カテゴリ:JAZZ( 650 )

LAUREL MASSE

 本日の女性JAZZボーカル、元THE MANHATTAN TRANSFERのLAUREL MASSE1990年のアルバム「AGAIN」から... これを、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17442081.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の7/10です。 

 記憶に寄れば、1990年代に(それより前か...)LAUREL MASSEは交通事故に会って、THE MANHATTAN TRANSFERの活動ができなくなり、治癒後にソロデビューを果たしていたと思います。

 このアルバムは、そんな背景があっての「AGAIN」なのかと考える次第!(ここで、LAUREL MASSEのフェイスブックにある、JALALAのムーンリバーを試聴。)44今年最後の夜だった 

 ここで、曲紹介。

1. JUMPIN' AT THE WOODSIDE
2. SOMETHING'S COMING
3. AGAIN
4. OLEO
5. TOUT BAS(SPEAK LOW)
6. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
7. ON HE TREET WHERE YU LIVE
8. LAZY AFTERNOON
9. ZIP-A-DEE-DOO-DAH
10. I'VE GOT JUST ABOUT EVERYTHING
11. MY ONE AND ONLY LOVE

一曲目に男性ボーカルグループが入っていますが、ちょっと合わない感じがします。 LAUREL MASSEって、アルバムよりライブの方が良く。 前出のJALALAでのライブでは、適度にハスキーで却ってJANIS SIEGELに声が似ているような感じもします。

 さらに、バンド紹介

LAUREL MASSE/VOCALS
DEAN ROLANDO/KEYBOARDS
CHARLES McFERIAN/DRUMS
NEAL SEROKA/GUITAR
JIM COX/BASS
LARRY GRAY/BASS・CELLO
RON DEWAR/TENOR SAX・CRALINETS
RICH DANIELS/TENOR SAX
ART LAUER/ALTO SAX・FLUTE
ART DAVIS/TRUMPET
CHRIS LAY/TROMBONE
KEITH HOOPER/ENGLISH HORN
MIKE DUGGAN/CELLO
DON MEAD/CELLO
LINDA THOMAS/HARP
MARK BURNELL/BAND VOCALS
DICK EASTMAN/BAND VOCALS
GARY KRAEN/BAND VOCALS
PHIL JOHNSON /BAND VOCALS
CHARLES McFARLAN/BAND VOCALS
DEAN ROLANDO/BAND VOCALS

サウンドは問題なく完璧なサポートで、録音は90年代の標準なところだと思います...

 LAUREL MASSEには、そこそこ個性的な一般受けしない楽曲の方が合っていると思いますけど、THE HANHATTAN TRANSFER時代のシャンソンや、少し際物と感じる楽曲で本領発揮!

 90年代のこのアルバムでは無理ですけれど、特にJALALAではトンがった曲を取り上げて欲しい...

LAUREL MASSE
AGAIN
DISQUES BEAUPRE
D8820(廃盤)
1900年







[PR]
by moccinocraft | 2017-12-13 18:56 | JAZZ | Comments(0)

JULIE LONDON⑱

 本日のJULIE LONDON、1950年代の歌曲を集めたコンピレーションアルバム「ON TV」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17493926.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の6/10です。

 ON TVと言っても、TVのドラマの主題歌などに使われたわけで無く、 主に、コマーシャルのバック音楽に採用されたなどの二次的な要素で... 日本企画で作られたアルバムなのかも知れません。

 収録曲...

1. THE END OF WORLD
2. FASCINATION(魅惑のワルツ)
3. CRY ME A RIVER
4. AS TIME GOES BY
5. THE DAYS OF WINE AND ROSES
6. I LEFT MY HEART IN SAN FRANCISCO
7. WHAT A DIFF'RENCE A DAY MADE
8. LOVE LETTERS
9. YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC
10. COME ON-A MY HOUSE
11. SWAY (UIEN SERA)
12. BLUES IN THE NIGHT
13. THEME FROM A SUMMER PLACE
14. SLIGHTLY OUT OF TUNE(DESAFINADO)
15. MISTY
16. SENTIMENTAL JOURNEY
17. A TASTE OF HONEY
18. MORE
19. YOU'D BE SO NICE TO CAME HOME TO
20. WHEN I FALL IN LOVE

