HELEN MERRILL ⑬

 本日の女性JAZZボーカル、HELEN MERRILL1996年のアルバム「CARROUSEL」を、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_18220782.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の9/10です。 HELEN MERRILLがフィンランドのJAZZシーンと作り上げたアルバムで、非常にきれいなオーケストレーションが印象的です。

 収録曲は...

1. CARROUSEL
2. DREAMS HIDE
3. DANCE WITH THE MOON
4. SOFT
5. REVELATION
6. ANNABELE*
7. AUTUMN'S FINAL FLOWER
8. MESSAGES
9. LOVE IS IN THE AIR
10. BREEZES*
11. LAZY EYES

ほとんど聴かない曲ばかりと思ったら、フィンランドのHEIKKI SARMANTOの手になるもので、タイトル曲はHELEN MERRILLとの共作だそうです。 *印はインストルメンタル曲。

 ミュージシャンは

TAPIOLA SINFONIETTTA
JUHAN AALTONEN/REED
PENTTI LAHTI/REED
LAURA HYNNINEN/HARP
HEIKKI SARMANTO/RHODES・CELESTA
TAPIO AALTONEN/PERCUSSION
JUHA BJORNINEN/GUITAR
PEKKA SARMANTO/RHYTHM BASS
TERRY CLARKE/DRUMS

一曲目でJAAKKO SALOのアコーディオンを聴くことができますが、これがまた絶品でオーケストラとの相性抜群であり、思わず心の汗をかいてしまいます。

 もちろんHELEN MERRILLの渋声は健在! 綺麗なオーケストラとミスマッチのようにも感じますが、慣れてしまうとこれがまた気持ち良いのです!!

 そのサウンドを体験していたただ来たいところですが、このCD廃盤で恐らく欠品中。 私は中古盤を仕入れました...

HELEN MERRILL
CARROUSEL
FINLANDIA
WPCR-5561
1996年





 

[PR]
# by moccinocraft | 2017-12-17 19:16 | JAZZ | Comments(0)

サランネット工作(枠①)

 先日に続いて、昨日の工作。 他の作業と同時進行のため、少しずつしかできません。
e0272042_17463982.jpg
 材を切り分けます。 ここまでは、ソウガイドが有るので電動工具を使うぐらい楽!
e0272042_17464459.jpg
 エレボイ用は、2枚の板材を細い板材だけで挟みこむだけなので、比較的楽に整形できます。
e0272042_17464754.jpg
 SCAN-SPEARK用は大きな一枚を挟むまでは同じ。 額縁の上の鴨居の部分は二枚相継にしますが、簡単なようで実は大変!

 すでに半分カットしてあります。 今思えば一個ずつ加工した方が良かったかな?!
e0272042_17465132.jpg
 斜めにカットするホントの額縁のつぎ方にはしてないので、大まかな作業でも修正しやすいため、簡単にここまでこぎ着けました。

 ただ、四方二枚相継での作業のお出かけセットミニ用は、恐ろしくて未だ手を付けていません。 今日もエレボイ用とSCAN-SPEARK用の、この後の作業をしましたが、お出かけセットミニ用は又しても後回しです!



[PR]
# by moccinocraft | 2017-12-16 18:09 | AUDIO | Comments(0)

HANK MOBLEY-LEE MORGAN

 本日のJAZZミュージシャン、HANK MOBLEYとLEE MORGANの1958のアルバム「PECKIN' TIME」を、SUB-AUDIO-SYSTEM(SUN AUDIO SV-2A3 ALL RCA TUBE VERSION add 6SN7WGTA・SP=J.B.L K-120そして、ADD CHRIKIT MARK8D ELEKITTU-8150SV SP BOSE PY-111)で聴きました。
e0272042_18121577.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の8/10です。

 HANK MOBLEYは好きなTENOR SAXOPHONEプレイヤ-で、レイドバックした演奏が好きでした。 でも、この当時はバップな演奏スタイルなので、聴き流す程度で楽しんでいます。

 収録曲が...

