985年

GLORIA ESTEFAN ABRIENDO PUERTAS EPIC-SONY ESCA 6320 1995年

[PR]
by moccinocraft | 2012-07-12 18:47 | LATIN | Comments(0)

ANA CARAM

e0272042_17112657.jpg

 本日のボサノバ。 ANA CARAMです。

 彼女それほど、ボサノバシーンで登場する場面は見ないのですが、比較的聴きやすいミュージシャンだと思います。

 こちらの世界では、有名だけどそれほど上手と思えないミュージシャンもいますが、へたうまの世界か味で売れている人も多く、これは趣味の問題でしょうか?

 1枚目で紹介する「BLUE BASSA」、ごくまっとうで聴きやすいアルバムですね。  アントニオ・カルロス・ジョビンの曲が多く、これだけでも安心して聴ける曲構成となっています。  7曲目にはフライ・トウー・ザ・ムーン、あとバーデン・パウエルの曲と、最後に本人のオリジナル曲が入ってます。
e0272042_17444297.jpg

 続いて2枚目。  これあまりにもすごすぎで、あれっ、CD間違えて買っちゃったかな?  と思わせる1枚。  針を下ろした瞬間(じゃなかった ・これって、前も使いましたね)、いや、CDが起動した瞬間「アラブ音楽?」と、彼方に飛んで行ってしまう音楽です。

 ある種、クレモンティーヌの「これでいいのだ」を聴いてる様。  「おいしい水」を、聴いてるんですけれどね。

 プロデューサーJEAN PAUL ’BLUY’ MAUNICKの狂気か、個性か?の「SUN FLOWER TIME
e0272042_1756157.jpg

 3枚目は現実に戻されて、ちょっとアダルティーな1枚、「HOLLYWOOD RIO」。  

 ボサノバのコード進行は、凝っていて、これでもかっ!と言わんばかりの難コードを使います。  ギタリストはやっている本人は良いのだけれど、コピーする人は、こんなんやると指が攣りまくっちゃうよ、の大変コードが大半なのですが、指が6本有ると便利かも。  ふと、このCD聴きながらこんなことも頭によぎりました。

 あっ、3曲目に私の好きな「HERE THERE AND EVERYWHERE」が入ってます。  これ、高校の文化祭で演奏して、演奏しながらとても気持ち良かったのを覚えてます。(ビートルズ作

 スマイルやシェルブールの雨傘など、ポピュラースタンダードが目白押し。 AORというよりは、おしゃれなブティックのBGMでしょうか?

ANA CARAM BLUE BOSSA      CHESKY  JD219   2001年
           
           SUNFLOWER TIME MERCURY 532 234-2 1996年

           HOLLYWOOD RIO  CHESKY  JD276   2004年

[PR]
by moccinocraft | 2012-06-09 18:29 | LATIN | Comments(0)

CESAR CAMARGO MARIANO

e0272042_17523841.jpg

 セザ(セザル)・カマーゴ・マリアーノと読みます。ブラジル音楽のキーボード奏者ですね。  かなり前にナベサダさんとコラボでバンドを結成したので、プチ有名って(知らない?)ことです。私より10コ近く上ですので、ナベサダさんと近いのかな。

 エリス・レジーナを育て上げたので、ブラジル音楽を知る人の中では有名です。(エリス・レジーナを知らないって、日本だったら美空ひばりかな...ん~、ちょっと違うかな?)

 最初に買った彼のアルバムは、コスギ・アツシさんプロデュースの日本盤で、木管の泣きがイナタイものでした。  それから、全部で9枚集めたのですが、その中でも渋い2枚がこれ。[PIANO & VOZ]↑ と 「DUO」↓です。

 この 「PIANO & VOZ」。  題名のとおりピアノとヴォーカルだけのシンプルマインド。 ヴォーカルは息子のペドロさん。  息もぴったり合って、ファミリィーミュージック? いやいやそんなレベルでは無く、次の「DUO」を聴いていただれれば判るとおり、シンプルな対峙の中に、さらにシンプルなメロディーの掛け合いがあり、能を観ている様。(高校の授業で能観賞がありました。現国の先生、野村万蔵さん<←人間コクホー>の弟子=野村万斉さんと兄弟弟子ってこと?)

 またまた、脱線してますが、ご容赦を。  で、
e0272042_1833553.jpg

 こっちがDUO。(書いてあるから判るって。  そうですね。) PIANO と GUITARで、微妙~にこちらのほうが私好きです。 GUTARはROMERO・LUBAMBOさんです。

 同じ様なGUITARのクオリティーのモノに、SYLVAIN LUC と BILRELI LAGRENEのデュオがありますが、こちらは「僕たちうまいもんね、から、うまいの当たり前」まで行ってしまってる世界で、2回聴くと正直疲れます。  でも、こちらの「DUO」はそのようなことは微塵も感じさせません、ブラジリアン・ウインドの世界です。

 ◎マゾンを覗いてみると、[DUO]は掲載が有りますが、[PIANO & VOZ]ダウンロード版しかありません。

 PIANO & VOZ  TRAMA  T005/900ー2
 DUO          TRAMA  T004/625-2
[PR]
by moccinocraft | 2012-05-14 22:06 | LATIN | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24
 ご丁寧な説明ありがとう..
by kturabus at 01:01
基本的にスピーカーが8Ω..
by moccinocraft at 22:17
 スピーカーはトランペッ..
by kturabus at 21:51
勾配は間違いなく、十分に..
by moccinocraft at 07:28

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

CHRIS CONOR ⑯
at 2017-10-22 18:02
YAMAHA G-10WとF..
at 2017-10-21 17:29
CONNIE EVINGSO..
at 2017-10-20 18:55
2017年コンクリぬりぬり⑨
at 2017-10-19 17:49
LINDA ROSTADT ④
at 2017-10-18 19:01

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