と、色々なアルバムから曲を引っ張ってきた、LONDONのアルバムはこれ一枚で足りそうな珠玉の選曲です。

 それに、リマスターをしたのか、音も抜群のCD。 中でもイントロの転調が多いとはいえ、ストリングスが綺麗な魅惑のワルツは、数ある同曲のプレイヤー違いのバリエーションの中で、抜群の音質を誇っています。 

 JULIE LONDONを始めて聴く、という方にピッタリのアルバムです。 何と言ってもスタンダードな曲が揃ってますから...

JULIE LONDON
ON TV
LIBERTY
TOCP-8626
1995年発売







[PR]
by moccinocraft | 2017-12-11 18:13 | JAZZ | Comments(0)

PETULA CLARK

 本日の女性JAZZボーカル、と言いたいところですが実はポピュラー! でも、DISK UNION JAZZ TOKYOで売っていたのでJAZZくくりとしました。 の、PETULA CLARK1965年のアルバム「PETULA CLARK'S HI PARADE」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17225057.jpg
 このアルバム、アメリカ路線(英国モノです)その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の2/10です。(やっと2/10の出番です...)44あと二日 

 どことなく、ジャケット写真がジュリー・アンドリュースに似ているPETULA CLARK。 声も太くはなく、勢いをそがれたブレンダ・リーの様です。

 ここで収録曲...

1. A SIGN OF THE TIMES
2. MY LOVE
3. HEART
4. I COULDN'T LIVE WITHOUT YOUR LOVE
5. YOU'D BETTER COME HOME
6. YOU'RE THE ONE
7. I KNOW A PLACE
8. JUST SAY GOODBYE
9. ROUND EVERY CORNER
10. WHERE DID WE GO WRONG
11. CALL ME
12. DOWNTOWN

と、聴き覚えないばかり続いています。 MY LOVEでも有名曲のMY LOVEで無いし... と聴いていたら、11. CALL MEはあの有名曲。

 そしてラスト曲がかかったら、そう、あの超有名ヒット曲ではないですか~! PETULA CLARKでウエブ検索したら、語尾にDOWNTOWN付で候補が上がりました。 懐かしいな~これ! サンレモ音楽祭(あるいはユーロビジョン・コンテスト?)に出場していそう...

 で、オリジナルレコードはPYEなんですね。(SEVEN SEASでは無く!)Hを縫って!  他に聴き返したら、3.~7.は聴いたことがありました。 プロデューサーのTONY HATCHの曲が殆どで、 FRANCE GALLとSERGE GAINSBOURGと似たような関係なのかもしれません。

 全体のサウンドは、曲が始まった瞬間からバックバンドがマックスで、始め聴いた瞬間は引きました... そのため、記事アップが今日まで伸びたのです。

 聴いていくうちに、だんだん懐かしさがこみ上げてきます。 やはり、60年代はポップスの黄金期ですよね!

PETULA CLARK
'S HIT PARADE
PYE-SANCTUARY RECORDS
SMBCD388
1965年





[PR]
by moccinocraft | 2017-12-09 18:05 | JAZZ | Comments(0)

PEGGY LEE SUGAR'N' SPICE

 本日の女性JAZZボーカル、PEGGY LEE1962年のアルバム「SUGAR'N' SPICE」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17160700.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の5/10です。(周知のとおり、2/10は後から...)44そろそろ 

 オーケストレーションに指揮がBENNY CARTERで、出だしがポピュラーアルバムかと思いましたが、数曲聴いていくうちにJAZZアルバムと納得しました。

 収録曲...