1. HIGH AND FLIGHTY
2. HIGH AND FLIGHTY(alternate take)
3. SPEAK LOW
4. SPEAK LOW(alternate take)
5. PECKIN' TIME
6. STRETCHIN' OUT
7. STRETCHIN' OUT(alternate take)
8. GIT-GO BLUES

この時代でなくとも、JAZZでは別テイクをアルバムに入れて尺を取ることも多く、テイク違いで素晴らしいインプロビゼーションの演奏に出会えることもありますので、即興ファンにはその発掘も楽しい事だと思います。

 初めて聴く方には、その演奏体系が判らず、単なるスケールを変えているだけじゃん!と感じる方もいらっしゃるかもしれません。 この辺、好き嫌いが分かれるところで、素晴らしいリフだ!と思っていたテイクが、実は小節間違えだったりもします。 

 話は逸れましたが、PINKY WINTERSなどで有名なSPEAK LOWが2テイク入ってますが、この曲はやはりボーカルの方が曲調に合っていると思います。 でも、alternate takeのほうが、なんとチャチャチャのリズムで演奏されているのには失笑! でも、意外にこれが合っていたりします。

 ミュージシャンが...

LEE MORGAN/TRUMPET
HANK MOBLEY/TENOR SAXOPHONE
WYNTON KELLY/PIANO
PAUL CHAMBERS/BASS
CHARLIE PERSIP/DRUMS

で、録音が... その、レベルが若干低い様に感じました。 でも聴いていくうちに、硬質ながらも分厚い音で、昔のマッキンタイプの音ですかねぇ。 いい感じの響きになっています!

 やはり、HANK MOBLEYにREACH OUT I'LL BE THEREを求めてしまっている自分が居ますね。 固定観念を取りさらねば!

HANK MOBLEY
PECKIN' TIME
BLUE NOTE
CDP 7 81574 2
1958年






[PR]
# by moccinocraft | 2017-12-15 18:42 | JAZZ | Comments(0)

上野鈴本演芸場(小さな和の会)

 5月に行った観劇(寄席)上野鈴本演芸場に続き、12日に小さな和の会でも同所で落語を聴いてきました。 
e0272042_17410894.jpg
 映像は借り物です。 でも、ここは12時開演。
 ということで、先に腹ごしらえ... s
e0272042_17413953.jpg
 行きには写真を撮り忘れていたので、夜の写真! やけに光っている入り口の「カフェラン ランドーレ」で11時からのお食事タイムにイン。
e0272042_17414313.jpg
 全員(5人)同じメニューで、ハヤシライス。
e0272042_17414858.jpg
 そして、ランドーレでの目玉! 白いコーヒーゼリーとコーヒー! やはり、美味しかったです。

 お腹も満腹! という事で演芸場に移動し...
e0272042_17412054.jpg
 上の欄が、12時半からの演目です。 最初の落語は交替出演で、この日は小辰さん。でも、その前に前座さんがすでにやってました。 鈴々舎馬風さんは、昔かえるさんだった方。相変わらずの江戸っ子言葉(多少乱暴ですけど、それも味”)で懐かしかったです。 ただし、お年を召しているので、登場はゆっくり。

 ベテランさんもトリではなく、中ほどで出演。 尺も考えての微妙な話っぷりに、こちらも背筋が伸びます。 演目は半分以上分かりませんでしたが、しっかり「時蕎麦」は入ってました。

 大満足の4時間、のべ15人の寄席は楽しいです。 テレビで見るより現場の雰囲気を味わえるので、また来ようという気になりますね。

 帰りの前に、ちょっと一杯! ではなく、夕飯を...
e0272042_17415377.jpg
 何故か昼間に戻っていますが、これは日曜日に撮っておいた「連玉庵」さん。 向こうの黒っぽいビルの辺りが中央通りで、右に曲がれば「鈴本演芸場です」。
e0272042_17415648.jpg
 で、私はトライディショナルな蒸篭蕎麦。 創業安政6年だけあって、かたくなな江戸っ子の味です。

 夕飯も済んだし、帰ろうか... と
e0272042_17420355.jpg
 上野駅方面に向かうと、そこはライトアップがされていました。 西郷さんの隣り辺りの木に涼しげな光!
e0272042_17415978.jpg
 今回のメンバーの三人!ん?、一人足りない!
e0272042_17420649.jpg
 先は光のアーチ。 左を見ると精養軒もライトアップで、2番目の写真にダルセーニョ!

 そこにも居ましたよ!
e0272042_17420920.jpg
 パンダ! でも、大人の方です!