1. AIN'T THAT LOVE
2. THE BEST IS YET TO COME
3. I BELIEVE IN YOU
4. EMBRASSE-MOI
5. SEE SEE RIDER
6. TEACH ME TONIGHT
7. WHEN THE SUN COMES OUT
8. TELL ALL THE WORLD ABOUT YOU
9. I DON'T WANNA LEAVE YOU NOW
10. THE SWEETEST SOUNDS
11. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
12. BIG BAD BILL(IS SWEET WILLIAM NOW)
13. I'LL BE AROUND
14. LOADS OF LOVE
15. AMAZING

ですが、聴き覚えの無い曲ばかり... でも、後半はRICHARD RODGERSやH. ARLENの曲が入ってきたので、聴き覚えのある曲は多少ともラインナップしました。 中でも、2曲RAY CHARLESの曲を採用していますが、メロディーラインで彼だとすぐに分かります。

 PEGGY LEEの声が、以前ハスキーかなと感じていましたが、今日聴くと部分的にかすれた感じに聴こえます。 でも、ハスキーまではいっていないと思います。

 BENNY CARTERのオーケストラのメンバーが...

CONRAD GOZZO/TRUMPET
RAY TRISCARL/TRUMPET
AL PORCINO/TRUMPET
SHORTY SHEROCK/TRUMPET
UAN RASEY/TRUMPET
JACK SHELDON/TRUMPET
TOMMY SHEPARD/TROMBONE
MILT BERNHART/TROMBONE
KEN SHROYER/TROMBONE
GEORGE ROBERTS/TROMBONE
BILLY BAYERS/TROMBONE
JUSTIN GORDON/REEDS
PAUL HORN/REEDS
BILL GREEN/REEDS
LOU LEVY/PIANO
AL HENDRICKSON/GUITAR
HERB ELLIS/GUITAR
MAX BENNETT/BASS
MEL LEWIS/DRUMS
EMIL RICHARDS/VIBE・PERCUSSION
FRANCISCO "CHINO" POZO/PERCUSSION
VINCE DeROSA/FRENCH HORNS
JOHN CAVE/FRENCH HORNS
WILLARD CULLEY/FRENCH HORNS
SINCLAIR LOTT/FRENCH HORNS
CLARENCE KARELLA/TUBA

有名人も(その時は無名?)ちょこちょこと入っていますね。 私が知っているのは、HERB ELLISとMEL LEWISぐらい?! 

 ちなみに、一曲TUBAのソロがありますが、ちょっともたついている感じもあって、私としては苦手。 でも、大きな金管ではこの辺が限度なんですけどねぇ!

 バップっぽい曲もありますが、バラードではいつものPEGGY LEEの安定したボーカルを聴くことが出来ます!

PEGGY LEE
SUGAR'N' SPICE
CAPITOL JAZZ
7243 5 25249 2 1
1962年




[PR]
by moccinocraft | 2017-12-07 18:07 | JAZZ | Comments(0)

PATRICE JEGOU

 本日の女性JAZZボーカル、PATRICE JEGOU2014年のアルバム「SPEAK LOW」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)で聴きました。
e0272042_18432438.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の4/10です。(2/10は後から...)44もうすぐ 

 先ず収録曲から紹介...

1. DON'T SIT UNDER THE APPLE TREE(WITH ANYONE ELSE BUT ME)
2. WHAT ARE YOU DOING THE REST OF YOUR LIFE?
3. FROM THIS MOMENT ON
4. EVERYDAY (I HAVE THE BLUES)
5. I'VE GOT THE SUN IN THE MORNING
6. WHAT A DIFFRENCE A DAY MADE
7. LULLABY OF THE LEAVES
8. DOWN BY THE SALLEY GARDENS
9. SPEAK LOW
10. THIS LITTLE LIGHT OF MINE
11. NINO PRECIOSO
12. THE SUMMER KNOWS
13. WALKING AFTER MIDNIGHT
14. TIL THERE WAS YOU
15. THE SIMMER KNOWS (BONUS TRACK)

と、スタンダードから選曲。 でも、ただのスタンダードとは違う迫力を強調したものや、ムーディーなバラードまで、幅広くチョイスしています。

 で...参加ミュージシャンが...

CEDRIC DENT/PIANO
PAT COIL/PIANO・HAMMOND B3
STEVE KUMMER/PIANO
TED LABOW/PIANO・HAMMOND B3
LORI MECHEM/PIANO
VIRGIL STRAFORD/HAMMOND B3
DAVID DAS/SYNTHESIZER
VICTOR WOOEN/BASS
CRAIG E. NELSON/BASS
DAVID FINCK/BASS
ROGER SPENCER/BASS
JD BLAIR/DRUMS
BOB MATER/DRUMS
JOSH HUNT/DRUMS
CHRIS BROWN/DRUMS・PERCUSSION
STEVE WILLIAMS/DRUMS
SHAWN PELTON/DRUMS
CHRIS BROWN/DRUMS
ROGER SQUITERO/TUMBOURINE
PAUL JACKSON Jr./GUITAR
VIC JURIS/GUITAR
PAT BERGENSON/GUITAR・HARMONICA
JOHN MOCK/GUITAR
THOMAS GUARNIERI Jr/GUITAR
TOM HEMBY/GUITAR
BOB MANN/GUITAR
CRISTINA POTO/GAIFA(GULICIAN BAGPIPE)
STEVE PATRICK/TRUMPET
VINNIE CIESIELSKI/TRUMPET
JEFF BAILEY/TRUMPET
BARRY GREEN/TROMBONE
ROGER BISSELL/TROMBONE
CONRAD HERWIG/TROMBONE
CHRIS McDONALD/TROMBONE
SAM LEVINE/ALTO SAXOPHONE
MARK DOUTHIF/ALTO SAXOPHONE
DOUG MOFFET/BARITONE SAXOPHONE・TENOR SAXOPHONE
KENNY ANDERSON/BARITONE SAXOPHONE
KIRK WHALUM/SAXOPHONE
MARK KIBBLE/VOCALS・WHISLING
JOEY KIBBLE/VOCALS
THE NASHVILLE STRINGMACHINE/ORCHESTRA
TAKE 6=AVIN CHEO・CEDRIC DENT・JOEY KIBBLE・MARK KIBBLE・CLAUDE McKNIGHT・DAVID THOMAS
THE ANDRAE CROUCH SINGERS/CHOIR
CAROLE ROBINOWITZ/CELLO

こんなに参加してるんですね~! 打ち込むだけで大変。 でも嬉しいのが、PAT COIL(PIANO)とBEEGIE ADAIRのバック(ADAIRは参加していません!)に、THE NASHVILLE STRINGMACHINEも参加している事... これGREENHILLのセッションじゃありませんよね?!

 肝心のPATRICE JEGOUは、JANIS SIEGELとMARGARETA BENGTSONを足して二で割ったような声でかつ歌い方をする、聴きやすいシンガーです。 ミュージシャンのラインナップを見ても判るように、大編成のJAZZオーケストラから、コンボまで自由自在に表現していますよ。

 一曲目の出だしの笑い声には違和感がありますが、後半になってくるに従って熱いボーカルを聴くことが出来ます。


PATRICE JEGOU
SPEAK LOW
PRAIRIE STAR RECORDS
2014年








[PR]
by moccinocraft | 2017-12-05 19:56 | JAZZ | Comments(0)

CHERYL BENTYNE TALK OF THE TOWN

 本日の女性JAZZボーカル、CHERYL BENTYNE2002年のアルバム「TALK OF THE TOWN」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKIT TU-8150SV SP BOSE PY-111)で聴きました。
e0272042_18055027.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の1/10です。

 CHERYL BENTYNEのアルバム(CD)としては取り上げるのは2枚目で、1枚目も佳作ながら、このアルバムも非常に良かったので、皆さんにお勧めしたいですね!

 収録曲が...

1. YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
2. THEY CAN'T TAKE THAT AWAY FROM ME
3. LITTLE BUTTERFLY
4. THE VERY THOUGHT OF YOU
5. LOVE ME OR LEAVE ME
6. EVERYTHING HAPPENS TO ME
7. FARMER'S MARKT
8. THE TALK OF THE TOWN/GET OUT OF TOWN
9. GIRL TALK
10. THE MEANING OF THE BLUES
11. IT MIGHT AS WELL BE SPRING
12. THESE FOOLISH THINGS
13. STILL GOOD FRIENDS

有名作曲家による、有名スタンダード曲集です。 中にはモンクの曲なども入っていて、知らない曲が2曲ありました。 でも、ハイトーン(低い方も出ている...)のCHERYL BENTYNEならではの、CHERYL BENTYNEの世界が花開いています。

 ここで、パーソネルの紹介...