[PR]
# by moccinocraft | 2017-12-14 18:13 | その他 | Comments(0)

LAUREL MASSE

 本日の女性JAZZボーカル、元THE MANHATTAN TRANSFERのLAUREL MASSE1990年のアルバム「AGAIN」から... これを、MAIN-AUDIO-SYSTEM(MAIN AMP=SV-2(2007)=戻しました、SP=J.B.L=ダミーロード取り付け済)で聴きました。
e0272042_17442081.jpg
 このアルバム、アメリカ路線その⑱(シリーズは続き番で)、11月28日購入DISK UNION JAZZ TOKYO購入の7/10です。 

 記憶に寄れば、1990年代に(それより前か...)LAUREL MASSEは交通事故に会って、THE MANHATTAN TRANSFERの活動ができなくなり、治癒後にソロデビューを果たしていたと思います。

 このアルバムは、そんな背景があっての「AGAIN」なのかと考える次第!(ここで、LAUREL MASSEのフェイスブックにある、JALALAのムーンリバーを試聴。)44今年最後の夜だった 

 ここで、曲紹介。

1. JUMPIN' AT THE WOODSIDE
2. SOMETHING'S COMING
3. AGAIN
4. OLEO
5. TOUT BAS(SPEAK LOW)
6. I'VE GOT THE WORLD ON A STRING
7. ON HE TREET WHERE YU LIVE
8. LAZY AFTERNOON
9. ZIP-A-DEE-DOO-DAH
10. I'VE GOT JUST ABOUT EVERYTHING
11. MY ONE AND ONLY LOVE

一曲目に男性ボーカルグループが入っていますが、ちょっと合わない感じがします。 LAUREL MASSEって、アルバムよりライブの方が良く。 前出のJALALAでのライブでは、適度にハスキーで却ってJANIS SIEGELに声が似ているような感じもします。

 さらに、バンド紹介

LAUREL MASSE/VOCALS
DEAN ROLANDO/KEYBOARDS
CHARLES McFERIAN/DRUMS
NEAL SEROKA/GUITAR
JIM COX/BASS
LARRY GRAY/BASS・CELLO
RON DEWAR/TENOR SAX・CRALINETS
RICH DANIELS/TENOR SAX
ART LAUER/ALTO SAX・FLUTE
ART DAVIS/TRUMPET
CHRIS LAY/TROMBONE
KEITH HOOPER/ENGLISH HORN
MIKE DUGGAN/CELLO
DON MEAD/CELLO
LINDA THOMAS/HARP
MARK BURNELL/BAND VOCALS
DICK EASTMAN/BAND VOCALS
GARY KRAEN/BAND VOCALS
PHIL JOHNSON /BAND VOCALS
CHARLES McFARLAN/BAND VOCALS
DEAN ROLANDO/BAND VOCALS

サウンドは問題なく完璧なサポートで、録音は90年代の標準なところだと思います...

 LAUREL MASSEには、そこそこ個性的な一般受けしない楽曲の方が合っていると思いますけど、THE HANHATTAN TRANSFER時代のシャンソンや、少し際物と感じる楽曲で本領発揮!

 90年代のこのアルバムでは無理ですけれど、特にJALALAではトンがった曲を取り上げて欲しい...

LAUREL MASSE
AGAIN
DISQUES BEAUPRE
D8820(廃盤)
1900年







[PR]
# by moccinocraft | 2017-12-13 18:56 | JAZZ | Comments(0)


DEWI (デビ:名付け親は4歳児)の①趣味②業務連絡③仕事④地域活動?


by DEWI

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
AUDIO
楽器

乗り物
工作
食べ物
その他
JAZZ
CLASSIC
COUNTRY
LATIN
ROCK+ETC
ムービー
CAMERA
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月

フォロー中のブログ

Avec France ...
管球オーディオ雑感記。
scoreのオーディオ&...

最新のコメント

なるほど、導入時のバージ..
by moccinocraft at 06:35
 初期化をしたので、7年..
by kturabus at 00:12
7時間かかる?!ウチのは..
by moccinocraft at 06:43
 DEWIさんのブログ見..
by kturabus at 01:45
うらやましい... 2..
by moccinocraft at 16:40
お久しぶりです。 この..
by gall_gall at 10:16
 登山靴は15年でソール..
by アルキオネ at 01:32
ウレタンエッジは10年、..
by moccinocraft at 06:42
 やはり、経年劣化は覚悟..
by kturabus at 00:00
アンプはコンデンサが先の..
by moccinocraft at 06:24

メモ帳

最新のトラックバック

http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
17世紀オランダ絵画の宝..
from dezire_photo &..
美は幸福を約束するものに..
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

HELEN MERRILL ⑬
at 2017-12-17 19:16
サランネット工作(枠①)
at 2017-12-16 18:09
HANK MOBLEY-LE..
at 2017-12-15 18:42
上野鈴本演芸場(小さな和の会)
at 2017-12-14 18:13
LAUREL MASSE
at 2017-12-13 18:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