CHERYL BENTYNE/VOCALS
KENNY BARRN/PIANO
LEWIS NASH/DRUMS
JOHN PATITUCCI/BASS
CHUCK MANGIONE/FLUGELHORN
DAVID "FATHEAD" NEWMAN/TENOR SAXOPHONE
COREY ALLEN/ORGAN・PIANO
MARK KIBBLE(TAKE 6)/BACKGROUND VOCAL
ALVIN CHEA(TAKE 6)/BACKGROUND VOCAL
DON ALIAS/PERCUSSIN

と豪勢なメンバー! CHUCK MANGIONEなんて懐かしいですよね。 JOHN PATITUCCIも、何時もの技巧BASSではなく、渋いバッキングをしています。 PIANOも手堅いバッキングで音も良いのも特筆です。

4. で聴かせる、ラウンジミュージックも心地よく、5.のしゃれた曲調も魅力! ここでのTENOR SAXOPHONEのシズル音の空気感も抜群。 CHERYL BENTYNEの曲によって、変化のある声も魅力的で、そのシズル感がたまりません!

 バラードも聴かせますが、バップ系のテンポの曲でも、スピードに溺れることも無くシプシージャスのつんのめり感が全く在りません。

 強調したいのが、ピアノのエッジが立ちながらも甘露な音質! それにも負けない他の楽器のリアルさが引き立つ録音が素晴らしい!

 ここにきて、今年一番のアルバムではないでしょうか...

おまけ:CHERYL BENTYNEは僭越ながら私と同じ学年。 2ヶ月ほどお姉さんです。

CHERYL BENTYNE
TALK OF THE TOWN
PADDLE WEEL(KING RECORDS)
KICJ 439
2002年





[PR]
by moccinocraft | 2017-12-01 19:03 | JAZZ | Comments(0)

MELODY LOU

  •  本日の女性JAZZボーカル、フランス発MELODY LOU(Louledjian)2017年のアルバム「FOLLEMENT 30'」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
    e0272042_17504089.jpg
     このアルバム、アメリカ路線(ヨーロッパ路線)その⑰(シリーズは続き番で)、11月4日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の8/8です。 同店のインプレッションによると...
    フランスで注目の美女ヴォーカリスト、Melody Louが2017年録音のファーストアルバムをリリース!! まず驚かされるのはジャンルを超えた歌声で、30年代から50年代のノスタルジックな音楽が楽しめます。スイングジャズっぽい曲だけでなく、シャンソン、ジプシージャズ、レゲエまでノスタルジックな雰囲気満載。ジャケットデザインののキュートさにも注目! フィフティーズ・ファッションやヘアスタイル、ネイル、ピアス、リップに共通にほどこされた深いレッドの美しさが強いアクセントになっています。
     だそうです。

     歌声は、ちょっとファルセット気味。 それが50年代っぽいといえばそうで、エイジレスな感じもあります。

     収録曲は...

    1. Ballade irlandaise
  • 2. Rendez-vous sous la pluie
  • 3. Clair de lune à Maubeuge
  • 4. Prends-moi dans tes bras
  • 5. Marie
  • 6. Padam
  • 7. Les feuilles mortes
  • 8. Bal perdu
  • 9. Parlez-moi d’amour
    10. Mon homme
  • 11. Jolie comme une rose
  • 12. J’ai deux amours

     仏語で書かれると、イマイチ分かりにくいのですが、有名曲ばかり集めています。 雰囲気はムンムンしています。 ただ、古いJAZZに捉われないで、使用楽器もその曲に合ったものをセレクト。 若干フランス的な硬さもあります。

     ミュージシャンは...

    Melody Louledjian(vocal,accordion)
    Marc Campo(guitar)
    Lionel Dandine(piano)
    Philippe JAardin(drums)
    Philippe Guiraud(bass)

    の面々。

     所謂シャンソンも良いし、ジプシー系のジャズもスピード感が曲の雰囲気を損なってもいない! いい感じの仏JAZZと言った感じ。 初めて聴いたFRANCE GALLのJAZZにも通ずる気持ち良さです。 これ、佳作ですね~!

    MELODY LOU
    FOLLEMENT 30'
    BLUES'UP
    ML0317
    2017年






  • [PR]
    by moccinocraft | 2017-11-29 18:11 | JAZZ | Comments(0)

    THE MODERN JAZZ QUARTET AND THE SWINGLE SINGERS

     本日のJAZZコラボレーション、THE MODERN JAZZ QUARTET AND THE SWINGLE SINGERS1966年のアルバム「PLACE VENDOME」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
    e0272042_17465130.jpg
     このアルバム、アメリカ路線その⑰(シリーズは続き番で)、11月4日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の7/8です。 購入してから3週間以上経ってます。 久々に引っ張り出してきて、あれ、スイングル・シンガースってこんな人数多かったっけか? 

     とカルチャーショック! そして黒人も4人加わっている... と、一人気をもんでました。

     聴き始めると納得。 でも、両グループはクラシックも演奏するという点では似通ってますが、アルバムにするとちょっと違和感がある。 どうしても、スイングル・シンガースはイレブンPMのイメージが強すぎて...

     ジャケット写真もなんか違う感じがします。
    e0272042_17494865.jpg
     これが正解なのか? 行ったことが無いから、判らない!

     で、収録曲が...

    1. LITTLE DAVID'S FUGUE
    2. AIR FOR G STRING
    3. VENDOME
    4. RICERCARE A 6
    5. WHEN I AM LAID IN EARTH(DIDO'S LAMENT)
    6. ALEXANDER'S FUGE
    7. THREE WINDOWS

    2.はプロコルハルムの青い影で有名なあの曲。 MILT JACKSONのバイブが泣かせます。 モーターによるビブラートと判っていても... これ、RHODA SCOTTのハモンドオルガンのレスリーと同じですかね?! ちなみに、AIR FORを取り去ると後輩のバンド名。

     加えて、リーフレットでの解説では、「JAZZ SEBASTIAN BACH」だそうです。

     今更ながら、MJQの方のメンバー紹介...

    JOHN LEWIS/PIANO
    MILT "BAGS" JACKSON/VIBRAPHONE
    PERCY HEATH/BASS
    CONNIE KAY/DRUMS

     そして、THE SWINGLE SINGERSはグループ名だけ表記されています。

    こちらは、ダバダバのボーカリーズだけなので、楽器扱いですか?

     私の勝手な解釈として、MJQだけの演奏アルバムとして楽しみたい感じですね。

    THE MODERN JAZZ QUARTET AND THE SWINGLE SINGERS
    PLACE VENDOME
    PHILIPS(POLYGRAM)
    82 545-2
    1966年








    [PR]
    by moccinocraft | 2017-11-27 18:17 | JAZZ | Comments(0)

    NEW YORK VOICES WHAT'S INSIDE

     本日のJAZZボーカルグループ、NEW YORK VOICES1993年のアルバム「WHAT'S INSIDE」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
    e0272042_17253776.jpg
     このアルバム、アメリカ路線その⑰(シリーズは続き番で)、11月4日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の6/8です。

     YOUTUBEでは何回となく聴いていたNEW YORK VOICES。 日本ではあまり人気が無いのか、CDも見かけません! でも、中古盤の棚にあった20世紀中のこのアルバム。 どうしてもTHE MANHHATTAN TRANSFERと比べられてしまいます。

     実際、YOUTUBEのあるチャンネルでは、両グループがジョイントでテレビ(?)に出演した画像も有り、両ユニットのメンバー、JANIS SIEGELとLAUREN KINHAN、そしてマントラの元メンバーLAUREL MASSEが結成したJALALAの方が知られているのかもしれません!

     ここで、収録紹介...

    1. ALL BLUES
    2. DO YOU WANNA KNOW WHAT I WANT?
    3. AIN'T NO SUNSHINE
    4. OH, LADY BE GOOD
    5. SKIN
    6. SILENCE OF TIME
    7. TRAFFIC JAM
    8. OPEN INVITATION
    9. FOREVER WORKIN' IT OUT
    10. THE SULTAN FAINTED
    11. PRELUDE/INTERLUDE

    マイルスの曲からオリジナルまで幅広くこなしています。 ただ、1990年代なのでバックはマントラバンドの様な雰囲気!

    そのミュージシャンは...

    NEW YORK VOICWE ARE:
    PETER ELDRIDGE
    CAPRICE FOX
    LAUREN KINHAN
    DARMON MEADER
    KIM NAZARIAN

    ANDY EZRIN/PIANO・KEYBOARD・STRINGS
    EVE NELSON/KEYBOARD・PROGRAMMING
    BILL O'CONNELL/PIANO
    KATREESE BARNES/KEYBOARD
    PETER ELDRIDGE/KEYBOARD
    JAMES GENUS/BASS
    LEO TRAVERSA/BASS
    WILL LEE/BASS
    RANDY LANDAU/FRETLESS BASS
    PETER CALO/GUITAR
    MITCH STEINGUITAR
    ROMERO LUBAMBO/GUITAR
    TUMMY IGOE/DRUMS・ PROGAMMING
    STEVE KROON/PERCUSION
    JIM HYNES/TRUMPET
    CLAUDIO RODITI/TRUMPET
    DARMON MEADER/ALTOSAX・TENOR SAX・SCAT・PROGRAMMING・EWI
    JOHN TENDY/EWI PROGRAMMING
    JAY AHBY/TROMBONE・PERCUSSION
    ELLA FITZGERALD/SCAT
    HUGH ELLIOT/PROGRAMMING
    JEFFREY LESSER/TRAFFIC REPORTER

    豪勢なメンバーです、知っているのはWILL LEEのみ。 でも、一人で全部弾いているのかと思いましたね。

     マントラよりは都会的。 後半になると高度な技で、REAL GROUPを彷彿とさせるところもあります。 声はマントラより若い感じで、癖はありません。

     この手の音楽が好きな方にはハマるかもしれませんが、現在のところ廃盤になっているのかな?

    NEW YORK VOICES
    WHAT'S INSIDE
    GRP RECORDS
    GRD-9700
    1993年




    [PR]
    by moccinocraft | 2017-11-25 18:19 | JAZZ | Comments(0)

    DINAH SHORE ㉑

     本日の女性JAZZシンガー、DINAH SHOREの1939年から42年までの曲を集めたアルバム「YOU AND I」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
    e0272042_17353352.jpg
     このアルバム、アメリカ路線その⑰(シリーズは続き番で)、11月4日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の5/8です。

     DINAH SHORE ⑳で取り上げたアルバム「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO」と時代が被っていると思ったら、ちらほら同じ収録曲があるので、怖くて他の曲を比較対照出来ません。 タイトル曲だけは被ってないことを確認して、収録曲が...

    1. WHO TOLD YOU I CARED?
    2. I'VE GOT MY EYES ON YOU
    3. CARELESS
    4. JUST A WHISTIN' AND A WHITTLIN'
    5. SHAKE DOWN THE STARS
    6. THE NEARNESS OF YOU
    7. YES' MY DARLING DAUGHTER
    8. DOWN ARGENTINA WAY
    9. DINAH'S BLUES
    10. I HEAR A RHAPSODY
    11. I DO, DO YOU?
    12. HONEYSUCKLE ROSE
    13. DO YOU CARE?
    14. IFIT'S YOU
    15. DAISY BELL(ON A BICYCLE BUILT FOR TWO)
    16. YOU AND I
    17. CHLOE
    18. IS IT TABOO?
    19. I GOT IT BUT(AND THAT AIN'T GOOD)
    20. DON'T LEAVE ME DADDY
    21. EVERYTHING I LOVE
    22. HAPPY IN LOVE
    23. SOMETIMES
    24. BLUES IN THE NIGHT
    25. SLEEPY LAGOON
    26. THREE LITTLE SISTERS
    27. MANHATTAN SRENADE

    と、怒涛のトーチソング。 こちらの方が古いアルバムなのか、イギリス発売の初期作品だそうで...DISK UNION直輸入盤。

     カバー写真を見ても、ご本人は若いし恐らく23歳ぐらいの年齢なんでしょう! でも、歌い方は既に完成されていて、一音下がるときにスラーでつないで三連符にする歌い方は、彼女のオリジナルなのか?

     リズムも2拍子の古典的なJAZZ! この屈託のないワンパターンが却って癒されるところです。

     バックは...

    PAUL WESTEIN AND HIS ORCHESTRADR
    HENRY LEVINE AND HIS BAREFOOTED DIXIELAND PHILHARMONIC
    LOU BRING AND HIS ORCHESTRADR
    MAESTRO PAUL LAVAL AND HIS WOODWINDY TEN

    など。 でも、全部同じに聴こえる(失礼!)んです。

    こういうノスタルジックな音源も癒されますね!

    DINAH SHORE
    YOU AND I
    CONIFER RECORDS
    CDHD 231
    1939~42年








    [PR]
    by moccinocraft | 2017-11-23 18:18 | JAZZ | Comments(0)


    DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


    by DEWI

    プロフィールを見る
    画像一覧

    カテゴリ

    全体
    AUDIO
    楽器

    乗り物
    工作
    食べ物
    その他
    JAZZ
    CLASSIC
    COUNTRY
    LATIN
    ROCK+ETC
    ムービー
    CAMERA
    未分類

    以前の記事

    2017年 12月
    2017年 11月
    2017年 10月
    2017年 09月
    2017年 08月
    2017年 07月
    2017年 06月
    2017年 05月
    2017年 04月
    2017年 03月
    2017年 02月
    2017年 01月
    2016年 12月
    2016年 11月
    2016年 10月
    2016年 09月
    2016年 08月
    2016年 07月
    2016年 06月
    2016年 05月
    2016年 04月
    2016年 03月
    2016年 02月
    2016年 01月
    2015年 12月
    2015年 11月
    2015年 10月
    2015年 09月
    2015年 08月
    2015年 07月
    2015年 06月
    2015年 05月
    2015年 04月
    2015年 03月
    2015年 02月
    2015年 01月
    2014年 12月
    2014年 11月
    2014年 10月
    2014年 09月
    2014年 08月
    2014年 07月
    2014年 06月
    2014年 05月
    2014年 04月
    2014年 03月
    2014年 02月
    2014年 01月
    2013年 12月
    2013年 11月
    2013年 10月
    2013年 09月
    2013年 08月
    2013年 07月
    2013年 06月
    2013年 05月
    2013年 04月
    2013年 03月
    2013年 02月
    2013年 01月
    2012年 12月
    2012年 11月
    2012年 10月
    2012年 09月
    2012年 08月
    2012年 07月
    2012年 06月
    2012年 05月
    2012年 04月

    フォロー中のブログ

    Avec France ...
    管球オーディオ雑感記。
    scoreのオーディオ&...

    最新のコメント

    なるほど、導入時のバージ..
    by moccinocraft at 06:35
     初期化をしたので、7年..
    by kturabus at 00:12
    7時間かかる?!ウチのは..
    by moccinocraft at 06:43
     DEWIさんのブログ見..
    by kturabus at 01:45
    うらやましい... 2..
    by moccinocraft at 16:40
    お久しぶりです。 この..
    by gall_gall at 10:16
     登山靴は15年でソール..
    by アルキオネ at 01:32
    ウレタンエッジは10年、..
    by moccinocraft at 06:42
     やはり、経年劣化は覚悟..
    by kturabus at 00:00
    アンプはコンデンサが先の..
    by moccinocraft at 06:24

    メモ帳

    最新のトラックバック

    http://while..
    from http://whileli..
    http://www.v..
    from http://www.val..
    17世紀オランダ絵画の宝..
    from dezire_photo &..
    美は幸福を約束するものに..
    from dezire_photo &..

    ライフログ

    検索

    その他のジャンル

    ブログパーツ

    最新の記事

    上野鈴本演芸場(小さな和の会)
    at 2017-12-14 18:13
    LAUREL MASSE
    at 2017-12-13 18:56
    奥武蔵・西川林業地ハイキング
    at 2017-12-12 21:25
    JULIE LONDON⑱
    at 2017-12-11 18:13
    サランネット工作(予告)
    at 2017-12-10 08:25

    外部リンク

    ファン

    記事ランキング

    ブログジャンル

    画像一覧